劇場

  • 927人登録
  • 3.65評価
    • (39)
    • (71)
    • (69)
    • (16)
    • (2)
  • 111レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 新潮社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509516

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劇場の感想・レビュー・書評

  • 「劇場」
    一番 会いたい人に会いにいく。


    演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った。


    力のある作家とは、ぐぐっと熱くさせる物語、表現、描写、文章を書くことができる人だと個人的に思います。その点を鑑みたら、又吉は力のある作家です。


    永田は、演劇を通じて世界に向かうと言えば聞こえが良いですが、実は自己世界を変えることができない、自己を客観的に見れない。良く言えば、自己に誇りがあると言えるが、決してそうではない。沙希の底知れぬ優しさに甘え続けた堕落の人間です。


    甘え続けるダメな人間で終わっていたら、これは最後まで読めない。しかし、中盤から終盤にかかるにつれ、永田は、人間のずるさや弱さ、卑屈さを沙希にぶつけ始め、更に元劇団員に対しても、自己を正当化して全てをたたきつけながらも、この熱が凄い。永田が元劇団員にたたきつけるメールの会話なんて、人間のマイナスを全てさらけ出した感じになっており、一気に引き込まれるパワーがあります。これだけでも、凄いなと。


    そして、沙希の優しすぎる人間性に甘え続ける永田からも、なんて人間は弱くちっちゃいんだろう。でも、人間てこんなもんよね。と思わせます。んで、最後の沙希の優しさが底をつき、弱さを出して、永田も弱さ丸出しで無理に笑いに持っていく。この締めが最後でした。ぐぐっと胸が熱くなりました。

    火花よりもぐぐっと完成度上がってます。中盤から終盤までの展開は最高ですね。

  • とうとう買っちゃいましたよ、読んじゃいましたよ。
    売れない劇作家と女優の卵の話、という前評判でしたが、そんなオシャレな雰囲気はみじんもなく。
    発達特性のあるダメダメな男に、片腕までつっこんで身動きとれなくなってしまった女の話。
    相変わらずの精緻な比喩と、グダグダな会話。
    この対照が又吉さんならではですね。
    いろいろ批評はあると思いますが、又吉さんファンとしては、これからもこの調子で、大衆に膾炙することなく延々と救いのない話を書き続けて欲しいと願うのでした。
    中島みゆきは松任谷由実になってはいけないのだ!

  • 火花を読んだとき、表現することうまいなあって思ったけど、それほど騒がれる本かな?でも又吉さんと友人になりたいってずっと思ってた。
    この作品は火花より私好み。3回以上クスクス笑って、こんな会話できる彼女と彼氏って最高やなって思ってた。まさか最後でじーんとくるなんて。次もいい作品書いてほしいな。

  • 好きだという気持ちを素直に現せないのは、自分がまだその立場にいないと思い詰めたから。不器用な二人だった。二人を引き裂いたのは世間だ

  • 恋愛小説を久しぶりに読みました♪恋愛小説は単調に感じますが、この本は人間味があったり演劇を通した内容で、とても面白かった。

  • 沙希という名前、劇団、演劇、下北沢、高円寺、東京...
    個人的に刺さるキーワードが多過ぎる...。
    火花より、こっちの方が好きだな。

  • 切なくて、ラストが刺さった。不器用で、優しくて、ややこしい。そんな彼が不憫でもあり、人って程度の差こそあれ、こんな感じだなと思ったりしながら。
    次も楽しみ。火花も素敵だったけど、火花より、こちらの方が再読したくなってくる。

  • 火花を三度読んだけど、その時の感情や気持ちが恐ろしく繊細に書き込まれています。
    この本も二度、三度読むごとに違う視点や感覚で読めると思うので、少し寝かせてまた読もうと思います。
    翌日大後悔とはよく言ったものの、後悔後悔後悔の永田に人間の卑しい部分も嫌だけど共感してしまった。

  • 「火花」テイスト
    ここに出てくる「永田」の方が、より又吉さんぽいな。
    と思った。
    明るく屈託の無い前向きで「永田」の事をある意味信頼している「紗希」
    独りよがりでマイナス思考な「永田」
    真面目に話すことが恥ずかしいのか「紗希」の前ではふざけてばかり。

    何だか似ている「私」と。
    「火花」よりもこっちの方が好きだな。

  • 読み始めて、すぐに思い出したのは
    「東京百景」の「池尻大橋の小さな部屋」。
    大好きなエッセイが、ていねいに小説化されると
    こんなふうに、切なくて、苦しくて、
    誰かを想うことの哀しさをおしえてくれるのだ、
    と、感動。

    創作でも、恋愛でも、言いたいことが言えたら、
    言うべきことをわかったら、もっと違う世界が
    見られるのだろう。
    でも、それができないから、追求して
    苦しくて、投げ出したくなって、
    でも、逃れられない。
    読む程にその苦しさに共感できて、
    ラストは、切なさに泣いた。

    いつまでも、心の奥に大切にとっておきたい
    そう思える作品のひとつになった。

  • 良かった!
    「火花」も良かったですが、私はこちらの方が好きかもしれない。

  • 一気に読んだ。

    永田の生き方、沙希との関係の続きが気になり、どんどん頁をめくる。

    どんなに想い合ってる二人でも、うまくいくとは限らない。
    作中の人物を見ながら、自分自身の生き方も顧みる。

    永田は、人間らしい感情に溢れていて、沙希との接し方に悩む様子は微笑ましい。
    が、さすがにもうちょっと何とかなるだろ、とも思う。笑
    劇作家の人たちはこんなんばっかりなのか、とちょっと嫌いにもなる。


    一度目はスピードを上げてぐいぐい読み進めてしまったので
    二度目は一つ一つの文を噛みしめながらじっくり読もう。

    あー楽しみだ。

  • 正直、読み始めてから1/3位まで
    ちょっと後悔するくらい、永田の話がつまらなかった
    なかなか読みたいという気にもなれずだった
    でも、中盤前に、どんどんと引き込まれ
    気になり、気持ちを寄り添い、心配になり
    最後は切なくて切なくて、
    永ちゃんも、さきちゃんも、悲しくて切なくてアホで
    若さゆえ、勢いなのか、正直なのかな気持ち
    思い出したり感じたり、貴重な読書時間を過ごした

  • 又吉さんが書いているという時点で、既にその世界に入れている、入らされている?
    独りよがりの主人公の胸が締め付けられる切ない物語。
    サッカーゲームの選手名を作家さんにして、イタリア、ブラジル代表と戦わせるシーンは又吉さんのセンスが光る。やはりツートップは芥川と太宰か。

  • 心に響いた


    主人公の永田の描写が
    自分と類似していたからだと思う。
    永田が自分ではないかと錯覚したほどに。
    これは太宰治の「人間失格」を読んだ以来だった


    最後の場面は特にせつなかった

  • 涙がこぼれました。

  • 「火花」で又吉は本物だと思って次作も絶対読もうと思ってやっと読んだとこ。
    in one sittingで読みました。珍しいんだよね、一気読みできる本ってそうそうない。
    太宰感がプンプンするけど私はそれは大好物なので快感しか覚えず、精緻な描写からは主人公のねっとりした自意識が読者に読みながらにして空気を通して入ってくる。いい。
    人間凸凹で寄りかかり過ぎるともうどこまでが自分でどこまでが相手なのかわからなくなって、自己と他人が恋愛によって結合すると切り離すのはレゴブロックのように簡単にはいかず。
    昔子供の頃粘土細工した時に、胴体先に作って手足を後からつけたら接着が難しくて、なんとか水つけながらつけて、もう一度手を作り直したいと思って取ろうとしてもその時にはもううまく取れなくなって諦めて粘土ぐしゃって潰すはめになる、みたいな感じ。

    テレビで、火花の時読みにくいという読者の声をたくさんもらったから読みやすくしたって言ってて不安になったけど、全く又吉節は消えておらずなんやねんって思った。テーマはただし身近になったかな。

  • 久々に本で泣きました。
    男は、素直になれない、プライドが高い。
    女は、夢を負う男を支えたい、辛抱する。
    男女ってこうだよね、と自分の恋愛と思い当たる節がたくさんあり、思わず頷きながら共感できる描写ばかり。
    若い二人が大人になるにつれて色々変わっていく。そして、未来はまだ見えない。それでも二人だけの思い出をいつまでも大事にしていることに、いい大人でもキュンとしたり、切なさを感じたり。涙が溢れました。愛と優しさで溢れている素敵なラブストーリーです。

ツイートする