すれ違う背中を

  • 429人登録
  • 3.55評価
    • (19)
    • (97)
    • (102)
    • (6)
    • (2)
  • 88レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2010年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103710110

すれ違う背中をの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作を読んだ時も思ったけど原作の方がドラマよりも人間のイヤな部分が黒々見えて芭子の性格もかなり人間臭い。でもこういう感じの方がリアリティーがあると思う。それにしてもドラマで斉藤工さん演じる大道芸人の彼(名前忘れたけど)はドラマオリジナルだったのね(・・;)ちょっと残念

  • いつか陽のあたる場所での続編。
    ドラマ始まっちゃったので、あせって借りたけれど、
    何回か見ちゃったので配役が染み付いてしまったかも。

    二人とも、元気出てきてよかったな。嬉しい。
    コスモスみたいな人は、DV云々抜きにしても、
    いるわ。
    何人か思い出しちゃったな。(!)
    普通の感覚の人が結局振り回され心も多少ダメージ・・・なんだよね。

    更に続編が楽しみです♪

  • 「いつか陽のあたる場所で」の続編。
    前作より、より光が射してきた感じ。
    人は誰でも、間違ってしまうことはあるけど、それを乗り越えて、光あふれる場所で自分らしく生きるってことを胸を張って、誰もができればいいと思う。

  • 静かにドキドキするほど、面白かった。私の好みである。きちんとオチがあるというか、すっきりする終わりがある話が好きなので、すっきりした気分で読み終わりました。前科者の女性2人が身を寄せ合って、でも最後は背筋を伸ばして生きる話。なによりパンが食べたくなったので、明日の朝は焼きたてパンを買いに行こうと思います。

  • 2016.6.25読了
    二人が前向きに生きていて嬉しい。特に何か大きな事件があるわけでもなく、慎ましく生きている二人だけど、ドンドン読み進めたくなってしまう。(図書館)

  • 2019.2.6-9
    ホストに入れあげ強盗を犯した芭子と息子にまで危害を加えようとするDV夫を殺めた綾香が前向きに生きる中で遭遇する4編。

  • いつか日のあたる場所で、の続編

  • 前科者の2人がつまずきながらも前を向いて歩いて行く第二弾。
    どのお話も暗さが伴っていたのが残念。
    人を信じることに臆病になっている2人に追い打ちをかけるような人ばかりが登場。
    その分、ペットのポッチに癒やされる場面が多かったのかな。

  • 「いつか陽のあたる場所で」の続編。
    前科もちの芭子と綾香が自分の過去を後悔し
    おびえながらも懸命に今をいきる二人の話。

    「いつか・・」はドラマにもなり
    小説よりもドラマを先に見たので
    出演した女優さんの顔を思い浮かべながら
    読みました。
    二人とも芭子と綾香をうまく演じていたなぁと
    思いました。
    乃南アサさんの小説は読みやすく情景も
    思い浮かびやすいし大好きです。

  • シリーズ2作目。パターンができてしまっていてちょっと飽きてくる。3作目には少し違うパターンになってるのを期待したい。

全88件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すれ違う背中をに関連する談話室の質問

すれ違う背中をを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すれ違う背中をを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すれ違う背中をの文庫

すれ違う背中をのKindle版

ツイートする