ブクログ大賞

劇場

  • 958人登録
  • 3.65評価
    • (40)
    • (74)
    • (72)
    • (17)
    • (2)
  • 114レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 太宰と同じで現代のクズぷり感は確かに感じるんだが、私自身が今回のテーマである演劇に微塵も興味が無いせいなのか、クズはクズでもそんなクズ存在するのかよみたいな、だから演劇•芸術系はメンドクセーと改めて誤解をもとに感じさせてくれる主人公と、そんな都合のいい女なんているのかよと感じさせるヒロイン、無理な設定やなあと思いながら実はそんなグスカップルはかなり多いのも事実で、実は自分が1番マイノリティーなんじゃないかと惨めに思ってしまうような、ホンマどーでもいい作品で、私としてはオススメする事はございません。以上。

  • 芥川賞受賞作「火花」は手元にあるけど未読。こちらは、評判がいいので、先に読んでみた。文章の難解さは芥川賞作家だから仕方ないにしても、作者を投影したと思われる主人公の劣等感や身勝手さに嫌悪感を抱きながら読む。
    感受性が強く、自意識過剰で、他人を見下し、辛辣。そして、そんな自分を内省しつつも恋人に甘えるばかり。
    これがある意味、私小説なのであれば、又吉直樹その人を嫌いになりそうだ。(ファンだったのだけどね~)

  • 劇場
    火花がかなり良かったので読んでみたが、正直期待よりはかなり普通だった。なんというか、面白くないといえばそれまでなのだが、火花ほどみんなが楽しめるストーリーではないなというイメージ。太宰治や芥川の様な極めて文学的な言い回しと、ストーリーがかみ合っていないようにも感じてしまった。

ツイートする