カンパニー

  • 159人登録
  • 3.83評価
    • (12)
    • (25)
    • (14)
    • (2)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 伊吹有喜
  • 新潮社 (2017年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509714

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カンパニーの感想・レビュー・書評

  • 合併・社名変更・グローバル化。
    老舗製薬会社の改革路線から取り残された47歳の総務課長・青柳。
    「君、バレエ団に出向しない?」人生の第二幕は、戦力外通告とともに始まった。
    時を同じくして突然妻子に逃げたられた青柳。
    選手に電撃引退されたトレーナー由依。
    製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの
    高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させる事。
    成功させなければ、二人の戻る場所はない…。
    しかし、高野の故障・配役変更・チケットの売れ行き不振と続々問題が。
    本当に幕は開くのか…?

    リストラ候補・家庭崩壊と人生のどん底の青柳がバレエ団に出向。
    バレエ団の公演を成功させるという畑違いの仕事を任せられても、
    実直に癌がる姿に心が動かされました。
    真面目で不器用な青柳さん好きだなぁ(〃ω〃)
    そこで巡り合った世界的有名なダンサー高野との関係や
    カンパニー(バレエ団)の人々との関係でバレエに少しずつ魅了されていく。
    そして、様々なトラブルを解決していくうちに新たな自分を発見したり、再生する。

    人の弱さや優しさや狡さや強かさといった、細やかな心理描写が素晴らしかった。
    読みながらドキドキしたりウルッとしたりしてたけど、なんだかずっと幸せで、
    読み終えた時、幸福感に包まれていました。
    努力・情熱・仲間…いい言葉だなぁ。
    人生を取り戻す、情熱と再生の物語でした。
    バレエがとっても身近になった様な錯覚?にとらわれました。
    バレエ観たくなりました(*´ー`*)♡

  • 験(げん)が悪くて

    見ているだけで気持ちが高揚する

    絶望の踊りですね

    ただ魅入られただけ

    純粋な王子は過去の自分の投影。その彼を殺して、ロットバルトは生まれ変わり、清濁併せ呑む大人の道を行くのです。

    たおやかに美波が踊っている。

    「なぜ踊る」は「なぜ生きる」と同じ問い(高野)

    「僕がしたほどの努力をあなたはしたんですか、あるいはする覚悟があるんですか」

    背徳的な雰囲気

    頂点に立つ者は誰も頼れない。不安をわかちあいたくても、その心情がわかる技量の持主は皆、ライバルだ。

    豪放磊落(ごうほうらいらく)な男集団

  • バレエのカンパニーの話と
    大した期待もの無く読み始めたら
    これが面白くて一気読み
    深夜に泣いて今日は寝不足。
    フラッシュモブ見てみたい!

    バレエに興味がない人にもおすすめ
    2018年には宝塚で舞台化されるらしい。

  • 2017年10月西宮図書館

  • だんだん、昔はできて当たり前と思ってたことが、どうしてかできなくなる。なぜって考える。でも、分からない。そういう自分をやっと認めることができないと次へ行かないかもしれない。 えーい、もういいや。バレー観に行こう。

  • +++
    合併、社名変更、グローバル化。老舗製薬会社の改革路線から取り残された47歳の総務課長・青柳と、選手に電撃引退された若手トレーナーの由衣。二人に下された業務命令は、世界的プリンシパル・高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。主役交代、高野の叛乱、売れ残ったチケット。数々の困難を乗り越えて、本当に幕は開くのか―?人生を取り戻す情熱と再生の物語。
    +++

    何の予備知識もなしに読み始めたのだが、とても面白かった。バレエの世界には全く縁がないので知らなかったが、バレエ団のことをカンパニーと呼ぶらしい。タイトルはまさにバレエ団のことなのだが、製薬会社の再編成やリストラに絡んで、会社に人生を振り回される青柳や瀬川を見ていると、会社のカンパニーが描かれているとも言えるかもしれない。世界に名だたるプリンシパルにも、わき役に甘んじるダンサーにも、トレーナーにも、企業から出向してきた社員にも、それぞれ人生があり、抱えているものがあり、コンプレックスがあり、誇りがある。仕事も立場も違えど、同じ人間なのだという思いを強くする。どんな立場にいようとも、ひとりでは何も成し遂げられず、周りの人々と一緒に作り上げていく喜びがあるのである。決断は自分でするものだが、そこに至る道筋にはたくさんの人がいて、さまざまな思いがあるのだと、あたたかい気持ちにさせてくれる一冊だった。

  • 最初は特に自分がない主人公 青柳に
    魅力が感じられないのですが
    だんだん 裏方を支える楽しさに
    目覚めていくのが
    わくわくしますね
    派手な終わり方ではないですが
    今を頑張るぞ
    という気持ちにさせてくれました

  • バレエが好きなのでとても楽しく読めた。

    人生はダンス。生きていくって、心臓が打つリズムに合わせて踊ること/踊りは祈りに通ず/努力、情熱、仲間=レッスン、パッション、カンパニー。この三つが揃えば無敵

    爽やかで元気になる言葉がたくさんあった。

  • ちょっと話が出来過ぎの感じはあるが、リストラと離婚という人生の危機を迎えた地味なサラリーマンのどんでん返しというストーリーは気持ちがいい。特に、再会した元妻が今後も友達でいたいと言ってきたのに対し、旧姓で呼びかけるシーンは印象に残った。
    それにしても、自分もバレエ団で働きたいと思った。バレエでは食べていけず、アルバイトで生計を立てながら舞台のためにレッスンを続けるというダンサーがいっぱいいるのを知っていて、そういう人のために何か役に立ちたいとか、できれば、そんな活動を通じてダンサーと話をしてみたとか妄想を膨らませた。

