息子と狩猟に

  • 58人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (9)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 服部文祥
  • 新潮社 (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103510215

息子と狩猟にの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ここで俺は死ぬ。
     その一線を越えた探検家や登山家の死生観は文明の庇護下で生きる一般人のそれとは異なっていることが多い。

     先日読んだ角幡唯介の本では「男にとっては、自らの命を代償にして自然へと分け入っていかなくては生死を感じることができない」と書かれていた。
     
     命の大切さが叫ばれるが、世の中は命の軽さが目立つ事故、事件ばかりだ。
     それは、命を考えることに蓋をして、綺麗な世界しか見ていない故の結果ではないか。

     サバイバル登山家を自称する筆者は、猟銃を手に山に分け入り、食料は現地調達という方向に突き詰めた登山家だ。

     人間とケモノの命に違いはあるのか。

    「バカな人間でも撃ち殺したら警察に捕まる。賢くてもケモノならいい。なんでだ?」
    「本当はケモノを撃つように人間を撃つことだってできる」
    「引き金を引くのは自由だ。それが自然のルール。でも警察に捕まる。それは人間のルール」

     狩猟に入った山奥で、人間の死体を処理する犯人に遭遇して、息子の首筋にはナイフが当てられている。
     対して、父親は猟銃を持っている。

     八千メートルを越え、登山の死亡率は三割を超えるK2で、登頂直後の悪天候に巻き込まれた二人。
     目の前には先日、遭難して死んだばかりの死体がある。

     どうするか。

     極限の一線を越えた本物で無いと書けない世界がある。
     たった170ページの二編で、その世界を垣間見る。

    「我々が死んで、死がいは水に溶け、やがて海に入り、魚を肥やし、又人の体を作る。個人は仮の姿、ぐるぐるまわる」

     ぐるぐるまわる。文明化した人類は自然の輪からずれている。

  • サバイバル登山家 服部 文祥の初めての小説。
    状況はフィクションであっても、描写される内容はリアルでノンフィクション。そして、サバイバル。
    それは、山の中でも、街の中であっても。
    リアルなサバイバルは、時にグロテスク。
    本書は服部 文祥にしか書くことができない小説なんだと思う。

  • ちょっとムリ

  • まだ幼い息子を連れて狩猟に出かける話と、オレオレ詐欺の話が平行に進む。うっかりノンフィクションだと思って読み始めたのでビックリ。そして最終的に本当に「息子と狩りをする」話になるという…

  • 息子と狩猟に 服部文祥著 根源的なモラルへの問い
    2017/7/22付日本経済新聞 朝刊

     息子を連れて狩りに出た倉内は子鹿を追いかけている途中、振り込め詐欺グループの内紛で死体を処理するために山に入った男と遭遇し、息子を人質に取られてしまう。男の手にはナイフが、倉内の手には猟銃が握りしめられている。あなたが倉内だったら、どうする?







     タカシは今、世界第2位の標高8611メートルのK2の頂上に立っている。キャンプ地に戻る途中だが、天候の悪化に加え雪崩がやまず、雪洞で待機するしかない。氷点下の寒さが命をむしばむ中、何かを食わねば死んでしまう。近くには登山途中で息絶えた遺体が転がる。あなたがタカシだったら、どうする?


     登山家の著者が放つ初の小説は、表題作と「K2」の2つの小編を収める。狩猟や登山の過酷な環境では、人も一つの生命体にすぎない。愛する者の命が、あるいは自らの命が絶体絶命の危機にあるとき、人間の常識を逸脱しなければ生存できないとしたら――。著者は根源的なモラルへの問いを突きつける。


     倉内とタカシの決断は、万人に受け入れられはしないだろう。しかし、この問いは読み手の心に波紋となり広がる。なぜなら、装備を極力持ち込まず、食糧を現地調達して山を登る「サバイバル登山」を実践する著者にしか書けないリアルが描かれているからだ。(新潮社・1600円)

全5件中 1 - 5件を表示

服部文祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西川 美和
角幡 唯介
ピエール ルメー...
山内 マリコ
森 絵都
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
横山 秀夫
辻村 深月
村田 沙耶香
米澤 穂信
トーン テレヘン
宮下 奈都
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

息子と狩猟にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

息子と狩猟にを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

息子と狩猟にを本棚に「積読」で登録しているひと

息子と狩猟にの作品紹介

サバイバル登山家だからこそ書ける「生の根源」に迫る文学が誕生した! 探す、追う、狙う、撃つ――。死体を抱えた振り込め詐欺集団のボスと、息子を連れて鹿狩りに来たハンターが山中で遭遇した。狩られるのはどっちだ!? 圧倒的なリアリティと息を呑む展開に震える表題作と、最も危険な山での極限下の出来事を描く「K2」の2篇を収録。人間の倫理を問い、命の意味に迫る衝撃の文学が誕生した。

息子と狩猟にはこんな本です

息子と狩猟にのKindle版

ツイートする