かがやき荘アラサー探偵局

  • 159人登録
  • 3.05評価
    • (2)
    • (10)
    • (36)
    • (7)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 東川篤哉
  • 新潮社 (2016年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103503811

かがやき荘アラサー探偵局の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富豪が経営するボロシェアハウスに入居する貧乏アラサー三人娘が、家賃の代わりに難題を解決するシリーズ。

    シリーズ化するかは不明だが。

  • 913.6||H55

  • 代表作は「謎解きはディナーの後で」だったが、これは本屋大賞を貰っている、第8回の~成瀬啓介は遠い親戚のおばさんで、中央線沿線で最も有名な企業グループを率いる法界院法子に呼ばれて荻窪の豪邸を訪ねた。門を入ってメイドと秘書に案内されて辿り着いた小屋は離れで、居候が大型テレビで何かを視ていた。リストラされた啓介に秘書をしろと言われ、手始めに西荻窪に持っているシェアハウスに住むアラサー3人女から滞納している家賃を取る命を受けて泊まった翌日、居候が首筋を銃で貫通され、大型液晶テレビに弾丸が残され、そのテレビが被害者に覆い被されていた。犯人が不明なまま、最初の命である家賃取り立てに出向いて出会った3人は、時間調整の為に立ち寄ったリサイクルショップで激レアの戦隊ものヒーローのフィギュア争奪戦を演じた相手だった。その中の一人、葵は離れで映し出されていた映像は、プロジェクターで倒されたテレビの裏から現れた壁に映されたものだったと推理し、犯人が女性秘書であると見抜き、滞納してる家賃免除を勝ち得ていた。女3人は一見女子高生の礼菜と、中国地方特有の怪しい方言で喋る短髪の武闘派・美緒でいずれもリストラに遭ってアルバイト生活で、金融機関をクビになった葵同様、苦しい生活をしている。法子会長の古い知人女性の雑用をこなして、啓介が立ち寄ったかがやき荘では、礼菜が駐車場に台車に乗せられて放置されていた全自動洗濯機を玄関先に置いておいたら、夜中の3時に回り始めた謎に大騒ぎしていた。啓介が世話を焼いたのは知人の妹で、その息子すなわち甥が財産目当てに伯母を殺害し、遺体を洗濯機に入れて駐車場まで運んだのだった。金曜の夜に2時間余り車で出掛けて帰ってくる老人の浮気調査は、別れた妻の許に置いてきた息子の子・孫娘が出演している超ローカルラジオ局の番組を聴くためだった。美緒が突き飛ばされたのは、後妻の焼き餅と勘違いだったのだ。葵は仕事終わりに声を掛けられ、西荻窪在住者にインタビューし、表紙のモデルになって欲しいと素敵なおじさまに依頼され、満更でない。洋服と靴を新調され、素敵なレストランでワインを飲んで酩酊したところを救ったのは、同居する妹分たちだった。一人だけ幸せになるのは許せない故の尾行の賜だった。葵は変装していたスキンヘッドの40男の義理の姉を殺し、捜査を混乱させるために、似ている葵を連れ回していたのだった~アラサーの人々は生きにくい人生を歩んでいるんだなぁ、ああ大変

  • アラサー女子のキャラはいいとして、成瀬が馬鹿すぎて引いた。家賃がわりに事件解決する女子たち。洗濯機の話が面白かった。

  • やっぱりどうしてもこの人の本は
    キャラや地の文にイラついて読めない。

  • いろいろな意見があると思いますが、楽しい小説をぱっと読もう、という感じにまさにピッタリ。謎解きという程ではないかもしれませんが、種明かしも面白いと思いました。

  • やはり、どのシリーズも同じノリですよね。

  • ミステリ4つの短編集。アラサー3人組が解決に向かう。殺人事件が起きても、作品は良くも悪くも軽いのだよ。

  • 職なし金なし色気なしのアラサー女子3人組が家賃タダの誘惑につられ事件解決に奔走する連作ミステリ。若い男女が主要キャラでも恋愛要素の欠片もなく、ひたすらお馬鹿に騒ぎ倒す安心安定、堂に入ったる東川節。拾った洗濯機が夜中に雑巾洗いを始めるくだらないシチュエーションから複雑な構図の殺人事件が見事紐解かれる第2話、週末になると帰りが遅くなる男の不可思議な行動を追った日常の謎ものの第3話が特に綺麗に収まっていました。前の章での真相を反復するかのように活用してくるのも上手く、過度なクオリティの高さはなくともしっかり笑わせ、きっちり魅せます。

全29件中 1 - 10件を表示

東川篤哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
米澤 穂信
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
米澤 穂信
辻村 深月
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

かがやき荘アラサー探偵局を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かがやき荘アラサー探偵局を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かがやき荘アラサー探偵局を本棚に「積読」で登録しているひと

かがやき荘アラサー探偵局の作品紹介

女子力なんてお呼びじゃないわ。家賃は払えないけど犯人は捕まえるわよ! 西荻窪のシェアハウスでお気楽に暮らす女子三人組が、何の因果か探偵稼業に  コスプレ系自称19歳の礼菜、茶髪武闘系の美緒、残念なメガネ美人の葵。こじらせ女子って一体誰のこと? 今宵も発泡酒片手に、その場しのぎのドタバタ迷推理で、ウチらに解けない謎はない! イケてない日常を笑い飛ばす、痛快新シリーズ!

かがやき荘アラサー探偵局はこんな本です

かがやき荘アラサー探偵局のKindle版

ツイートする