  • 面白かった。
    青柳氏は最初の頃からずいぶん変わったなあ。
    人間って幾つになっても成長出来るんだって思えた。

  • リストラ候補のサラリーマンと、引退を考えるバレエダンサーのお話。
    登場人物それぞれの違った思惑が絡まりつつ、バレエ公演を成功させようとする方向で一致してゆく。
    登場人物が多いですが、実在の色んな人をモデルと思わせるキャラクターでイメージしやすく、話のテンポもよくて、サラッと読めました。
    爽快なエンディングで、とっても面白かったです。

  • ほとんどないことだが、一度読了後に続けて二度読みしてしまった。

    傑作だ。

  • 突然妻子に出ていかれた男。
    共に世界を目指していた選手に突然引退されてしまった女。
    会社のリストラ候補となってしまった二人に下されたのは
    会社が支援しているバレエ団への出向。
    誰もがもがき苦しみ新たな道を見出だしていく
    とても好みな展開ではあるが
    も少しそれぞれの人物描写が濃いと更に没入できた気がする。

    【図書館・初読・8月5日読了】

  • 大手製薬会社のリストラ要員になっている元総務部所属の青柳と、デキ婚をしたマラソンランナーの元トレーナーだった瀬川。
    ふたりはそれぞれ社名変更のプロジェクトの一環として行われる著名なダンサーのバレエ公演のサポートを命じられる。

    まったく畑違いの分野に飛び込み、悪戦苦闘するふたりと、同じく環境に戸惑いながらよいものを生み出そうと努力し続けるカンパニー(=仲間)の姿を描いた物語だ。

    単純なお仕事小説ともバレエ小説とも違い、重なり合ったそれぞれの人生、想い、悩みなどが感情的になることなく、それでいて有機的に語られていて、読んでいるうちにすべての登場人物を応援したい気持ちになってくるから不思議だ。
    彼らの公演を見てみたい、そんな気持ちになる。

  • 素敵な物語でした。最後までわくわくしながら読了しました。バレエに対する日本のショービズや、芸術的価値、評価の低さをたんたんと描いているのに、読み進めるうちに登場人物の熱さに共感しました。さまざまなジャンルの踊り、踊ること、踊る人が好きなら、読むとどきどきできると思いました。こういう物語を連ドラ化してほしい。

  • 流石人生再生モノが強い伊吹先生だなぁ
    前には踏切版を軽やかに踏み切って、今回は豪快にオセロで黒を白にひっくり返した。終盤は引き込まれて一気にラストまで読んでしまいました。
    カバー画も面白いよね。スーツで軽やかにバレエのステップを踏む。。。青柳さん?
    私もいつか、会心の白を打ち込みたい。

  • ああ〜 なんだか久しぶりに爽やかな本読んじゃった。

  • バレエの公演を成功させるための裏からのあれこれに,プリンシパルの悩みやあり方を加味し,恋愛感情もサッと振りかけたエンタメ.新解釈白鳥の湖を見てみたいです.

  • 楽しく読んだ。でもちょっとかんたんすぎるというか、さらっとまとまりすぎてる感じはあった。350ページくらいの、それなりのボリュームを感じさせない。

  • 私生活では妻と娘に去られ、会社ではリストラ通告された主人公。バレエ団に出向が決まり、プロジェクトに再起を賭けるが…

    バレエ団の裏事情が興味深い。
    街中でフラッシュモブが始まるシーンなど視覚的でとてもエキサイティング。
    要するに熊川哲也が三代目JSBと共演する、って話。

  • 青柳のイメージがつかみにくい。リストラ候補、一方的な妻からの離婚に流されているダメ人間がカンパニーへの出向で成長したことになっているが、周りの評価が変わっただけで本人の変化はそれほど感じられない。バレエ団のあれこれは興味深かった。

  • 伊吹有喜さん、「風待ちのひと」「四十九日のレシピ」「なでしこ物語」、最近では「BAR追分シリーズ」、楽しく読んでいます。一方で「ミッドナイトバス」と「今はちょっとついてないだけ」は読後感が「?」でした。どうやら伊吹有喜さんの作品、私にとっては「吉」か「凶」かわかれるみたいです。新刊「カンパニー」(2017.5)はバレエ(踊る方)を題材にした作品です。347頁です。この作品は、読み始めて5日目、まだ100頁。失速していますw。

全25件中 1 - 25件を表示

カンパニーを本棚に登録しているひと

カンパニーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カンパニーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カンパニーの作品紹介

「君、バレエ団に出向しない?」人生の第二幕は、戦力外通告とともに始まった。妻子に逃げられた47歳総務課長。選手に電撃引退された女性トレーナー。製薬会社のリストラ候補二人に課された使命は、世界的プリンシパルの高野が踊る冠公演「白鳥の湖」を成功させること。しかし、高野の故障、配役変更、チケットの売れ行き不振と続々問題が。本当に幕は開くのか!? 仕事と人生に情熱を取り戻す傑作長編。

ツイートする