ハイスクール1968

  • 63人登録
  • 3.57評価
    • (6)
    • (6)
    • (15)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 四方田犬彦
  • 新潮社 (2004年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103671046

ハイスクール1968の感想・レビュー・書評

  • この人の書くものは何でも好きだ。
    何か読みたいけど、あれもこれも目はいくものの、「これ」といった決め手がないような時、読んでいないこの人のものを買います。ハズレがないから。

    本書は、著者の読書や趣味の遍歴をカタログ的に楽しめる。というより、いつも半分はそれを期待している。最も信頼できる読み手・受け取り手のレビューの集成というか。

    辺境とされる地に好んで赴く著者ですから、足で拾った情報というか、商業マーケティングを通じて流れてくる情報ではなかなかひっかからないような、ともかくも、世界を広げてくれます。

    行き詰まった時、読みます

  • 時はめぐるめぐる。あの時からぼくたちはなにがかわったんだろう。

  • 育ちが違いますね。それはしょうがないし、本人の責任ではないし、私自身が努力不足だと言われればそれまでだし。でも、世の中、もっともっと格差が大きくて、しかも私はそれを一概に否定する気もない。こういう人たちも必要だと私は思うのです。

  • 098.初、並、カバスレ、帯付き。
    H.21.7/9.伊勢BF

  • 先に『先生と私』で大学時代を振り返った四方田犬彦はその前に、書くことによって高校時代からの解放をめざす作品を書いていた。それが本書である。それは彼自身の青春への回顧であると同時に、若くして死んだ二人の友人への鎮魂の書でもあった。そのうちの一人に対し四方田はこういう「ぼくが書かなければ、十九歳だった彼女の人生の輝きのことは、地上で誰も記憶している人がいなくなってしまうわけだろ」と。それにしても、ここで描かれている四方田の高校時代のなんと早熟なことか。かれが読んだ本、みた映画のリストをみているだけで目眩がしそうになるほどだ。かれが高校に入ったのはぼくが大学に入った1968年である。ほとんど同時代に生きながら、かれが読んだほとんどの本に興味がいかなかったのはなぜか考えさせられてしまう。しかも、そうした読書経験を四方田は高校時代にすでにすませてしまっているのである。驚くべきことである。東京ではこうしたことが高校生の世界でも当然のこととされていたのだろうか。


  • 俺俺ジャイアニズム100%。当時の時代背景が垣間見れて良い。

全8件中 1 - 8件を表示

ハイスクール1968を本棚に登録しているひと

ハイスクール1968を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハイスクール1968を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイスクール1968はこんな本です

ツイートする