劇場

  • 926人登録
  • 3.65評価
    • (39)
    • (71)
    • (69)
    • (16)
    • (2)
  • 111レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 前回の「火花」よりは読みやすい印象だったけど、やっぱり最後の意図が読み取れなくて悶々してる…

  • 恋愛小説というとイメージ違うかな。苦悩、嫉妬心の物語ではないですかな。嫉妬の塊プライド男に優しくそして励ます女の子。自覚しているけれどどうにもできない男の心情がよくかけていると思います。こんな男は、ああ嫌だな〜と思っちゃうよ。作家が芸人さんなので、主人公=作家さんとまではいかないけれど、それに近いものを持ってるのかな、と思ってしまう(芸人さんはHITするまで大変なんでしょうけれど)。不器用、不器用。火花よりは嫌な面が多いし、読み辛かったが、その分、うまくかけているってことかいな。

  • 劇作家志望のダメ男と彼の全てを受け入れる女の恋愛小説。と言いたいが、主眼は主人公の男の自意識の過剰と歪みと空回りを徹底的に言葉で描き切ることに重きをおいていると思う。ただ、ここが好みの分かれるところで、個人的には読んでいて苦痛で退屈でした。原稿用紙300枚使って自意識過剰な男の内面の吐露を延々と読まされても「うんざりです」以外の感想は出てこない。笑わそうとした件もあるが、舞台の漫才のような台詞と掛け合いを活字にしたところで面白味は伝わってこない。獅子文六や町田康さんの作品のほうがよほど笑える。ということぐらいお笑い芸人なら気づいているはずだと思うのだが・・。本作を気に入っている人にはホント申し訳ないが(こんなこと書くと世の大勢を敵に回すようだけど)、前作同様彼が書く小説は肌に合わないようです。ごめんなさい。

  • 東京で劇団をやっているクズ男とその男を、好きになったら女性との話し。
    全体を通して、クズ男ぶりが出ており、ひどいやつやな。と思うところばかり、けど最後の日のセリフ読みのシーンが好きだな。
    あと、この言葉が胸に染みる。
    「一番 会いたい人に会いに行く。 こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。」

  • とても沈んだ気持ちにさせてくれる。
    わかっていながら大切な人を傷つける。

    自分だけは失うものがないかのような錯覚は
    若さがそうさせるのか。
    言葉にしなければ伝わらないことはたくさんあるのに。

    元々、この手の苦しい恋愛小説は苦手だけれど
    笑える箇所は幾つもあって
    それがまた、苦しさを強くしているようなところがある。
    笑うと苦しくなる、そんな感じ。

    夜中に
    マンションの前で自転車の呼び鈴を鳴らし続ける主人公の様子が
    怖かった。
    怖かったけど
    別の建物から沙希が出てくるというオチが、
    とっても作者らしい感じがして
    不覚にもちょっと笑ってしまった。

    でも、やっぱり、
    誰が書いても恋愛小説は苦手だった。

  • 太宰と同じで現代のクズぷり感は確かに感じるんだが、私自身が今回のテーマである演劇に微塵も興味が無いせいなのか、クズはクズでもそんなクズ存在するのかよみたいな、だから演劇•芸術系はメンドクセーと改めて誤解をもとに感じさせてくれる主人公と、そんな都合のいい女なんているのかよと感じさせるヒロイン、無理な設定やなあと思いながら実はそんなグスカップルはかなり多いのも事実で、実は自分が1番マイノリティーなんじゃないかと惨めに思ってしまうような、ホンマどーでもいい作品で、私としてはオススメする事はございません。以上。

  • 読ませる文章だなーというのを感じました。
    あと独特の気持ち悪さみたいなのを書くのがすごく上手いなーと感じました。(流石又吉 笑)
    靴、おんなじやなってのと、ご飯のことで逆ギレしてでも結局ご飯食べるところと、サッカーゲームに文豪の名前つけて遊んでるところ なんかそんなに物語の核ではないところなのかもしれませんが独特でとても記憶に残っています。
    前作より今作のが好きです。
    また3作目でたら読もうかなーと思える作品でした。

  • 又吉の「東京百景」を読んだ人は読み始めからオチが分かっていたことでしょう。
    私もそうです。だけど読む手を止められなかった。
    だって私は東京百景収録の「池尻大橋の小さな部屋」が好きすぎて、この話をもっと長く、もっと細かく書いてほしいと思っていたから。泣いたもの。あの数ページで泣いたんだもの。
    しかし忘れちゃいけない。この「劇場」という作品はあのエッセイとは別物なのです。主人公ほんとクズだし。売れないし。まぁこれで売れたら「火花」とあらすじ似ちゃうもんね。売れない人が売れる話、っていう。簡単に言ったらそうなっちゃうから。売れなくてよかったんだけど。
    あと主人公はほんとにクズなんだけど、このクズさってたぶん誰にでもあって。
    好きなことやってても勝手に義務感とか、仕事感とか。そういうの出てきてなんもやりたくなくて一日中否定的な感情を持ち続けて終わるとか。あるじゃん誰でも。たぶんあるんだよ。
    だからそういうのがまた、うん。つらかったな。
    恋愛だけじゃないんだよなこの小説のテーマは。もちろん大きなテーマは恋愛なんだろうけど。恋愛だって人間関係だから。甘えて甘えて。ダメになるよそりゃ。

    池尻大橋のときもそうだったけど、やっぱり最後が好きだ。「あれをしようこれをしよう」って考えるとこ。あそこに全てが詰まってる気がする。希望だとかだらしなさだとか、本当に好きだった気持ちとか。

  • あまりに中二的な主人公と、彼女の出会いから最後まで
    。しかし酷い。太宰の小説に影響されたかねー。

  • 最初から最後まで息苦しくて切なくてどうしようもない作品。
    途中途中で挟まれるさすが芸人さん!と言いたくなるような、思わず声にだして笑ってしまう箇所がとても好き。関西人のこういうアホでしょうもない面白さ大好き。又吉さんの書く本はテンポもいいし読みやすい
    又吉さんの文章こんな感じだったかな?所々中村文則さんみたいだと思った
    ラストは涙と鳥肌が止まらなかった、わたしの大好きなバッドエンドでハッピーエンド

  • 読書日数 12日

    なかなか認められない演劇作家が、東京の街を打ち拉がれながら歩いていた時に、突然女の子に声をかけるという暴挙に出るが、そこから付き合いが始まっていく。

    主人公の永田は、なかなか認められないながらも劇団を主宰していて、その脚本を書いてはいるのだがが、劇団員との衝突ばかり繰り返していた。

    そんな中で出会った沙希。彼女は唯一自分のことをわかってくれているような存在だった。

    だが、永田は「演劇に純粋すぎて」屈折しているので、なかなかソリが合わないようになっていく。

    が、最後には、ほっこり泣ける作品だった。

    筆者独特の言い回しや、台詞の畳み掛けみたいなのは、やっぱり健在というか、ちょっとした言葉のセンスが好きである。

    次回作も楽しみだ。

  • とうとう買っちゃいましたよ、読んじゃいましたよ。
    売れない劇作家と女優の卵の話、という前評判でしたが、そんなオシャレな雰囲気はみじんもなく。
    発達特性のあるダメダメな男に、片腕までつっこんで身動きとれなくなってしまった女の話。
    相変わらずの精緻な比喩と、グダグダな会話。
    この対照が又吉さんならではですね。
    いろいろ批評はあると思いますが、又吉さんファンとしては、これからもこの調子で、大衆に膾炙することなく延々と救いのない話を書き続けて欲しいと願うのでした。
    中島みゆきは松任谷由実になってはいけないのだ!

  • 切ない。ただ、切ない。純愛。

  • 又吉直樹の2作目。

    売れない劇団の劇作家兼役者とその「宿主」となった彼女の
    どうしようもなく、切ない感覚を描く。
    こだわりの強い演劇青年が
    彼女の生活を細部まで縛り、精神的に追い込んでいくという
    ありがちで普遍的な話。

    舞台となっているのが下北沢、三鷹、高円寺、渋谷と
    自分にとってもおなじみの街だらけだったので
    情景もリアルに浮かんできた。

  • 永田は最低だと思う。ふたりの関係は、もうどうしようにも修復できないのに、当人たちはズルズルと断ち切れないし、断ち切りたくない。でもそろそろ限界、しんどい。自分の外にあるものにそれほど深入りしてしまったとき、どうもがいても血が出るのなら、少しでも傷を和らげられるようにたくさん笑っていよう、笑わせてあげようとするのは、とてつもなく切ない優しさだ。その優しさが、今日までの彼らを救ってくれていますようにと勝手ながら思う。一体どこまでが又吉さんの実体験なのかはわからないけれど、滲み出る誠実さが呪縛になっていないといいな、なんて思ってしまった。引き出しに仕舞い込んだ過去の記憶は、美化することさえできないよう、かけた鍵を紛失してしまいたいと私は思うけど、この人はそうじゃなかったのかな? 読み終えてから暫し悶々とした後、改めて『劇場』というタイトルに痺れた。
    ハイ、全然消化できてない! また読もう。

  • 主人公が嫌いです
    心がざわついて
    何度も「もうやめよう」と本を閉じた
    でもまた読みたくなって
    沙希ちゃんいい子過ぎ
    演劇って何?
    ラストがよかったなあ

    ≪ 不器用な二人の未来祈ります ≫

  • 上京して、友人と劇団を旗揚げし、脚本家を目指す永田。
    青森から上京し、ファッションの専門学校に通う沙希。


    「靴、同じやな」という出会いは衝撃だった。恐怖(笑)
    でも、初期の2人の会話は、読んでいてもとても楽しくて微笑ましかった。
    お酒の名前で殺し屋を連想するとか。

    うまくいかない夢、不安、嫉妬、怒り。
    だんだん、読んでいて苦しくなる。
    永田が沙希にしたことは、もう即アウト!なことばかりだけど、そんな時でも沙希は笑ってて、この人は本当に笑ってるんだろうか…なんて思ったけど、それでも、この人は幸せで永田のことが好きだったのだなぁとわかって、切なかった。

    火花の時は漫才だったけれど、今回は、お芝居の本読みを最後に2人でする。
    そういう形であれば、こんなに言いたいことがあった。
    最後だから言えた。
    不器用で悲しいけど、そんなもんだよね。


  • 演劇には詳しくないので理解してない部分も多々あるかもですが、読み終わってみたらそうゆうの関係なくとても面白い小説でした。
    個人的には、何かの物事がもう終わるかもしれないという瀬戸際で延々と(←これがポイント)本音を話すなり説得するなりしてなんか和解して円満解決して皆でニッコリみたいな流れは好きではないのですが、物語の最後、もう引き払うばかりのガランとした部屋で永田が沙希に対して長々とこれから二人でやりたいことを話す場面では、泣けてしまって非常に悔しかったです。

  • 好きだという気持ちを素直に現せないのは、自分がまだその立場にいないと思い詰めたから。不器用な二人だった。二人を引き裂いたのは世間だ

  • 火花に通じる感じ 同じ感じ
    私はこの男は理解に苦しむ所満載
    相手の子は我慢し過ぎ
    こっちも理解に苦しむ所満載
    どうして一緒にいたのかなぁ

  • 読み終わったあと、きっともっと優しくなれる。しかし、地の文と台詞のアンバランスに船酔いを起こしそうになるのが欠点。多分、永田に見える世界は、もっと大雑把である方が一貫しているはずだし、青山はもっと毒々しくあるべきだし、永田の言う通り、時間は経過し、人は変化をしていくのだけど、その変化は過去から今を結んだ地続きにあるはずだから、そこの断絶はきっと、事故や事件、精神崩壊によってのみしか起こらない。そう考えると、やはり永田の変化は著しく不自然で、その点において真っ直ぐな小説ではなかった。

  • 恋愛小説と聞いていたので、男女が出会って互いに惹かれ合い、いちゃついて、でもいろいろあって最後はくっつく…みたいなお決まりタイプかなと勝手に想像していたが、いい意味で完全に裏切られた。

    ここからは思い付くままに雑多な感想を。

    ラスト近くの夕日のシーンが鳥肌立った。日常の取り上げるまでもないどこにでもあるような風景をこんなにもドラマチックに描けるのか。

    遠足での教頭先生とのエピソードほっこりさせられたなあ。又吉さんの実体験なのだろうか。

    嫉妬や自己嫌悪、自尊心その他諸々がごちゃまぜになってどうしょうもない永田の気持ちに感情移入して読んでて苦しかったけど、もつれ合う繊細な感情の表現は立体的に胸に迫り来るものがあった。

    随所に見られる演劇への考察、演劇とはなんぞやについて考えさせられた。p196にあるように、犬の遠吠えが演劇を経由することによって意味を持つようになるということ。演劇って日常の行為、事柄、存在に『意味』を与えるのか。確かに大道具、小道具、照明、音響全てに根拠があって舞台という空間は成り立っているもんな。逆に意味を与えないということも、ひとつの意味付けにもなりうるのだな。読んでて発見があったな。

  • 恋物語。
    過去の思い出を浄化するための小説に思えました。
    どうしようもなくクズ男だけど、どこか気持ちが分かってしまう不思議な感じ。面白かったです。

全111件中 1 - 25件を表示

劇場を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

劇場の作品紹介

一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った――。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまでもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

ツイートする