ブクログ大賞

劇場

  • 958人登録
  • 3.65評価
    • (40)
    • (74)
    • (72)
    • (17)
    • (2)
  • 114レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • そうか。又吉が恋愛小説を書くと
    こんな感じになるのか。。。

    子どものように独りよがりな男 永田と
    子どものように従順な女 沙希の
    青くさくカビくさくはかない恋物語。

    そりゃ終わるわ こんな恋
    と言ってはいけない。
    恋は必ず終わるもの。
    永田も沙希もその時お互いを必要としただけだ。

    それでも人が恋をするのは
    自分の姿を鏡に写して見るように
    自分という人間を知るためには
    「他の誰か」という鏡が必要だから。

    どんなにつらい思いをしても
    また誰かに恋をしてしまうのは
    自分をもっと知りたいからなのだ。
    愛のためとか 愛する人のため
    なんて言葉は全部自分のためにある。 

    ちょっと悲しいし涙も流すけれど
    そんな風にして人は死ぬまで
    自分の欠片を拾い続けていくのだと思う。

    それを率直に書いた又吉はやっぱり
    思慮深くて 嘘のつけない いい奴だと思った。

  • 恋愛小説というとイメージ違うかな。苦悩、嫉妬心の物語ではないですかな。嫉妬の塊プライド男に優しくそして励ます女の子。自覚しているけれどどうにもできない男の心情がよくかけていると思います。こんな男は、ああ嫌だな〜と思っちゃうよ。作家が芸人さんなので、主人公=作家さんとまではいかないけれど、それに近いものを持ってるのかな、と思ってしまう(芸人さんはHITするまで大変なんでしょうけれど)。不器用、不器用。火花よりは嫌な面が多いし、読み辛かったが、その分、うまくかけているってことかいな。

  • 読ませる文章だなーというのを感じました。
    あと独特の気持ち悪さみたいなのを書くのがすごく上手いなーと感じました。(流石又吉 笑)
    靴、おんなじやなってのと、ご飯のことで逆ギレしてでも結局ご飯食べるところと、サッカーゲームに文豪の名前つけて遊んでるところ なんかそんなに物語の核ではないところなのかもしれませんが独特でとても記憶に残っています。
    前作より今作のが好きです。
    また3作目でたら読もうかなーと思える作品でした。

  • 又吉の「東京百景」を読んだ人は読み始めからオチが分かっていたことでしょう。
    私もそうです。だけど読む手を止められなかった。
    だって私は東京百景収録の「池尻大橋の小さな部屋」が好きすぎて、この話をもっと長く、もっと細かく書いてほしいと思っていたから。泣いたもの。あの数ページで泣いたんだもの。
    しかし忘れちゃいけない。この「劇場」という作品はあのエッセイとは別物なのです。主人公ほんとクズだし。売れないし。まぁこれで売れたら「火花」とあらすじ似ちゃうもんね。売れない人が売れる話、っていう。簡単に言ったらそうなっちゃうから。売れなくてよかったんだけど。
    あと主人公はほんとにクズなんだけど、このクズさってたぶん誰にでもあって。
    好きなことやってても勝手に義務感とか、仕事感とか。そういうの出てきてなんもやりたくなくて一日中否定的な感情を持ち続けて終わるとか。あるじゃん誰でも。たぶんあるんだよ。
    だからそういうのがまた、うん。つらかったな。
    恋愛だけじゃないんだよなこの小説のテーマは。もちろん大きなテーマは恋愛なんだろうけど。恋愛だって人間関係だから。甘えて甘えて。ダメになるよそりゃ。

    池尻大橋のときもそうだったけど、やっぱり最後が好きだ。「あれをしようこれをしよう」って考えるとこ。あそこに全てが詰まってる気がする。希望だとかだらしなさだとか、本当に好きだった気持ちとか。

  • なぜかわからないけど感動した。

  • クリエイティブにちょっとでも関わったことがある人に読んでほしいかも 傷つきそうだけど笑
    これに出てくる劇中劇全部見てみたい。もしかしてもう存在するのかな
    主人公クズいのに又吉の文章だとずっと柔らかい。人柄かな?橋本紡ぽさを感じた
    なるほどヒモ男ってこうやってできるのか!て感じ
    表紙のモノクロと紙の質感の折り合いが良い すき
    じっくりじっくり読むのに向いてると思う

  • 最初から最後まで息苦しくて切なくてどうしようもない作品。
    途中途中で挟まれるさすが芸人さん!と言いたくなるような、思わず声にだして笑ってしまう箇所がとても好き。関西人のこういうアホでしょうもない面白さ大好き。又吉さんの書く本はテンポもいいし読みやすい
    又吉さんの文章こんな感じだったかな?所々中村文則さんみたいだと思った
    ラストは涙と鳥肌が止まらなかった、わたしの大好きなバッドエンドでハッピーエンド

  • 又吉直樹の2作目。

    売れない劇団の劇作家兼役者とその「宿主」となった彼女の
    どうしようもなく、切ない感覚を描く。
    こだわりの強い演劇青年が
    彼女の生活を細部まで縛り、精神的に追い込んでいくという
    ありがちで普遍的な話。

    舞台となっているのが下北沢、三鷹、高円寺、渋谷と
    自分にとってもおなじみの街だらけだったので
    情景もリアルに浮かんできた。

  • 演劇には詳しくないので理解してない部分も多々あるかもですが、読み終わってみたらそうゆうの関係なくとても面白い小説でした。
    個人的には、何かの物事がもう終わるかもしれないという瀬戸際で延々と(←これがポイント)本音を話すなり説得するなりしてなんか和解して円満解決して皆でニッコリみたいな流れは好きではないのですが、物語の最後、もう引き払うばかりのガランとした部屋で永田が沙希に対して長々とこれから二人でやりたいことを話す場面では、泣けてしまって非常に悔しかったです。

  • 【2017年9冊目】
    「火花」より好きです。

    本作で芸人又吉とは全く切り離された文筆家又吉先生が完全に確立されたなぁ!
    芸人ビートたけしと映画監督北野武のような感じ。

  • 恋愛小説と聞いていたので、男女が出会って互いに惹かれ合い、いちゃついて、でもいろいろあって最後はくっつく…みたいなお決まりタイプかなと勝手に想像していたが、いい意味で完全に裏切られた。

    ここからは思い付くままに雑多な感想を。

    ラスト近くの夕日のシーンが鳥肌立った。日常の取り上げるまでもないどこにでもあるような風景をこんなにもドラマチックに描けるのか。

    遠足での教頭先生とのエピソードほっこりさせられたなあ。又吉さんの実体験なのだろうか。

    嫉妬や自己嫌悪、自尊心その他諸々がごちゃまぜになってどうしょうもない永田の気持ちに感情移入して読んでて苦しかったけど、もつれ合う繊細な感情の表現は立体的に胸に迫り来るものがあった。

    随所に見られる演劇への考察、演劇とはなんぞやについて考えさせられた。p196にあるように、犬の遠吠えが演劇を経由することによって意味を持つようになるということ。演劇って日常の行為、事柄、存在に『意味』を与えるのか。確かに大道具、小道具、照明、音響全てに根拠があって舞台という空間は成り立っているもんな。逆に意味を与えないということも、ひとつの意味付けにもなりうるのだな。読んでて発見があったな。

  • 恋物語。
    過去の思い出を浄化するための小説に思えました。
    どうしようもなくクズ男だけど、どこか気持ちが分かってしまう不思議な感じ。面白かったです。

  • 出だしから引き付けられた気がする。

    永田の小難しさ、沙希のおおらかさ。
    辿っていくであろう未来が想像されるけど、そうなってほしくない感じ。

    文豪に例えるサッカーゲーム、らしいな~

    永田と青山のメールでの罵り合い。メールでって。

    最後の沙希の部屋でのシーンはグッとくるかな。

    「火花」より好きかもって思った。

  • 切ない恋愛。好きだからこそ別れないといけない事ってあるんだなと思わせられた。

  • 「永田…なんでそれ言わないの〜」っていう場面がたくさん。大切なことほど後回しにしてしまう不器用なひとという感じで、悪いひとにはどうしても思えなかった。(そんなことないか。勝手な男だな。)最後のシーンも。あれが永田の中のどれほどのことかと思ったら、ウルっとしました。

  • ‪演劇と向き合い成功を夢見る主人公と同棲する女性の恋愛小説。主人公の表現者としての葛藤と才能への嫉妬が上手く描かれている。唯一の理解者である彼女の存在が日常の一部となることで新たな感情と苦悩が生まれてくる。結末のまとめ方は巧妙。前作「火花」より好き。‬

  • 2017/06/08
    ラストが素晴らしい。
    自意識の塊のような主人公は、太宰治の人間失格を思わせた。
    永田みたいな彼氏絶対嫌だなー。笑

  • 教頭先生との登山の件がおもしろかった

  • 劇作家の恋愛の物語。純文学の面白さを多くの人に広めたいというメッセージが伝わってきます。物語の進め方と心情の描き方のバランスが丁度良かったです。青山との論争とラストの自転車で二人乗りする場面が印象深かったです。

  • どんなに人を好きになろうとて、1番は常に己である…
    自己険悪に気づかされるほど人に思われていても尚、自己愛に溺れ、その深みに浸かれば浸かるほどに大切な人との距離が出来てしまう。
    日常的に過ぎていく物語は過去の物としてそこに存在するがそれは決して自分を変える未来の糧にはなりえない。 それはまるで劇場の様に振り返ることのみで語られる、儚く忘れられ事の出来ない衝撃だけを僕に与えてくれた…

  • 火花の前から書き始めてた作品だけあって、何度も書き直したりしたであろう本作は、完成度の高い仕上がりだと思う。
    細かな描写や繊細なセリフの表現が刺さりました。
    次作が本当に楽しみです。
    この二作と全く違う主人公を書ききって欲しいです。

  • こんな恋愛はしたことない。
    だけど、この小説を読んでいると、昔の自分の恋愛を思い出すんだよ。
    なんてことないのに悩んでいたりしたことを。

    又吉さんの書く小説は、私の奥底に眠っていた何かを思い出させることが多い。

  • 火花より良かった。最後の会話を書きたくて、この作品を書いたんだなと思わせるラストでした。

  • 恋愛小説ということで、普通によくある若い恋人同士の話でした。しかし、劇場というタイトルの通り、演劇をめぐる若い男女にはよくありがちな話でもあったりします。実際ない話じゃ無い。できる気になっている脚本家が、どうしても恋人を幸せにしたいが、その方法が手段が分からない。それはなぜなのか。そして、二人はどうなるのか。恋人同士を描きながらも、体の触れ合うシーンは少なく、文章は心情と行動、それと演劇とそれにまつわる文筆がほとんど。でも、この二人が一緒に居たいと想い合っていることは、はっきりと分かります。幸せにしたいと思い続けながら、その手段が分からない男にイラっとするかもしれませんが、それでもあがき、恋することを、胸が詰まる言葉で表現しているこの作品に触れた時、切なさを感じるのならば、それは大切な人をしっかりと愛せている証拠なのかもしれません。こういうエピソードを持つ友人がいるなら、他人とは思えず、きっと大切にしてしまうでしょうね。

  • デビュー作が評価された作家やミュージシャンは、往々にして「2作目のジレンマ」をどのように超えるかが大きな困難であり、そのジレンマを解決できずに歴史に埋もれた創作者は枚挙に暇がない。さて、本書を読了して真っ先に感じたのは、著者は一人の純文学作家としてのその陥穽を超克し、そのポジションを確立しただろう、という感覚であった。

    今作では演劇の脚本家である若者を主人公として、芸術という自己表現に従事する人間が、必ずどこかでぶち当たるであろう”自らの才能を信じることの不安”や”自分より評価されている他者への羨望や嫉妬”などの感情が、余すことなく描かれる。天才でない大多数の創作活動に従事する者でこうした感情を抱かないものはいない(抱かなかったのだとすれば、それは天才か馬鹿かのどちらかである)はずであり、その感覚の生々しさがこうした言語化され、ストーリーに中に自然と配置される技術は、著者の強い才覚に基づくものであろう。

ツイートする