騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

  • 1170人登録
  • 4.07評価
    • (88)
    • (98)
    • (56)
    • (4)
    • (2)
  • 109レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534334

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編の感想・レビュー・書評

  • ねじまき鳥クロニクルを想起させる。非常に似てる感じがした。
    絵描き(主人公)が作品に自分自身の影を隠す行為、そういう種類の秘密が物語のメタファーになっている。
    自分自身と向き合っている場面が目立つ小説のように感じた。

    2人の間で大切なのは、信頼・尊重・特に礼儀。

  • メッセージは「信じること」

  • すっかり本を読む機会が少なくなってしまっていて、
    こういった長編を読む集中力も落ちてしまっていると感じる。

    この話が何を伝えたかったのか、理解するのは難しいけれど、
    楽しく読むことができた。

    物語の展開を楽しむというよりも、
    この本を読むことで小田原で起きる静かでおかしな出来事に参加して、
    せわしない日常を忘れて落ち着いた気持ちになれることに慶びを感じながら
    最後まで読み切ったという感覚だった。

    騎士団長がとてもかわいかった。

  • 途中で急に読みづらくなる不思議!

  • 村上春樹らしさ満載。メタファーが登場するときのやりとり面白かった。謎は解けないなぁ。やはり第3部が出るのかな?

  • ジョージ・オーウェル『1984』、カフカ、『風の歌を聴け』、免色(つまり、色彩を欠いたということ)、著者は意図的に用いている。だから(遷ろう)「メタファー」編なのだ。こうした要素ばかりでなく、悪、信仰、父殺し、加えて子を持つこと、といった2000年以降のテーマも継続されている。

  • ハルキ節を堪能した。でも、ストーリー的には、物足りなさを感じた。

  • さすが村上春樹とも言うべき、物語に含まれる多くの情報量と重なり合うメタファー的謎めいた事象が織りなす不思議なお話はいつもの面白さ。
    個人的にはこの作品が、多くの含蓄を含む小沢健二氏の19年ぶりのとても示唆に富み優れたシングルソングとほぼ同時期に出たことが妙なつながりを感じた。

  • いまいちだった

  • 第1部と合わせたレビューです。
    「メタファー」が物語進行上重要な要素となっていることもあり、村上春樹らしい比喩の表現が随所に散りばめられた作品です。

    ただ、物語が提示している課題を最終的に解決して終わったかというと若干疑問の余地があると思いました(もちろん、1読目なので私の読みが浅いだろうということもありますが)。作品は主人公が過去を振り返った記録として構成されており、プロローグがいきなり事後譚のようになっているため、一部のエピソードに対してはネタバレもへったくれもありません。また、画家である主人公が作品全体を通して絵画による自己あるいは世界の表現にその才能を発揮しているのに、作品の構成は主人公の文章による述懐という点には違和感が無いわけではありません。

    脱線しましたが妻から突然つきつけられた離婚宣告とその結果としての主人公の混乱、免色氏のザルで水をすくうかのような秋川まりえへの思い、それらがどのように解決されたのか、あるいは普遍的な意味でそういった手に負えない課題にどう対処すべきなのか。このあたりの部分は確かに物語の上で形式的には解決しているのですが、普遍的な答えの追求という点からいうと「保留」されているような印象を受けてしまいます。唯一そういった課題への答えを見出すとすれば”時間が解決してくれる”という考えの部分でしょうか。

    もしかしたら、これまでの村上春樹作品によく登場していた特定のパーソナリティにとっての生き辛さと、それらとともにいかに生きるかというテーマが、今回の作品では恵まれた画家という設定によって主人公にとってはかえってメリットになっているようにも感じられます。このことが他の作品から感じられる生き辛さとその解消への渇望、のような緊張感を薄めているのかもしれません。

    村上春樹作品へのこういった考え方は、私の勝手な思い込みかもしれません。作品の楽しみ方は人それぞれと思いますが、上記のような理由から私にとってはこの「騎士団長殺し」は手放しで賞賛できる作品とはなりませんでした。

  • 最終章の少し手前まで、
    「本当にこの巻で完結するんだろうか」
    と不安もあったけれど、
    読み終わってみると綺麗にまとめられていた。

    物語として面白かった、けれど、
    主人公が最後に見出した絆のあり方については疑問も残る。

    絆を信じることより、
    絆がないという前提に立って連帯を願うことこそが、
    現在性を持つのではないか。
    もしくは単に私がメタファーを読み解けていないのかもしれない。

  •  物語の構造が、
    ・遠景と近景で構成され、中間地点がない
    ・近景が細密に描かれる
     という点で、日本画の画法に似ている気がした。その意味で、日本語で書かれていることに非常に得心のいく物語だった。

     また、古今東西さまざまな先行芸術作品の影響をほのめかしながら進行していく語り口は村上さんの得意技だけれど、今作を読んで『源氏物語』や『おくのほそ道』にも通じる、「洗練されたサンプリング」という日本文学得意のお家芸の延長線上に、村上さんがいるような気がした。そういう感慨を村上作品にはじめて抱いたので、個人的には非常な驚きを持って読了することができた。

     端的に楽しかったです!

  •  どこまでが制作途上の絵なのか、どこからが既に完成に至った絵なのか、まず見分けはつくまい。未完成と完成を隔てる一本のラインは、多くの場合目には映らないものだから。しかし描いている本人にはわかる。これ以上手はもう加えなくていい、と作品が声に出して語りかけてくるからだ。ただその声に耳をすませているだけでいい。(p.218)

     それらの地域を旅してまわっていたとき、私は決して幸福ではなかった。どこまでも孤独で、切ない割り切れない思いを身のうちに抱えていた。多くの意味あいにおいて、私は失われていたと思う。しかしそれでも私は旅を続けながら、見知らぬ多くの人々のあいだに身を置き、彼らの送っている生活の諸相を通り抜けてきた。そしてそれはそのとき私が考えていたよりは、ずっと大事な意味を持つことだったのかもしれない。私はその途中でー多くの場合は無意識のうちにーいくつかのものごとを棄て、いくつかのものごとを拾い上げることになった。それらの場所を通り過ぎたあとでは、私はそのまえと少しだけ違う人間になっていた。(p.530)

  • 人の、時間の「喪失」が、読みながら心に痛みが感じられて、読み進められる自信を何度も喪失しそうになりながら、それでも
    「ものごとには良い面と悪い面があります」
    「時間を味方につけて」
    という言葉に、背中を押されて、前へ前へと
    読み進めたような気がする。
    不思議な世界は、あまり得意ではないのだけれど、
    そうでなければ、入りきれなかった、心にすとんと
    落ちることのできなかった言葉や、感動に
    出会えたこと。この作品を読み終えた今
    豊かな想いに浸る。

    見事な旋回する物語だった。

  • 話は完結したものの、後半の展開は盛り上がりに欠け長く感じてしまった。

  • 楽しい物語もこれで終わり。ただ今回はいつもの村上春樹作品とは違い、失われた女性が戻ってきてその後の人生が続くという形におさまった。私としては、ある意味村上春樹作品の終わりのように感じてしまう部分もあった(認めたくはないけれど)。

    しかし、この作品も1Q84のように後から第3部も出てきそうではあるなと思った。まだまだ私には村上作品は必要なので、気は早いが次回作を期待しています。とりあえず、今はこの作品をまた読み直そ。

  • 南京大虐殺があるということで話題になっているが、その場面はほんのわずかであり、それよりはヒットラー暗殺に関する内容の方が多い。

  • こんなに読みにくい村上春樹は、初めて。後編途中、苦しい時期が続いた。でも、ノルウェーの森以来の結末には、ホッとした。

  • 特有のふわふわとした世界観で満たされた内容でした。
    物語自体はほとんど進まないけれども、現実と非現実の間をずっと行き来しているような感じを読者にも感じさせるようでした。

  • 長年のファンとして、今こういうゆるい作品が生まれたことは素直に受け止めます。でもやっぱり、刺激が足りません。

  • スッキリとした結末が珍しい

  • 家族とか血の繋がりとか。
    メタファーの国の冒険。

    プロローグが解決していない、という後味の悪さはあるものの、全体的には悪しきものの少ない、というか味方の多い?話でした。

    結局、騎士団長を殺したときの本物の血はどこで流れたのだろう…


    村上さんの作品を読むたびに、その小説だけじゃなくて全作品においての流れを感じてしまう。

    「1Q84」で青豆さんは身ごもっていたけれど、「騎士団長殺し」でユズは出産した、みたいな。

  • 村上春樹の世界観は失われていなかったが、少し期待に物足りなかったと感じた。もう少し、騎士団長と僕とまりえの絡み、そこからの展開があったほうが楽しめた感じたした。

  • あまり意外な展開にはならなかった。土地勘のある場所が舞台なのだか、聖地巡礼みたいなことになっていくのだろうか。

全109件中 1 - 25件を表示

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編に関連する談話室の質問

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする