カフカの書き方

  • 24人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 池内紀
  • 新潮社 (2004年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103755043

カフカの書き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マックスブロートは早くからユダヤ人によるユダヤ人のための建国運動に共鳴していた。それはシオニズムと呼ばれ、ブロートはとりわけ熱烈なシオニストの一人であり、自ら約束の地イスラエルへと移った。そのブロートにとって友人カフカは四二知られざるメシアであって、物語は救済で終わらなくてはならない。
    1939年3月ナチスのプラハ侵攻の前夜、ブロートはカフカのノート一切を持ってイスラエルへ逃れた。
    死は長い眠りとすると、眠りは短い死である。

全1件中 1 - 1件を表示

池内紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
谷崎 潤一郎
リチャード ブロ...
ガブリエル ガル...
村上 春樹
サン=テグジュペ...
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

カフカの書き方の作品紹介

手紙や草稿、日記などをもとに、執筆の過程をたどり、新しい発見に満ちたカフカの姿を鮮やかに描き出す。

ツイートする