私の本棚

  • 436人登録
  • 3.60評価
    • (12)
    • (44)
    • (41)
    • (6)
    • (0)
  • 55レビュー
制作 : 新潮社 
  • 新潮社 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103540229

私の本棚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 珍しいので酒井駒子さん目的で借りる。それにしても表紙が上品でうっとりしてしまいます。本棚についての23人のエッセイ。(yom yom1~23号に掲載)


    読むと誰もみな本への愛情が深く、本棚へのこだわりも相当強く、ところどころ載っている本棚の写真をじーっと見入ってしまいました。素敵で気合いが入っている。さすが本に関係している方々だけあって所蔵数も万単位。


    床が本でいっぱい。増殖、浸食。本が崩れる。床が抜ける。本棚を買っても買っても本で埋まってゆく。至るところに本棚、本。家の主人は人なのか本なのか?不毛な戦い。そして新天地を目指して転居、または新築。夫婦喧嘩勃発、離婚寸前、実際に離婚などなど………各エピソードがかなり面白かった。


    くくく…と笑いながら読んでました。子どもに「母さん本読みながら笑うとこわい…」「キモイ」と注意されたり。。。


    南伸坊さん、井上ひさしさん、都築響一さん、あたり可笑しくってたまらなかったし、並べて測ってしまった小野さんには脱帽した。児玉さんの本への愛は深く深~い。


    ハヤカワポケットミステリが数回出てきたり、小中学で文豪とか…すごいなぁ~と驚きが多かった。


    古書店の主人には買い叩かれ、所蔵している本の行方や寄付先、トラブルなど、本の数が多ければ多いほど苦悩も多いのね…と知りました。


    新築に備え付けの天井まで届く、しっかりした本棚に梯子を…というのが私の夢だけど(無理だけど)、数が多いと梯子の上り下りだけでヘトヘトになるらしい。(ヘトヘトになってみたいー。)


    南さんの本を並べ替えるのが趣味というのが一番しっくりきた。読んでよかった。

  • 「本棚」についてのエッセイ。
    存じ上げない方については調べつつ。
    いかにも、な文章を書かれていた小野不由美氏だったり、池上氏だったり、鹿島氏だったり。行間から本に対する愛情が溢れる児玉清氏だったり。本好きの悩みは、変わらぬもの。楽しく読みつつ、我が部屋の惨状を憂える。本棚を増やすのもまた、……。

  • 児玉清、赤川次郎、小野不由美、内田樹、池上彰など23人の読書家が、増殖し続ける自分の本との格闘や本棚についての思い入れなどを語っている。もちろん本について語られているのだが、あくまで主体は本ではなく、本棚についてというところが面白い。本棚をどのように整えるか、整えないかというのはそれぞれの本に対する考え方や思い入れなどを表すものだということがよく分かって大変興味深い。それぞれの本棚の写真が掲載されているのも楽しい。

  • 様々な業界で活動する著名人の本棚にまつわるエッセイ集。

    そのものずばり自分の本棚について、過去の記憶の中にある本棚、その本棚にまつわる何がしかのエピソード、本棚とあまり?関係のない本や本人に関するエピソード等々。

    本を読み文字を書く方々はやはり面白い本を知っていたり面白いエピソードを持っていたりする。

    軽い読書案内本としても読める。

  • むろん自分の本棚ではない
    むろん自分の蔵書でもない
    でも なんでしょう
    この わくわく感
    この そうそう(うなづく)感

    時折 知人の家に寄せてもらって
    その本棚を見せてもらったときの
    あの ほぉーっ
    あの へぇーっ
    こんな愉しみが
    本好きの愉しみなのですね

    その「愉しみ」を本の形にすると
    こんな風になるのでしょう

  • 本棚って魔物である…。
    増やしたそばから本が増える苦悩は、本好きならみな同じ。

    池上彰さん、内田樹さんのお話からは、やはり親の影響は甚大だなと改めて感じる。
    磯田道史さんの初の夫婦喧嘩は、何回読んでも笑ってしまう。

  • ブログに掲載しました。
    http://boketen.seesaa.net/article/406699869.html
    ふつう「私の本棚」というタイトルは「私の本棚にはこんな本が並んでいる」という話だなと思わせる。
    ところがこの本は、本を片付ける・整理するための本棚それ自体のお話し。新潮社の小説誌『yom yom』(ヨム ヨム)に連載されたエッセイをまとめたもの。
    ものを書くことを仕事にしている人たちは、ごくふつうに何千冊、何万冊もの本を所蔵する。恐ろしいことだ。
    筆者のひとり井上ひさしは、本の重みで建売住宅の床が抜けた体験を書いている。その後、生まれ故郷の山形県川西町に「遅筆堂文庫」が誕生し、寄付した蔵書が二十万冊という。想像を絶する。
    小野不由美は蔵書の背文字が見える本棚をつくるために、各本の背幅をはかり総延長「43万8400ミリ」(400メートルトラック一周分)という数字を割り出した。そしてそれだけの背幅の本を収納できる書庫・本棚を作った。すごいとしか言いようがない。単行本の背幅は通常25ミリくらいだから、単行本換算で1万8千冊くらいか。

  • 2013.12.25市立図書館
    新潮社の文芸誌『yom yom』に掲載されたリレーエッセイらしい。
    蔵書家の苦労話。
    あるある、と共感する。そこまで、とたまげる。その手が、と感心する。
    文庫化されたら買おう。

    小野不由美、椎名誠、赤川次郎、児玉清、南伸坊、井上ひさし、荒井良二、唐沢俊一、内澤旬子、西川美和、都築響一、中野翠、小泉武夫、内田樹、金子國義、池上彰、田部井淳子、祖父江慎、鹿島茂、磯田道史、酒井駒子、福岡伸一

  • 小野不由美さん目当てだったけども、どの方の文章も興味深く面白かった!
    溢れる蔵書との闘い、それぞれの付き合い方、読書の思い出。他人の、しかもその点に関してハイレベルな人の本棚をのぞくのは楽しい。本好きって、異常なまでの知識欲がある。雑多な…
    全員がものすごい読書量で、感心しっぱなしでした。これだけ持ってると、本に対する気持ちも凡人とはなんとなく違ってくるだろうな。
    天井まである本棚とか、暖炉と安楽椅子のある書斎とか、本専用の部屋とか、に憧れる。

  • 侵食されつつあるマイルーム....

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロビン・スローン
三浦 しをん
三浦 しをん
梨木 香歩
クラフト・エヴィ...
又吉 直樹
本屋図鑑編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

私の本棚を本棚に「積読」で登録しているひと

私の本棚の作品紹介

本好きにとって、本棚は宝物、憧れ、宇宙。そして、本棚はほんとに厄介――。ずらっと揃った文学全集や、愛おしい本だけを並べた棚など本棚の思い出は人それぞれ。でも一番の悩みは、溢れる本との長年の格闘―― 小野不由美・椎名誠・児玉清・南伸坊・井上ひさし・荒井良二・西川美和・中野翠・内田樹・金子國義・池上彰・鹿島茂・福岡伸一など23人の読書家による、本棚にまつわるちょっといい話。

私の本棚の文庫

私の本棚のKindle版

ツイートする