鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 852人登録
  • 4.03評価
    • (62)
    • (62)
    • (36)
    • (6)
    • (3)
  • 82レビュー
著者 : 川上和人
制作 :                      
  • 新潮社 (2017年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
三浦 しをん
塩田 武士
辻村 深月
佐藤 雅彦
皆川 博子
三浦 しをん
宮下 奈都
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の感想・レビュー・書評

  • ネットで見かけて。

    笑えた。
    どらえもんやガンダムや迦陵頻伽、昔話なとが、
    絶妙なタイミングで飛び出てきで、みぞおちを突かれる感じ。
    だんだん慣れてきて、この角で秋元康が来るな、と思っても、毛利元就だったりとか。

    とはいっても鳥類研究の話も面白かった。
    ズクロミゾコイの調査をしていて、その声に似ている牛舎の前にたどりついたり、ホンダのバイクの後ろにいたことがあるとか。
    環境保護地域の南硫黄島への調査に向かうために、一週間前から種子のある果実は食べず、道具はすべて新品を用意し、クリーンルームで準備をして、地域外の動植物をもちこまないように気をつけたとか。
    ボルネオ島の研究対象地がコーヒー農場や違法な石炭採掘場になってしまったとか。

    こういうタイプの本は、最初飛ばしても、最後に失速してしまうことが多いが、最後まで美味しかった。
    そういう意味では、最後までアイスクリームがつまっている抹茶パフェというべきか。
    チョコパフェほど甘くはない。
    抹茶アイスとか生クリームとか抹茶シフォンとか白玉とかあんことか、それぞれ美味しい鳥ばなしがてんこもり、そこにアクセントが効いてる感じかな。
    でも、そのアクセントは、例えるなら何だろう。
    コーンフレークじゃないとは思うんだけど…。

  • ユーモア溢れる軽い文体で鳥や鳥の研究の話を書いている。この軽さは好みが分かれるだろう。その饒舌さは本の後半に向けて加速していく。最初は面白がってキャーキャー言いながら乗っていたけど、急カーブ急発進が続いて気持ちが悪くなってきて、最後は振り落とされたような印象(^^;)

  • テンション高めの文章と畳かけるおやじギャグに目がくらんで、なかなか内容が頭に入ってこない。いにしえのテキスト系サイトだと思うとしっくりくる。

  • 面白い。古今東西のネタを縦横無尽に織り込んだ文章がまず目を引く。だんだん慣れてみると、軽妙な文章だけでなく紹介されている知識やものの見方自体がそもそも興味深い。
    キョロちゃんが実在の鳥ならどんな生態か?同じ場所に似た種類の鳥が住んでいると、交雑しないために目印を持つように進化したりする…等、等。孤島に侵入した外来種の駆除に関わる努力は、以前読んだこの本[http://booklog.jp/item/1/4163900810]にも通じる。
    予算やマネジメントの締め付けがきつい昨今、学術研究を「面白い」と語ることがなにか憚られるかのような世の雰囲気があるけれども、面白さを伝えてくれることもひとつの社会貢献。

  • 初っ端からエンジン全開で梅干しと酢豚のパインへの愛憎を語り、絶妙なタイミングでサブカルネタを繰り出す海千山千最強の理系蛮族にして鳥類学者川上和人。
    彼のグイグイと読ませる文章が、我々を火山や絶海の孤島に生きる鳥たちの世界へと誘う。

  • 本書を読むと、学者さんに対する印象がガラッと変わります!!
    学者さんって、こんなにフレンドリーなんだと実感します。
    鳥類学者さんの本なので、鳥の話がたくさん出てきます。
    鳥好きの方に読んでもらいたい一冊です。(A)

