火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9

  • 37人登録
  • 3.89評価
    • (4)
    • (10)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 樋口明雄
  • 新潮社 (2016年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103504115

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9の感想・レビュー・書評

  • シリーズ第3弾。
    タイトルから、御嶽山の噴火の話かと思ったけど、御嶽山の噴火で出してしまった被害を教訓にした架空の山・新羅山の噴火で活躍する夏実たちの様子を描く。
    今回の舞台は、新しく出来た高速のおかげで、観光客が激増した新羅山を擁する岐阜県の狩場。その狩場署の依頼で山岳救助犬のデモンストレーションで、夏実と静奈は狩場へやって来ていた。
    そのデモンストレーションの最中から起こり出した地震により、新羅山の噴火の可能性があることから、夏実たちも地元の山岳救助隊と一緒に登山客の下山のフォローのため、山に入る。そこで見つけた救助者は、いろいろな問題を抱えており…
    御嶽山の噴火は大変ショッキングであり、その後の危機管理がいかに大事なのか、この作品からも伝わって来る。残念なことに、どんな時でも自分勝手な人間がいることも…
    誘拐事件の件は、別に無くてもいい気はするけど、何だかんだと今回も一気読み。南アルプス山岳救助隊とのメンバーの出番が少ないのが、少し寂しい。

  • 南アルプス山岳救助隊K-9の一員、神崎静奈・星野夏美。彼女たちのパートナーである救助犬ジャーマン・シェパードのバロンとボーダーコリーのメイが活躍する。活火山の爆発・誘拐事件・親子の絆などが織りなす緊迫した条件下での人間模様などがうまく描かれている秀作。

  • *
    ________________________________________
    『火竜の山 南アルプス山岳救助隊K-9』
    樋口明雄
    ________________________________________
    高速道路が開通して人気の新羅山。新設された山岳救助隊のため講演に訪れた南アルプス警察署の夏実と静奈、登山サイトの同行者募集に応じた沙耶、そして一人さまよう傷だらけの少年……山に噴火の兆しが現れた時、人間たちの絆が試される。パニック・アクション×クライム・サスペンス=一気読み必至の山岳ミステリ!
    (amazon内容紹介より)
    *
    面白かった!
    色々な人がバラバラに同時進行で動いて行くんだけど、映画を観てるようで、ハラハラドキドキな展開に一気読み!
    *
    火山の噴火なんて滅多にあるものじゃないけど、ちょっと前の御嶽山の噴火や、子供の頃見て衝撃を受けた雲仙普賢岳の噴火。
    日本は火山大国だから、いつ何があるか分からないなぁと改めて思った。
    *
    日本人は、「自分は大丈夫」と考えて逃げ遅れる(正常性バイアス)ことが多いって書いてあって、その通りだなーと。
    ちょっとでも危険とか違和感とか感じたら、恥ずかしがらずに逃げたりした方が良いよね。
    絶対。
    *
    この本は、山岳救助隊と山岳救助犬が主人公なんだけど、犬の健気さに途中涙が出そうになって電車の中で困った。
    山岳救助隊って、ホントにすごい!
    毎日の訓練の賜物なんだね。
    あと、自衛隊の活躍も描かれてるからそういうの好きな人も楽しめると思う。
    *
    樋口明雄さんの本を読むのは初めてで、しかもこれシリーズ物で何冊目かだったみたい。
    でも、この本からで十分楽しめた。
    面白かったから、他のも読んでみなきゃ!
    *
    *
    *
    #火竜の山 #南アルプス山岳救助隊K_9 #南アルプス山岳救助隊K9 #樋口明雄 さん #山岳救助隊 #山岳救助犬 #活字中毒 #読書 #本 #book #小説 #読書時間 #novel #Bookworm #本の虫 #読了 #読書倶楽部 #なほんだな #ブクログ #booklog #bookaddict #本好きな人と繋がりたい #次は何を読もうかな? #読書好きな人と繋がりたい #

  • K-9シリーズ第四作。
    突如噴火が始まった活火山を舞台に、救助犬の講演で居合わせた夏実と静奈、誘拐犯の男女と誘拐された少年、誘拐犯たちを暗殺に来た殺し屋、ネットで集まっただけのバラバラのパーティー、火山研究をしている大学教授の物語が展開する。

    登場人物が多すぎたからか、終盤はバタバタと収束していく。もう少し登場人物を絞ってそれぞれの物語を掘り下げても良かった気がする。
    特に殺し屋の話とか、影のある北川とか面白そうだったけど。

    山で二度も地震が起きているのに下山しないという判断はちょっと理解出来ない。噴火に無関係だとしても山崩れの心配があるし、ましてや本編で度々触れられているように御嶽山の悲惨な例もあるのだから、何か少しでも異常なことが起きた時は下山する決断が重要。こうした非常識な人間がいるから、救助隊や自衛隊、消防士や警察官などが命を張らなくて良い場面で命を危険に晒さねばならなくなる。
    沙耶のように周りに逆らって決断出来ない人間もいるわけで、パーティーの統率力、特にリーダーの責任感や統率力は重要だと感じた。

    それにしても夏実より静奈の方に先に春が来るとは。でも嬉しい。
    このラストがあっての次の作品でのあの場面に繋がるのかと納得

  • シリーズもの。手元に第1作があったのに、この作品から読んでしまった。山岳救助隊に所属する女性隊員が出張先で巻き込まれる噴火と事件のお話。

  • 御嶽山を忘るまいとした教訓の一冊。
    山岳救助犬とハンドラーのおなじみの
    幾多の困難にもたちむかう勇敢なものがたり。
    前作はテロリストが登場したが、今回は誘拐事件も当時に進行…今にも火山が噴火するぞと知らされていながら、そんなこととは夢にも思わない人らが避難が遅れて巻き込まれ。
    自分も登山するので、活火山に登るときはきっとこの本を思いだすでしょうね……

  • 山を舞台にして,迫りくる自然の脅威と人間の脅威に立ち向かう女性コンビ。神々しいまでにそびえ立つ山々,使命感あふれる彼女たちとパートナーである救助犬達。それにミステリーとクライシスノベルの要素が加わるのだからたまらない。☆3つ。

  • 新刊を楽しみにしているシリーズのひとつ。
    今回も一気読みでした。
    満足。

全9件中 1 - 9件を表示

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9を本棚に登録しているひと

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9の作品紹介

これは、ただの“災害現場”ではない! アドレナリン全開の極上エンタテインメント。高速道路が開通して人気の新羅山。新設された山岳救助隊のため講演に訪れた南アルプス警察署の夏実と静奈、登山サイトの同行者募集に応じた沙耶、そして一人さまよう傷だらけの少年……山に噴火の兆しが現れた時、人間たちの絆が試される。パニック・アクション×クライム・サスペンス=一気読み必至の山岳ミステリ!

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9はこんな本です

火竜の山: 南アルプス山岳救助隊K-9のKindle版

ツイートする