うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナル

  • 338人登録
  • 3.42評価
    • (15)
    • (34)
    • (92)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534068

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村上春樹は猫が好きなんだな…
    猫めちゃくちゃ可愛い好きだーと言う表現はないけど、そこここに猫の話題がそっと出てきて、好きなんだなー…としんみり感じる。
    作家としてはマラソンに出るのが好きでいつも、ランニングをしている辺りかなり健康的な作家さんだなと感心する。
    最後の方に大学時代はお金がなくて…と言う下りがあって、世界的作家でも苦しい時代を過ごした時もあったんだなぁとしみじみ感じた。

  • 読了。初村上春樹エッセイ。

    少し前に西加奈子の『舞台』を読んで、その主人公の父親のイメージが村上春樹っぽいなと思ってたんだけど、そうなのかな。

    小説では洒落臭い感じだったけど、私は嫌いじゃないんだよな。村上春樹好きだし。ハルキストじゃないけど。

    エッセイも多少洒落臭い所は感じたけど、そこがいいっていうか。なんていうか。私も洒落臭いのか。

    何よりもこのエッセイを書いてた時期が村上春樹作品の中で一番好きな『ねじまきどりクロニクル』と重なっていたようで、なんかよかった。こんな生活しながら書いてたのかーとか思って。

    エッセイおもしろかったな。違うエッセイも読む。
    (160608)

  • 25/243

  • <閲覧スタッフより>
    大手前大学 交流文化研究所主催 文芸講演会
    村上春樹と『阪神間文化』の周辺-私がめぐりあった作家たち-
    講師:ノンフィクション作家 小玉武 先生

    文芸講演会記念 特集展示本
    --------------------------------------
    所在記号:914.6||ムハ
    資料番号:10139353
    --------------------------------------

  • 村上春樹のエッセイ集、長編小説とは違ったゆるい感じ

  • 絵や写真がたくさんで読みやすいです。
    日記風のエッセイは作家さんの私生活がのぞけてたのしい。

  • 肩の力が抜けた、楽に読めるエッセイ。

  • 村上さんのボストン暮しがほんわか伝わってきます。

    すでに約20年前のエッセイとは…
    良い本は時代を越えますね。

    仕事帰りの電車に1時間ほど揺られながら読みました。
    仕事からプライベートに戻るのにぴったりで良かったです、はい。

  • やっぱり村上 春樹 さんの文体は、私はちょっと苦手・・・
    内容は興味深いんだけど、読み進めるのに時間がかかって
    ・・・っていうか、居眠りしちゃうし。(苦笑)

  • 本の紙質は素晴らしい。
    内容は他のエッセイに比べるとイマイチ。

全26件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルを本棚に「読みたい」で登録しているひと

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルを本棚に「積読」で登録しているひと

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルの作品紹介

たとえばフル・マラソンの後のきりきりに冷えたビール、やっとみつけた中古レコード、隣の猫の消息…小確幸(小さいけれど、確かな幸福)の醍醐味、教えます。村上春樹最新エッセイ絵日記版。

うずまき猫のみつけかた―村上朝日堂ジャーナルの文庫

ツイートする