エトロフの恋

  • 105人登録
  • 3.28評価
    • (8)
    • (8)
    • (47)
    • (3)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 新潮社 (2003年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103622062

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エトロフの恋の感想・レビュー・書評

  • 11月の3連休、小説は『エトロフの恋』、一方でGyaoの無料視聴キャンペーンでABCのTVドラマ『リベンジ シーズン1』をコンプリート。観念的な島田氏の小説と、いかにもアメリカでございという良くも悪くも通俗的なドラマが対極にあり、おかしな食い合わせとして良かったが、頭の中もグチャグチャだ。
    2003年に上梓されたこの作品では、最近の小説ほど、氏のアメリカ合衆国嫌いは色濃くない。シャーマンの話は氏の作品ではたびたび取り上げられるが、通俗的な資本主義と対極をなすのはシャーマニズムだったり民俗学だったりと気づかされた。

  • 第2作だと思って読んだので、中間で何が起こったのかが気になって仕方なかった。あとがきに、いろんな順番で読むことができる作品だと書いてあったがその通りだと思う。
    最後にこの作品を読まなくて、私の場合は正解だったと思う。いずれこのような結果になるのだということ感傷的な結末を念頭に起きながら、『美しい魂』を読み始めることができたから。

  • 同上、なのだが、最終巻のオチ(というかまとめ)はイマイチだったような。それが右翼に脅迫されたからなのかどうかは知らない。

  • 最後になってエトロフまでの過程が納得、中学生の時に好きになった不二子は皇太子妃に、かなわぬ恋はエトロフの地に逃れても忘れることなく男は最後まで一途・・・ 

  • 無事終了。北方領土。皇室。アイヌ。とてんこもり。おもしろかった「けど」ってところかしら。

  • 「無限カノン」3部作。文庫版あり

  • 確か3部作が出ていたはずだ、と手に取ったのがこれ。よく見ないで最後の章から読んでしまったようだ。結末があって、それからプロローグを読む、でもいいか。
    「夢を見る」感じが以前よりずっとリアルに出されていて、いい。

  • 無限カノン3部作の最終巻。1、2巻ではカヲルと不二子の愛、先祖代代にまつわる愛の話を、カヲルの娘である文緒がアンジュによって聞かされるっていう設定だったけど、この『エトロフの恋』だけはカヲルが主体となって話が進む。
    退廃的であることは美しいことだ。そう思った。

  • 壮大な三部作の一部。
    成就で着なかった、封印された恋が再び夢や回想となって主人公を悩ます。
    恋には終わりが無いものなのかもしれない。精神愛。

  • やっちまった・・・3部作なのに、1→3って2飛ばしちゃったよ!!!しまった〜。しかしあとがきに1→3→2の順で読めば推理小説の様に・・・って書いてたから良い事にしよう、てか良い事にしなかったらやり切れない。だって気付いたの最後の最後の〈無限カノン 第3部 完〉ってとこだし。まぁそれはもういいや。なんか、他人の頭の中の迷路の中を、旅してるみたいな気分になったお話だった。カヲルの頭の中は 長い長い恋に満たされていて、その恋は死なない。なんか勇気づけられた様な気がする。

  • 3部作最後の作品。
    しかし一度「美しい魂」で臨界点に達した作品に対し、この続編は少し蛇足感がある。
    テーマは主人公の魂の救済。

  • 三部作の最初の二つに勢いがあった分、失速しましたね。残念。

  • 無限カノンの3部作完結編。
    未読。

  • 【無限カノン】最終巻。
    前ニ作を引きずったまま読むと、少々肩すかしを食らったような気持ちになる。
    でもこれでいい。
    ただひとつ。
    私の脳内でのこの頃の中年カヲルはどうしても島田雅彦本人になるんだよなぁ〜?男前だけど…。

  • 無限カノン最終作。私は一部、二部と順番に読み進めてきたので気にしたこともなかったんでうすが、この三部作はどこから読み進めてもわかりやすい、楽しめる小説なんだそうです。一部二部に比べるとひきこまれる感は若干弱いんですが、それでも十分に面白いです。ぜひ一度、三部作あわせてお楽しみくださいな。

  • 彗星の住人・美しい魂に続く『無限カノン』最終巻。

全19件中 1 - 19件を表示

エトロフの恋を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エトロフの恋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エトロフの恋を本棚に「積読」で登録しているひと

エトロフの恋の作品紹介

あの人は、深い森へと姿を消した-。恋に破れ、家は破滅し、声を奪われ、穢れた死者として追放されたカヲルは、最果ての島へたどり着く。「一番いい時代の私をあなたに預けます」-あの人の微かな声に導かれ、黄泉の国と繋がったこの場所で、恋は今再び、脈打ち始める…。島田雅彦の代表作「無限カノン」第三部完結編。

エトロフの恋はこんな本です

ツイートする