劇場

  • 1187人登録
  • 3.54評価
    • (56)
    • (100)
    • (111)
    • (31)
    • (8)
  • 154レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 私は永田のような人物は好きではありません。自分勝手で周りにいる大切な人を振り回して傷つけて、取り返しがつかない状況になってからやっとそれに気づき反省する。だったら初めから大切にしろと思います。甘えるなと。ただそれはとても人間らしいとも思います。隣にいるパートナーが眩しすぎて、自分がひどくつまらない人間に思い、それを事実だと自覚しているからこそ逆につらく当たってしまう状況というのは私自身身にも覚えがあります。分かるだけに、それでも彼女を苦しませないでほしい、なんとか頑張ってほしいと思ってしまいます。

    この作品全体に流れる空気感は、前作「火花」と似ているところがあるように感じました。芸人と舞台という、ともに先が見えない職業をテーマにしているからでしょうか。主人公の永田も、読みながらただの又吉じゃねーかとつっこみをいれてしまいました。(サッカー好き、文学好き、分析が多く、人見知りなとこなど)

    最後の2人の会話にはぐっときました。彼からの一方的な思いだけではなく、彼女にもちゃんと彼を必要とする理由があったんだなというのが分かりました。ただ夢を追いたい彼と応援したいが現実も見えてしまう彼女がすれ違うのは必然だった気がします。彼女はその葛藤で相当苦しんだと思います。2人の今後は描かれていなかったのですが、とにかく彼女が幸せになることを願うばかりです。

  • 主人公の卑屈さ、彼女に対するクズさに嫌気がさしましたが、最後は感動してました。
    時より出てくるユーモア、劇の構成は面白く、クズだけどすごい才能を持っているのではないかと思わされました。計算してのことだと思いますが、アイデアすごいです。
    自分の評価は低めですが、純文学があまり好みではないので、好みの問題だけです。

  •  読み始めてからしばらくは、なんて読みにくいんだ、と思った。文体が独特で。
    何?何??と同じところを何度も読み返したり。
    ため息をつきながら、なんとか乗り越えてみると、もうその先は止まらなくなった。
    止められない、ぐいぐい感たるや・・・。

     永田をどうしようもないクズだな、ダメな男だな、とバッサリ言うのは簡単だけれど、それだけではない。

     たまに東京に行くと、あまりの街の大きさに、人の多さに眩暈がすることがある。
    この大都市で生きていくのは、大変だろうなと思ったりする。そういう、生き辛い街で、好きな事をして生きていくという選択。
    決して才能があるわけでもなく、闇雲に努力するでもなく、こういう風にしか生きられない、といわんばかりに同じところに留まるだけの、不器用で怠惰な男。程度の差はあるにしても、こういうどうしようもない人間もいそう。

    そして、永田のダメっぷりは、随所で誰の意識にも実はあるんじゃないか、と思えて凹む。
    最愛の人との関係を、とことん自己中心的にふるまい、甘えることで壊してしまう幼稚さと不器用さも、腹立たしくはあるけれど、どうにも切ない。

     あんなに献身的に自分を支えてくれた沙希に引導を渡された永田は、この後随分苦しむのだろうな。
    喪失感と後悔。
    大きな失敗を糧に、もうちょっとしっかり生きろよ永田。

  • 嫉妬の感情がとても丁寧に描かれていた。永田はさきちゃんに依存していて、どうなの?と思ったところはあるけれど、随所に「さすが」という表現がちりばめられた感じ。
    うまくいかなくなる恋愛の終わり、というものをみたように思う。

  • (図書館本)お勧め度:☆6個(満点10個)。うーん、前作に引き続き、あまり感情移入が出来なかった。どうも、文章字体があまりにも抽象的でリアリティがなさすぎる。もうすこし、文学的な表現はやめて、すっきりとした表現ができないものか?と思うのは私だけだろうか?
    内容的にはどうってことない恋愛小説を読まされているみたいだったけど、主人公の永田ってえらいむかつく、劇作家だろうが何だろうがいかにも屁理屈ばかりで彼女を困らせ、要するに呈のいいヒモじゃないか。最後の最後で彼女の存在にはっきりと誠意をもって答えられたのはめでたしめでたしだったけど、要するにヒモが女と別れた話だったのかな?ちょっと違うきもするけど・・。

  • 主人公が嫌いです
    心がざわついて
    何度も「もうやめよう」と本を閉じた
    でもまた読みたくなって
    沙希ちゃんいい子過ぎ
    演劇って何?
    ラストがよかったなあ

    ≪ 不器用な二人の未来祈ります ≫

  • 最初から最後まで又吉だった。

    細かい日常の描写や考え方が、日々こんな事を感じてそうだな…と常に著者の顔が浮かび、永くんはきっと又吉だな…と重ねながら読んだ。

    又吉作品はエッセイは読んでいるが、肝心の「火花」を読んでいないから、小説1冊目。
    芸人を脚本家に置き換えてるだけで、本人の実話も入ってるんだろうな。

    永くんはクズだけど、最後は悲しい。

  • すんなり読めた。物語の展開としては特別なことははない。沙希のように純粋に人を愛せる人がいればいいと感じる。芸術家の理屈っぽい生き方に純粋な沙希の愛が恋愛小説としても成り立っている。
    文章は作家かの独自性がうかがえる。

  • 又吉が描く初の恋愛小説。内気な主人公「永田」は演劇にのめり込む内気な青年。その永田に「靴、同じやな」と話しかけられ、付き合い、献身的に尽くす沙希。ダメ男な永田に腹が立ちながらも、切ない恋愛小説です。

  • 又吉氏の小説は初めて。
    読み始めてすぐ、文章の上手さに驚いた。
    自分の頭のモヤっとしているところを明文化してくれる感じ。
    文章自体は楽しめたのだけど、物語は幼稚で自己中な主人公の妄想混じりの日記を読まされている感じで、こちらについては逆にモヤモヤが残った。

  • こんな感じ、かな。前作に引き続きの又吉節。
    なんか、表現に古めかしさを感じてしまう…
    いい味なのかも⁉︎だけど。
    作りすぎてないかしらん。と。

    ザラザラしたこの感覚なんだか、少し理解できた。
    主人公を悪く描きすぎるんだ‼︎
    だって!さいっしょ、から。
    別れ、しか。見えてなかった…

    可愛い沙希ちゃん。
    に、実家帰って元気取り戻し。
    荷物をまとめに上京した沙希に。
    〜本当は永くんはなにも悪くないもん。〜
    って。アタシからみれば。
    言わされている…
    辛い。
    でも、次のセリフ
    〜なにも悪いことしてないのに、ずっと変な罪悪感みたいなものがあったから。〜

    『(誰も)悪くない』耳に残る。

    そして
    〜こんなタイミングできがついた。〜

    なんにも、わかってなかった…んだ、よね。

  • 又吉が今ほど売れてない頃から好きで、よく知っていたので読んでいて主人公が又吉としか思えず、小説を読んでいるというよりエッセイのように思えた。それでも良いのかもしれないけど、”小説”を読みたかったので少し残念。
    どうしても「火花」と比べてしまうけれど、火花は序盤、中盤も面白かったのに対して劇場は序盤、中盤なかなか読むのが進まない感じだった。読むのをやめてしまおうか迷ったけどとりあえず読まなきゃと思い進めると、終盤やっと盛り上がってきて最後までガーッと読めた。そして最後はぐっと心を持っていかれ、読んでよかったと思わせてくれた。

  • 普段は(かさばるので)単行本より文庫なのですが、今回は文庫化が待ちきれずに買ってしまいました。

    序盤がえらく硬く入るけれど、全体的には前作より棘が抜けて、読みやすいのかな。
    テーマがより、スッと心に入ってくる感じがします。

    それでいて又吉節はトーンダウンしていないのが凄い。
    1作目ほどではなかったけれど、笑ってしまう場面も幾つかありました。
    テレビでは笑えないのに、文章のセンスと喋りのセンスは全く違うところに存在するのですね。(失礼)

    作りは変わらず、終盤にどうしても書きたいことがあって、そこへ向けてお話が進んでいく形。
    その流れが、前回より自然になったと思いました。

    個人的に2作目をどう書くのかとても興味があったのですが、1作目の延長線上で技術がパワーアップした感じでした。

    もうこの作風で固定なのかな。

    現時点でも完成度は高いので、持っているクオリティを着実に高めていくことはもちろん間違ったことではないのですが、大きく殻を打ち破って欲しいという我が儘な願いもあります。
    それが出来る才能をもった人だと思うので。


    以上、自分で読んでもなんか上からだな、と思いましたがこれは単純に私の文才のなさなので他意はないです。
    興味深く読めました。

  • 劇団の脚本を書いている永田と、服飾の大学に通うという名目で女優を目指して上京した沙希の恋愛小説です。読んでいて、苦しくなりました。

    沙希の純粋無垢な優しさに触れることで、自分の醜さが強調されて苦しくなったり、同じ年齢で『まだ死んでないよ』という劇団の作・演出を手掛ける小峰の才能に純粋な嫉妬を感じたりする永田の気持ちに、共感しました。

    永田はいつでも味方でいてくれる沙希の優しさや弱さに甘えて、いわゆる“ヒモ”で迷惑ばかりかけているように思えて、最低だとも感じました。しかし、“ほんまにみんな幸せになったらええな。(p178)”と言ったとき、永田のことが愛しくなりました。沙希のおかげで、こういう言葉が出たのだと思います。

    永田も沙希も東京で死にかけでなにもできないと思っていたときに出会って、寄り添っていて、二人の“純粋”な部分が羨ましくなりました。

    また、小説のなかで、商店街で空手の型を母親に披露しながら歩く少年に気がつくと、歩く人達が道をあけて進路をゆずる、優しい風景が大好きです。私も“こんな瞬間に立ち会うために生きているのかもしれない。(p149)”と思いたいです。

  • 前作よりは良かったです。

  • 主人公のモチーフは作者本人なのではないか?と疑問に感じてしまう表現が印象的であった。

    一方で自意識が肥大化して劇場に登場するヒトやモノ、シーンがそうであるように接触するすべてにおいて根拠を追求する思考がもたらす主人公の心の変化が苦しく思える。それは自分にも思い当たる節があるからだろうか。

    小説というよりは別のカテゴリに分類される書籍だと思う。

  • 主人公は、自意識が肥大したクズ。そしてヒモ化してさらにクズ度が増していくという…
    読むのが苦しかったのは、主人公の嫉妬心が誰にも少なからず思い当たる節があるからなのかな。この本の裏テーマは、嫉妬心なのではないかなと思いました。

    恋人の沙希も、終盤ギリギリまで明るくてなんでも受け止める感じで、そこがまた他の登場人物と違った違和感があり気持ち悪く、とにかく気持ち悪い人ばかりがでてくる小説でした。
    そこがあったからこそ、ラストの感情を吐露するシーンの輝きが圧巻。結局最後も劇場の中で思いを吐き出せない2人は切なすぎました。
    ちょっとした会話のやりとりが面白いのは、さすが芸人。苦しいですが、そこを乗り越えて最後まで読んでほしい1冊です。

  • 芸人又吉の第二作目。

    どうしても「火花」と比較してしまうことになってしまいます。
    文体は、純文学にこだわらずにストレートな感じがしました。
    自意識過剰の主人公は「火花」同様にどうしようもなく痛くてクズな人間で、恋人は理想的なほどできた人で、その恋愛は哀しいほどすれ違うものでした。
    純文学で恋愛といえば、エロスなシーンがあってもよいかと思いますが、極力排除された構成になっているのは、意図がありそうだと思いながらも読み取れませんでした。
    ともかくラストの会話は、このシーンを書きたいために執筆したのではないのではないかと思えるほどすばらしい出来でした。

  • 2017年05月21日読了。

  • 芸人であり芥川賞作家、又吉直樹が描く恋愛小説。

  • こういうこと良くあるだろうなという話ではあるが、妙にリアルで甘酸っぱさもある。主人公はかなり又吉と重なるね。

  • 2作目どうなのかな?期待せず読んでみたら
    『火花』より好きな感じ
    純文学読んで、なにこれって小説が多い私には
    又吉さんの書かれる小説はわかりやすくていいです。
    芸人さんが書いた本ということで読んだこともありますが
    素直に読み終わって、読んで良かったが感想。

  • 永田くん、ダメ過ぎ。でも自分のことを言われているようで共感したくないのに、これまでの自分の行動を振り返ってしまう。沙希ちゃん、太陽よように永田くんを包んでくれていたのに、夕日のように淡く沈んでしまった。健気で優しすぎる。ハッピーエンドにならないことは薄々感じてはいたが、これも人生劇場。
    何か考えさせられることいっぱい。

  • 心の中で、日常的にぼんやりとかつ延々と考えていること。言葉にすると何か違う感じがしてしまい、しっくりこないことがあるが、この人はそれを言葉にしようとしているんだなと感じた。

    その結果読みにくいのだが。


    主人公は筆者にしか想像できない!『火花』もそうだが、主人公は筆者の思考が反映されまくっている気がする。
    いろんなことを深く深く考えているんだなあと思う。だから筆者のことをすごいなあと感じられるはず。



    筆者は別にして、主人公について語るならば、


    めっちゃ考えてる感出してるけどあんたただのクズや!ほんまクズ!


    という作品です笑

  • 「火花」よりこっちの方が好き。
    ダメダメ男の永田と、ひたすら優しい沙希ちゃん。
    脚本を読みあいながら本音を語るシーンはよかった。最後にふたりが演じた劇場が沙希のアパートだったんだなぁ。
    「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったやろな。」

劇場のKindle版

ツイートする