東京奇譚集

  • 2763人登録
  • 3.44評価
    • (200)
    • (376)
    • (933)
    • (60)
    • (8)
  • 436レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2005年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534181

東京奇譚集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編だとさらさらさらって読めちゃう。
    最近読むのが速くなった。
    読む時間がないことを身体がわかってる感じ笑

  • 最近こういう不思議系の話を多く手に取ってしまう。
    『奇譚』て言葉からして大好き。

    厳密に言うと読んだのはかなり前なんだけど読み進めていくうちにどんどん不思議な世界に入り込んでしまうようで、すごく不思議な感じ。

    で、いつまでもいつまでも忘れられなくて再読したくなってしまう。

    私はサメに襲われて息子を失ってしまった話
    「ハナレイ・ベイ」が好き。

  • よかったっす。
    今まで読んだ村上作品のなかでもっともソフトな短編集でした。
    え?こんな軽いの?
    読み応えがないとかじゃなく、今まで読んだ村上作品の中でもっとも哲学とか理屈のない作品という意味で軽い。最近読んだ「アフターダーク」より文章も小説技法も悪くないし、表現もストレートでよっぽどこっちのほうがいいと思いました。やや不思議、だけど題材としてはそんなに奇抜ではない。中間の中間くらい。
    ぶっとんだ部分がないのでやや面白みにかけますが、わしは好きです。

    「ハナレイ・ベイ」が一番好き。一人息子をなくした母親のお話です。一人の中年女性のお話ですが感慨深い作品にしあがってます。結構淡々としていて、わしがソフトな短編集だと思ったのも、この作品が起因しています。「どこであれそれが見つかりそうな場所で」は、ちょっと「海辺のカフカ」あたりを連想させる内容でした。時空を飛び越える村上作品特有のアイテムですね。この話は村上らしい作品でしょうか。

    なんだ、こういう作品も書けるんじゃん、と思ったり。村上春樹は6冊くらいしか読んだとがないのであまりえらそうな書評はできませんが、ちょっと今までの村上春樹を脱しつつある作品に思えました。

  • 奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話――。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語――。  ふとした偶然に人生を導かれるピアノ調律師、息子を海で失った女、失踪人を探索するボランティアの男、「一生で出会う三人の女」の一人と出会った男……。「新潮」連載時から話題を呼んだ四作品に、奇想天外な書下ろし作品「品川猿」を加えた、東京で静かに暮らす人々に秘められた五つの物語。

  • 波に乗り遅れた感もありつつ読んでみた。やはり春樹さんの文体は読んでいてすっと落ち着く。とてもよくできた短編集。登場人物も割りと女性が多くて、カラフルな印象を受けました。

  • 初めて1冊読んだ村上春樹作品。

    偶然の旅人(ゲイのピアノ調律師とマダム)
    ハナレイ・ベイ(ハワイで息子を亡くしたピアノ・バー経営者)
    どこであれそれが見つかりそうな場所で(失踪40歳)
    日々移動する腎臓のかたちをした石(謎の女と小説家)
    品川猿(名前を忘れる女とカウンセラーとその旦那とその部下としゃべる猿)

    砂みたいにこぼれる読後感。ジャズが流れるようなカフェのお供にするのがシャレオツかもしれないけれど生憎図書館にて。


    「偶然の旅人」ジャズを知っている方が楽しめるのではないか? この2人のような知り合い方をしてみたいものだ。

    「ハナレイ・ベイ」ハワイで出会った見通しの甘い2人の若者が、日本では当たり前で現実的で幸福な生活をしているのがたまらなく羨ましい。ハワイに行って波乗りしていたのが夢みたい。

    「どこであれそれが見つかりそうな場所で」使えば運動不足解消になりそうなマンション。自分は時間を考えない親族からの急な呼出から逃げたかった。

    「日々移動する腎臓のかたちをした石」女の秘密は秘密のままの方が美しいよね!

  • 配置場所:広3図書
    資料ID:93053335
    請求記号:913.6||M

  • 独特な世界観

  • 「東京奇譚集」
    見慣れた世界の一瞬の盲点。


    これは、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。


    ◆偶然の旅人
    ◆ハナレイ・ベイ
    ◆どこであれそれが見つかりそうな場所で
    ◆日々移動する腎臓のかたちをした石
    ◆品川猿


    以上5編が収められています。品川猿は書き下ろしで、他は「新潮」2005年3月号~6月号に掲載されています。


    個人的に一番好きなのは、「品川猿」です。名前を忘れる習慣を持つ女性”みずき”と猿の話なのですが、この猿、名前を取る猿なのです。しかも、しゃべる。ある女性に恋い焦がれてしまった品川猿が、みずきの名前を取ることになった経緯、そしてその意味は、みずきに大きな傷を与えます。しかし、その傷は、彼女にとって必要だったように思います。母がみずきを愛していない、みずきが旦那を愛していないことを猿が言い、それを分かっていたと受け入れるみずき。


    みずきは、猿の言い分を受け入れ、名前を返してもらう。ようやく手に戻ってきた名前と共に再び過ごしていくことになるのだが、ものごとは上手くいくかもしれないし、上手くいかないかもしれない。しかし、とにかくそれがほかならぬ彼女の名前なのだ。他に名前は無い。これは、彼女が今後、どういう生き方をするのかを想像させる終わり方であり、とても好きなフィナーレでした。実は、私は、村上春樹小説は何でもござれ!と言う訳では無いので、「品川猿」のような終りは、割かし好きなのです。


    他の短編を紹介すると「偶然の旅人」は、ゲイをカミングアウトした男が、偶然出会った女性と知り合うことで仲たがいをしていた実姉と和解していく話。「ハナレイ・ベイ」は、サーファーの息子を失くした女性の年一回の没巡礼の話。「どこであれそれが見つかりそうな場所で」は、あるマンションの階段での移動時に行方不明になった男を捜索していく探偵の話。「日々移動する腎臓のかたちをした石」は、売れない小説家と不思議な女性との出会いと別れの話。


    一番、良く分からないのは、「どこであれそれが見つかりそうな場所で」でしょうか。ちょっとSFちっくな印象を抱きました。意外だったのは、「ハナレイ・ベイ」。村上春樹らしくない?普通の終わり方でしたね。


    不可思議な運命を辿る者達の物語。

  • いい。短編だよ、春樹は。

全436件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
角田 光代
村上 春樹
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

東京奇譚集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京奇譚集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京奇譚集を本棚に「積読」で登録しているひと

東京奇譚集の作品紹介

五つの最新小説。不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語。

東京奇譚集の文庫

ツイートする