鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 760人登録
  • 4.06評価
    • (44)
    • (48)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 55レビュー
著者 : 川上和人
制作 :                      
  • 新潮社 (2017年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
皆川 博子
辻村 深月
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の感想・レビュー・書評

  • テンション高めの文章と畳かけるおやじギャグに目がくらんで、なかなか内容が頭に入ってこない。いにしえのテキスト系サイトだと思うとしっくりくる。

  • 面白い。古今東西のネタを縦横無尽に織り込んだ文章がまず目を引く。だんだん慣れてみると、軽妙な文章だけでなく紹介されている知識やものの見方自体がそもそも興味深い。
    キョロちゃんが実在の鳥ならどんな生態か?同じ場所に似た種類の鳥が住んでいると、交雑しないために目印を持つように進化したりする…等、等。孤島に侵入した外来種の駆除に関わる努力は、以前読んだこの本[http://booklog.jp/item/1/4163900810]にも通じる。
    予算やマネジメントの締め付けがきつい昨今、学術研究を「面白い」と語ることがなにか憚られるかのような世の雰囲気があるけれども、面白さを伝えてくれることもひとつの社会貢献。

  • ネットで見かけて。

    笑えた。
    どらえもんやガンダムや迦陵頻伽、昔話なとが、
    絶妙なタイミングで飛び出てきで、みぞおちを突かれる感じ。
    だんだん慣れてきて、この角で秋元康が来るな、と思っても、毛利元就だったりとか。

    とはいっても鳥類研究の話も面白かった。
    ズクロミゾコイの調査をしていて、その声に似ている牛舎の前にたどりついたり、ホンダのバイクの後ろにいたことがあるとか。
    環境保護地域の南硫黄島への調査に向かうために、一週間前から種子のある果実は食べず、道具はすべて新品を用意し、クリーンルームで準備をして、地域外の動植物をもちこまないように気をつけたとか。
    ボルネオ島の研究対象地がコーヒー農場や違法な石炭採掘場になってしまったとか。

    こういうタイプの本は、最初飛ばしても、最後に失速してしまうことが多いが、最後まで美味しかった。
    そういう意味では、最後までアイスクリームがつまっている抹茶パフェというべきか。
    チョコパフェほど甘くはない。
    抹茶アイスとか生クリームとか抹茶シフォンとか白玉とかあんことか、それぞれ美味しい鳥ばなしがてんこもり、そこにアクセントが効いてる感じかな。
    でも、そのアクセントは、例えるなら何だろう。
    コーンフレークじゃないとは思うんだけど…。

  • 初っ端からエンジン全開で梅干しと酢豚のパインへの愛憎を語り、絶妙なタイミングでサブカルネタを繰り出す海千山千最強の理系蛮族にして鳥類学者川上和人。
    彼のグイグイと読ませる文章が、我々を火山や絶海の孤島に生きる鳥たちの世界へと誘う。

  • 楽しく読めます!特に作者と同世代の人におすすめ

  • タイトルの続きを勝手に言うならば、俺は鳥の骨格が好きなんだ。って感じかな。鳥類学者のフィールドワークは離島での野鳥観察から採集から色々。小笠原諸島の話は興味深い。本著はエッセイになると思うので半分近くはジョーク満載の構成になっており、本格的な鳥の話をディープな内容で読める本では無かった。

  • 語り口調が独特で、ちょっとクセになってしまう。話の中身も興味深く、希少種?の鳥類学者の実態が垣間見える。でも何より頭から離れないのは、思いもしなかった孤島の姿。この本にイメージを塗り替えられた、一生離れないだろう。

  •  語り芸もここに極った。
     相変わらず面白いトーンで鳥について語られるのだけれども、著者はこの文体をどこで身につけたのだろう。単文であればアリだとは思うんだけど、本1冊分このテンションで語るのは相当大変。もしかして素なのかな。

  • 鳥の川上先生の研究の日々について。

    こども科学電話相談で、面白い人だと思って買ってみたら、案の定本も面白かった。
    専門用語は少なく、一般人にもかなりわかりやすく、エンターテイメント性バッチリに書いてある。
    鳥の研究を読んでると言うより、無人島冒険奇譚。

    MOROHAのアフロに音読してもらいたい。ぜったい合うと思う。

    タイトルとは裏腹に、鳥への愛をひしひし感じる。

  • 夏休み子ども科学電話相談に川上先生がご出演されていたのを聞き、ミーハーで読んでみました。
    期待どおりのノリでした笑
    3行に1回くらいの割合で余計な一言が挟まれてますね(褒め言葉)。

    もとは週刊新潮の連載のようで、一つ一つが短くまとまっているので読みやすいです。
    カタツムリが鳥に捕食されても生きたまま排泄されるケースがあるというのは驚きでしたね。
    まさしく一寸法師(この例えには膝を打ちました)!

    鳥と少年ジャンプ愛を感じる一冊です。

  • 面白い! 
    ユーモラスな文章で読ませ、何か所も声を上げて笑ってしまった。それでいて、鳥類についてトリビア的な知識を多く学べた。
    それにしても、作家並みに文章が上手い!
    月並みだけど面白かった!

  • フィールドで研究するときの苦労が伝わってくるが,その苦労を乗り越える探究心がカッコイイ。
    連続的に繰り出すオヤジギャグも「はい,ウチワ」じゃなかった,ハイセンス!

  • 面白いといえば面白いが、コレジャナイ感強し。しゃべくり漫才風の文体は最初は面白かったけれど、鳥やフィールドワークの話を読みたくて買ったわけであって、だんだんギャグは飽きてきて、最後の方では邪魔に。肝心の鳥や研究の話は、小ネタをたくさん詰め込んだ感じで、今ひとつ一冊の本としてのまとまりがない。こっちで勝負してほしいんだけど。
    二度は読まないだろうな。

  • バッタ本を貸してくれたお友達に勧められて読みました。鳥大好き!って理由で学者になったわけではないけど、なってみたら鳥サイコー、みたいな笑、研究生活のアレコレがまとめられたエッセイです。
    メグロやウグイス、ヒヨドリと言ったおなじみの鳥に関する意外なエピソードから、小笠原諸島の固有種の話まで、素人にもわかるように鳥研究の面白さが解説されています。軽妙な?語り口やネタも、同世代感溢れてて楽しめました。
    バッタ本を読んでも虫好きにはならなかったけど、鳥には興味が湧きました!すっかり作戦にハマってるね!

  • きっかけは、夏休み子ども科学電話相談。川上先生オモロイなと思ったので、購入。

    一段落に一回笑わせようとするサービス精神には頭が下がる!が、そのせいで内容が頭に入って来ないのもまた事実。疲れる…。
    川上先生くらい説明が上手かったら、もうちょい真面目に鳥の話しても皆んなついていけるかと…。

    「鳥は用事がなければ飛ばない」が本書を読んでの一番の学び。

    第二章、南硫黄島での調査の様子はすごくリアルだった。読んでいるこちらの呼吸がしんどくなるほど。読みごたえがあった。

    本文イラストは畠山モグさん、素敵な絵!

  • いやー、楽しかった!
    タイトル負けしない内容。

    鳥類学者が専門的な内容を語っているのに例えがドラゴンボールだったりする。硬軟入り混じった内容は白眉。

    このバランス感覚には嫉妬さえ覚える。

    繰り返し何度も読みたくなる内容です!

  • 「売れてます!笑えます!続々大増刷!」。帯にこんな煽り文句が
    書いてあるから、ついつい手を出したのね。

    生物学者が書く作品は確かに面白いものが多いから。でも、本書は
    私には合わなかったわ。残念。

    著者は鳥類学者で、小笠原諸島がフィールドワークのメインになる。
    そこでの生態系などは参考になるし、どうして鳥は地上を歩く時に
    首を前に出しながら歩くのかなどの解説は勉強にもなった。

    まぁ、勉強しても私が鳥類学者を目指すわけではないので、雑学程度
    の知識にしかならないんだが。

    文章について行けなかったと言えばいいのかな。多分、これは読む側
    の受け取り方の問題なのだと思う。

    「笑わせよう」という意図があからさまなんだよね。アニメ、戦隊ヒーロー
    物、漫画、映画等々を使った比喩(?)なんかが頻発するので、前後の
    内容がなかなか頭に浸透しなかったのだ。

    いや、それは私の頭脳の問題なのかもしれない。著者は博識でユーモア
    の持ち主で、それを駆使して一般にも分かりやすく鳥類学を語ってい
    るとの見方も出来るだろう。

    多分、やり過ぎなのだと思う。読みやすくする為のおふざけも、やり過ぎる
    と悪ふざけになっちゃう。もう少し鳥類学への情熱が綴ってあるとよかった
    のだけれどなぁ。

    勿論、ふざけながらもフィールドワークの過酷さは伝わって来るし、「クエッ
    クエックエッ、チョコボ~~~ル」の「キョロちゃん」に対する考察は楽しめ
    た。それだけに惜しって感じだ。

    骨太さと情熱。これを足して欲しかったな。申し訳ないのだが『バッタを倒し
    にアフリカへ』と比べてしまった。

  • 普段お目にかかる事のない希少種、鳥類学者。
    タイトル詐欺っぽい感じだな~という予感はしていたが、やっぱり鳥好きでなくちゃやってられんだろう!という学者生活を、サブカルてんこ盛りな文章で綴ったエッセイというか何というか。章立てはあるけどあちこち飛ぶので結構中身がカオス。

    そこでコレを!自由過ぎだろ!って脱線が多くて久しぶりに吹いた。クッパ大王は弱者なのか。友達だったら飲んで話を聞くの面白いと思うけど、自分の夫や父だったらちょっと冷たくあしらっちゃうかもー、というヘタレで甘ったれ。

    しかし数々のネタの下から繰り出される環境保全活動はとっても真面目。悪い事もしていない生き物を殺めるってのは良心が咎める仕事だなあと思う。エゴなのは分かってるけど、エゴも含めて人間だからなあ。

    これからもどんどん調査に赴き(ストーカー)、結果を大々的に発表し(露出狂)、国民の皆様へ火急ではない広報活動に勤しんでもらいたい(マゾっ気)。続きが出たらニヤニヤしながらまた読もう。

  • ユーモアと知性は隣り合わせ。タレント学者の本と違って説得力ある。

  • 溢れ出る盆暗感。おもろすぎる。

  • 文章のセンスは森●の下位互換といったところだけど薀蓄や体験談など内容自体はそこそこ面白い

  • 鳥類学者が書いた本。本の中で有名な鳥類学者というとジェームズ・ボンドぐらいしかいないと書かれていたが、有名で本を書く鳥類学者と言えばジャレド・ダイアモンドがいる。著者は日本のジャレド・ダイアモンドになれるのだろうか。芸風が違うけれども。

    内容としては、何か一つのテーマを深掘りするというわけではなく、独立した小さい話を集めたものとなる。中にはチョコボールのキョロちゃんの生態を鳥類学者の視点から考える、というのもある。タイトルの通り、鳥そのものよりも鳥類学者を知ってもらうという本なのだろう。

    それにしてもマンガ・アニメのネタが随所に盛り込まれている。一般向けに生物の本を売るにはこういったネタが必須なのだろうか。それとも生物学者にオタクが多いだけなのか。

  • <書きかけ>
    ・ハードモードなフィールドワーク。
    ・マニアックなことをライトな層がゲラゲラ笑って読めるようにする文章力。飽きさせず、緩急つけるテンポがいい。
    ・学者って頭おかしい(褒め言葉)
    ・鳥にほんのちょっと興味が湧いた、、

  • 『関東の「カール」も食べつくされるのか ある島のカールを食べつくした危険な学者』

    デイリー新潮社会面にて2017年7月13日に掲載された記事のタイトルである。
    「カール」は製菓大手の明治のスナック菓子のことであり、ここで「危険な学者」などと危険外来生物扱いされているのは、鳥類学者の川上和人氏。本書の著者。
    その第五章でカール好きを公言し、それゆえフィールドワーク先の小笠原諸島の商店で売っているカールを食べ尽くしたことを告白、しかも小笠原は商品を積んだ船が6日に1便しかないため、次の入荷まではしばらく待たなくてはならない状態に。

    “自分も困るが、地元のカール中毒の皆さんになんとお詫びすれば良いのだろう。島の大切な資源を食べ尽くすなんて(p000)”

    普段こんなことばかりやっていて、こんなネタで記事にされたりしているが、先生は素晴らしい仕事をしている鳥類学者…だと思う。
    研究室内でデスクワーク…というイメージが強い研究者だが、その実、研究対象が生き物となると、対象の生息する無人島へ上陸したり、その調査地に溶岩が押し寄せたり、はたまた断崖絶壁を登ったり、蛾が耳の中に入って七転八倒したり、酔っ払って転倒して顎を強打したり(これは先生が悪いね)、土方焼けに苦しんだり……と、過酷なフィールドワークの日々を過ごしている。
    それと外来生物の問題、生息地域の消失、希少種の保護、そして新種の発見や命名などについてを、ちょいちょい笑いのネタを挟みながら鳥類学の論点や研究過程を紹介するエッセイ集。

    さて、カールもいよいよ、8月生産分をもって全国販売を中止。西日本地域に限定されてしまう。
    どうするの、川上先生!?

全55件中 1 - 25件を表示

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「積読」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の作品紹介

出張先は火山、ジャングル、無人島……センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております。必要なのは一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘いながら、吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈し、空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――アウトドア系「鳥類学者」の知られざる毎日は今日も命がけ! 爆笑必至。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。はこんな本です

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。のKindle版

ツイートする