ニッチを探して

  • 273人登録
  • 3.50評価
    • (11)
    • (38)
    • (55)
    • (2)
    • (2)
  • 55レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 新潮社 (2013年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103622086

ニッチを探しての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家族から職場から、突然の失踪。中年銀行マン、藤原道長は会社のカネを着服し、にわかホームレスとなり、誰も知らない自分だけの居場所「ニッチ」を求めて東京都内を歩き回る。先住のホームレスから教えを受けたり、施されたり。オヤジ狩りにも遭い、痴呆症の美魔女から自宅に招待されたり。そんなこんなを繰り返し、彼は立派なホームレスへと成長する。

    しかし、「ニッチ」はなかなか見つからない。やがて、彼の着服金を追って、悪の組織が動き出す。

    小説という形式だが、これは都内ホームレスのHow To本だ。どこで時間をつぶせるのか、食事ができるのか、睡眠をとれるのか、具体名をあげて詳細に説明されている。おそらく、著者もプチホームレスを体験したのだろう。ものすごく具体的。屋根と壁が人間の安らぎの源なんて表現は体験しないとわかるまい。

    沢木耕太郎の「深夜特急」を読むと一人旅をしたくなるように、この本を読むと、無性に野宿をしたくなる。

  • 「21世紀版東京版ユリシーズ」と帯に書かれた作品。

    とある事情で逃走という名の放浪生活を余儀なくされた中年男の東京近郊ロードムービー。「ニッチ」=生物に適した生存の場所・条件、は多様である。しかし存外、人は家を持ち、仕事を持ち、家庭を持っていると日常=「自分のニッチ」以外のニッチには目が行かないものである。
    主人公道長は、放浪生活の中で東京近郊にもかくも多様な生命と日常が存在していることを知るのである。

     島田雅彦自体は、キザな二枚目、サヨク、独身貴族・・・みたいな鼻持ちならないイメージが強かったが、新書「酒道入門」を読んで完全にイメージが間違いであったことに気付いた。この作家は、世界や周縁的なもの、に対して愛着をもった眼差しを持っている。最近読んだ中では、開沼博さんの「漂白される社会」と共通点を感じる。
     多様なニッチにおける生の営みから、都市における現代社会の問題を独特の視点で切り取っている。学生時代にデビューし、その後数年感に渡り世界各国を放浪した島田さんならでは、だ。途中、漱石の則天去私ではないのかなと思うような境地も垣間見えていて、このへんは自分が5年10年した時にどんな心境になっているのかも気になり、再読は確定な小説となった。

  • おもしろかった。
    初めての島田雅彦作品!
    ストーリーは結構好みだったが、表現が面倒くさいことが度々あった。
    まぁ、好みの問題ですけど…

  • 話自体は面白いのです。
    ただ、いかんせん序盤で、妻子持ちの男性があっさりデリヘルを利用しちゃうシーンが、免疫力のない私にはショックでした。

    娘さんとの信頼感溢れるやりとりの中でも、つい、序盤のことが思い出されてしまい、主人公・道長を素直に応援しきれませんでした。

    物語全体からすれば、かなり瑣末なことなのですが。

    話自体は面白いです。

  • もう少しやり方はなかったのか。
    銀行と金融ゴロの不正を暴くにしても。匿名の内部告発とか。
    NPOに融資して1億円残して不正に着服したように見せかけて自分は雲隠れ。プータロー生活。
    路上生活もリアリティがあるのかないのか。その場しのぎ。家族に心配をかけて、生き残れたから良かったものの、埋め殺される寸前。
    ハラハラしながらも、どこかで冷めていた。

  • タイトルにあるニッチとは生物の多様な生息に適した場所、もしくは条件のこと。家族も仕事も捨てて、ある日突然失踪した銀行員の藤原道長。彼が自分の生きやすい場所を求めてさまよう物語と思いきや、銀行の事情や、それに対する彼の思いなど色々あってだんだんサスペンス的な色合いまで出てくる。久しぶりに一気に読まずにいられない小説に出会った。

  • 久々に手にした島田雅彦作品。痛快!

  • ★3.5。父の謎かけをすぐ娘が理解するあたりはやや都合良すぎに感じたけど、現代人が突如全てからドロップアウトして”ニッチに”生きようとする様がリアルに描かれていて、今のホームレスの生態など面白かった。

  • なんかミステリーなのかなと思ったんだけど、、、。
    自分探し?なんかよくわからなかったな。
    やっぱこういう話はいまいち好きじゃない。

  • 正義を貫き社会から離脱したホームレスで生き抜くお話。
    ライトにリアルに現代のホームレスの生き方が書かれています。
    なかなか面白い。

    事件との関連づけは、まあまあなのでしょうか。

    ニッチ(居場所)を探して…

全55件中 1 - 10件を表示

島田雅彦の作品

ニッチを探してを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニッチを探してを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニッチを探しての作品紹介

会社を辞めたい人、すべてを捨てて失踪したい人、居場所を探している人、必読! 大手銀行に勤務する藤原道長は、行内で背任の容疑をかけられ、妻と娘を残し失踪する。サラリーマン生活の離脱初日は優雅に鮨をつまみ高級ホテルへ、翌日からは下町の酒場、公園の炊き出し、路上、そして段ボールハウスへ――。所持金ゼロで生き延びるためのニッチ(適所)はどこにある? 東京をサバイバルする実践的サスペンス。

ニッチを探してのKindle版

ニッチを探してのAudible版

ニッチを探しての文庫

ツイートする