いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~

  • 62人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 新潮社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103506218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
リンダ グラット...
西 加奈子
辻村 深月
三浦 しをん
西 加奈子
村田 沙耶香
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~の感想・レビュー・書評

  • 大好きなふたりの保育士さんが書いた本。自分自身は、こどもを他者や平均と比べることもあんまりなく、あれこれやらなきゃ!いう囚われも少ない方なので、内容に共感と安心感を持った。いい親、の定義は人の数だけそれぞれだけど、心地よい関係性を結べる親子でありたい。そのためのヒントをいくつももらった。

  • 子育てをしていると、いい親でありたいと誰しもが思うことでしょう。その為にこうしなければいけない、あれはしてはいけないなどがんじがらめになり過ぎてませんか?そしてそれらに縛られて、楽しいはずの子育てが辛いものになっていませんか?大丈夫、肩の力を抜いていいんです。

    「しなくていい」ことこんなにあったというフレーズに惹かれまくって読みたくなった本です。
    元々ああしなきゃこうしなきゃを私自身はあまり考えずに子育てをしていたつもりですが、それでもやっぱり子供が成長してくると「しなければならない」に縛られてたんだな〜と感じることができました。
    ゆるい子育てをしているので、割と共感できるというか、今までのやり方や考え方でまあいいんだなって思える部分も沢山ありました。
    例えばうちは夫と私の子育てに関する考え方のすり合わせをあまりしていなくて、子供にとっては一貫してなくて混乱するかもなと思いながら放置してたんですが、まあそれもまたいいのかという気持ちになりました。
    しつけに関して気を付けないといけないな、と思った部分もありとてもためになりました。

    ただこの本自体新しいし、著者は同年代でもあるので鵜呑みにし過ぎてもいけないなとも思いました。なんというか、この育て方で実を結べたと感じることができるのはもっともっと先じゃないかなという疑問が生まれてしまいまして。まだ一部分でのみもって成功と言ってしまうのはやや危険じゃないですか?と思ってしまいました。
    それがまた子育てや子育てに関する書籍の難しいところなんでしょうが。
    こういう考え方もありますよ程度で留めておかないといけないなとは思いました。

  • 合同会社こどもみらい探求社のふたりの本。しなくていい、を軸に展開している。いい親とはなにか、に縛られているお母さんたちは、肩の力がふっと抜けると思う。
    子育ての本ではあるけれど、読んでいて大人でもハッとさせられることがあった。

    どうしても自分は、発想が凝り固まっている。
    色鉛筆で色塗りをする時は、当たり前の色に塗らないとどうも気持ち悪い。カエルは緑だし、雨は青色。それを、ピンク色に塗っている人がいると、ええ!と驚く。別にピンクのカエルがいたっていいじゃない。

    決められたことと違うことをすると、どうにも融通が利かず適応するのに時間がかかるのは、凝り固まった硬い頭のなせる技。ある程度の形を形成していても、あっそんなのもあるんだ、と思ったらトンカチでガツンとぶち壊して、1からまた作り直せる、そんなぐにゃぐにゃ柔らかい頭を持っていたい。

  • 保育士をしていた筆者二人組の視点からの子育てをこうすれば、子育てに苦しまなくて良いよという本。
    子育て経験はないが、保育士という仕事でたくさんのこどもたちを見てきた彼女たちだから書けた本なのかなと思います。
    子どもたちがもっと小さくて子育てに悩んでいた時に出会えばよかった本だと思います。
    今子育て真っ盛りの人、これから親になる人にぜひ読んでおいてもらいたい本です。
    この本に書いてあることをすべてやろうとすると、それはそれで苦しくなるので、一つでも二つでも取り入れられれば良いと思います。

  • 凸凹をみとめる

  • 夫婦で意見が違っていい。むしろ夫婦間で違う意見を持っていることを子どもにみせてあげるべき。

    親はエンターテイナーではない。親が疲れた時、その遊びは終了でいい。

    想像力を使う余地があり、「何ものにでもなれるもの」が子どもが飽きずに楽しめるおもちゃ。

    見本は作らない。表現されたものが芸術。

    今の生活でできてないことを示唆する本が多い中、減らすことを提示する珍しい本。気が楽になる。

  • 自分らしく、今の自分を大切に、無理することなく、子育てしていけば良い。というメッセージと、子どもに寄り添うためのコツが書かれている。

全7件中 1 - 7件を表示

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~に関連するまとめ

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~を本棚に登録しているひと

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~の作品紹介

「子育てが大変から楽しいに変わった」とママたちが号泣する講座とは!? 子育てのつらさは9割が思い込み!? 「いつも笑顔でいなきゃ」「ママ友をつくらなくちゃ」「しつけをきちんとしないと」……。そんなことしなくても、ママも子どももハッピーに! 悩めるママたちに大人気の講座「おやこ保育園」。自治体や企業からも引っ張りだこの保育士起業家コンビの秘密がつまった独自メソッドを初公開!

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~はこんな本です

いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~のKindle版

ツイートする