二十四時間

  • 124人登録
  • 2.95評価
    • (3)
    • (6)
    • (43)
    • (9)
    • (3)
  • 27レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2004年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103710059

二十四時間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んだか不明

  • よかった。
    最初はノンフィクションなのかフィクションなのか、わからないまま読んでいき、途中から乃南さん個人の実話なんだとわかってきたのですが、短い中にぎゅっと凝縮された、誰にでもあるような、濃密な心の動きと体験が詰まっていました。
    読みながら、私もその時間帯にまつわる、幼い頃の記憶や、そのときの親や友人の言動など、いろいろなシーンが思い出として浮かんできました。
    時間って不思議。短くなったり、長くなったり…。
    体験を言葉にしていくって、だから大切。
    とろりと濃密で幸せな読書時間を送れました。

  • 時間帯ごとに切り取られたストーリーの連作。私小説?ごくごく気軽に読めたが、それ以上でもそれ以下でもなし。

  • 24時間それぞれの「時」にまつわる短編。
    短編というか、エッセーというか?
    たぶんモデルは筆者自身だと思う。

    子供時代の話など「あぁ、そうそう、そんな感じ」
    と共感する部分も多かった。
    ミステリを期待して読むと肩透かしかも。

  • (収録作品)「二十三時」/「十八時」/「十三時」/「八時」/「三時」/「二十二時」/「十七時」/「十二時」/「七時」/「二時」/「二十一時」/「十六時」/「十一時」/「六時」/「一時」/「二十時」/「十五時」/「十時」/「五時」/「零時」/「十九時」/「十四時」/「九時」/「四時」

  • 短編集のようだが、途中まで読んで挫折。
    この作者でここまで全く入れなかったのは初めてです。

  • 二十四時間ってタイトルと、ぱらっとめくってみた目次に並んだ「二十三時」「十八時」…という章から、ピッッッピッッピッピピピピピピーーーーーの音が頭の中で鳴りドラマの「24」を連想して勝手にそういうミステリーだと思い込んで読み始めたのでした。一章目、二章目、、、ページを繰れば時代も場面が変わり一向に事件も起こらない。この主人公はもしかして!?と、ようやく気付いたのだけど、これは何時という時刻とその時刻に絡めた思い出がつづられたご本人のエッセイでした。乃南さんのミステリーといえば、これまた勝手に寒・冷・鋭・尖・惨・灰色とか薄暗いとかそういうイメージ。なのですが、このエッセイは赤く染まる夕陽のような懐かしい色に包まれてる。乃南さんとはちょうど10歳違いなのですけど、子供時代の話にはあるある話が多いし、ジャンルは違えど学生時代の自分だけが疎かった話なんか「そうそう!そうだよね」と話しかけたくなるくらい。読む章によっては、すっかり記憶からなくなってたような昔の思い出をふっと思い出したりもしました。凡人と違うのはそういう普通の出来事が、雑多なままではなく風景が見えてその場にいるような気持ちになること。自分もこういう風なメガネで事実をいつも見られたらどんなにいいだろう。

  • 短編集仕立てのエッセイ。ん・・・あんまりおもしろくなく途中で挫折。最後まで読む気になれなかった・・・。

  • 12/04/15 最初は面白いが、後半はダレ気味。

  • 10ページ程度の短篇が集められている。45ページ(4編)まで読んだが、ピンと来ないのであきらめた。

全27件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乃南 アサ
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
乃南 アサ
東野 圭吾
東野 圭吾
奥田 英朗
三浦 しをん
桐野 夏生
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

二十四時間を本棚に「読みたい」で登録しているひと

二十四時間を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

二十四時間を本棚に「積読」で登録しているひと

二十四時間の作品紹介

小学生時代、深夜放送にチューニングしたまま微睡んだ耳が異形の者たちの会話を捉えた「午前零時」の恐怖。一人暮らしを始めたアパートの階上で繰り広げられた修羅場に否応なく想像が走る「午前二時」の興奮。二十四の時間帯それぞれに刻まれた痛切な人生のステージ。過ぎ去った記憶が不思議な二十四角形を描く初の連作短編集。

二十四時間はこんな本です

ツイートする