ボクたちはみんな大人になれなかった

  • 665人登録
  • 3.69評価
    • (20)
    • (40)
    • (31)
    • (7)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 燃え殻
  • 新潮社 (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103510116

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボクたちはみんな大人になれなかったの感想・レビュー・書評

  • それぞれの時代の、それぞれの青春がある。とおりすぎていった風景や人たちが現在の自分を作り上げている。でも、ふりかえってもそこにはもうなくなっていて、その人は居ない。過去は地層のように積み重なり、あの日はそこに埋もれる。掘り出してももうそれは化石でしかない、あるいは亡霊のように。今日という日はそんなものを引き連れていく日だ。ありがとうとさよならの中間のようなグラデーションみたいな小説。

  • 二時間ほどで一気に読んだ。cakesの時と異なる部分もあったけど、それがまたよかった。男は後ろばっかり見てるな笑

  • 読む程に、胸に蘇るきれぎれの過去。
    疼くような切ない想い。
    誰かの問いかけや、くれた言葉を、
    こんなふうにていねいに
    胸に抱いて生きてこられただろうか。

    読後のこの胸苦しい気持ちを大事にして、残りの人生生きて行こう。そう思った

  • 「あなたは、私にとって遅すぎて」
    「ボクにとってあなたは突然すぎたんだ」

    すごいものを読んだ、というよりは、なんだろう
    夢見心地になれて、この世界にプカプカ酔うかんじだった
    現実主義過ぎるひとにはロマンチックが過ぎて、すこし入り込めない部分のある物語かもしれない
    「君の名は」がよかった!というひとは読んだほうがいいかもしれない

    おざけんの犬キャラ、ビューティフルドリーマー、ガンダム、エヴァンゲリオン、秋葉原通り魔事件、たくさんのリアルと虚構が交差する構成は、このお話がどこまでつくりもので真実なのかわかりたいけどわからなくておもしろくなってゆく

    スーとのもろもろが
    おとこのひとのリアル

    衝撃作ではないけれど
    とても読まされる作品だった

  • Cakesで連載されて評判だったというウェブ小説の書籍化。タイムラインで流れてきて知り、衝動買いして一気読み。
    40代の自分の現在の空気感ととても重なる部分があり、文章がとてもオシャレ。

    過去に囚われる男と、未来を志向する女が、すれ違い、別れ、SNSで再会するという経験は、多くの男は、どこか甘酸っぱい感情とともに味わったことがあるのではないかと思う。そんな、記憶の中で止まったままの過去の時間がSNSのタイムラインという現実の中で、カタルシスとして浄化されていくくだりがとても良かった。記憶の中で大人になりきれずに止まったままの自分が成仏される瞬間。そのとき、自分の歩んできた人生に意味が与えられ、ボクたちは大人になれるのかもしれない。

    そう考えると、過去に囚われがちな自分の思考も悪くないのかもな、という気にさせてくれる。まあ、燃え殻さんと違って、こんなオシャレな文章は書けませんが、ね。

  • 「小説とは何ですか?」と訊かれたら
    「タイムマシーンです」と答えたくなる一冊。

    ノスタルジックな光景が切ないほど丁寧に
    丁寧に綴られていて、光と影の物語へと誘う。

    元ハガキ職人の著者が描く世界は、まるで
    眠れぬ夜に、一人布団の中で深夜ラジオを
    聴いているような、静かな愛に溢れている。

    時に、過去も傷跡も引き受けてくれるような
    優しさがある。

    大人になりきれない気持ちの置き場を
    見つけられたような、読後感。

    泣きたくなった時、
    そっと肩を貸してくれるような一冊。

  • 平成29年8月12日読了

  • 期待しつつ読んだが、期待しすぎたのかもしれない。
    凡人である自分が共感できる部分はたくさんあった。
    共感できるが、それ以上でもなかった。
    「その頃僕は、普通じゃない自分を一生懸命目指していた。今考えれば、普通に生きるための根気がなく、努力もしたくなかっただけなんだけど。」

  • 同じ世代で懐かしく読めた部分もあったけど、期待し過ぎたみたい。村上春樹っぽいといわれると納得。

  • タイムラインに流れてくる明らさまなリツイートが目につき、フォローを外した。商業的なイヤ〜な匂いを感じてしまい、読むもんか、と思っていたくせに。本屋での二度目の邂逅に、堪えきれずカウンターへと運んでしまった。

    リアルタイムで小沢健二を知らない私でさえ、読んでいてどこか懐かしい気持ちになる。ひとつの恋を経て大人になりたいと痛切に願ったはずの私たちは、まだズルズルと、いつか本物の大人になれると夢を見ているけれど、たとえ40代の日々がやってこようと、心の澱に沈んだ傷に顔をしかめる日々が相も変わらずそこにあるのかもしれない。それでもまぁいいかな。そんな風に思えた。本当の意味でこの本の良さがわかるようになったとき、また読み返したい。

  • Cakesでの連載の時はスーの場面が印象的だった。” あなた ” この3文字にまた触れてしまった私は我に帰る。
    スーの繊細な無頓着さに私のココロも震えた。
    かおりさん…リアルすぎて自分自身とオーバーラップしてしまう。男性の方が繊細なの?ただ自分の痛みに敏感なだけ?あ、イコールか…
    本で読むとまた印象変わるなぁ。面白かったよ。

  • 確かにリズム&ブルース。
    何度もグサグサきた。

  • 時系列が行ったり戻ったりするので地に足が着いていないような感覚のまま読み終えることになった。
    結局、何があったんだっけな?っていう夢を見たような気分。
    90年代音楽やTVに力があったあの時代の熱気は懐かしく思うけれど、東京のギラギラして、けれど疲れた街での生活の経験がないからあまり響くものはなかったような。
    今の時代を象徴するかのようなわざとらしいSNSの描写はちょっと萎えた。

  • 成仏していない言葉たち。
    伏線がすごい。
    伏線を伏線として用意してない、運命が巡り巡って、結果として伏線になった、という感じ。

    人生とか生活とかも、きっとそうなんだろうなと思った。今あることが未来に繋がるとは限らないし、逆も然り。

    過去へ遡って、現在へと繋がる星を紡いだら、切なすぎる形の星座が出来上がった。
    その星が、この作品における伏線たち。

  • 本書に「男は過去の自分に用がある、女は未来の自分に忙しい」という一節があり、本書を最もよく表現していると思う。本書を手に取ったとき、読み進めているとき、立ち止まるとき、急ぐとき...その度に、あぁ自分は男なんだな、女なんだな、と納得してしまうエモい小説である。

  • たしかに愛し合っていたはずだったのに、忽然と姿を消してしまった最愛のブス。
    時を経てフェイスブックでその名をみつけてしまったボクは、はからずも友達リクエストを送信してしまうーー。

    なるほどね、たしかに”エモい”わこれは。
    郷愁というような硬い言葉とは少しちがう。
    フランクで、ファストで、インスタントな、まさにエモいとしか言いようのない感情。
    SNSで手っ取り早く再会できてつながれてしまう現代特有のものだと思う。
    それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけれど、とりあえず便利な世の中になったなぁなんてしみじみ。
    そしてそのエモさを覚えたときに伴う泡立ちのような高揚感は嫌いじゃないですね。
    ぬぐえぬ村上春樹感にはじめは辟易したけど、読んでいるうちに気にならなくなってすっかりのめり込んでしまいました。
    夢か現かのような場面のラストも心地よかった。

  • 「この小説がエモい!2017」第1位。
    「エモいオブザイヤー2017」受賞。

    「エモい」という時の「エモーション」を翻訳すれば、「刹那い」または「刹那」になるのではないだろうか。
    たった一瞬。一瞬とも認識できないくらいの、たった一瞬。もしくは、永遠。

    誰にだってあるはずだ。
    この一瞬の記憶さえあれば、それだけで充分だと思えるような、
    そういう刹那い記憶の一つや二つが。

  • あの頃の信仰的な好きや感情を久しぶりに思い出させてくれた。

  • とにかく先へ先へとページを繰ってしまい、読み終わったその手でまた何ヶ所か読み直して理解した。
    何かが刺さったけど、それが何か分からないようなそんな感じがした。
    過去と現在を行ったり来たりして話が進むし、何年の出来事か書いてあるのに、読んでいて時間の経過がよく分からなくなる様な不思議な感じがした。

  • 20170810 同じ時代を生きてきた人には共感できる部分が多いと思う。誰にでもあった思い出にかするストーリー。考えてみると平均値が幅広かった時代だったのかもしれない。

  • いつもネットで見ていた。
    なんだか、こういう世界は、自分でも感じる。

  •  大人になれないと言うのでもっと甘ったれた赤ちゃん中年みたいな話かと思ったら全然違っていて、人を愛したことがあるし、仕事でも苦労して責任を果たしており、オレの方がよっぽど苦労知らずの甘ったれであったと恥ずかしくなった。

     90年代の東京はオレも過ごしていたはずなのだが、全く関係ない場所にいた。

     時系列が前後するのが戸惑うところがあった。文章がかっこよすぎてちょっと恥ずかしかった。

     彼女がフェイスブックに「ひどいね」を連打していくところが痛快だった。主人公が大好きだった彼女の大好きな部分が時を経て変わっていないことが分かる、とても美しい場面だった。

  • 東京で東京らしい生活をした経験の有無で評価が分かれるのかなと思った。
    自分には共感できる箇所は少なかったけど、2時間ドラマを観終わった後のような悪くない後味を味わっている。

  • これは良い。めっちゃええ(*T^T)。。。




    と↑書いたこれをWEBにてなんらかの方法で目にしてる、あなたならぜったいなにかおもうところが出てくるであろう小説です、これは。

  • ものすごくいいサントラの映画を見ているような気持ちになった。読んでいる間中終始聞こえてくる音楽は燃え殻さんの紡ぐ文章の独特なリズムだろうか。軽快だけど遠慮気味に心に響いてくる音楽みたいな小説だった。1行目から情景がハッキリと目に見える。読者は物語の中にいて目の前で繰り広げられることをただ見ている。やっぱり映画を見ている時のような感覚だ。淡々としているけれど血が通っている。だから何度も目頭が熱くなった。どうということもないような場面で。堪えられずに本当に涙したのは一箇所だけ。家で読んでいたら号泣したかもしれないな。

    「美味しいもの、美しいもの、面白いものに出会った時、これを知ったら絶対喜ぶなという人が近くにいることを、ボクは幸せと呼びたい。」

    「どこに行くかじゃなくて、誰と行くかなんだよ」

    「人生の本当に大切な選択の時、俺たちに自由はないんだよ。ケセラセラよ」

    自分のすぐそばにいる普通の人が何気なく話しかけてくるような気安さと心地良さとどうしようもなくやさしい眼差しに包まれているような感覚になる燃え殻さんの文章はクセになりそうだ。

全45件中 1 - 25件を表示

ボクたちはみんな大人になれなかったを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクたちはみんな大人になれなかったを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクたちはみんな大人になれなかったを本棚に「積読」で登録しているひと

ボクたちはみんな大人になれなかったの作品紹介

キミたちはみんな、もっと好きな人に、会えたのだろうか? 糸井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、悶絶! ある朝の満員電車。昔フラれた大好きだった彼女に、間違えてフェイスブックの「友達申請」を送ってしまったボク。43歳独身の、混沌とした1日が始まった――。〝オトナ泣き〞続出、連載中からアクセス殺到の異色ラブストーリー、待望の書籍化。

ボクたちはみんな大人になれなかったはこんな本です

ボクたちはみんな大人になれなかったのKindle版

ツイートする