劇場

  • 927人登録
  • 3.65評価
    • (39)
    • (71)
    • (69)
    • (16)
    • (2)
  • 111レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 前回の「火花」よりは読みやすい印象だったけど、やっぱり最後の意図が読み取れなくて悶々してる…

  • 東京で劇団をやっているクズ男とその男を、好きになったら女性との話し。
    全体を通して、クズ男ぶりが出ており、ひどいやつやな。と思うところばかり、けど最後の日のセリフ読みのシーンが好きだな。
    あと、この言葉が胸に染みる。
    「一番 会いたい人に会いに行く。 こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。」

  • とても沈んだ気持ちにさせてくれる。
    わかっていながら大切な人を傷つける。

    自分だけは失うものがないかのような錯覚は
    若さがそうさせるのか。
    言葉にしなければ伝わらないことはたくさんあるのに。

    元々、この手の苦しい恋愛小説は苦手だけれど
    笑える箇所は幾つもあって
    それがまた、苦しさを強くしているようなところがある。
    笑うと苦しくなる、そんな感じ。

    夜中に
    マンションの前で自転車の呼び鈴を鳴らし続ける主人公の様子が
    怖かった。
    怖かったけど
    別の建物から沙希が出てくるというオチが、
    とっても作者らしい感じがして
    不覚にもちょっと笑ってしまった。

    でも、やっぱり、
    誰が書いても恋愛小説は苦手だった。

  • あまりに中二的な主人公と、彼女の出会いから最後まで
    。しかし酷い。太宰の小説に影響されたかねー。

  • 読書日数 12日

    なかなか認められない演劇作家が、東京の街を打ち拉がれながら歩いていた時に、突然女の子に声をかけるという暴挙に出るが、そこから付き合いが始まっていく。

    主人公の永田は、なかなか認められないながらも劇団を主宰していて、その脚本を書いてはいるのだがが、劇団員との衝突ばかり繰り返していた。

    そんな中で出会った沙希。彼女は唯一自分のことをわかってくれているような存在だった。

    だが、永田は「演劇に純粋すぎて」屈折しているので、なかなかソリが合わないようになっていく。

    が、最後には、ほっこり泣ける作品だった。

    筆者独特の言い回しや、台詞の畳み掛けみたいなのは、やっぱり健在というか、ちょっとした言葉のセンスが好きである。

    次回作も楽しみだ。

  • 切ない。ただ、切ない。純愛。

  • 主人公が嫌いです
    心がざわついて
    何度も「もうやめよう」と本を閉じた
    でもまた読みたくなって
    沙希ちゃんいい子過ぎ
    演劇って何?
    ラストがよかったなあ

    ≪ 不器用な二人の未来祈ります ≫

  • 上京して、友人と劇団を旗揚げし、脚本家を目指す永田。
    青森から上京し、ファッションの専門学校に通う沙希。


    「靴、同じやな」という出会いは衝撃だった。恐怖(笑)
    でも、初期の2人の会話は、読んでいてもとても楽しくて微笑ましかった。
    お酒の名前で殺し屋を連想するとか。

    うまくいかない夢、不安、嫉妬、怒り。
    だんだん、読んでいて苦しくなる。
    永田が沙希にしたことは、もう即アウト!なことばかりだけど、そんな時でも沙希は笑ってて、この人は本当に笑ってるんだろうか…なんて思ったけど、それでも、この人は幸せで永田のことが好きだったのだなぁとわかって、切なかった。

    火花の時は漫才だったけれど、今回は、お芝居の本読みを最後に2人でする。
    そういう形であれば、こんなに言いたいことがあった。
    最後だから言えた。
    不器用で悲しいけど、そんなもんだよね。


  • 火花に通じる感じ 同じ感じ
    私はこの男は理解に苦しむ所満載
    相手の子は我慢し過ぎ
    こっちも理解に苦しむ所満載
    どうして一緒にいたのかなぁ

  • 読み終わったあと、きっともっと優しくなれる。しかし、地の文と台詞のアンバランスに船酔いを起こしそうになるのが欠点。多分、永田に見える世界は、もっと大雑把である方が一貫しているはずだし、青山はもっと毒々しくあるべきだし、永田の言う通り、時間は経過し、人は変化をしていくのだけど、その変化は過去から今を結んだ地続きにあるはずだから、そこの断絶はきっと、事故や事件、精神崩壊によってのみしか起こらない。そう考えると、やはり永田の変化は著しく不自然で、その点において真っ直ぐな小説ではなかった。

  • 切ない物語だなぁ~
    って感じたね

    自分にも思い当たるような行動
    心が痛かった。

    起こしてしまったことに後悔するより
    反省して、次に生かせるよう
    頑張らなければと思った。

  • 東京で演劇するために上京してきた男の話。

    これは現代風『人間失格』なのではないかなというのが読み終わった感想でした。賛同も共感もしにくいけれど、東京で夢を追う若者にはとても刺さりそうな苦しい作品。

    『火花』を書いた又吉さんの作品とだけで読んだのですが、ときどき、はっとさせられる言い回しがあったので、また次書くことがあれば読んでみたいと思いました。


    「ここが一番安全な場所だよ!」

  • どことなく煮え切らない。

  • 好き嫌いは別にして、これが何かと問われたら、紛れもなく恋愛小説でした。

  • 感性を現す文が多く、読みにくい。ヒモ男の話。沙希ちゃんの友達、親は行動が遅い。イラっとする。

  • 普段は(かさばるので)単行本より文庫なのですが、今回は文庫化が待ちきれずに買ってしまいました。

    序盤がえらく硬く入るけれど、全体的には前作より棘が抜けて、読みやすいのかな。
    テーマがより、スッと心に入ってくる感じがします。

    それでいて又吉節はトーンダウンしていないのが凄い。
    1作目ほどではなかったけれど、笑ってしまう場面も幾つかありました。
    テレビでは笑えないのに、文章のセンスと喋りのセンスは全く違うところに存在するのですね。(失礼)

    作りは変わらず、終盤にどうしても書きたいことがあって、そこへ向けてお話が進んでいく形。
    その流れが、前回より自然になったと思いました。

    個人的に2作目をどう書くのかとても興味があったのですが、1作目の延長線上で技術がパワーアップした感じでした。

    もうこの作風で固定なのかな。

    現時点でも完成度は高いので、持っているクオリティを着実に高めていくことはもちろん間違ったことではないのですが、大きく殻を打ち破って欲しいという我が儘な願いもあります。
    それが出来る才能をもった人だと思うので。


    以上、自分で読んでもなんか上からだな、と思いましたがこれは単純に私の文才のなさなので他意はないです。
    興味深く読めました。

  • 劇団の脚本を書いている永田と、服飾の大学に通うという名目で女優を目指して上京した沙希の恋愛小説です。読んでいて、苦しくなりました。

    沙希の純粋無垢な優しさに触れることで、自分の醜さが強調されて苦しくなったり、同じ年齢で『まだ死んでないよ』という劇団の作・演出を手掛ける小峰の才能に純粋な嫉妬を感じたりする永田の気持ちに、共感しました。

    永田はいつでも味方でいてくれる沙希の優しさや弱さに甘えて、いわゆる“ヒモ”で迷惑ばかりかけているように思えて、最低だとも感じました。しかし、“ほんまにみんな幸せになったらええな。(p178)”と言ったとき、永田のことが愛しくなりました。沙希のおかげで、こういう言葉が出たのだと思います。

    永田も沙希も東京で死にかけでなにもできないと思っていたときに出会って、寄り添っていて、二人の“純粋”な部分が羨ましくなりました。

    また、小説のなかで、商店街で空手の型を母親に披露しながら歩く少年に気がつくと、歩く人達が道をあけて進路をゆずる、優しい風景が大好きです。私も“こんな瞬間に立ち会うために生きているのかもしれない。(p149)”と思いたいです。

  • 前作よりは良かったです。

  • 主人公のモチーフは作者本人なのではないか?と疑問に感じてしまう表現が印象的であった。

    一方で自意識が肥大化して劇場に登場するヒトやモノ、シーンがそうであるように接触するすべてにおいて根拠を追求する思考がもたらす主人公の心の変化が苦しく思える。それは自分にも思い当たる節があるからだろうか。

    小説というよりは別のカテゴリに分類される書籍だと思う。

  • 主人公は、自意識が肥大したクズ。そしてヒモ化してさらにクズ度が増していくという…
    読むのが苦しかったのは、主人公の嫉妬心が誰にも少なからず思い当たる節があるからなのかな。この本の裏テーマは、嫉妬心なのではないかなと思いました。

    恋人の沙希も、終盤ギリギリまで明るくてなんでも受け止める感じで、そこがまた他の登場人物と違った違和感があり気持ち悪く、とにかく気持ち悪い人ばかりがでてくる小説でした。
    そこがあったからこそ、ラストの感情を吐露するシーンの輝きが圧巻。結局最後も劇場の中で思いを吐き出せない2人は切なすぎました。
    ちょっとした会話のやりとりが面白いのは、さすが芸人。苦しいですが、そこを乗り越えて最後まで読んでほしい1冊です。

  • 芸人又吉の第二作目。

    どうしても「火花」と比較してしまうことになってしまいます。
    文体は、純文学にこだわらずにストレートな感じがしました。
    自意識過剰の主人公は「火花」同様にどうしようもなく痛くてクズな人間で、恋人は理想的なほどできた人で、その恋愛は哀しいほどすれ違うものでした。
    純文学で恋愛といえば、エロスなシーンがあってもよいかと思いますが、極力排除された構成になっているのは、意図がありそうだと思いながらも読み取れませんでした。
    ともかくラストの会話は、このシーンを書きたいために執筆したのではないのではないかと思えるほどすばらしい出来でした。

  • 2017年05月21日読了。

  • 芸人であり芥川賞作家、又吉直樹が描く恋愛小説。

  • 主人公の卑屈さ、彼女に対するクズさに嫌気がさしましたが、最後は感動してました。
    時より出てくるユーモア、劇の構成は面白く、クズだけどすごい才能を持っているのではないかと思わされました。計算してのことだと思いますが、アイデアすごいです。
    自分の評価は低めですが、純文学があまり好みではないので、好みの問題だけです。

  • 私は永田のような人物は好きではありません。自分勝手で周りにいる大切な人を振り回して傷つけて、取り返しがつかない状況になってからやっとそれに気づき反省する。だったら初めから大切にしろと思います。甘えるなと。ただそれはとても人間らしいとも思います。隣にいるパートナーが眩しすぎて、自分がひどくつまらない人間に思い、それを事実だと自覚しているからこそ逆につらく当たってしまう状況というのは私自身身にも覚えがあります。分かるだけに、それでも彼女を苦しませないでほしい、なんとか頑張ってほしいと思ってしまいます。

    この作品全体に流れる空気感は、前作「火花」と似ているところがあるように感じました。芸人と舞台という、ともに先が見えない職業をテーマにしているからでしょうか。主人公の永田も、読みながらただの又吉じゃねーかとつっこみをいれてしまいました。(サッカー好き、文学好き、分析が多く、人見知りなとこなど)

    最後の2人の会話にはぐっときました。彼からの一方的な思いだけではなく、彼女にもちゃんと彼を必要とする理由があったんだなというのが分かりました。ただ夢を追いたい彼と応援したいが現実も見えてしまう彼女がすれ違うのは必然だった気がします。彼女はその葛藤で相当苦しんだと思います。2人の今後は描かれていなかったのですが、とにかく彼女が幸せになることを願うばかりです。

ツイートする