レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)

  • 417人登録
  • 3.58評価
    • (23)
    • (65)
    • (64)
    • (10)
    • (3)
  • 37レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (586ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103750062

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)の感想・レビュー・書評

  • 分厚い本だが、一気読み。面白かった。

  • 久々の宮部みゆき。

    分厚かったので期限内に読めるか(図書館で借りたので)心配だったけどあっという間に読めた。

    関係ないと思ってた人たちが最後は繋がりなるほどな、と。
    悪は最後まで悪で逆に気持ち良かった。

    真行寺家族にほっこりさせられた。

  • 途中まで、2種類の小説を読んでいるような感じですが、少しづつ交わっていきます。最後には、きれいに重なり謎が解けます。
    面白かったです。

  • 長かった!話が交わる所は物足りなさを感じたし、閉鎖病棟とか夢に見そうだけど面白かった

  • すごく分厚かったけどどうなるのか気になり一気に読みました。
    レベル7がどういう意味かいまいち期待はずれで、仮想世界に行けるゲームとか、なんかもう少し深みがあったらいいと思った。真行寺一家がかわいくてかっこよくて好きです。祐一と明恵は記憶喪失の間も互いに親しみをもち、想いあってる感じでよかった。

  • かなりの長編を一気に読み終えました
    面白かった~~
    悪人の表現が極悪ではなく、ちょっと気になったかな

  • 久々に読んだ宮部みゆきの長編。タイトルが馴染めずに、この有名な作品を先延ばしにしていたけど、やはりこの著者の素晴らしさを実感。最初は謎すぎて、SF?みたいで、しんどいけど、読み進むうちにはまってくる。最後のどんでん返しの繰り返しは圧巻。伏線をきっちり閉じて肚に落ちる。
    好みとしては、やはり火車、模倣犯かな。

  • 複線や謎が解けた時に爽快感がすごかったです。

  • 本格ミステリーはかーなーり久しぶりだったんですが
    それでもって宮部みゆきは初めてだったんですが面白かったーーー!
    図書館で、カンと帯で本を選ぶので当り外れはげしいんですが大当り。
    1つの事件を巡って何方向からの物語が同時に進んでいくんですが
    どこで交わるのかなってわくわくしながら読んでました。

  • 導入部分がとても面白く、思わず話に引きこまれた。ただストーリー全体のまとまりとしては、「あれっ」と思う所もあった。
    女性作家らしい細やかさはいつものことだが、やはり、どんでん返しが用意されていた。

  • レベル7までいったら戻れない

    レベル7とは何なのか。
    戻れないってどういうこと?
    なんだか頭の中が?でいっぱいになる作品でした。
    そんな謎が少しずつ見えてきて、2つの線が1つの線になっていって、次の日の朝が早いにもかかわらず最後まで読み切っちゃいました。
    ようやくあたしはあたしを見つけた。
    ずっと心の奥がもやもやしてるような、そんな気分です。

  • 丁寧に描かれていて秀逸な一冊(。・ε・。)ノ読みやすいし展開が面白いから一気読みしやすい☆
    伏線もうまい具合に敷いてあって飽きさせないなぁと思った。
    各々の問題を抱えた人物達がラストで大団円になって感動した。
    ちょっと切なかった。

  • 面白くて、続きを読みたくて一気に読み終えた。特に前半の引き込みが秀逸。推理小説を読むと前半に中だるみを感じることが多いのだけど、それが一切なかった。それだけに、結末のあっさり感というのか深みのなさが目立った。ただ、最後まで読んだあとにプロローグを読むと、とてもよかった。


    レベル7まで行ってみる 戻れない?

  • 視点が交差するので「ん?今誰だ?」
    とページを戻ることが何回かありましたが
    誰が敵で味方なのか、どれが本当かと
    ドキドキの展開に一気読みしてしまいました。
    事件が解決したその後がエピローグで語られれば
    いいのにな~
    登場人物たちのその後がとても気になります

  • 最後まで気の抜けない、誰が味方なのか、敵なのか、ハラハラ感がありましたが、今の宮部みゆきの文より劣る気がして、残念でした。今の方がいいのですから、今後に期待ですよね…

  • 一気読みでした。謎が少しずつ解けていく様はやっぱりおもしろい。
    記憶喪失になった男女が隣人と力を合わせて記憶を探っていく。腕に刻まれたレベル7の意味は…

  • 久しぶりに厚めの本を読んだけど
    そんなの全然気にならないくらい面白かった。

    出てくる人が敵なのか味方なのか
    どんどん先が気になる展開だった。

    ただ読んでいくうちに
    結末への期待が高まっていったせいか
    実際読んでみて
    結構あっさり?と感じてしまったところはあるかも。

  • 単行本 1990年発行
    文庫版 1993年発行
    本書は、文庫版を底本とした新装版 2008年発行
    男女が知らない部屋で目覚めたら、大金と銃を手にして記憶喪失、腕に謎の刺青、レベル7という言葉を残して行方不明になった少女、その少女を追うカウンセラー。
    非常によく練られたおもしろいストーリー。

  • カッコーの巣の上でというDVDを思い出した。正常な人が病院の手術によりモノトミー状態にして入院させておくと言うものだ。
    病院の医者の勝手な都合の良い病気(記憶喪失)にさせられてから、同じ部屋で男女が目覚めるというストーリーから始まる。

    探偵マサシリーズの加代ちゃんもお話しにいて嬉しい驚き。
    最後は2転3転があり、読みごたえあるような本があっさり読めて、何かハッピーエンドのような感じで良かったなぁという余韻を軽く味わいながら、午前2時頃…眠りに落ちました。

  • バラバラのピースが少しずつ集まって、一枚の絵が出てくるような感覚。
    長さを感じさせない、テンポの良い作品でした。

  • 読んでいて面白いが、最後の結末が以外とあっさりしていて、先がよめた。

  • 前にも読んだことがあったよねと思いながら、読みすすめていたせいか、内容が頭に入ってこず。でも、フツーにおもしろかった。

  • 前にも読んだと思うけど全然覚えてなかった。
    別々のストーリーがだんだん絡み合って繋がっていく。
    傲慢な男。犠牲者続出で許せない

  • SF苦手です 実は・・・

    でも面白かった~

    あまりにも退屈な.入院生活中にかなりの刺激でした!!

    その後も宮部さんの、本は読み漁りましたが、ファーストインパクト強かったようで、今でも宮部さんなら、これが一番好きです♪

    いるのかな~?

    超能力者(@_@;)

全37件中 1 - 25件を表示

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)を本棚に「積読」で登録しているひと

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)の作品紹介

"レベル7まで行ったら戻れない"。謎の言葉を残して消えた女子高生と、腕に「Level7」の文字を持ち、すべての記憶を失って目覚めた男女。少女を捜すカウンセラーの追跡行と、男女の自分探しが交錯するとき、かつてない凶悪事件の闇が暴かれる。

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)の単行本

レベル7 (宮部みゆきEarly Collection)の文庫

ツイートする