我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)

  • 220人登録
  • 3.37評価
    • (5)
    • (21)
    • (40)
    • (3)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2008年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103750055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
村上 春樹
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
湊 かなえ
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
三浦 しをん
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)の感想・レビュー・書評

  • 表題作を含む5編の短編小説。
    殺人事件らしい事件は殆ど起こらないけれど、どの物語も登場人物が生き生きとしていて物語を彩る。
    一つ一つの何気ないミステリーがどの作品も温かく描かれていて、これらが初期作品とは思えないほどの物語群となっている。

  • 著者初期の短編集。
    短いながらも物足りなくならず
    きちんと展開していてさすが。

    【図書館・初読・2/4読了】

  • 『すずらん本屋堂』で成井豊さんが絶賛していたので購入しました。宮部さんの短編集は初めて読んだのですが、とても読後感がよかったです。

  • とてもサクっと読める5つの短編集。
    犯罪側で始まり、謎解き、手品と種明かし、謎解き、騙す側で終わる。
     表題作「~隣人の~」は叔父さんの見事な計画実行完了!と思いきや凡ミスと偶然からちょっぴりどんでん返しで思わぬ結果を招いて面白かった。
     その偶然性がほぼ無く完璧にやり遂げたのは「~自殺志願」
    「~誰の子」自分が知っているという事を親は知らないからそのまま知らないフリをしていたい。そんな少年ともう一組の切ない家族とのお話にホロリ。
    「サボテン~」名誉や評判の為に子供たちの自発性を封じようとする教師たちと、少しおませな子供たち、そして子供たちの味方の教頭先生。手品の裏にある大きな計画と想いに微笑。
    「祝~」本格的だけどライトな推理モノ。エレクトーン奏者にしておくには勿体無い才能ですね(笑)蓋を開けて見ればなんてことないんですが、そこに至るまでの推理展開が心地よかったです。

  • ほのぼの犯罪的な話。短編集。
    どれも後味がよく、面白い。さすが。

  • 全体的にほのぼのとした雰囲気が感じられる短編集だと思います。
    展開にやや強引な感じがしないでもないですが、バラエティに富んだ作風も楽しいし、この時期にしか書けない作品だったのではないでしょうか。

  • 【我らが隣人の犯罪】 宮部みゆきさん

    僕が新しく引越してきたマンション「ラ・コーポ大町台」。都心までの通勤時間が三十分、隣には自然公園もあり、窓からの眺めは山のロッジを思わせるという恵まれた環境に家族全員が喜んだ。しかし、そんな浮かれ気分はすぐに吹き飛んだ。

    隣に住む女性の飼っている「ミリー」という名のスピッツが兎に角うるさいのだ。いくら苦情を訴えても効果なし。仕事で忙しい父も母もほとほと疲れてしまっていた。

    僕は家族を救うため、伯父さんのアイデアを得て行動を起こすことにした。ミリーをさらうのだ。そしてそれを実行にうつそうとした時、ある物を発見した。 「我らが隣人の犯罪」、ほか4編を収録。



    やっと普段の読書ペースが戻ってきました。短編ミステリーで読みやすい。この中に収録されてある「サボテンの花」は既に読了済み。。やはりこの中でも「サボテンの花」が一番よかったな。

  • 図書館で借りた本

    短編集。

    表題作は、3棟くっついた形の家に引っ越してきた、主人公一家が、隣のスピッツの鳴き声にうんざりしていて、なんとかしようと、計画を立て始める。

  • 宮部作品は初めて読みました。
    描写が丁寧でわかりやすく尚且つ面白い!
    個人的に最初と最後の話が好きです

  • 初、宮部みゆき

    どれも読みやすく面白かった。
    他の作品も読んでみたい。

  • 宮部さんの書かれる、かしこくて大人びた少年達が何か好きです。短編集でしたが、どれも読後感が良くて爽やかな気持ちになれました。

  • 最近凄惨なミステリに当たってばかりいたので、楽しく読みました。読後おもわずニッコリするのばかり集まってて。教頭先生のやつだけちょっと泣いた。

  • 短編集なので読みやすい。これは日常ミステリに入るのかな?

  • やたら読後感の良い作品ばかりでした短編集。
    犯罪話のはずなんですけどね。
    そこはそれ、うまくやり返しやがったなというところでしょうか。
    面白かったです。

  • サボテンの花が良かったかな。短編で読みやすかったな。

  • 面白かった。どの話も軽妙でそれぞれ愛すべき主人公でした。「この子誰の子」のターヤンや「気分は自殺志願」は温かだし爽やか。良かったです。

  • 短編集です。我らが隣人の犯罪はデビュー作みたい。

    隣の犬がうるさいことから始まったストーリー。

    屋根裏から犬を連れ出す計画を立てるが実行してみると・・・

    誠は下見をして印をつけた。そして本番は叔父さんが実行した。

    ところが叔父さんが見つけてきたのは預金通帳と印鑑。隣の家は脱税をしていた。

    展開が面白い。家が両隣屋根裏で繋がっていたからできることだ。発想が面白い。

    両隣あって間違って反対側の天井に行ってしまうがそこで通帳と印鑑を見つける
    ことにより、叔父さんはあることを思いつく。

    結局、取引は失敗するのだがうるさい犬がいなくなったので満足していると・・・

    最後のどんでん返し。作戦で首輪とセーターどちらを使うのかで分岐点になる。

    この子誰の子では、嵐の夜に突然来客が訪れ、連れきた子供が父親との子供だという。

    中学生がこんなことを聞いたら普通動揺するはずだがある理由によりそれほど動揺しない。

    彼女がシャワーを浴びている間に子供が彼女のバッグをいじって写真がでてくる。そのなかの一枚に自分によく似た顔が・・・


    サボテンの花では、卒業研究でサボテンの超能力について研究することになったクラスは担任がボイコットするという非常事態。

    教頭先生が後ついで、研究はハラハラしながらも順調に進み研究発表も無事成功する。

    そして後日サボテンの秘密が・・・


    祝・殺人では、エレクトーン奏者が探偵役で刑事に推理を話す。その推理に引き込まれすっかり聞き役に徹してしまう刑事。


    気分は自殺志願では、突発性味覚減退症という病気を患ったシェフが自殺に見えない死に方を教えてくれと頼むが作家はもちろん断る。どうして死にたいのか聞いてみると食べ物がゴミのように臭い、とても耐えられない、という。

    作家はある作戦を思いつき彼のもう一つの希望書店を持つことを叶える。


    どの作品も一捻りあり、面白かった。最後の作品の自殺志願で作家はいろんな事件を思いつくが最後はどれも解決してしまう。だから絶対に自殺だとわからない方法は思いつかないと言わせてるところが印象に残った。

  • 今読んでます。大好きな宮部みゆき。
    まだ半分くらいしか読んでないけど、本自体も薄いけど短編が何話かまとまった本です。

    短くてもおもしろいな、宮部みゆき。

  • ようやく読みました。
    日本のどこにでもあるような住宅設定に、子どもとミステリを宮部みゆきがトッピングするとこうなるんですね(^_^)
    死にたい老ボーイ長と知り合った作家の話も面白かった。
    まだ読んでない宮部みゆきはいっぱいあるので、ゆっくり読んでいこうと思う。

    装画 / 吉田 尚令
    装幀 / 新潮社装幀室
    注記 / 文春文庫版を底本とした新装版

  • 宮部みゆきの短編集。
    いつもの長編とはまた違う軽い雰囲気で
    さらっと読めます。

  • 宮部さんの初期の短編を集めたもの。表題作のほかに4作品が入ってます。どれも初めて読みました。どれも、日常の出来事が事件に結びついてて、あっという間に事件が起きて、思いもよらない方法で解決していくところが、気持ちよかったです。本当に才能がある人なのだな〜。他にもこの新装版シリーズが出るようなので読んでない作品も読もうと思ってます。

  • 普通に軽く楽しめた。面白かった^^。

  • 宮部みゆき アーリーコレクション(1990年の作品なので、今から27年前!)。5つの短編集。「我らが隣人の犯罪」「この子誰の子」「サボテンの花」「祝・殺人」「気分は自殺志望」。。。「この子誰の子」はAID(非配偶者間人工授精)を扱った作品。

全33件中 1 - 25件を表示

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)に関連する談話室の質問

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)の作品紹介

念願の新居に引っ越した僕たち家族は、いきなり隣家の犬・ミリーの鳴き声に悩まされることになった。僕と妹は、仲良しの叔父さんと手を組んで、ミリーを誘拐することにしたのだが-。宮部ミステリのエッセンスをぎゅっと詰め込んだ、デビュー短編、「オール讀物推理小説新人賞」を受賞した表題作を含む、第一作品集。

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)はこんな本です

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)の単行本

我らが隣人の犯罪 (宮部みゆきアーリーコレクション)の文庫

ツイートする