劇場

  • 1358人登録
  • 3.52評価
    • (69)
    • (119)
    • (151)
    • (35)
    • (11)
  • 198レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 劇場
    火花がかなり良かったので読んでみたが、正直期待よりはかなり普通だった。なんというか、面白くないといえばそれまでなのだが、火花ほどみんなが楽しめるストーリーではないなというイメージ。太宰治や芥川の様な極めて文学的な言い回しと、ストーリーがかみ合っていないようにも感じてしまった。

  • 又吉直樹  待望の2作目

    演劇の事はわかんないけど、主人公の永田のめんどくささ・・・・ついていけない。
    本当にクズ過ぎる

    繊細でダメダメなくせにプライド高くて、良いひとまでも 自分の物差しで測って つむじやへそが曲がった 屁理屈で相手を畳み込んで・・・・大嫌い

    読みながらムカムカした小説でした。
    でも
    文章は やっぱり読みやすい

    変な奴でも (友達としていると面白いかも)と思うことは多くあるのだけど、友達としても付き合いたくない主人公でした。

  • 主人公がクズすぎて、読んでてイライラした。愛情深すぎるサキにもイライラ。
    又吉の解説を読みたい。
    人生は劇場で、どんな風にも演じることができる。
    あんまり合わなかったかな。

  • 一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな-。かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

    「火花」で芥川賞受賞後の2作目。相変わらずの自意識過剰、自己陶酔的な文章で、物語も陳腐、登場人物に全く感情移入できない。もう又吉作品は読まないだろう。
    (Ⅾ)

  • これが純文学ってものなのかな
    心も景色も細かく描写され映像が思い浮かび心苦しくなる

  • 作者が有名人だから仕方ないのかもしれないけど、主人公の台詞が全て又吉直樹の声で聞こえてきて、いまいち話に入り込めなかった。主人公は関西弁でないほうが、もっと深いところまで味わえたと思う。

  •  又吉直樹の第二作、今回は中学からの友人と劇団を旗揚げし、自身はそこで公演する脚本を書いている主人公の永田と青森から女優を夢見て上京した沙希との話。
     夢を追っている男性の視点でいうと沙希のように支えてくれる女性がいて、夢に向かって集中できるでしょうが、世間の常識で永田を見ると、作中で以前永田たちの劇団に居た青山が指摘した通りだと思う。

  • 太宰と同じで現代のクズぷり感は確かに感じるんだが、私自身が今回のテーマである演劇に微塵も興味が無いせいなのか、クズはクズでもそんなクズ存在するのかよみたいな、だから演劇•芸術系はメンドクセーと改めて誤解をもとに感じさせてくれる主人公と、そんな都合のいい女なんているのかよと感じさせるヒロイン、無理な設定やなあと思いながら実はそんなグスカップルはかなり多いのも事実で、実は自分が1番マイノリティーなんじゃないかと惨めに思ってしまうような、ホンマどーでもいい作品で、私としてはオススメする事はございません。以上。

  • 芥川賞受賞作「火花」は手元にあるけど未読。こちらは、評判がいいので、先に読んでみた。文章の難解さは芥川賞作家だから仕方ないにしても、作者を投影したと思われる主人公の劣等感や身勝手さに嫌悪感を抱きながら読む。
    感受性が強く、自意識過剰で、他人を見下し、辛辣。そして、そんな自分を内省しつつも恋人に甘えるばかり。
    これがある意味、私小説なのであれば、又吉直樹その人を嫌いになりそうだ。(ファンだったのだけどね~)

劇場のKindle版

ツイートする