騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

  • 2304人登録
  • 3.84評価
    • (191)
    • (322)
    • (240)
    • (32)
    • (5)
  • 327レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
村上 春樹
三浦 しをん
又吉 直樹
恩田 陸
西 加奈子
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
村上 春樹
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編の感想・レビュー・書評

  • とてつもなく不思議な物語だった。
    雨田具彦の「騎士団長殺し」の絵があってこその内容なんだろうけど、
    んんん、ファンタジーなのか?

    クエスチョンマークがいっぱいになりながらも、ページをめくる手は止まらなかった。
    不可思議な先が知りたいから。

  • いろいろ気になる(さわる)ところを棚上げにして読み進めてみたものの、最終的にこれはまったく自分のための本ではなかった。全能感に包まれた男が子供の使いを達成するカタルシスはいらない。

    口にするものにこだわりはないといいながらバラライカを注文してバーテンを試し、女性に対する評価は性的魅力に関することばかりな主人公にはなんの魅力も感じなかった(ドンナ・アンナにさえ男性から見てどうかを言わずにいられない主人公はほんとうに気持ちが悪かった)。そういう彼に年上の人妻やら美しい少女が心を開く理由がさっぱりわからない。そうだったらいいなという書き手の妄想の気配しかない。

    そんな主人公が何も自分で選ばず周囲に後押しされて「がんばった」結果、病的にイケメン好きな妻が戻ってくる(だからそもそも妻が別れたがったのだって主人公のせいじゃない)んだからおめでたい。白いスバル・フォレスターの男も、免色も、穴と鈴も、彼が行って帰ってくるための道具にしかなっていない。妻の恋人の結婚失敗の理由を描いたくだりはとても下品だし(いくら脇役だからと言って、小説家があんな風に雑に人の人生を語っていいものだろうか)、とってつけたような東日本大震災のエピソードには呆れるしかなかった。

    もう村上春樹とはお別れな気がする。わたしは年を取ったけれど、春樹はいつまでも15歳なのだろう。

  • ねじまき鳥とか思い出す展開。なかなか面白かった。

  • 色彩を持たない免色さんやふくろうや離婚してひたすら一人旅することや穴の中に入ってみたりすることなど、どっかで聞いたことがある話しのような気がしていたが、全部村上春樹さんの本だった。それくらい村上春樹さんらしい話しだけど、その分新鮮味には欠ける。というかお腹一杯。クロニクルとカフカの余韻を楽しむみたなことだったら分からなくもないけど。

    ちなみにイデアとかメタファーとかそういうのは本当にどうでもよくて、いつもはそういうのもお話しのテンポが良くて気にならないのだけど、今回は少々あざとくてなかなか読み進むスピードが出なかった。

    青いプリウスとか銀色のジャガーとかスバルフォレスターとかの車が効果的に使われてるのは好きだったかもしれない。それとそもそも話がややこしいので時系列や場所がアチコチ飛ばれるとついていけなくなりそうだったけど、そこがじゅんぐりにつながっているのに、毎章ごとに安心していた気がする。

    それにしても免色さんにだけはずっとくぎ付けだった。自分の中にある免色さん的な何かがミシミシと動き出しそうな感じは何とも不気味だったかもしれない。

    免色さん何者?

  • つい急いで読みたくなる気持ちを抑えつつ、ゆっくり読むようにして、ようやく読了。ふーっと。
    しばらくすると、また違った感想が出てきそうだけど、読了直後の感想をメモ。

    *これまでの村上作品の断片が垣間見えて、何かしら集大成的な印象がある。あるいは、テーマや世界観が不変だから、そう感じたのかもしれない。

    *村上作品によくあった「説明のなさによる不思議感」が若干影を潜め、物語の筋のわかりやすさが、(良い悪いは別として)アップしたように感じた。(村上作品にしては)ちょっと説明的すぎる、と最初感じたが、文脈の追いにくさによって奇妙な印象を与える、というのではなく、物語全体をメタファーに仕立てようというのが、作者の企みなのかな。

    *主人公の「うじうじ感」はこれまでと共通するけれど、今回は成長譚ファンタジー的な構成になっていて、あれ?っと思った。現実を肯定し受け入れていく主人公の姿は、村上春樹が近年コミットメントに目を向けてきたことと関係しているのか。

    *いやいや、環はまだ完全に閉じられてなく、平凡な日常を取り戻したかのようにみえても、またいつか少しだけ環は開き、二重メタファーとの対峙は再現するはず。うっかり自分も罠にかかるところだった…

    *一度だけでは、作者のメタファーが読みきれない。しばらくしたらもう一度読んで、より深く探ってみたい。

  • 第1部を読み終わり2部への期待感が大きかったせいもあったので、ラストは少々無難だったなぁ、と。ただ、終わったけれどまだ続いても良いような終わり方でした、が。おとぎ話のような、でも現実的な部分も多々ありますので、村上さんの緻密な内容設定だからこそ、この2つの境界線が解らなくなる所が読んでいて実に楽しいです。エンターテインメントを感じる作品でした。

  • まりえがいなくなったり、主人公が異世界に行ったりと、イデアとメタファーの世界がね、面白かった。
    メンシキさんの正体がなんとなく謎で、まりえが暴いてくれるのかと思ったら最後まで少し謎のままだった。

    1Q84も確か異世界に行ってまた現実に戻ってくるような話があった気がするけど、
    今回のも主人公がずっと地下へ降りて行って穴の中にいたって話、
    絶対ありえないのになんとなく現実と結びついてる気がしてしまう。なぜか現実味を帯びてるんだよね。

    まさか最後の方に東日本大震災のことが出てくるとは思わなかった。

    主人公が心を痛めて岩手やらを彷徨っていた場所に地震が来た。
    その描写は私の心を痛めた。春樹さんは長い物語の中にここを入れたかったんだろなって思った。

    ユズと主人公が離婚せず、また元に戻ってよかった。素敵な終わり方だと思った。
    きっと離れている期間が2人にとって重要だったのかもしれない。
    室という子供も産まれて、数年後の室、まりえ、メンシキさん、秋川さんの描写も疑問に思ってたことがわかってよかった。

    まりえは実の子なのかとか、主人公の子供も実の子なのかとか、わからないことはわからないままだけど。

    謎の多いまま終わる作品が多い気がするけど、今回のは納得のいく終わり方だと思う。納得は毎回するけどわからないままでいいのだと思う終わり方が多いからね。なんとなく。


  • 過去作品でのシーンを彷彿とさせるようなところがいくつかあり、お馴染みのなんかよくわからないメタファーもたくさんあった。

    その結果、村上ワールドを堪能できた。

    他の作品もだいたいそうだけど、2回目に読むとより細部に気を遣って物語を理解できるのでもう一度読むのを楽しみにしよう。

  • 最後の100ページで、一気に話しがまとまるバタバタした感じが残念。でも、村上ワールドに入り込めた時間が幸せだった。少々、退屈でも。

  • ホモ・サピエンスが繁栄したのは偶像を信じることができるからだそうだ。貨幣の価値を、法律を、神を、そしてきっとイデアを。そういう目には見えないものを共通の認識として持てる。それが社会性という人間の競争優位を手に入れたと。原典読んでないからきっとボロが出ている。
    物語の要約としては、ある一人の男性が、イデアやメタファーに殉じることを覚える物語。とまとめたい。
    ただそんな安い一言でまとめることに大した意味はなくて、村上春樹独特の世界を長編で味わえること自体に価値があるように思う。
    寓意や暗喩に満ちたハードボイルドな物語は、どこか京都のガイドブックのようなものな気がする。別に京都でなくても良い。こんなこというと怒られるかも知れないけど。ガイドブックを頭から読むとあれこれ気になる建物や歴史やうまいものがあることを知ることができるけれど、実際に触れて味わえるものはそう多くはないのだ。寓意や比喩をあれこれ掘り下げていきたいけれど、実際そうできる時間は悲しいかな限られているのだ。ざっくり言ってしまえば京都のガイドブックの感想は「京都だった」になり、この本の感想は「村上春樹だった」になるんだ。
    あれこれ考えながら付随したブックレビューを少しずつ読みながら楽しむことにする。

  • ねじまき鳥のクロニクルと同じ要素がいくつか。井戸と類似した存在の穴(入口出口がないのに通り抜けられる)はその最たる例だ。物語が推進力をもち、物語そのものが望む方へと筆を走らせると、その人の中では同じような場面へと帰着するのだろうか?計り知れない境地。この作品は、登場人物の会話が特に秀でている。会話の中から新たな価値観や物語を進める符丁のようなものが生まれる。それは常に、インフォメーションギャップのあるコミュニケーションだから、他愛もない会話でも目が離せない。東北大震災の出し方が、村上春樹の人間性を物語っている。というより、主人公の一人称からして、それ以外の出し方は考えられない。さり気なくて、慎ましい思慮に富んでいて、それでいて事実をズバッと指摘する端的さを含んでいる。一瞬一瞬を切り取りながら、その雰囲気を楽しむ作品だと感じた。

  • どうとでも読める小説なので感想を言葉にしづらい。全てが何かの比喩にも思える。書かれていることを受け取るためには読んで体感するしかないという小説。
    今まで読んだいくつかの村上春樹の作品の中では、いちばん心に響いた。

    こころの中に、ここではないどこかの美しい風景やイメージをいくつか持っているということは、人が生きるのを励ますのだと思う。みみずくがいた屋根裏の風景もまた、私にとって大切なイメージのひとつとなった。

  • 怒涛の思わせぶりなエピソードや意味ありげなアイテムや、結局なにも解決しないエンディングを期待して読む。
    いつになく説明過多な気もするラストだったのでこの流れでの第三部はないかもしれないしあるかもしれない。あったとしたら読まないという選択はあらない。
    ペンギンのお守りが欲しい。

  • 第1部から、やたらと比喩が多いなあ、それも倒置で、と引っかかりながら読んでいたのだけれど、なるほどそういうことね。

    私は1Q84も多崎つくるも全く好きでなかったが(むしろ嫌悪)、これは入れた。
    ここまでやられると、なんというか、生身の人間てつまらないなあと思ってしまうよ。

  • 以下、多大なるネタバレ。
    注意。






    ストーリーとしては呑み込める。

    そこに在ったものを上手く説明することは難しい。

    主人公自身の持つ何かと分かち難く、また先を示す指標となるべき存在として顕われた、騎士団長イデア。
    しかしイデアを求め、慕っている中では、残念ながら物語が終わることはない。
    イデアを主人公自らが抹殺することで、彼は次のステージへと進むことを許される。

    そのステージとは、妹コミを捕らえて持って行ってしまった、致死的で理不尽な闇への挑戦。
    「私」はコミの死以来、閉鎖的な空間に寄り付くことさえ出来なかったが、まりえを助ける為に自身の闇を乗り越えていく。

    まりえがメンシキの家で対峙したモノとは、一体何だったのだろう。
    それは主人公の描いた白いスバル・フォレスターの男のような影(純然たる悪)だったのだろうか。
    それがクローゼットの扉を開けていたとすれば、まりえはコミのように、損なわれることになったのだろうか。
    しかし、損なわれるとすれば、何を?
    致死的な何か?

    メンシキの家を脱することで大人に近付いてゆくまりえは、もう守られるべき少女ではなくなっている。
    彼女は、次第にメンシキへの危機感を失わせ、むしろ魅力を感じてもいるような描写がある。

    アンデルセン文学賞のスピーチ「影と生きる」からは、雨田父の生き方を彷彿とさせる。
    ドイツという国が抱える歴史的な闇に、雨田父は本当の自分を影に損なわれ、また偽物である影を本当にして生きることを強いられた。
    彼は「騎士団長殺し」を描いたことによって、影から本当の自分を救い出そうとしていたのだろう。
    そうして、雨田父は本当の騎士団長殺しを目撃することにより、癒される。

    非常に重いクライマックスを過ぎ、「私」は東北大震災以降をユズとむろの三人で過ごしている。
    そこで起きた事実は、日本という国が隠してはいけない影であると言いたいのかもしれない。

    ただ、メタファーとしての結末ではなく、私が読んだ村上春樹の作品の中では、ややハッキリ描かれた、良き結末のように思えた。

    男は血を流すことで大人として完成された。
    少女は少女のまま完成されずに抜け殻を残し、美しい女になった。

  • これまでの村上春樹作品的要素があらゆるところに感じられる大傑作でした。
    騎士団長はほんとうにいたんだよ。

  • 「何の本を読んでおられるのですか?」と私は我慢しきれずに尋ねた。
    「実を言うと、私にはジンクスみたいなのがあるんです」、彼女はにっこり笑って栞をはさみ、本を閉じた。「読んでいる本の題名を誰かに教えると、なぜかその本を途中で読めなくなってしまう。…読み終えたら、そのときには喜んで差し上げますけど」

    「困ったな」と彼は言った。
    「どうして?」
    「まだ紹介される準備ができていないからです。心の準備みたいなものが」
     彼は燃えさかるビルの十六階の窓から、コースターくらいにしか見えない救助マットめがけて飛び降りろと言われている人のように、怯えて困惑した目をしていた。

    ジャガーXJ6 丸い四つ目のヘッドライト 直列六気筒の4.2リッターエンジン

     相手が誰かを確かめもせずにロックを外し、玄関のドアを開けた。そこには秋川まりえが立っていた。昼間とまったく同じかっこうだったが、今はヨットパーカの上に紺色の薄手のダウン・ジャケットを着ていた。日が落ちてさすがにあたりは冷え込んでいた。そしてクリーブランド・インディアンスの野球帽をかぶり(どうしてクリーブランドなのだろう?)、右手に大きな懐中電灯を持っていた。

    ガールフレンドからの電話
    「でもね、男女の仲って、なんだか不思議なものだと思わない?」と彼女は言った。
    「不思議って、どんな風に?」
    「つまり私たちはこんな風につきあっている。ついこのあいだ知り合ったばかりなのに、こうしてお互いすっかり裸になって抱き合っている。とても無防備に、恥じらいなく。そういうのって、考えてみれば不思議じゃない?」

    「日本の歴史に目を向けても、その前後にはいくつかの重要な事件が持ち上がっています。いくつかの致命的な、破局に向けて後戻りすることのできない出来事が。思い当たることはありますか?」
    …「盧溝橋事件があったのはその年でしたっけ?」と私は言った。

    …叔父は上官の将校に軍刀を渡され、捕虜の首を切らされた。

    騎士団長「caveat emptor。カウェアト・エンプトル。ラテン語で「買い手責任」のことである。…」

    「あなたはたしか三十六歳でしたよね?」とほとんど出し抜けに免色はそう言った。
    「そうです」
    「人生の中でおそらくいちばん素敵な年齢です」

     老人は、その絵の作者である雨田具彦だった。雨田具彦がこのスタジオに戻ってきたのだ。
     …生き霊と呼ぶべきなのかもしれない。

     金曜日の夜に雨田政彦から連絡がった。…
    「そういえば、ウイスキーが切れているんだ。このあいだもらったものは人が来たので、飲んでしまった。銘柄はなんでもかまわないから、一本買ってきてもらえないかな?」
    「おれはシーヴァスが好きだけど。それでいいかな?」
    「それでいい」と私は言った。

     トーストを二枚焼いて、卵二つの目玉焼きをつくり、それを食べながらラジオのニュースと天気予報を聴いた。株価が乱高下し、国会議員のスキャンダルが発覚し、中東の都市では大がかりな爆破テロ事件があって多くの人が死んだり傷ついたりしていた。例によって、心が明るくなるようなニュースはひとつも聞けなかった。しかし私の生活に今すぐに悪い影響を及ぼしそうな事件は起こっていなかった。それらは今のところどこか遠くの世界の出来事であり、見知らぬ他人の身に起こっている出来事だった。気の毒だとは思うが、それに対して私に今すぐ何かができるわけではなかった。…

     彼女は妊娠七か月くらいになっている。…
     私は旅のあいだつけていた簡単な日記を抽斗の奥から出して、その頃自分がどのあたりにいたかを調べてみた。私はその時期、海岸から離れて、青森の山の中をあちこち移動していた。

     旅行のあいだの記憶はなぜかとても漠然と... 続きを読む

  • 一部からだいぶたったけどようやく‼
    やっぱり眠くなりました。進みません。
    あ、眠れない時に読めば眠剤がわりにいいかも

  • うーん、あんまり好きな作品ではなかった。なんか頑張って読んだ感じになってしまった。引き込まれるんだけど、性的描写が多すぎて不快かも。

  • 長い。とにかく長い
    至るところにばらまかれた大胆な比喩に感嘆するも、なかなか進まない物語と意味深な比喩の多さに少々辟易としてくる。
    それでも最後まで読ませてしまう力がこの作品にはある。

    妻と別れて小田原の山奥の一軒家に隠遁する元肖像画家の”わたし”と、山の向かいの大邸宅に住む謎多き男の”免色”、絵画教室の生徒で13歳の少女”秋川まりえ”
    この3人と”騎士団長殺し”と名付けられた日本画を中心に、物語は日常から次第に非日常へと逸脱していく。
    面白かったはずなのだが、何が面白かったのか上手く表現できない不思議な作品。
    オカルト的な非科学的事象や、目くらましのよう感じてしまった無数のメタファーなど、個人的にはあまり好きではないはずの要素がふんだんに盛り込まれていたのに、なぜか最後まで夢中で読んでしまった。
    どの登場人物も特に好きにはなれなかったが、免色と秋川まりえはいずれも興味深いキャラクタ―であった。
    どこまでいっても割り切れない感じが残るが、それが作者の持ち味であるようにも思う。

  • 図書館で借りた本。
    後半は、謎と冒険の世界。分かりにくい非日常の世界を、簡単にイメージさせることができる文章の上手さはさすがです。退屈することなく、ぐいぐい引き込まれました。謎が謎のままのところもあって、少しもやっと感もあるけど、全体的に納得の物語でした。

  • 日常の風景の裏には別の世界があって微妙に現実世界に影響を与え続けているなんてことがあるのかもしれない。

  • ようこんなヘンテコリンな話を長編上下巻に渡る長さで書けるな〜(褒め言葉です)
    それも特に感動的なエピソードがある訳でもなく明確で腑に落ちるような謎解きがある訳でも無いのに苦もなく最後まで読ませる力。
    それが村上作品の魅力なんでしょうね。
    よう説明せんけど。

  • 今までの作品に比べて、「老い」や「子ども(次の世代)(との関係)」が意識されていたように思います。

  • 夢の中の興奮が、やさしく彼女の脚を開き、堅くなった陰茎を押し入れた。眠りから覚めないように静かに動いていたが、次第に動きは早まり何度も激しい射精を体内で繰り返す。現実の物理的制約を超え、肉体から分離した魂が彼女の内側に入り、本物の精液を放出。人は本当に心から何かを望めば、何でも成し遂げることができる。現実さえも非現実になり得るし、あるいは現実は非現実にもなり得る。どこまでが現実でどこまでが夢なのか。大きな疑問符は最後まで解けることはなかった。

全327件中 1 - 25件を表示

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編に関連する談話室の質問

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「読みたい」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編を本棚に「積読」で登録しているひと

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編の作品紹介

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編はこんな本です

ツイートする