世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

  • 1441人登録
  • 4.06評価
    • (320)
    • (135)
    • (240)
    • (14)
    • (2)
  • 234レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2005年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (618ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534174

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
村上 春樹
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドの感想・レビュー・書評

  • 手に持った瞬間からずっしりくるこの厚み。
    短編や中編はすごく面白かったものの、正直読む前からすでに読み切れるか不安でした。
    でもとっっっっっても良かった!!!読んで良かった。
    もうどうレビューするべきなのか分からないのですが、とにかくこの世界観に入り込んでしまって、久しぶりに物語を物語として純粋に味わったような気がします。
    何かの合間では読めなくて、夜やるべき家事をすべて終えてから「さぁ読むぞ」と心して読み進めてました。

    ハードボイルド・ワンダーランドと世界の終り、交錯することなくそれぞれ独立しているかに見えるこの2つの世界の曖昧な境界線が終始心地よかった。
    SFのようなファンタジーのような、かと思ったら青山で地下鉄に揺られたり銀座のレストランで食事したり。
    そういう夢とも現実ともつかない雰囲気をまとい、村上春樹特有の文体と言い回しが完璧にこの世界観を仕立て上げています。

    僕と私は同一人物なの?私がこれからとり戻す世界の終りとは、僕が残ったままの世界の終りのことなの?
    ラストもあれは絶望なのか希望なのか、どちらとでもとれるような不思議な余韻だけを残していました。
    便宜的な正解は何も明言されておらず、すべてが自分自身に問いかけられているかのようで、私は彼の作品のまさにそこがとても好きです。
    共感する、感情移入するという次元ではなく、読み手をそのままひっぱりこんでどぼんと沈め込まれるような、そんな感覚にしてくれます。

    カラマーゾフの兄弟の名前を全員言えることとか、図書館でリファレンス係やってることとかが少し誇らしくなってしまった。
    何度も読み返したい素晴らしい傑作です。
    これで「村上春樹好きだ!」と確信をもって言えるようになりました。

  • <再読>「色彩を持たない〜」が期待外れだったので80年代の記念碑的作品を読み直す。2つのストーリーが並行し絡み合う構造。緊張感と独創性。個人的村上ベスト3は揺らがず。10数年振りに読んだが案外忘れているもの。

  • 村上作品で一番好きかも。
    「世界の終わり」は静かさと想いに満ちている。
    私も行ってみたい。

  • 何回読んでも面白い。
    やれやれ が口癖になるくらい、登場人物がみんな魅力的なんだあ

  • 個と全体を描きたかったのかな?
    2つのワールドがどう関わりを持っているのかを念頭に読んでいたからか、読み終わった後?となりました。
    もう何回か読み直しが必要です。

  • 初版本を買って数ページ読んで「何だこりゃ」とやめたのが30数年前。いつ捨てたのかすら覚えていない。恐々再度挑戦したがスーと読めた。きっとこれが春樹の代表作なんだろうと思う。

  • 村上春樹作品の中で最も好きな小説です。
    他の作品とは一線を画していますし、日本国内には収まらないスケールの大きさを感じます。
    現実虚実、有象無象が混在した世界観に引き込まれます。
    タルコフスキーの「ノスタルジア」やキューブリックの「2001年宇宙の旅」
    を観た後と同じような感動を覚えました。

  • 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
    2つの世界が交錯する不思議な世界の話。


    本書は「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という2つのプロットが交互に語られています。


    ◆世界の終り◆
    主人公”僕”は、閉じた世界のある街に暮らしている。街の中心をなすのは、旧橋の北側に広がる半円形の広場。そこには、中央には大きな時計台が空を突きさすような格好で立っている。北の広場を幾重にも取り囲むように、石造りや煉瓦造りの建物が扇状に拡がっている。建物1つ1つに際立った特徴はなく、”僕”はそんな建物の1つである図書館に通っている。”僕”の仕事は古い夢を読むこと。ある動物の頭蓋に込められた夢を読むのだ。


    ”僕"にとっての世界は、これが全て。”僕”には1人のパートナー”影”がいる。”影”とともにこの世界から脱出する為、”僕”は街の地図を作り始める。


    ◆ハードボイルド・ワンダーランド◆
    ”私”は、計算士である。計算士は一言でいうと、情報を守る仕事だ。数値の配列を解読し、その数値を右側の脳に入れ、異なる記号に変換してから左側の脳に移し、左側の脳に移したものを最初の数値とは全く異なる数字として取り出す(私達の世界で言う暗号化に近い)。ズボンの右ポケットに百円玉と五百円玉を入れ、左ポケットに五十円玉と十円玉を入れ、両手を左右のポケットにつっこみ、右手で百円玉と五百円玉の金額を数え、それと並行して左手で五十円玉と十円玉を数える。ダニー・ボーイを口笛で吹き、映画ワーロックを愛する。それが”私”。


    ある日、”私”は、老人に仕事を頼まれる。それぞれの動物の頭蓋骨および口蓋の容積の三次元映像を数値転換した数値と、その発声を三要素分解したものを組み合わせた数値を組み合わせたものを解析するのだ。”私”はその仕事を引き受け、数日後、また老人と会うはずだった。しかし、老人は消え、謎の組織が”私”を襲ってきた。


    「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」が交互に進んでいく設定になっており、各々独立した世界の様。しかし、何かしら関係性があるんじゃないか?と思わせる伏線があります。例えば、一角獣、世界の終り、ダニーボーイ。それらがどんな意味があるのかを想像させる1つのフックになっています。


    もう1つ大きな役割を持つのが、”私”。正確にいうと”私”の意識。第三のジャンクションを埋め込まれる措置を施され、じきに埋め込まれた第三の回路に意識を乗っ取られてしまう。(なんのこっちゃ!?と思われるので、是非読んで頂きたい)。その驚愕の事実を知るのが、老人(著名な博士であり”私”の大先輩であった)と再会した後のこと。そこから”私”は、意識が乗っ取られることに抗うのか、享受するのかの選択を迫られることになる。


    ”私”の意識に施された科学的な仕掛けを基に「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」が引き合わされていく。心を見失った”僕”は、”影”と世界からの脱出を目指していたが、図書館の女の子に惹かれ、次第に心を取り戻していく。そして、心を失わない決断を行う。この”僕”の物語の最初と最後の変化に、”私”が関係しているように思う。


    すんなり解釈すると「ハードボイルド・ワンダーランド」の”私”の意識が「世界の終り」である様に思えるがどうでしょうか。村上春樹の小説は、物語の解釈を読者に投げかけるケースで終わることが多い印象ですが、本書は、とてもきれいな形でこちらに投げかけている様に思います。


    ちなみに、村上春樹と言えば妙に性描写が出てくる印象ですが、本書も出てきます。いまいち、役割がわからなかったけどw

  • 分厚い本ですが、あっという間に読み進めました。
    村上春樹さんのファンタジーもいいですね!
    是非、実写化してほしいです!

  • 終わり方が最高。自分の頭の中の世界「世界の終り」から逃げ出すことなく、「それが僕である」と認めてその世界に留まることを選択する主人公。現実は確かに「ハードボイルド・ワンダーランド」だが、自分の頭の中「世界の終り」はいくらでも自分の意志で変えることができる。自分にできること、できないことの区別など、あらゆることを考える視点になった。

  • 救いのない小説!

  • 「海辺のカフカ」に似ているとどこかに書いてあったので読んでみたけど、似てるのは違う主人公が交互に出てくるとこだけか。最初から最後まであまりに現実的じゃない話で、正直よくわからない部分も。結局やみくろって何。記号士って何するの。具体的な話がなくあまり入り込めなかった。

    結局この二人は同じ人なのかそうでないのか。これも読む人に委ねるのかな。

    「世界の終り」僕(夢読み)/自分の影を引き剥がされ夢読みになった。再び影とひとつになり「街」を出ることを望むが。
    こっちのほうがまだファンタジーとしてはわかる。大佐と図書館の少女に好感が持てる。

    「ハードボイルド・ワンダーランド」私(計算士)/仕事の依頼により生物学者と名乗る老人に会うが、仕事は半分もしてなくて色々ひどい目に遭うのがメイン。
    老人の喋りかたがさらにわかりにくくする要因でもある。太った孫娘はまぁ理解できるが、無条件で私のことを好むし世間知らずかと思えば難しいことも知ってるという17歳だしいったいなにそれ。少しだけ東京の地名が出てきて、これはそういう舞台なのかと。主に地下だけど。

  • 意味がわからない

  • 文章がうまいのは、この人が翻訳した本を読んで知っていた。この本も、やっぱり文章がうまい。
    「世界の終わり」の街と、「私」の意識が一つの線で結ばれた時、なんだか気持ちよかった。
    この人が流行作家になるのは分かる気がする。でも、彼は詩人ではない。

    ウロボロスが美しいのは、完全に実在しないものだからだ。
    始まりも終わりもない完全さ。象徴の世界でだけ存在できるものだけが持てる美しさだ。
    完全無欠なウロボロスの世界と、簡単に自分さえ見失ってしまいかねない、カオスに満ちた私たちの世界。
    どちらに存在することが幸せなんだ?
    存在するはずのない世界への片道切符を手にした時、人は何を選ぶ?
    というテーマの文学作品かと途中までは思っていた。気のせいだった。

    一人の男が死ぬまでだけの一週間を、よくここまで面白い物語に仕立てたものだ。
    彼は死んだのか?ある意味では完全に死んだのだろう。
    でも、ピンクの服の娘が見つけるのは、死んだ「私」ではなく、本体と影が入れ替わった「私」なんじゃないかな。普通に目を覚ましそう。
    「私」が死んでいたとしても、一向にかまわないけれど。

    「私」が最期に選んだ道は、私にとっては残念だった。
    村上春樹の翻訳した本はこれからも読みたいと思うけれど、村上春樹のオリジナルはもういいか。「かえるくん東京を救う」だけは読んでみようかな。

    オタクに受けるのも分かるわ。シャフリングって要するに、究極の引きこもりシステムじゃん。
    「世界の終わり」の街で、「私」が誰と友だちになっても、誰と愛し合っても、一人全役のおままごとだぞ。気持ち悪いな。

    文学作品と言うより、文章がうまいライトノベルって感じだった。人物像の薄っぺらさがライトノベルのキャラクターっぽいんだ。それとも、ライトノベルが村上春樹を真似ているのかな。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ついにやりました。
    私は本好きなのですが村上春樹をほとんど読んだことがない!という事実に気付き、いやこれではいけない、ノーベル賞さえ取るかも知れない村上春樹様の本が記憶にないなんてΣ(||゚Д゚)

    ...と、まぁ、世界中で人気の作者の本、なぜ、何がどうして人気なんだろう!?を確かめたくてちょっと手に取ってみました。

    思えばあまちゃんの時も同じ理由で興味を持って、前篇DVDで見た挙句CDまで入手してカラオケで歌ったものでした...

    ←って言うくらいミーハーなものに弱いので。
    村上春樹も読んでみなくては!
    少なくとも一回は!

    ...と。

    結論、私には結末がよく分かりませんでした(´・ω・`)
    ええと結局「私」と「僕」はどういう関係なんでしょう(´・ω・`)

    しかしハルキストはそんなこと考えちゃいかんのですな。たぶん。
    ←ハルキストじゃない

    でも、言葉の使い方、文章の構成、ストーリーの持って行き方、さすがに圧巻。

    私は量を読む方で、わりと流し読みが多い
    (そしてあまり記憶に残らないからこうして記録してる)
    のですが、そんな私がふとした一文にはっ!!!と
    視線を持っていかれて、その文章を二度も三度も読んでしまう...と言う
    今までにない心地よい体験をさせてもらいました。

    ま、もう忘れちゃったんだけどね。
    一つだけ、メモって置いた文章が。

    「月曜日の朝の公園は飛行機が出払ってしまったあとの航空母艦の甲板みたいにがらんとして静かだった。」

    いや、すごいよね。
    「飛行機が出払ってしまった後の航空母艦の甲板」ですよ。
    見たことないしΣ(||゚Д゚)
    でも見たことないのにそのがらんと感とか寂寥感が
    なぜか伝わってくる、って言う。

    こう言う言葉の選び方、伝え方...
    それを勉強するだけでも、読んだ価値あったなぁ...

    女性も出てくるし、いわゆる性的な話もあるんだけど、
    そのあたりはさすが春樹さん的な表現力です。

    なんて言うか淡々として、物事に執着しない感じ?
    クールで冷静、松岡修造さんの対極みたいな感じ?
    ←伝え方ヘタ

    うん、でも、最後結局「僕」が壁を越えたのか気になるけれど、
    なんだか希望にあふれるラストだった。

    むしろこの世界観、嫌いじゃないので、
    ぜひまた春樹さんの作品を読みたいと思います。

    簡単なやつで(笑。

  • もっと早く読めばよかった。とても面白かった、その一言。

  • 日本近代文学館にあるBUNDANという名前のカフェに「ハードボイルド・ワンダーランドの朝食セット」という、この物語の「ハードボイルド・ワンダーランド」における主人公の最後の晩餐(朝食)を模したメニューがあるのです。
    私はその時、まだこの小説を読んだことがなかったのですが、最後の晩餐だなんて主人公は死ぬんだろうか、とか、いろいろ想像しながら食べました。食べてから、気になって、小説を読んでみました。
    納得のいく結末でした。先に現実世界で主人公の最後の晩餐を疑似体験できて、ラッキーでした。

  • 2回目
    良かったです。
    初回は自分にかなりの抵抗があり
    入り込むまで時間がかかった。
    今度はすんなり「あーこういう世界観なんだよなぁ」と素直に受け入れて始めたので楽しめた。
    もう一度時間を置いて読み直したいなぁ

  • 読み始めてすぐに感じた印象は「安部公房」版「灰羽連盟」。でも、正しくは灰羽連盟が「安倍吉俊」版「世界の終り」。ついでに言えば麻枝准も影響を受けたと言っているのでAngel Beatsが「麻枝准」版「世界の終り」らしい。好きな物の源流を突き止めたら思ってた以上の大物だった。

    村上春樹の本は短編も含めて3冊目。今までは感じなかったけど、この本からは安部公房の香りを随所から感じた。主人公の理屈っぽい思考・意識、登場人物の醸す不思議な存在感、そして不条理な世界と理系的ストーリー展開。自分が高校時代から惚れ込んだ安倍文学の世界そのものだった。加えて村上春樹特有の音楽のエッセンス。カンガルー・ノート以来、読書の習慣をなくした自分が再び読書を再開し、この本に巡り会えたのは本当に幸福だと思う。

  • 大いなる秘密を、その秘密の事情に最も詳しい人から聞くという目的のためだけに、主人公は地下の超危険な地帯を命懸けで旅をしてきたにも関わらず、共に旅をしてきたパートナーは最初からその秘密を熟知していて、「言っても信用されないと思った」という高度に文学的な理由のためにずっと黙っていた、この点については、この際何も言うまい。何せこの小説、めっちゃおかしい(funny)。一応コメディーを意図して書かれたものではなく、人間の深層心理をテーマにした至極真面目な小説である。しかし笑える。
    もう都市伝説化していることだけど、村上春樹の伝家の宝刀「やれやれ」が火を噴く。20回は出てくるんじゃないだろうか?こんだけやれやれされると、シリアスな場面でも笑えてくる。
    また、主人公がとにかくおちんちんdrivenなのも最高に笑える。女を見るとまずセックスについて考える。ペニスについて想いを馳せる。登場する女の子は全員主人公と寝たがる。漫才である。
    極め付けは、「僕のペニスが勃起しているのが感じられた。やれやれ、と僕は思った。」何と勃起からのやれやれ。「勃起やれやれ」型と呼ぶと便利ですので皆さんどうぞお使いくださいね。
    登場人物のセリフがめちゃくちゃ不自然で、それもまた笑いを誘う。書き言葉に無理やり話し言葉の文末をつけているみたいなのだ。例えば、「メロスは激怒したの。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意したのよ。」とか、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意したの。」とかやってみると、すごい村上春樹風になる。
    内容はさておき、ネタ性に富んだ小説でした。

  • 村上春樹で一冊だけ選べって言われたらこれかな。お得意のパラレルワールドが全開だもの。これも映画化してほしいよなあ。

  • 初・村上春樹。洗練された言葉、泥臭く骨太な文体と、作者に対して持っていたイメージを一変させる力があり、打ちのめされました。2つのストーリーがじょじょに重なってゆくのも感動的。「世界の終り」をどう捕えるのか、読者に問いかけていて、きっと読むたびに答えは違うのだろうと思います。きっと若い読者は計算士の生き方に憧れそうですが、自分としては、「世界の終り」に留まる方を選びそうです。しかしボブ・ディランのしわがれた声が耳から離れませんね。

  • 村上春樹の最高傑作だと思うけど、個人的にはもっとバランスが悪いほうが楽しめる。1Q84の3巻みたいな蛇足感が欲しい。そしてそれを批判して楽しみたい。

  • 村上春樹氏は日本の小説家であり、世界各国で彼の書籍が読まれています。近年では、ノーベル文学賞を受賞されるか否かの話題が頻繁に取り沙汰されますが、いまだ受賞には至っていません。今後、受賞されることになるかもしれませんので、そうなる前に村上作品に触れておくことをお勧めします。今回は推薦図書ということで、いくつかの村上作品の中から「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」を推薦いたします。個人的にこの物語を非常に好んでいて、読むと幻想的空間に存在している感覚になります。この作品中には、「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」と称されるパラレルな世界が存在しており、・・・な作品です。一度、読まれてはいかがでしょうか。
    (北九大 環境システム S.M.さん)

  • 一番おもしろい作品は
    「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
    一番うらぎられた作品は
    「ねじまき鳥クロニクル」
    どちらの作品にもいえること、
    それは属躁的な世界観の描写は
    完成度が高いことである。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB20058333&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全234件中 1 - 25件を表示

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドに関連するまとめ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドを本棚に「積読」で登録しているひと

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドの作品紹介

村上春樹、80年代の記念碑的長編。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドはこんな本です

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドの単行本

ツイートする