騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

  • 1772人登録
  • 3.91評価
    • (146)
    • (235)
    • (142)
    • (23)
    • (3)
  • 217レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534334

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編の感想・レビュー・書評

  • 第2部の方が、テンポ良く読めた。不思議な事は、当然起こるものとして、繋がりを考え、メタファーを考え読み進んだ。「騎士団長殺し」の絵は何度も描写されるし描かれた人物と話もしてしまうので、本当にあるように思い浮かんでしまう。現実に何度もこの絵を見たかのような錯覚。解決すべき問題はひとつだけ1番重要なひとつだけ最後に解決したと言う事か。

  • 村上春樹にしては、ミステリーめいたプロットの作りがまず特徴的。中間部がとても引き付ける。ただ、免色の別の側面・具彦の過去など回収しない伏線があって、妙なしこりのようなものが残る。もちろん、すべてを語るのが得策だとは思わない。そういうエンディングは、いままでどおりで、カフカなどの影響だろう。
    また、一表現者としての苦悩を語る形はよかった。余白に語らせるなどは、春樹自身の芸術論ともとれる。
    51以降は評価が分かれる。海辺のカフカ、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドなどでも同様の描写がある。
    文脈のないセックスがないのは、女性読者にも今までの作品より読まれやすいのではないか。

  • おもしろかった。だけど、よくわからないことだらけ。わかるのはメンシキさんは自分の望むものは必ず手に入れる危険な人だということ。だから、彼女は危機だったんだということ。ハッピーエンドかと思いきや、プロローグを思い出すと「主人公はまた何か困った状況なのか?」と不安な気持ちに。結局はイデアもメタファも騎士団長も顔のない男もフォレスターの男も何なのか…わからない。でもおもしろい。作品について深く語れないけど、語れる人たちの話を聞きたい。

  • ハッピーエンド、のように感じた。後日談まであるのは珍しいのでは。ハードボイルドと1Q84のどちらの要素もあるストーリー。スーパーマーケットで買い物して帰ってラップで包んで仕分けするシーンが出てくると安心する

  • 主人公・私は、親友の父で、著名な日本画家である雨田具彦のスタジオで、「騎士団長殺しの」日本画を発見し、そこから物語の歯車が回り出す。
    第2部の後半、伊豆の施設で寝たきりの雨田具彦と対峙した後に、私が迷い込んだ精神世界は圧巻でした。
    そして物語の最後、村上春樹が作品をオマージュ的な方向に振ったことは驚きです。
    今までにあまり無かった事だと思いました。
    エンディングはキレイな終わり方。
    まるでこの9ヶ月が夢の世界だったかの様に、普通の日常に戻っていきます。
    何れにしろ、作品を読んでいる間、春樹ワールドに没頭する事ができました。

  • スプートニクの恋人と、1Q84を彷彿とさせる…というか既視感のある感じではあったけど、そこから一歩進んだ感じ。
    なんどもヒー!と言ってしまうドキドキハラハラで、
    1部と違ってモリモリ読めた。

    顔のない男が出て来てぎゃー!!ってなったけど、あれ?
    1部の最初のくだりはなんだったんだ?なかったことになってるのか??
    最初の語りはいつの時点だったんだっけ…

    ハルキストはそーゆーの考察するのが楽しいのかしら。
    文体を楽しむのが好きで読んでいるんだな、わたしは。
    と、村上春樹ならエッセイ派なので思ったりして。

  • 最初から最後のほうまで次の展開が先読みできず、一体何次はどうなる…??と、飽きることなくページをめくり続けました。しかし長かった。冒頭の顔なしとペンギンストラップが後半やっと出てきた時は妙にホットしました。
    この物語は深い意味とか考えず、この、偶然ではない何かで繋がっている不思議な世界を体験することをひたすら楽しみながら読むといいのではないか。

    井戸(のような穴)とか戦争中のエピソードとか、地下世界とか、異世界の存在とか、どことなく『ねじ巻き鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』『1Q84』などを彷彿とさせるシーンがあって、村上春樹ワールドへようこそ!な雰囲気満載でした。
    物語同士も奥深いところでどこかで繋がっているのかも?

  • ラスト4分の1くらいから、ぐんぐんストーリーに引っ張られていった。3行あとがもう予測がつかない。多分1回読んだだけでは訳がわからないところも多い。それでも読んでしまうのが魅力。
    地底とか、狭い横穴とか、庭にあいた大きめのあなとか、山奥の屋敷とか。面白かった。

  • 待望の村上春樹さんの長編。読み終わりたくなくて、ゆっくり少しずつ読んでいたが、読み終わってしまった。しかし、なんだろう。自分も歳をとったのか、流れが合わなくなったのか、いまいち満たされなかった。もう少し、どっぷりとはまりたかったのだけれど、「イデア」「メタファー」とかわかりやすく表現しているのか、その言葉だけにまとめられ、心の深みを感じることができなかったかな。『みみずくは黄昏〜』を読んでみようか。

  • 私にとって初めの村上作品は友人が貸してくれた文庫判『海辺のカフカ』で、ちょうど10年前の今ごろの季節だったことをはっきり覚えている。母を亡くしたばかりという個人的な体験の直後だったからかもしれないけれど、作品に込められた作家の思い(と勝手に解釈)に救われた感覚が忘れられない。
    本書は是非若い読者に「初めての村上作品」として読まれると良いなぁと思う。当然これまでの作品を読んでいるからこその面白さもあるのだけれど、きっとこの本をキッカケに村上春樹や文学そのものに興味を持つ人もいるのでは?と思うから。
    当初はゆっくり読み始めた本書も、スイッチが入ってからは一気に最後まで、のパターンでした。

  • いま「ある」ものよりも、実際に「感じた」もののほうが大事、ということなのだろうか。

  • 帯文:”物語はここからどこに進んでいこうとしているのか?” ”渇望する幻想そして反転する眺望” ”1994‐95年『ねじまき鳥クロニクル』2002年『海辺のカフカ』2009‐10年『1Q84』そして更に旋回する村上春樹の小説世界”

    目次:33 目に見えないものと同じくらい、目に見えるものが好きだ、34 そういえば最近、空気圧を測ったことがなかった、35 あの場所はそのままにしておく方がよかった、36 試合のルールについてぜんぜん語り合わないこと…他

  • 愛する人を失っても人は生きる。そのとき人を支えるのは、世界の曖昧さを受け入れることだったり、信じることだったり、物事には必ず明るい側面があるということだったり。村上作品の中で、こんなにも作者の暖かな想いが感じられたのは初めてだった。ユーモアと教養に満ちているのは相変わらず。わかりやすさと村上春樹らしさとが絶妙なバランスでした。

  • 第2部。おだやかな、おさまりのよい結末。途中冗長かなと感じる描写もあるけど、カフカやねじまき鳥が好きなら、好きになれる作品。

  • 騎士団長とは何者か、白いスバル・フォレスターの男とは・・・正体を知りたいと最後まで読み切ったが、やはり分からず仕舞い。結論からいうと、主人公の妻が一番不可解だった。女は謎だ。

  • 20170510 結局は再生の物語なのだろうか?理論で考えていては答えは出ない。そういうものなのだと思うだけ。それが村上ワールドなのだろうか。

  • 読み終わりました。なんか希望が持てる読了です。もっと激しい冒険ワールドを楽しみたかった感じもします。

  • 一部からの様々な謎が解けていき面白いが、
    答えが微妙なのとファンタジー色が強くなりすぎた感はあった。
    元嫁との関係も個人的には余り納得がいないし、免色や騎士団長殺しの絵、等の間柄も微妙にはっきりしていない。

  • 読み切った達成感を味わえる村上春樹

  • 前半はさほど幻想的に感じなかったが、後半はどんどん分からない世界に入っていって、結局私にはよく分からんわ・・・ まあ、真剣に読んでしまいましたけどね ^_^

  • ねじまき鳥のクロニクルと同じ要素がいくつか。井戸と類似した存在の穴(入口出口がないのに通り抜けられる)はその最たる例だ。物語が推進力をもち、物語そのものが望む方へと筆を走らせると、その人の中では同じような場面へと帰着するのだろうか?計り知れない境地。この作品は、登場人物の会話が特に秀でている。会話の中から新たな価値観や物語を進める符丁のようなものが生まれる。それは常に、インフォメーションギャップのあるコミュニケーションだから、他愛もない会話でも目が離せない。東北大震災の出し方が、村上春樹の人間性を物語っている。というより、主人公の一人称からして、それ以外の出し方は考えられない。さり気なくて、慎ましい思慮に富んでいて、それでいて事実をズバッと指摘する端的さを含んでいる。一瞬一瞬を切り取りながら、その雰囲気を楽しむ作品だと感じた。

  • ゆっくりゆっくりと読み進めた村上さんの最新作。いっそう深さを増した氏の幻想的な物語世界を楽しませていただきました。こういう作品は、読む人それぞれが自分なりに感じて、自分なりに考えさせられたり、怖がったり、勇気づけられたりすべきものと思います。

  • やっと読み終わった。
    随所から感じられハルキワールドに「あぁ、村上春樹を読んでいるなぁ」と実感しつつ、着地点が非常にもやっとしていて読了後も何だかふわふわしていた。

全217件中 1 - 25件を表示

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編に関連する談話室の質問

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする