五つ星をつけてよ

  • 172人登録
  • 3.58評価
    • (7)
    • (16)
    • (17)
    • (1)
    • (2)
  • 20レビュー
著者 : 奥田亜希子
  • 新潮社 (2016年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103504313

五つ星をつけてよの感想・レビュー・書評

  • 星を誰かにつけている人もまた、誰かから見られているのか。メン・イン・ブラックの世界のような構図。現在のネット社会、SNS隆盛を皮肉っているなぁと思う。最初の話が好きだ。結局は自分から歩み寄らなくては。

  • どことなく心に闇を抱えた一般市民が主人公の短編集。

    それぞれに落ちはあるのだが、何となくもやもや感が残る。

  • 6編の短編からなります。その題名は、
    ・キャンディ・イン・ポケット
    ・ジャムの果て
    ・空に根ざして
    ・五つ星をつけてよ
    ・ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ
    ・君に落ちる彗星

    どれも、わかりやすい文章で、感情移入しやすい話ばかりでした。

    友情を信じられない女子高生を扱った「キャンディ・イン・ポケット」が私は一番気に入りました。
    この作家の小説読むの初めてだったし全く先入観がなかったので、怖い話なのか、ハッピーエンドなのか想像できず、ドキドキしながら読み進めました。
    そして、最後の着地点、「こうきたかー」と思いました。よかったです。

    「ジャムの果て」は、夫に先立たれた老いた母と、離れて暮らす娘や息子の話です。私にも夫に先立たれた母がいるので、身につまされる話でした。でも最後のシーンはあまり感情移入できず、疑問符が頭の中にいっぱい現れました。

    全体を通して、ブログや、SNSなどが普通に出てきて、今の時代の空気感がよく出ていると思います。

  • 人とのつながり方を、ちょっと間違えちゃった人たちがいる。
    私たちはみんな、いろんなところで、いろんな瞬間に間違えているのだろう。
    しかも、正解は無い。
    6編目で、野球選手を夫に持つ元アイドルの主婦が
    『敏くんの機嫌を保つのは、直径十センチの穴に九・八センチのボールを投げ入れるようなものだった』とモノローグする。
    そんなものだ。


    『キャンディ・イン・ポケット』
    高校の卒業式の日。
    友達はもっと信じていいんだよ。

    『ジャムの果て』
    間違いに気付き、すぐに新しい方向を目指せるのは若さだ。
    間違えたことにも永遠に気付かない中高年は痛々しい。
    きっと、この主婦は、最後まで自分の非には気づいていない。

    『空に根ざして』
    空の写真を、SNSにアップする。
    「ソラ」は「カラ」とも掛けているのかな?
    見知らぬ人と共有できるものと、意味のないもの。

    『五つ星をつけてよ』
    噂か、自分の目と感か…

    『ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ』
    自分の間違いを思い出せば、大切なものを救えることもある。

    『君に落ちる彗星』
    動物園の檻の中を見ているつもりだが、動物だって中から人間を観察しているのかもしれない。

    …と思って読んできたら、いきなり最後に神視点…
    どういうことなの?
    教えて、お星さま。

  • 価値基準をネットの評価に
    なんかねえ
    でもなんかねえ 分かるよね
    無責任な☆
    6篇ともドキッとさせられた

    ≪ 指一本 触れて身近か 遠いのか ≫

  • ネット利用という共通項を持つ、人生において何かが欠けている人々にまつわる6作の短編集。
    いずれも登場人物の機微な感情を丁寧に描いており、自分の感情のどこかに触れ、何かが呼び起こさせられる。
    空気感もいいし文章も巧みだった。

  • 奥田亜希子 新潮社 2016年10月 SNS

  • 迷わず、五つ星をつけました。
    最近とても気になっている作家さんの最新刊やっと読めました。デビュー作から好きだなが増え募って今回爆発した感じ。
    六つの短編集なのですがどの話も良くて、どの話もどこかで震える、ぞわっと鳥肌が立つような、心にグサッとくるものがある。

    はじめの、キャンディ・イン・ポケットからとてもよい。
    学校で人気者の女子と乗る電車が同じになり3年間律儀に電車の15分、学校までの15分の30分を一緒に過ごした子の卒業までの話。良かった。今をとてもよく描いている。
    好かれていないのかなと既読スルーを気にする子、仲のいい心を許した子には既読スルーをしちゃうということ。友達っていいよね、女子高生っていいなって思えた話

    ジャムの果て
    これはわたしかなりドカンときました。25歳くらいの頃わたしもジャム作りにやたらハマったからでしょうか。果物をグラニュー糖につけてホーロー鍋で煮ている時間ってすごく幸福なのよ、甘ったるい香りとぐつぐつとろとろになって行く過程が無に近づいて。その、ジャムの果てがもう恐ろしかった。母視点から子供達の視点を知った読み手の気持ちを作者は厭にコントロールしている

    空に根ざして
    これはまぁまぁかな。だけど出てくる子が同世代で、結婚する気ないなら言えって気持ちわかるわ〜とアラサーのわたしは強く、さらに長〜く同じ人と一緒にいた女として同感だな。今なら相手の気持ちを汲み取る事もできるけども。

    そしてそして表題作の五つ星つけてよ
    ネットでなんでも評価をしれちゃう世界。
    食べログやらAmazon楽天の星の数めっちゃ見てるし信用してる。自分が選ぶものに自信を持てなくて、ホームヘルパーさんに誰かあの人に五つ星つけてよという一言がもうグッときた

    ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ
    一番読んでいてハラハラした。大丈夫かな、騙されてないかな、リベンジポルノされないかな、ってハラハラしながら淡い恋を読んで、泣けたなー。中学生って一番波乱だった。クラスという狭い世界で生きていくこと、恋に落ちてその人だけの世界になってしまうこと、誰にも止められないしわからない、バカだから。

    君に落ちる彗星
    だって、俺は神さまだから
    たったその一言の強烈さに痺れた。怖。って思ってたら最後の一ページが皮肉でそういうことしちゃう著者が大好きです笑

  • 迷わず5つ星をつけました。わかりすぎて怖いくらい。ここにいるのは自分かもしれない、と。

  • 五つ星、つけましたよ、思わず。
    予想していたのとは全然違う内容だった。
    でも真実をついている。
    最後にこの本についてひとり反省会っぽく振り返っているのが笑える。

  • 2017.0205読了 図書館

  • 奥田亜希子さんを
    王様のブランチで朝井リョウさんがお勧めしていたので
    『ファミリー・レス』と一緒に図書館で借りました。

    家族や近い人にまつわり、インターネットも絡み
    ちょっと悲しい短編集

    LINEの既読スルー
    ネット上の口コミや星の数を気にしたり、
    娘に勝手にモノを送ったり
    と、私も普段やっていることが書かれていたので
    ドキッとしながら読みました。
    (ジャムはぶちまけない。片付け大変そうだから)

    『ファミリー・レス』も悲しく重苦しい感じでしたが
    こちらもそうですね。でもこちらの方が好き

  • 朝井リョウさんが勧めていたので、読んでみました。
    最初のキャンディインポケットで素敵な青春小説を描かれる方だなぁと思ってたら、ジャムの果てで、うわぁこうきたかと。

    他の作品も読んでみたくなりました。

  • ジャムの果て
    この晴子というお母さんは、実家の母のようでもあり、私のようでもある。人を振り回す母、この部分は実家の母のようであり、晴子が電話しても出ない、娘や息子は、私のようでもある。
    辛い気持ちになった。
    最低限の面倒は見るけど、話は聞かない。
    この美和の言葉も胸をついた。

    この短編が一番心に残った。

  • +++
    既読スルーなんて、友達じゃないと思ってた。ディスプレイに輝く口コミの星に「いいね!」の親指。その光をたよりに、私は服や家電を、そして人を選ぶ。だけど誰かの意見で何でも決めてしまって、本当に大丈夫なんだろうか……? ブログ、SNS、写真共有サイト。手のひらサイズのインターネットで知らず知らずに伸び縮みする、心と心の距離に翻弄される人々を活写した連作集。
    +++
    表題作のほか、「キャンディ・イン・ポケット」 「ジャムの果て」 「空に根ざして」 「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」 「君に落ちる彗星」
    +++

    インターネットがなければ、どこかの街でなんということのない日々を平凡に暮らす人々が主人公である(例外もあるが)。なまじインターネットで世界と繋がってしまったがゆえに、自分の存在意義の振れ幅に戸惑い、そこに思わぬ化学反応が起こったりもするのだろう。自分自身の判断基準が曖昧になり、ネットの反応に翻弄される。それは日々の張合いにもなるだろうが、行き過ぎると泥沼にはまることにもなる。そんなひとたちのオフラインの暮らしにも生身の人とのかかわりがあり、感情の揺れもある。それが見事に描かれていて、胸に沁みる。思わずじんわりと涙がにじんできたりもするのである。失った自分を取り戻せるような気がする一冊でもある。

  • 6篇からなる短編集。
    家族のため、最大限の愛情を注いできた。
    でも疎ましく思われてしまう。
    母親の自己満足がたっぷりと沁みた
    甘い愛情を書いた「ジャムの果て」が良かった。
    思春期の娘のシルエットに、自分の姿を重ねる母娘を描いた「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」はハラハラしながら読み進めた。
    〈どうしてあんなに許せないことばかりだったのだろう。完璧なものしか欲しくなかった〉。「ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ」で、母親が中学の頃の自分を回想するシーンの一文。
    あー、分かる!
    思春期の頃は、小さなことが、とても大切に思えて仕方なかった。
    奥田さんの次回作が待ち遠しい。

  • 手のひらサイズのインターネットで知らず知らずに伸び縮みする
    心と心の距離を描いた6つの短編集。

    ・キャンディ・イン・ポケット
    ・ジャムの果て
    ・空に根ざして
    ・五つ星をつけてよ
    ・ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ
    ・君に落ちる彗星

    通学のときだけ会話する関係であった女子高生の卒業式の物語。
    既読スルーなんて友達だと思っていなかった…。
    夫を亡くし自分から離れていった子供達にジャムを送るも子供に疎まれてしまう母親。
    ジャム作りのブログを始めたものの…。
    口コミの星のレビューをたよりに服や家電を、そして人を選ぶ。
    だけど誰かの意見で何もかも決めてしまって本当に大丈夫なのだろうか…?

    登場人物の様子や性格が丁寧に描かれている。
    また女性の心理描写がとても丁寧で、女性が生活の中で感じる日々の思いや、
    どこにでもいそうな等身大の女性達に共感を感じました。
    全体に重苦しいイメージ。
    読んでてドヨンとしたりゾッとしたりヒリヒリするお話が多かった。
    でもキャンディ・イン・ポケットは明るくて前向きになれて良かった♪

    どのお話もSNSやネットショッピングをほんの少ししている私にはヒリヒリ痛かった。
    誰もがインターネットやSNSを利用してるんじゃないかなぁ。
    その影響って大きくなっていて軽く依存している所がある。
    誰もがきっと思い当たると思う。
    ちょっと、苦い読後感でした。

  • ネット上のレビューや口コミや星の数を気にしたり、他人の意見に振り回されたり、言論の自由を盾に好き勝手意見を述べたり。
    正に自分が普段やっていることが書かれていたのでドキッとした。
    タイトルや表紙から可愛らしい印象を受けていたけれど、痛い内容でした。
    良い短編集。

  • 奥田さん初読み。短編集。

  • 面白い内容でしたが、五つ星は無理でした。

全20件中 1 - 20件を表示

五つ星をつけてよを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

五つ星をつけてよを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五つ星をつけてよを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする