風の盆恋歌

  • 24人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 高橋治
  • 新潮社 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103569091

風の盆恋歌の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 酒井順子さんのエッセイに2回?位出てくるので興味を持ち読んだ。
    後半わけがわからなくなった。

  • 水の音、酔芙蓉、前を進み続ける振り向かない

  • 五十代の男女の恋愛物語。
    綺麗事過ぎないリアルさを感じた。
    まるでロミオとジュリエットのような最期だったが、もっと生きて生き続けて、二人が気持ちを貫く姿を観てみたかった。

  •  ぶっちゃけ言うと、不倫の話。
     しかし、その根底に流れているものは、とても綺麗な風の盆。手紙に和歌を添えたり、風の盆の歌に合わせて踊ったり、八尾の町並みなど、綺麗な文章は流れていくように頭に入って透明な雰囲気を持ってます。
     少し退廃的な匂いも感じさせつつの、ラストは切なく物悲しいです。

  • 金沢、富山などを舞台とした作品です。


  •  美しい世界を見ました。

  • おわら風の盆に行き,薦められたので読んでみた。
    おわらの雰囲気は伝わってきたし,とてもきれいな映像が浮かんでくるので,富山人間としては,こんな伝統行事があって誇りに思える。だけど,悲劇にしてほしくなかった。悲劇のヒロインを演じるほどむなしいものはないと思う。<div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4103569093%3ftag=booklogjp0937-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">風の盆恋歌</a></div><div class="booklog-pub">高橋 治 / 新潮社(2003/06)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:82,409位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4103569093%3ftag=booklogjp0937-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4103569093/via=esponozo" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 今、日経新聞で、渡辺淳一さんの連載が始まったが、そこにも風の盆が書かれていた。
    まだ見たことがないが、なんだか艶っぽいものを感じる。
    不倫は賛成できないけれど、人を愛する事は素敵な事だし、止められない。

全8件中 1 - 8件を表示

高橋治の作品

風の盆恋歌の作品紹介

散る前にせめて一度は酔いたい、あの酔芙蓉のように…。ぼんぼりに灯がともり、胡弓の音が流れて、風の盆の夜が更ける時、死の予感に震える男と女が忍び逢う…。互いに心を通わせながら離れ離れに二十年の歳月を生きた男女が辿る、あやうい恋の旅路を、金沢、パリ、八尾を舞台に描く長編。

風の盆恋歌はこんな本です

風の盆恋歌の単行本

風の盆恋歌の文庫

ツイートする