劇場

  • 1187人登録
  • 3.54評価
    • (56)
    • (100)
    • (111)
    • (31)
    • (8)
  • 154レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 面白くなさすぎて最後まで読めなかった。
    この人の作品への評価って、「有名人」であることを除いての正当な作品への評価なのかな?

    ヒロイン?が主人公にとって都合良すぎて気持ち悪いです。
    お母さんのこと悪く言われて、「私が悪いよね」とかいう女の子、都合が良いわ。

    最後まで読めてないので、最後には鬱憤の溜まった女の子が主人公に対して爆発したりするのかもしれないですけど…

    とにかく文章が気持ち悪い。
    主人公が関西弁というところもどうしても又吉さんのキャラで脳内再生されてしまって、感情移入しにくい。

    芸人さんだけの時の又吉さんは好きだったけど、賞を取ってから急に芸術家気取りっぽいインタビューし出して、それも違う感じがする。

    今の売れてる現代小説と比べて、読者が「良い」と思った結果の評価じゃない気がするんですよね。
    一生懸命作家を目指してる人、悔しいだろうな。

  • 劇作家志望のダメ男と彼の全てを受け入れる女の恋愛小説。と言いたいが、主眼は主人公の男の自意識の過剰と歪みと空回りを徹底的に言葉で描き切ることに重きをおいていると思う。ただ、ここが好みの分かれるところで、個人的には読んでいて苦痛で退屈でした。原稿用紙300枚使って自意識過剰な男の内面の吐露を延々と読まされても「うんざりです」以外の感想は出てこない。笑わそうとした件もあるが、舞台の漫才のような台詞と掛け合いを活字にしたところで面白味は伝わってこない。獅子文六や町田康さんの作品のほうがよほど笑える。ということぐらいお笑い芸人なら気づいているはずだと思うのだが・・。本作を気に入っている人にはホント申し訳ないが(こんなこと書くと世の大勢を敵に回すようだけど)、前作同様彼が書く小説は肌に合わないようです。ごめんなさい。

  • クズ男の話。
    主人公に対してイライラする箇所も多く、なにが言いたいの…なにがしたいの…と考えこんでしまいなかなか読み進めることができなかった。
    周りに理解されない人を描くことで、読者に何をつたえたかったんだろう。

  • どことなく煮え切らない。

劇場のKindle版

ツイートする