そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everyth

  • 51人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 西きょうじ
  • 新潮社 (2017年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103508915

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
J・モーティマー...
塩田 武士
佐々木 圭一
松村 真宏
エラ・フランシス...
みうら じゅん
有効な右矢印 無効な右矢印

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだろう、内容を説明するのが難しいなあ。面白いんだけど、その面白さのツボがわからない。視野は広がった気がする。新書っぽい内容。
    そらから、著者が東進ハイスクール講師ってところに納得感あり。

  • カリスマ予備校講師が書いたエッセイ。

    知的好奇心が刺激される内容で面白かったです。

  • <目次>
    第1章  「いま・ここ」をサバイブするための「そもそも」思考
    第2章  「連れション男」と共感力
    第3章  「私」はいつまで私なの?
    第4章  「伝染る」のかあ!~社会的ネットワーク
    第5章  『みんなうんち』劇読~生態系ネットワーク(1)
    第6章  うんち、その後~生態系ネットワーク(2)
    第7章  大切なものは目に見えないのだね
    第8章  触ると正解が感じとれる
    第9章  感覚は越境する
    第10章  行き詰まったらピョンピョン
    第11章  好奇心は幸せの鍵?(1)
    第12章  好奇心は幸せの鍵?(2)
    第13章  ノイズになりたい
    第14章  いま、あらためてことばとむきあう

    <内容>
    元代ゼミ英語講師(現東進ハイスクール講師)のエッセイ。この本(というか元ネタは「小説新潮」連載の記事)の編集者が予備校で著者の講義を聞いて、「この人の本を作りたい」と痛烈に感じ、28年後に実現した本(帯による)。著者は予備校の講義でも、脱線に脱線を重ねるが、気が付くとちゃんとした授業になっていた(ということは、論理的に意図的に脱線していたということだ)そうだ。私も授業中によく脱線するのだが、意図的な時と間を繋ぐ時と、感情的にやってしまう時がある。予備校は1コマに金がかかっているので、聞いている側は無駄を嫌っているはずだが、受講生側がこうした感想を持ったということは、その脱線そのものに素晴らしく意味があったということだ(この言い方難しいが…)。脱線が単なる雑談にならないように、私も気を付けているが、著者のこの本を読むと、帯のように素晴らしき教養の下、自分の仕入れた教養を、縦横無尽に組み立てて、ある着地点に向かって(つまり論理的に)話しているさまがわかる。この本は、教養としても素晴らしく役立つ。脳科学や文化人類学、生命倫理なども語られる。多くの人に一読してもらいたい本だ。

  • 【書誌情報+内容紹介】
    装幀 kotoffei(Shutterstock.com)/図、新潮社装幀室/装幀
    雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
    発行形態 書籍
    判型 四六判変型
    頁数 190ページ
    ISBN 978-4-10-350891-5
    C-CODE  0095
    定価 1,080円

    カリスマ講師、三十年の精髄。読むだけで「最先端の教養+無敵の雑談力」が身に付く!

     直に教えた生徒二十数万人、受験英語界のカリスマは「雑談」も凄かった。教え子たちを虜にした、伝説の話術をあなたに! 「私」ってなに? というアイデンティティの問題から、肥満も伝染する話、うんちの行方、果ては最新の脳科学が明かす身体感覚の驚異まで。古今東西を股に掛け、縦横無尽に展開する知的好奇心の坩堝。
    http://www.shinchosha.co.jp/sp/book/350891/


    【簡易目次】
    はじめに
    第1回 「いま・ここ」をサバイブするための「そもそも」思考
    第2回 「連れション男」と共感力
    第3回 「私」はいつまで私なの?
    第4回 「伝染る」のかあ! 〜社会的ネットワーク〜
    第5回 『みんなうんち』劇読 〜生態系ネットワーク(1)〜
    第6回 うんち、その後 〜生態系ネットワーク(2)〜
    第7回 大切なものは目に見えないのだね
    第8回 触ると世界が感じとれる
    第9回 感覚は越境する
    第10回 行き詰まったらピョンピョン
    第11回 好奇心は幸福の鍵?(1)
    第12回 好奇心は幸福の鍵?(2)
    第13回 ノイズになりたい
    第14回 いま、あらためてことばとむきあう
    「そもそも」各回のまとめと参考文献

全4件中 1 - 4件を表示

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythを本棚に「読みたい」で登録しているひと

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythを本棚に「積読」で登録しているひと

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythの作品紹介

カリスマ講師、三十年の精髄。読むだけで「最先端の教養+無敵の雑談力」が身に付く! 教えた生徒数延べ二十万人、受験英語界のカリスマは「雑談」も凄かった。教え子たちを虜にした、伝説の話術をあなたに! 「私」ってなに? というアイデンティティの問題から、肥満も伝染する話、うんちの行方、果ては最新の脳科学が明かす身体感覚の驚異まで。古今東西を股に掛け、縦横無尽に展開する知的好奇心の坩堝。

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythはこんな本です

そもそも: つながりに気付くと未来が見える―Everything is connected to everythのKindle版

ツイートする