    請求記号:488||Ka 94
    資料ID:W0187537

  • わずか50ページでギブアップ。

    高評価とタイトルにひかれて読んだけど、
    鳥に興味が無い私には全く響かない本でした。

    細かいギャグも面白くないし、
    鳥類学者って面白いことしてるねって
    感想も全く持てず、早々にリタイア。

    残念ながら私が読みたい本では無かったみたいです。

    「高評価だからって、面白い本だと思うなよ」って感じです。

  • 2017.11.12読了。オモチロイ。まるで森見登美彦作品に出てくる腐れ大学生のような文だ。楽しいけど情報量が多いから読んでて疲れた。付箋の出番が多いぜ。てかそれなりに教養ないと難しいかも?んでもってこの著者さてはアニメ漫画かなり好きだな?そして私に日本の神様の知識あって良かった!本読んでて良かった!卒制で日本の絶滅種を調べた際に出てきた鳥達の名前が出てきてよかった間違ってなかったとホッとすると同時にやっぱり絶滅しているんだなと悲しかった。そして卒制にあのテーマを選んで本当によかった。日本の絶滅種は?と聞かれて少なくとも46種はほぼ空で答えられる人間に私はなれたのだ。挿絵が洋物の児童書の挿絵のように細かく丁寧でまるで冒険譚のよう。舞台も孤島だし余計に冒険感がある。てか調査地が消滅とか衝撃的である。私だったら悲しみとか怒りとかすっ飛ばして呆然とするしか…南硫黄島の調査は2007年か。今から10年前になんだな。無人島への外来種対策の細かさと厳しさに驚いた。クリーンルームまで作るとは!霧が水辺のない地域の水源になっていることにも驚いた。この本では色々と驚いてばかりだ。ハエのくだりとか壮絶すぎる。小笠原のネコ対策で獣医や海運の協力のもと殺さず取り除くシステムができたとあった。道は相当険しかっただろうけど可能であったという事実は今後の島猫対策の希望なんじゃないだろうか?アカポッポの話で現存種を守ることで近縁の絶滅種が存在した証拠を守れるというのは目からウロコをだった。動物の野生の回転運動の話でワニのデスロールはダメですか⁈と聞いてみたく思った。ドリルみたいな回転ならイルカもスピンジャンプするけどあれば何でだろう?リアルキョロちゃんはハシビロコウを彷彿させる。頭だけだが…。日本の森林維持率が意外に高いのには驚いた。まぁ山だから開発しにくいのもあるんだろうな。よかったよかった。でも東南アジアの熱帯林はそうはいかない。悲しきかな遠い地にいる私にはせいぜい関連団体に寄付するぐらいしかできない。そういえばカールって販売停止になってしまったのでは無かったろうか?これが発行した頃にはまだだったけど、キャベツ太郎に移行したのだろうか?著者は今はすでに巻末に出てきた島から戻って次の次の調査か何かに行っているのだろうか。とても面白い本だった。続きがあるならぜひ読みたいなぁ。表紙のイラストもわちゃわちゃしててかつグラフィカルでおしゃれで素敵だ。そしてこの本は本棚に残そう。

  • 私は、個人的に完璧と思う文章を書く小説家には憧憬の念を隠さないが、同様の文章を小説家以外の人が書くとなると嫉妬の念が勝る。本作に抱いた念は、明らかに後者である。
    学者の書く文章は、たとえそれが自分の専門外の学問であっても、勉強のためと割り切って読むので、いわゆる「うまい」文章は求めていないし、むしろそういうものと思って読む。
    しかし、本作は、鳥類学者が書いた文章のくせに、文章の流れといい、引き込む魔力といい、随所に散りばめられたユーモアといい、単に文章として完璧だ。
    ここまで文章が完成されていると、そこから何を学んだかとか、自らの知見をどう刺激したかなどどうでもよく、ただただ「小説家でもないのに、こんな完璧な文章を書きやがって」と嫉妬するばかりである。
    そのうえ、「オレもこんな文章書きたい」としか思っていないはずなのに、まんまと鳥類や絶海の孤島に興味を抱いてしまっている。
    してやられた。もう、超絶おすすめするほかない。

  • 鳥類学には興味がなく、著者の文体も面白さを感じなかったが、島のような閉鎖的な環境下で特定の種Aを駆除すると、その種Aを天敵としていた種Bが途端に増殖する点や、それを踏まえるとAを駆除するには、まずBを駆除してからの方が良いという部分は大きな気づきを得た。

  • 流されるまま鳥類学者になった(らしい)著者のフィールドワーク&エッセイ。相変わらず軽妙な文章が良い。文章に安定の三段落ちが常にあるのが、全力で笑かしにかかっていてすごいパワーです。読んでいてとても小笠原諸島に行きたくなった。しかしモンハンの本を書かれているのは知らなかったわ。これはチェックせねばなりません。

  • 鳥類学者ってこんなことをしているんだ!南硫黄島の調査の話が面白かった。島に行くために泳いだり崖を登ったり大変だなぁ。蛾が耳から入ってきた話にはゾゾゾっとしました。初めから最後まで、面白おかしく書かれているんだけど、アニメや映画のギャグが多くて、よくわからない。カタカナの名前が出てきても、実在する人なのか映画のキャラなのか、そして何の喩えなのかがわからない…。十分に楽しめなくて悔しいです。

  • くだけた書き方で読みやすいが、だんだんそのおふざけが鼻につくようになってきた。それでも、外来生物の問題、鳥類の調査の実際、新種の発見や名付け方、進化の研究など、興味深い内容が結構あったので、なんとか最後まで読んだ。

  • めちゃくちゃ面白い

  • 最初の はじめに に項目がとても面白い

  • 川上和人さんはユーモアセンス抜群で、すごく楽しませてもらった。危ない目にもあっているけれど、そのシーンでさえも漫画チックに感じさせれてしまうほどのユーモアセンス。川上さんには脱帽です。

  • 鳥類のことを語る「以外」のところは面白い。本題に入るとがぜん興味がわかないのが、読んでいて辛かった。

  • ユニークな語り口で鳥類学者の学問的知識とその日々のあれこれを綴ったもの.アニメや映画,漫画の主人公たちが例としてしばしば登場し,楽しく読めた.あちらを立てればこちらが立たずではないが,環境保全の問題も一筋縄ではいかないことがよく分かった.

  • ところどころに挟まれる小ネタが面白くて人気の本だそうですが、鳥が好きで読む私のようなもの以外、印象に残るのは鳥ではなく小ネタの方かもという懸念が・・・。トリビアな知識を鳥と結びつけてくるのもすごいです。それを抜きにして読んでも、やはり興味深い内容で楽しめるはず。何しろ冒険物語なんだから。作者は東京都ではあるが、はるか太平洋上にある西ノ島の海底火山爆発で生じた新島(現在は旧島と合体している)に調査に行った鳥類学者で、NHKのドキュメンタリにも出演されていたのですね。主に離れ島をフィールドとされている、海鳥が専門の鳥類学者かなと思ったら、そんなもんじゃなかった、この人。
    鳥を愛するあまり、死骸から骨格標本を作って収集してしまう。小ネタの内容からもオタクっぽいかと思えば、東京都の鳥が、なぜ世界遺産である小笠原にしか生息していないメグロじゃないのだと真っ当に怒り、孤島では大量の研究対象の死骸を目の当たりにし、耳に巨大蛾が大量に飛び込んでもめげず、断崖絶壁絶体絶命の孤島に挑んでいくタフガイでもある。脳内の柔軟性と、肉体の根性を併せ持つ、もしかすると、万が一、天才かもしれない。鳥類の祖先は恐竜だぞ!と言っている本も読みたくなってきました。
    本書は、鳥類の保全や環境について、ほんとに、真面目に、役立つことを提案している本ですが、それ以上に、やはり面白い。

  • いや、面白かった。
    多分内容としてはかなり薄い。パンピーむけに、鶏の面白さのちょっと入り口を書いてるだけだと思うんだが、書きっぷりが。何度も声出して笑ってしまった。
    ただ、アニメネタとかなんお説明もなしにぶっ込んでくるんで、知らん人にはなんのことか判らんかもしれない。

  • 確かに鳥類学に進んだ時は鳥好きではなかったかもしれないが、今現在はすこぶる鳥(特に骨)好きに違いない。

  • 学者とは思えないほど文章が面白い。本職のエッセイストのよう(褒め言葉)
    時々突っ込んでくるサブカルネタも大多数の人が知ってるレベルに留めてあるが、本当はもっと色々知ってるんじゃないかと邪推。
    途上国の環境破壊や害獣駆除など重い話もちゃんと根拠を示して、必要なことだと教えてくれる。

  • 久しぶり。
    面白かった。

  • 鳥類学者である著者がフィールドワークの様子やキョロちゃんの学術的検証、外来種から固有種を守る戦いなど軽妙な筆致による作品。

全82件中 1 - 25件を表示

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「積読」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の作品紹介

出張先は火山、ジャングル、無人島……センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております。必要なのは一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘いながら、吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈し、空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――アウトドア系「鳥類学者」の知られざる毎日は今日も命がけ! 爆笑必至。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。はこんな本です

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。のKindle版

ツイートする