風の墓碑銘

  • 344人登録
  • 3.70評価
    • (36)
    • (78)
    • (82)
    • (6)
    • (1)
  • 88レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2006年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103710073

風の墓碑銘の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 音道貴子シリーズ。
    久しぶりに読みましたが、やっぱり面白かった!
    しかも、本作では滝沢刑事とのコンビが復活。
    相変わらず、ぶつかり合いながらも、名コンビぶりを発揮して事件の真相を解明していきます。

    読み進めて行くうちに、事件や人間関係が絡み合い、そこに音道や同僚刑事の恋愛模様まで・・・どうやってまとめるのだろうと思いましたが、そんな心配は必要なかった。
    事件の真相はスッキリしないけれど、最後の最後で読後感は悪くないかな。

    音道と滝沢の関係が、少し変化しているところも面白かった。
    章ごとに、音道と滝沢の視点が入れ替わっているのも人物描写を深めていて、お互いの良さを認め、距離感が縮まったみたいだけれど・・・素直じゃない。
    これから、そんな二人の関係がどのように変化していくのか楽しみです。

  • 音道貴子シリーズ第6弾。
    期待通りの面白さ。
    過去と現在の事件。
    いくつもの謎に、時間の壁。
    偽刑事問題も絡んできて、地道な捜査の醍醐味を味わえるストーリー。
    貴子と滝沢の関係性が、変化しているのも面白い。
    お互いいらいらさせ合っているのは相変わらずだが、息のあった「相方」になっている。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-62d4.html

  • 音道と滝沢。

    この二人は、コンビを組み、いわゆる相棒として捜査にあたる機会が多いのに、どうも噛み合わない。

    滝沢目線と音道目線でストーリーは流れていくのだが、相手を見る目がチグハグだ。いい加減、心を通い合わせて、最強のコンビになってよ、と思うのだが、このチグハグさも、音道貴子シリーズを支える魅力の一つなのかもしれない。

    解体中の家の地中から、男女2人分と、嬰児と思われる小さな骨が見つかった。

    その家の家主である老人は認知症が進み、介護施設に入っていることを知る。

    ほどなく、その老人の撲殺死体が発見された。

    その捜査本部に助っ人として駆り出された音道は、そこで滝沢と再会する…。

  • 2017_04_26-036

  • 犯人が分かってしまったけどまあまあです

  •  「凍える牙」で大変なコンビを組んだ滝沢とのコンビ復活という事で、楽しみに読み始めました。
     古い木造住宅を解体作業中に、地中から解体業者が人骨を発見する。
     そして、捜査関係者たちによる、人骨の発掘作業が行われた。
    その時、偶然音道は、女性の頭蓋骨を発見する。
    そして、その後母親の骨盤近くに、小さな頭蓋骨も発見され、それが胎児だったかもしれない、という事実に捜査員が皆息をのむ。
     その埋められた人たちの無念をなんとか晴らしたいと、音道はその家の持ち主、今川老人に当たることになるが。
    しかし、今川老人は痴ほう症を発症していて、なかなか過去の記憶を聞き出すことが出来ない。
     そして、そうこうしているうちに、その今川老人が殺される。
     その犯人探しの中で、浮かび上がってくる容疑者、長尾広士。
     その過去を探す中でみつかる手がかり。
     思いもかけないパーフェクトな事件解決。
    音道の執念が実って良かった。
     ただ、滝沢の音道に対する心配りが全然通じていないのがかわいそうでした。

  • 解体中の古い住宅から3体の白骨死体が出てきた。
    家主は認知症の進んだ老人
    その老人が殺され、事件は謎を深めてゆく

    音道貴子と滝沢保のコンビシリーズ
    ふたりの間が少しずつ変わって認め合っていく。

    無駄足を踏みながらも真相へ迫ってゆく様子が
    ゾクゾクさせて、ページをめくる手がとまりません

  • 白骨遺体が3体発見された。発見された借家の持ち主は痴呆が始まっており、聞き込みに苦戦している最中殺害されてしまう…担当していた男女の刑事が1つずつ事件を解決していくお話

    最初はなかなか事件が進まなくてページをめくるのが重かったが、段々と刑事の息があっていくにつれて物語に入っていけた。語り手が女刑事と男刑事に変わっていくことで、物語を退屈させなかった。

  • 音道シリーズ、久々に読みました。短編のを読んでないので、成長の具合がわかりません。なぜか好きなんですよね。音道貴子と、滝沢!

  • 貴子の仕事に対する姿勢が好きだな。
    私情は入れたくない。
    オフィスラブとか、想像つかない。(笑)
    滝沢が、まるくなってる。
    なんだかんだと、結局いいコンビで、嬉しい。
    音道の原動力は、やっぱり怒りなのかな。
    女の友情って、難しいのか?厳しいね。
    で、なぜか、私の周りは多い、昴一くんみたいな人。
    うん、これからの二人が楽しみ。
    読後感は、すっきり♪

全88件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風の墓碑銘を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の墓碑銘を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風の墓碑銘を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の墓碑銘を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする