劇場

  • 1371人登録
  • 3.52評価
    • (69)
    • (121)
    • (150)
    • (35)
    • (11)
  • 199レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 面白さを感じず、途中でやめました。

  • 前作より少しわかりやすい。
    又吉の実体験に基づいて書いてある気がする。
    長編の恋愛小説。ラストまで誰も幸せにならないし、主人公に感情移入出来ない。最低な主人公にいいように使われて、最終的に鬱になって東京から離れ、田舎に帰っていく恋人の女の子。でもその訳のわからなさが、恋愛なんだろうなって感じる。読み終わったあと、感じたのは、世の中には悪人と善人にきっちり分けられる訳じゃないってこと。最低な主人公が考えてることは恋人が笑顔になることだったり。上手く人の間で器用に渡り歩いてる人が、本当は人に自分のことしか頭になかったり。
    悪人は悪人の顔じゃなく、善人のフリして近づいてくる。まさにそんな気分を味わった気がする。

  • 面白くなさすぎて最後まで読めなかった。
    この人の作品への評価って、「有名人」であることを除いての正当な作品への評価なのかな?

    ヒロイン?が主人公にとって都合良すぎて気持ち悪いです。
    お母さんのこと悪く言われて、「私が悪いよね」とかいう女の子、都合が良いわ。

    最後まで読めてないので、最後には鬱憤の溜まった女の子が主人公に対して爆発したりするのかもしれないですけど…

    とにかく文章が気持ち悪い。
    主人公が関西弁というところもどうしても又吉さんのキャラで脳内再生されてしまって、感情移入しにくい。

    芸人さんだけの時の又吉さんは好きだったけど、賞を取ってから急に芸術家気取りっぽいインタビューし出して、それも違う感じがする。

    今の売れてる現代小説と比べて、読者が「良い」と思った結果の評価じゃない気がするんですよね。
    一生懸命作家を目指してる人、悔しいだろうな。

  • クズ男の話。
    主人公に対してイライラする箇所も多く、なにが言いたいの…なにがしたいの…と考えこんでしまいなかなか読み進めることができなかった。
    周りに理解されない人を描くことで、読者に何をつたえたかったんだろう。

  • どことなく煮え切らない。

劇場のKindle版

ツイートする