劇場

  • 1371人登録
  • 3.52評価
    • (69)
    • (121)
    • (150)
    • (35)
    • (11)
  • 199レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 私は永田のような人物は好きではありません。自分勝手で周りにいる大切な人を振り回して傷つけて、取り返しがつかない状況になってからやっとそれに気づき反省する。だったら初めから大切にしろと思います。甘えるなと。ただそれはとても人間らしいとも思います。隣にいるパートナーが眩しすぎて、自分がひどくつまらない人間に思い、それを事実だと自覚しているからこそ逆につらく当たってしまう状況というのは私自身身にも覚えがあります。分かるだけに、それでも彼女を苦しませないでほしい、なんとか頑張ってほしいと思ってしまいます。

    この作品全体に流れる空気感は、前作「火花」と似ているところがあるように感じました。芸人と舞台という、ともに先が見えない職業をテーマにしているからでしょうか。主人公の永田も、読みながらただの又吉じゃねーかとつっこみをいれてしまいました。(サッカー好き、文学好き、分析が多く、人見知りなとこなど)

    最後の2人の会話にはぐっときました。彼からの一方的な思いだけではなく、彼女にもちゃんと彼を必要とする理由があったんだなというのが分かりました。ただ夢を追いたい彼と応援したいが現実も見えてしまう彼女がすれ違うのは必然だった気がします。彼女はその葛藤で相当苦しんだと思います。2人の今後は描かれていなかったのですが、とにかく彼女が幸せになることを願うばかりです。

  • 主人公の卑屈さ、彼女に対するクズさに嫌気がさしましたが、最後は感動してました。
    時より出てくるユーモア、劇の構成は面白く、クズだけどすごい才能を持っているのではないかと思わされました。計算してのことだと思いますが、アイデアすごいです。
    自分の評価は低めですが、純文学があまり好みではないので、好みの問題だけです。

  •  読み始めてからしばらくは、なんて読みにくいんだ、と思った。文体が独特で。
    何?何??と同じところを何度も読み返したり。
    ため息をつきながら、なんとか乗り越えてみると、もうその先は止まらなくなった。
    止められない、ぐいぐい感たるや・・・。

     永田をどうしようもないクズだな、ダメな男だな、とバッサリ言うのは簡単だけれど、それだけではない。

     たまに東京に行くと、あまりの街の大きさに、人の多さに眩暈がすることがある。
    この大都市で生きていくのは、大変だろうなと思ったりする。そういう、生き辛い街で、好きな事をして生きていくという選択。
    決して才能があるわけでもなく、闇雲に努力するでもなく、こういう風にしか生きられない、といわんばかりに同じところに留まるだけの、不器用で怠惰な男。程度の差はあるにしても、こういうどうしようもない人間もいそう。

    そして、永田のダメっぷりは、随所で誰の意識にも実はあるんじゃないか、と思えて凹む。
    最愛の人との関係を、とことん自己中心的にふるまい、甘えることで壊してしまう幼稚さと不器用さも、腹立たしくはあるけれど、どうにも切ない。

     あんなに献身的に自分を支えてくれた沙希に引導を渡された永田は、この後随分苦しむのだろうな。
    喪失感と後悔。
    大きな失敗を糧に、もうちょっとしっかり生きろよ永田。

  • 嫉妬の感情がとても丁寧に描かれていた。永田はさきちゃんに依存していて、どうなの?と思ったところはあるけれど、随所に「さすが」という表現がちりばめられた感じ。
    うまくいかなくなる恋愛の終わり、というものをみたように思う。

  • (図書館本)お勧め度:☆6個(満点10個)。うーん、前作に引き続き、あまり感情移入が出来なかった。どうも、文章字体があまりにも抽象的でリアリティがなさすぎる。もうすこし、文学的な表現はやめて、すっきりとした表現ができないものか?と思うのは私だけだろうか?
    内容的にはどうってことない恋愛小説を読まされているみたいだったけど、主人公の永田ってえらいむかつく、劇作家だろうが何だろうがいかにも屁理屈ばかりで彼女を困らせ、要するに呈のいいヒモじゃないか。最後の最後で彼女の存在にはっきりと誠意をもって答えられたのはめでたしめでたしだったけど、要するにヒモが女と別れた話だったのかな?ちょっと違うきもするけど・・。

  • 主人公が嫌いです
    心がざわついて
    何度も「もうやめよう」と本を閉じた
    でもまた読みたくなって
    沙希ちゃんいい子過ぎ
    演劇って何?
    ラストがよかったなあ

    ≪ 不器用な二人の未来祈ります ≫

  • 小説を目で追っているのに
    脳内で又吉さんの声と顔で文章が変換されてしまい
    ずっと又吉さんに朗読をしてもらっているような
    面白い読書体験でした。

    青山と罵り合う主人公永田の、
    あまりにも容赦がなさ過ぎるセリフがとにかく辛い。
    永田がここまでの憎しみや怒りを感じてしまうのは
    相手の嫌な姿の中に自分を見つけてしまったからなのでしょう。
    永田と沙希の最後の場面は、私が今まで読んだ恋愛小説の中で一番美しく感じました。

    一冊目の火花よりもこちらの方が
    私の中で主人公と又吉さんが同化しすぎてしまい
    小説を読み終わった直後、
    又吉さんのことがちょっと嫌いになったくらい(笑)
    読み終わったとたん内容をきれいさっぱり忘れてしまう小説があるけれど
    これは正反対。
    いつまでもいつまでも心の中に主人公たちが生きています。

  • 最初から最後まで又吉だった。

    細かい日常の描写や考え方が、日々こんな事を感じてそうだな…と常に著者の顔が浮かび、永くんはきっと又吉だな…と重ねながら読んだ。

    又吉作品はエッセイは読んでいるが、肝心の「火花」を読んでいないから、小説1冊目。
    芸人を脚本家に置き換えてるだけで、本人の実話も入ってるんだろうな。

    永くんはクズだけど、最後は悲しい。

  • すんなり読めた。物語の展開としては特別なことははない。沙希のように純粋に人を愛せる人がいればいいと感じる。芸術家の理屈っぽい生き方に純粋な沙希の愛が恋愛小説としても成り立っている。
    文章は作家かの独自性がうかがえる。

  • 又吉が描く初の恋愛小説。内気な主人公「永田」は演劇にのめり込む内気な青年。その永田に「靴、同じやな」と話しかけられ、付き合い、献身的に尽くす沙希。ダメ男な永田に腹が立ちながらも、切ない恋愛小説です。

劇場のKindle版

ツイートする