劇場

  • 497人登録
  • 4.00評価
    • (18)
    • (22)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

劇場の感想・レビュー・書評

  • 良かった!
    「火花」も良かったですが、私はこちらの方が好きかもしれない。

  • 一気に読んだ。

    永田の生き方、沙希との関係の続きが気になり、どんどん頁をめくる。

    どんなに想い合ってる二人でも、うまくいくとは限らない。
    作中の人物を見ながら、自分自身の生き方も顧みる。

    永田は、人間らしい感情に溢れていて、沙希との接し方に悩む様子は微笑ましい。
    が、さすがにもうちょっと何とかなるだろ、とも思う。笑
    劇作家の人たちはこんなんばっかりなのか、とちょっと嫌いにもなる。


    一度目はスピードを上げてぐいぐい読み進めてしまったので
    二度目は一つ一つの文を噛みしめながらじっくり読もう。

    あー楽しみだ。

  • 正直、読み始めてから1/3位まで
    ちょっと後悔するくらい、永田の話がつまらなかった
    なかなか読みたいという気にもなれずだった
    でも、中盤前に、どんどんと引き込まれ
    気になり、気持ちを寄り添い、心配になり
    最後は切なくて切なくて、
    永ちゃんも、さきちゃんも、悲しくて切なくてアホで
    若さゆえ、勢いなのか、正直なのかな気持ち
    思い出したり感じたり、貴重な読書時間を過ごした

  • 又吉さんが書いているという時点で、既にその世界に入れている、入らされている?
    独りよがりの主人公の胸が締め付けられる切ない物語。
    サッカーゲームの選手名を作家さんにして、イタリア、ブラジル代表と戦わせるシーンは又吉さんのセンスが光る。やはりツートップは芥川と太宰か。

  • 心に響いた


    主人公の永田の描写が
    自分と類似していたからだと思う。
    永田が自分ではないかと錯覚したほどに。
    これは太宰治の「人間失格」を読んだ以来だった


    最後の場面は特にせつなかった

  • 涙がこぼれました。

  • 「火花」で又吉は本物だと思って次作も絶対読もうと思ってやっと読んだとこ。
    in one sittingで読みました。珍しいんだよね、一気読みできる本ってそうそうない。
    太宰感がプンプンするけど私はそれは大好物なので快感しか覚えず、精緻な描写からは主人公のねっとりした自意識が読者に読みながらにして空気を通して入ってくる。いい。
    人間凸凹で寄りかかり過ぎるともうどこまでが自分でどこまでが相手なのかわからなくなって、自己と他人が恋愛によって結合すると切り離すのはレゴブロックのように簡単にはいかず。
    昔子供の頃粘土細工した時に、胴体先に作って手足を後からつけたら接着が難しくて、なんとか水つけながらつけて、もう一度手を作り直したいと思って取ろうとしてもその時にはもううまく取れなくなって諦めて粘土ぐしゃって潰すはめになる、みたいな感じ。

    テレビで、火花の時読みにくいという読者の声をたくさんもらったから読みやすくしたって言ってて不安になったけど、全く又吉節は消えておらずなんやねんって思った。テーマはただし身近になったかな。

  • 久々に本で泣きました。
    男は、素直になれない、プライドが高い。
    女は、夢を負う男を支えたい、辛抱する。
    男女ってこうだよね、と自分の恋愛と思い当たる節がたくさんあり、思わず頷きながら共感できる描写ばかり。
    若い二人が大人になるにつれて色々変わっていく。そして、未来はまだ見えない。それでも二人だけの思い出をいつまでも大事にしていることに、いい大人でもキュンとしたり、切なさを感じたり。涙が溢れました。愛と優しさで溢れている素敵なラブストーリーです。

ツイートする