惑: まどう

  • 114人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (18)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 25レビュー
  • 新潮社 (2017年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103511120

惑: まどうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第四弾。「アミの会」メンバーそれぞれの味わいがあって、アンソロジーの良さを楽しめた。ただ、「ゲスト」である二人の男性作家の作品はちょっと…。特に今野敏「内助」は、なんじゃこりゃ?って感じ。

  • +++
    淡い恋心、男か女か、宇宙人が来襲!?火事と焼死体への既視感、そして、人生をあの時からやり直すべきか…。最強の作家集団、四たび集結。全作品書き下ろし。
    +++

    アミの会(仮)によるアンソロジーである。著者のラインナップは、大崎梢、加納朋子、今野敏、永嶋恵美、法月綸太郎、松尾由美、光原百合、矢崎存美。
    ほのぼのテイストあり、ホラーテイストあり、SFチックあり、ファンタジーテイストあり、とバラエティに富んでいて、次はどんなだろうと興味が先へ先へと導かれる。テイストは違えど、人の一生は、日々迷いと惑いの連続なのかもしれないと、改めて気を引き締める心地にさせられる一冊でもある。

  • 【収録作品】「かもしれない」 大崎 梢/「砂糖壺は空っぽ」 加納 朋子/「惑星Xからの侵略」 松尾 由美/「迷探偵誕生」 法月 綸太郎/「ヘンゼルと魔女 赤い椀  喫茶マヨイガ」 光原 百合/「最後の望み」 矢崎 存美/「太陽と月が星になる」 永嶋 恵美/「内助」 今野 敏 
    力作揃いのアンソロジー。

  • 今回もアミの会(仮)は面白い。
    加納さんの砂糖壺の話が1番好き。今野さんの内助もよかった。
    しんみりするものあり、ぞっとするものありなのも嬉しい。
    それにしても、(仮)の謎はいつ明かされるのか(笑)

  • 「アミの会」のアンソロジー、2名の男性作家も登場。「迷」と合わせて隠されたものがさらに深く掘り下げられると感じる。良かったと思う作品は今野敏さんの作品で、惑う、惑わされるという部分も合わせつつも、救われる部分もあり、良かったと感じる。他には加納朋子さんの作品で、性同一性障害に悩む女子の思春期の繊細な心情が表現されていて、迷うの気持ちが強いが、決心の表れだと感じる。光原百合さんの作品はファンタジー要素とミステリアスな要素があって面白い。矢崎存美さんはぶたぶた以外の作品も読めて良かった。「迷」も気になる。

  • いろんな作家さんの話が読めて
    お得感たっぷり。

  • (図)

  • ブラックな笑いがこみ上げたり、思わずホロリとしたり、さまざまな人の惑う気持ちが書かれたミステリーのアンソロジー。

  • 同時に刊行された「迷」とあわせると「迷惑」になるという面白いタイトル(そしてアンソロジーのテーマでもある)の一冊だ。
    迷うに比べると惑うというのは受動的というか「惑わされる」という感じなのかも。迷う、に比べるとテーマがいまいち見えにくい感じがしたけれど、こちらも作家の個性もさまざまで面白く読んだ。

  • ミステリアンソロジー。タイトル通り「惑う」がテーマ。といってもこのテーマ自体が広いものなので、思ったよりもずっとバラエティ豊かな内容になっています。
    お気に入りは永嶋恵美「太陽と月が星になる」。いやな話なんですけどねえ、これ。でもこういうテイストの物語はかなり好きです。後味も最悪でやりきれないのだけれど、しんみりと悲しい気持ちになってしまう作品でもあり。印象は強かったです。
    法月綸太郎「迷探偵誕生」も面白かったなあ。名探偵じゃなくって迷探偵。こういう名探偵の悲哀は思ってもみませんでした。ううむ、楽しいのは迷探偵のほうなのかもしれない、たしかに(笑)。

全25件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

惑: まどうを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

惑: まどうを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

惑: まどうを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする