みみずくは黄昏に飛びたつ

  • 506人登録
  • 4.18評価
    • (46)
    • (52)
    • (18)
    • (3)
    • (0)
  • 61レビュー
  • 新潮社 (2017年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103534341

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
平野 啓一郎
村上 春樹
宮下 奈都
村上 春樹
本谷 有希子
又吉 直樹
森 絵都
村田 沙耶香
又吉 直樹
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

みみずくは黄昏に飛びたつの感想・レビュー・書評

  • こんな愉快になれる本は珍しい。
    村上春樹は、自分の書いたもの、言ったことを忘れることが多い。というかこれからのことしか興味がない。また、彼の執筆のスタイルは精神世界に降りていき、展開される景色を描写していくスタイル。悪くいうと行き当たりばったり。
    これに彼の熱烈なファンで、彼と彼の作品を正しく理解し、研究熱心な川上未映子がインタビューする。
    その結果、
    『「あの女の子、なんて言ったっけ?」と川上未映子に問い、彼女の方が「まりえです。なんて言ったっけって(笑)」』って会話になる。最近の『騎士団長殺し』の主要な登場人物なのにもう忘れている。なので川上未映子としてはあきれるばかりで、どうしたって責める感じになってしまう。

    『「僕はただそれを「イデア」と名づけただけで、本当のイデアというか、プラトンのイデアとは無関係です。ただイデアという言葉を借りただけ。言葉の響きが好きだったから。』なんて言うものだから

    『「村上さん・・・あのですね、原稿を書いていて、イデアっていう単語を村上さんが打つ、こうやってキーボードで「イデア」。イデアってまぁ有名な概念じゃないですか。そしたら当然、「ちょっとイデアについて調べておこう、整理しよう」みたいなこと考えませんか?」
    「ぜんぜん考えない。」
    「それは本当ですか。」
    「うん。ほんとうにそんなことは考えない。」』

    村上春樹がボケで、川上未映子がツッコミというところでしょうか。こうしたやりとりのおかしさは、二人のキャラクターがあってのことで、稀有なことと思うので特別なおかしさということになる。
    『「これ読んでいる人、「川上も(村上の発言を)真に受けちゃって、くっく」って笑ってるんだろうか」というほど村上春樹のボケぶりがおかしい。ワタシは天然だと思うが。

    また、「騎士団長殺し」完成直後のインタビューで、作品の裏話が聞けるのも興味深い。まずあったのは「騎士団長殺し」という言葉と書き出しと「二世の縁」という作品のイメージだけだったそうだ。それを長い間寝かしておいて、書き始める。落語の三題噺みたいだ。しかしその時は「騎士団長殺し」はどういう形で出てくるか分かっていない。

    『「「騎士団長殺し」という言葉が絵のタイトルだとわかったのはいつですか。」
    「それはずっとあとのことです。ずっとあと(笑)。穴を開いたあとで。」
    「それはマジですか。」
    「マジで。」
    「穴を開くまで、「騎士団長殺し」は、まだ単なる言葉だった。」
    「まずは「騎士団長殺し」ってタイトルが頭に浮かんで、それから書き始めて、書き始めてすぐに、主人公は肖像画家にしようときめたのは確かです。それで彼が、屋根裏から一枚の絵を見つける。そのタイトルは「騎士団長殺し」であった。そういう流れですね。
    ああ、これでなんとか話をもっていけそうだなと、そのときにやっとわかった。」』
    川上未映子が思わず「マジですか。」という言葉を使ってしまったほど驚異的な話だ。何も考えないってそこまで何も考えないで、物語というのは成立してものなのかと思う。
    「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」で違う話を書き出して、最後つながるのだが、これも頭の中で考えてつなげたのではなくて、自然に合体したそうだ。

    村上春樹は巫女さんとか小説が通過する器官のようなもので、作品の中で起きている事件に意味とか考えないようにしている。考えて意味付けしてしまうと失速するので考えない。しかしそれで物語がキチンと完結していくという作用がなんとも不思議だ。

    『「地底の世界。ここについてもちょっと聞きたいんですけれども、大丈夫ですか?」
    「たぶん大丈夫だと思うけど。」
    「では続けます。・・・」』
    と一方的に攻め込まれてる。
    最後、
    『「しかしそ... 続きを読む

  • 川上さんの問いがすべからくスカっているところが、村上さんの特異性を炙り出すことになっていて面白かった。
    「作者も物語がどうしてこうなったか、サッパリわからん」とハッキリと言い切ってくれて、何かスッキリした。

  • [語り語られ,書き書かれ]小説家である川上未映子が,小説家である村上春樹に対して行った4回にわたるインタビューを書籍化した作品。書くことについて,男女の性について,そして村上氏による新作の『騎士団長殺し』について,突っ込んだ対話が重ねられています。


    インタビュアーの川上氏が村上春樹のファンであることもあり,かなり前のめりに質問している様子がところどころで垣間見えるのですが,その熱が村上氏にも伝わるのか,とても活き活きした対話であるように感じました。また,投げかける質問も興味深ければ,それに対する回答ももちろん興味深いので,一言一句を堪能しながらも,あっという間に読み切ってしまう一冊です。

    〜リズムが死んじゃうんだよね。僕がいつも言うことだけど,優れたパーカッショニストは,一番大事な音を叩かない。それはすごく大事なことです。〜

    『騎士団長殺し』を読んでから本作を手に取るのが断然オススメ☆5つ

  • 長年の愛読者である作家 川上未映子が村上春樹にアレヤコレヤを延べ4日間10数時間にわたり、切っ先鋭く執拗に斬り込んだ25万字にも上るインタビュー集。
    何と言っても川上未映子の綿密かつ丹念な準備。鮮明かつ仔細な記憶力。巧みで執拗な問いかけにたじろい、はぐらかし、時に饒舌に語る村上春樹。また、過去の様々な村上春樹のインタビュー記事にも目を通し、「あの時こう言ってましたよね?」と証拠物件を提示するかのような念の入れよう。入念な準備が余裕を生み、奔放なアドリブも醸し、「生き生きとした、限りなく素に近いであろう村上春樹」が紙面から立ち昇る、読み応えのある一冊。

  •  リンカーンが言っているように、ものすごくたくさんの人間を一時的に欺くことはできるし、少ない数の人間を長く欺くこともできる。しかしたくさんの人間を長く欺くことはできない。それが物語の基本原則だと僕は信じています。(中略)善なるものというのは多くの場合、理解したり嚙み砕いたりするのに時間がかかるし、面倒で退屈な場合が多いんです。でも、「悪しき物語」というのはおおむね単純化されているし、人の心の表面的な層に直接的に訴えかけてきます。(p.101)

     頭で解釈できるようなものは書いたってしょうがないじゃないですか。物語というのは、解釈できないからこそ物語になるんであって、これはこういう意味があると思う、って作者がいちいちパッケージをほどいていたら、そんなの面白くも何ともない。(p.116)

     僕は思うんだけど、人が人生の中で本当に心から信頼できる、あるいは感銘を受ける小説というのは、ある程度数が限られています。多くの人はそれを何度もなんども読み直しては、じっくり反芻します。(中略)そして結局そういった少数の書物が、僕らの精神性のバックボーンになっています。(p.188)

     チャンドラーの比喩で、「私にとって眠れない夜は、太った郵便配達人と同じくらい珍しい」というのがある。これは何度も言っていることだけど、もし「私にとって眠れない夜は稀である」だと、読者はとくに何も感じないですよね。普通にすっと読み飛ばしてしまう。でも「私にとって眠れない夜は太った郵便配達人と同じくらい珍しい」というと、「へぇ!」って思うじゃないですか。「そういえば太った郵便配達人って見かけたことないよな」みたいに。それが生きた文章なんです。そこに反応が生まれる。動きが生まれる。(pp.217-218)

     完全に囲われた場所に人を誘い込んで、その中で徹底的に洗脳して、その挙句に不特定多数の人を殺させる。あそこで機能しているのは、最悪の形を取った邪悪な物語です。そういう回路が閉鎖された悪意の物語ではなく、もっと広い開放的な物語をつくっていかなくちゃいけない。囲い込んで何か搾り取るようなものじゃなくても、お互いを受け入れ、与え合うような状況を世界に向けて掲示し、提案していかなくちゃいけない。僕は『アンダーグラウンド』の主催をしていて、とても強くそう思いました。肌身に染みてそう思った。これはあまりにも酷すぎると。(p.336)

  • 村上春樹分析本みたいのを2冊ほど読んで、うーん村上さんて実はそーんなにありがたがるほどのものでもないのかな(失礼)とか思ったりしていたんだけど、この本を読んでいろいろ過去の作品を思い出したりしているうちに、やっぱり好きだという気持ちがよみがえったので、とてもよかった。昭和っぽいだの古くさいだのといった細かいことはどうでもいい、村上春樹は村上春樹なんだ、というか。(分析本に対して、細かいことでいちいち揶揄するな、っていうような記にもなったり)。
    川上未映子さんが実によく村上さんの作品を読み込んでいてすばらしいなと思った。本当に村上さんを好きなことがよくわかって。かといって、持ち上げるだけじゃなくて、ああそういうのきいてみたかったっていうこともきいていて。たとえば、女性の扱いがちょっとひどいんじゃないか、とか。

    作品の分析がどうのこうのっていうより、単純に、やりとりを読むのがおもしろかった。
    結局、作品って、作者が意識して書いたことだったらこういう意図だ、とか説明できるかもしれないけど、とくに意識しないで流れのままに書いてそうなった、っていうことだと、きかれても作者もわからないんだろうなっていうことがわかったような。

  • 誰でも10代の頃に憧れた
    ヒーローとかヒロインっていますよね。
    で、もしも大人になって、実際にその対象となる人物に
    話を聞けるとしたら、どんな気持ちになるでしょうか?

    今回ご紹介する本は、10代のころから村上春樹を
    愛読していたという川上未映子さんという小説家が
    計4回に渡って、春樹さんの自宅などを
    舞台にインタビューした、という一冊です。

    キャ~キャ~という感じのファン意識は
    表面的には出ていません。
    リスペクトを前提にしながらも
    生物学者がようやく出会えた
    希少動物の検体を解剖するように
    村上春樹のテキスト自体を、そして書く手法を
    さらに書くに当たっての心構えを、
    同業者ならではの鋭いメス(視点)で切り込んでくれています。

    そんな川上さんに対して
    答える側である春樹さんも
    真剣になおかつ「ここまでネタをばらしてくれるの??」
    と思うくらいサービスたっぷりに答えてくれています。

    川上さん自身が芥川賞を受賞するほどの作家ですから
    話はかなり具体的な執筆ノウハウや
    深い部分での書くにあたっての心構えみたいなものも
    春樹さんは惜しげもなく披露してくれています。
    例えばMacで使っているエディターの種類とか
    執筆スケジュールの建て方とか・・・。

    だけれども聞かれる側である春樹さんの
    サービス精神のおかげもあるのでしょう。
    難解な文学談義という雰囲気はありません。

    おふたりの話はとてもわかりやすく
    読む人誰もが、他の仕事や普段の生活にも
    応用できそうに思えるくらいに普遍性を感じます。

    しかしヒヤッとする場面もあります。
    自称フェミニストだという
    川上さんがハルキワールドでの
    女性キャラクターの扱われ方について
    ツッコミを入れている場面です。
    春樹さんも結構答えにくそうにしているように思えます。
    男である私ならサラサラと読み流してしまいがちな
    そんな場面にもざっくりと切り込んでくれるあたりも面白いですね。

    時期的には最新長編である【騎士団長殺し】を書く直前
    それから書き終わった直後の計4回となります。
    したがって【騎士団長殺し】に関する質問と答えが多いです。
    正直申しますと【騎士団長殺し】は
    私的には残念な作品という印象だったのですが、
    このインタビューを読んで再読してみたくなりました。
    少し印象が変わるかもしれませんね。

    さて最初に書きましたとおり
    10代の頃に憧れたヒーローやヒロインに
    大人になって会って話をしたらどんな気持ちがするのか?

    自分的には想像外の状況になりますが
    川上未映子さんはこのインタビュー集という作品で
    「憧れ」に対しての見事な決着法を示してくれているように思えます。

    それは「憧れ」の対象と同じにならなくとも
    同じ位置までいかなくとも、
    自分なりの足場さえ作ってしまえば
    「憧れ」と対等に話をすることができるということかな、と思えます。
    それが「憧れ」との理想的な決着の付け方のひとつなのかもしれませんね。
    2017/08/20 05:01

  • 最新作である「騎士団長殺し」を中心にした、川上未映子による村上春樹へのインタビュー本。
    読んでいてなかなかに興味深い話もなくもなかったですが・・・・村上春樹自身があまり好んでいないようですが、自身の作品の解説みたいなものってどうも自分もあんまり望んでいなかったみたいです。なんというか「これはこう」みたいな話は正直あんまり聞きたくなくて自分の中だけの感想や解釈を大事にしたいな、と。村上作品は特に。
    まあ村上春樹も別にそんなに言及してるわけでもないんですが、自分としてはもっと別のところに切り込んだインタビューが読みたかったかな。

  • 「退屈でつまらない答えで申し訳ないけど、退屈でつまらない質問にはそういう答えしか返ってこない」と文豪アーネスト・ヘミングウェイは仰ったそうな。
    礼儀正しい村上さんは、もちろんこんなことは口にしたことがない。(が、そう言いたくなる局面は何度か経験したらしい)
    この対談はちがう。川上未映子さんは村上春樹ファン、書店員、小説家として、絶妙なタイミングでミーハーと本のプロの間を行き来しながらインタビューする。それが良いんだなぁ。
    思わぬ方向に転がる会話の端々から、作家の普段の創作過程が想像できるようで本当にわくわくした。

  • 村上春樹の考え方がわかる内容になっていて、インタビューのやり取りも面白い。ただ、若干くどく感じる部分もある。

  • 必要な記憶の抽斗がぽっと勝手に開いてくれるというのが、
    すごく大事なんです。

    「騎士団長殺し」
     ふと思い浮かんだタイトルと、
     書き留めておいた最初の一文
     上田秋成「二世の縁」が、モチーフ。
     1Q84の三人称から一人称に戻った。
     僕でなく「私」に。
     
    一般の小説は人々の暮らす1階や2階ではなく、地下1階の(論理的な)話だが、村上小説は地下2階の話。
    リアリズムの文体を使って、非リアリズムな物語。

    二つのコツ。
    ハッとするような比喩と会話のやり取り。

    文体が大切。
    僕よりうまく書ける人は少ない。

  • インタビュワーの方が、本当に村上さんが好きで、村上さんのことをよく調べてからインタビューに臨んでいらっしゃるのが分かって、


    すごく踏み込んだ質問をガンガンしているところがとっても良かったと思った。

  • 「みみずくは黄昏に飛びたつ」新潮社2017。
    川上未映子、村上春樹。

    #

    「騎士団長殺し」が世に出たのに合わせて作られた本のようですね。
    川上未映子さんと村上春樹さんの対談本で、話題は「村上春樹さんの小説、創作、騎士団長殺しについて」です。

    川上未映子さんもハッキリと、「文芸評論というよりも、私は村上春樹さんの小説のファンに過ぎない」というスタンスを名言しています。だから、ファンブックですね。

    「騎士団長殺し」を読み終えたら、読んでみようと思っていました。ほぼ一気読み。

    #

    個人的に、おそらくは1980年代終盤に「風の歌を聴け」を読んで以来、中断期間を経つつも村上春樹さんの小説は足掛け30年、大好きです。なんだかんだ言って、巨大な影響を受けていると思います。
    村上さんの文章は、エッセイなども含めて読んでいるのですが、小説の創作について語っているものを手に取るのは初めて。ちょっとわくわくでした。

    読んだ感じとしては、拍子抜けするくらい、「そうぢゃないかなあ、と漠然と思っていたとおり」でした。まあ、嬉しい気分もあります。



    どのあたりが思っていたとおりなのかというと、

    ●テーマとか狙いとか思想とか主張とか社会性に向かって小説は書いていない。少なくとも意識的には。(少なくとも、公にそういう言葉を語りたくない、ということでしょうね)

    ●大事なのは「文体」である。村上さんは、どんな物事でも、基本は平易な文章で、誰でも読める、敷居の低い、それでいて「面白い」文章、文体を目指している。

    ●「ノルウェイの森」は、全体をリアリズムで書いてみる、という実験だった。それはそれで出来たから、同じようなことはしない。いまのところ。ブームには辟易して、海外に逃げた。

    ●ぶっ飛んだ物事や事象が、小説の中で頻繁に起こるけど、それは解説できない。作者が解説できない、分からないから、面白いのでは。

    ●そんなことよりも、文体が大事。自分の文体を強固にすることをのみ、考え続けている。努力している。

    ●「騎士団長殺し」には「イデア」「メタファー」という言葉が大きく出て来る。けれども、語源とかソクラテスとか哲学とか、そういうことを意識して狙って使ってるわけぢゃなくて、「その言葉がなんとなく合うなあ」というくらい。どう読んでくれてもいいけれど、その言葉の意味を分かって裏の狙いを探って。。。というような読み方をしなくても全然良いのでは?

    ●(本文より)
    本を読むことに僕が求めているのは、「なんとかイズム」みたいな理論武装を取っ払った自由さだから。

    …と、いうような言葉たちっていうのは、「ああ、そうだろうなあ、と思って読んでいました」という味わい。



    あとは面白かったのは、例えば。

    ●村上さんといえば、翻訳含めてアメリカ文学趣味なわけですが、小説を読むとわかるように、日本の文学も相当に読まれています。研究?されています。まあ、40年職業作家をされているのだから当たり前かもですが。

    ●で、基本は「日本のいわゆる明治以来の純文学ってきらい」なんですね。なぜなら、文体をおろそかにしすぎている。とおっしゃられています。でも、面白いのは、「夏目漱石の”こころ”なんて、ぜんぜん面白くない」と言いながら。以下のようなことも言っている。

    ●夏目漱石が確立した語り口っていうのは、偉大で強力。結局その後はその模倣になっている。その中でも谷崎潤一郎とか川端康成とか太宰、芥川もいるわけだけど…云々。

    ●結局、漱石も谷崎も康成も読んではるわけですね。そして、認めるものは認めている。その上で自分の立ち位置や好みとして、一家言ある、ということでしょうね。



    ... 続きを読む

  • インサイダーとかメイキングとか好きな人には楽しいのだろうな。
    あと、熱烈なファンの人も。
    私はどちらでもないので。

  • インタビュアーの川上さんが、村上作品の愛読者として、また作家として、両方の視点を持っているところが良かったです。共感もできたし、読み物としても面白かったです。

  • 村上さんご本人もおっしゃってますが、凄まじいインタビューです。川上未映子さんのコミュニケーション能力が垣間見れる。川上さんって人の心に入るの上手なんだろうなとずっと思っていたけど、ほんとうにそうなんだと思う。頭はいいし、勉強熱心だし、発想も豊かで、惹きつける。
    こんなにも村上春樹から言葉をぐいぐい引き出すってほんとうにすごい。
    決して退屈ではない、対談集です。

  • 言葉を紡ぐという行為が意味することについてのお話が興味深かったです。
    密度の濃いインタビュー集でした。

  • 最新長編を書き終わった村上春樹さんに対して、川上未映子さんがインタビューするという形式の本。全4回に渡り場所を変えつつインタビューを繰り返し、川上さんが村上春樹の創作の秘密に迫る、という内容。村上春樹の過去作のネタバレ上等の中身なので、ネタバレが気になる人にはオススメできないけど、過去作を全部読んでいるというディープなファンにとっては、非常に濃厚な文章が読めると思う。とにかく川上さんの切り込み方が本当に鋭くて、また村上春樹もその問いに対して真摯に答えており、非常に読み応えがあった。オイラの脳内に新しい補助線がたくさん引かれた感覚があるので、最新作も含めて過去作に遡って作品を読み直したいな、と強く感じた。村上春樹ファンには諸手を挙げてオススメします。

  • 昔はつっぱっていた村上春樹も、もうその必要もないから、という感じでこんなインタビューにも答えるようになった、ということかな。

    「小説を書いていて、必要な時に必要な記憶の抽斗がぽっと勝手に開いてくれるというのがすごく大事」

    「そろそろ読者の目を覚めさせようと思ったら、そこに適当な比喩を持ってくるわけ。文章にはそういうサプライズが必要なんです。」

    「ものを書くっていうのは、とにかくこっちにものごとを呼び寄せることだから」

    などなど、小説の書き方について、1章の最初の方だけでも、抜粋したくなるような発言がいっぱい。

    「独立器官」や「ねむり」などの短編についての作者なりの解説も面白いです。

    ただ、肝心の「騎士団長殺し」についての話はあんまり面白くなかったかな。個人的には、「二世の縁」とか仏教とか禅定とかについて、もう少し突っ込んだ質問をして欲しかった。

  • プラトンのくだりが印象的だった。
    天才ってこうゆうことか。

  • 「騎士団長殺し」を読む前にこの本読んで良かったのか。逆だった。「騎士団長殺し」読み終えてまた読み返したい。
    川上未映子さんもすごい。

  • フィクション嫌いの人に読んでもらいたい。こんなに真剣に真摯に創作して完成するのが小説なんですよ、ということがわかはずだから。
    小説家という職業の人たちがこの世に存在する意味が、人は何故、食事を摂らなきゃいけないのか、というのと同じなのではないかと思わせてくれる対談でした。

    実は、私は発表されて間もない小説を読むことができない。それは、刊行ほやほやの作品は、あまりにも今と連動していて、自分の中で消化できていないから。或いは、小説家が世の中から嗅ぎとって言葉にしていることが、あまりにも鋭すぎる先見の明を感じるから。でも、そうなる理由もぼんやりと感じ取ることができたと思うし、自分に合うスタイルで本を読み続ければよいのかな、とホッと一息。

    村上春樹作品の再読を始めようかな。
    そして、そろそろ1Q84を読んでもよいかな。

  • ノーベル賞絡みの下世話な祭りや、若い頃周りにいた青臭いナルシストのハルキストの影響で、私の村上春樹像は偏見に満ちた酷い物でした。だから作品もつまみ食いする程度。そんな知見の狭い私には目から鱗のインタビュー本でした。村上春樹さんご自身のイメージがガラリと変わり、そこにいたのはとても自由で誠意のある天才作家でした。今までの偏見は捨てて、今後はどんどん読んでみよう。作品を分析するようなことはせず、書いた本人のように自由な感性で受け入れようと思いました。川上さんの鋭いインタビュアーっぷりもお見事。

  • ‪川上がインタビュアーとなり村上に最新作「騎士団長殺し」を中心に作品や創作について深く聞く。作家ならではの視点と愛読者としての視点それぞれから普段語ることのない村上自身の考えが引き出されている。‬

全61件中 1 - 25件を表示

みみずくは黄昏に飛びたつに関連する談話室の質問

みみずくは黄昏に飛びたつを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする