新リア王 上

  • 401人登録
  • 3.50評価
    • (26)
    • (34)
    • (86)
    • (7)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 高村薫
  • 新潮社 (2005年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103784043

新リア王 上の感想・レビュー・書評

  • もうですね、超すっ飛ばし読み。作者に申し訳が立たぬ。

    父(政治家)と子(坊さん)の対話で振り返る80年代なわけだが、そもそも政治(政党政治&地方政治)にも宗教にも興味がないそれがしのような輩が読んで面白うはずがない。
    これは読み手が選ぶ小説ではなく、読み手を選ぶ小説なんだな。

    というわけだが、それでも下巻に移るのだ。

  • ようやく読了。長かったー。東北は青森の政治家一族の長である父と出家した曹洞宗の住職である息子・彰之との魂の対話。重厚でボリュームがあるため読むのに一苦労。以下に詳しい感想があります。http://takeshi3017.chu.jp/file6/neta6707.html

  • 暗闇の小説だ。自民党代議士として青森の王として君臨した主人公は人生の晩年に金庫番の私設秘書の自殺、妻を筆頭とする一族の裏切りにあう。74歳になる元王が語る政治家人生は光が届かない泥沼の底だった。読んでいて鬱鬱とした気分になるがなぜか止められない。作家は読者に一切配慮せず政治の陰部を突きつける。最後まで読まなければ作者に負けるという意識で読み切った。700頁以上になる小説の残り100頁から異常に面白くなった。さあ、この陰鬱に負けずに政治の暗部を覗いてくれ。

  • タイトル通りで、子どもたちに裏切られる父(政治家)が幹となる物語。
    前作『晴子情歌』は「母から息子への手紙」という形式で、今作は「父と息子の対話」を通してストーリーが展開する。前作では昭和史を描いたが、今作は戦後のというか昭和の転換点をあぶり出しているのかな。作品の時代設定は80年代で、語ることが理解につながる最後の時代だったのかもしれない。
    作品の発表当時の事情を覚えてないけど、これだけ実名が出てくる作品ってすごい。高村薫作品なのだから、政治家の実態もこの作品に描かれているようなものなのだろうか。よく名誉毀損とかの騒ぎにならなかったものだ。
    合田さんが電話口に登場するのがご愛嬌。
    さあもう一度『太陽を曳く馬』を読まなくちゃ。

  • 晴子情歌が母と息子のやり取りだったのに対してこちらは父と息子のやり取りになっている。
    前作は手紙という形式をとっていたから一方通行の様な印象があった。
    今作は対話しているはずなのにどこかが噛み合ないような雰囲気を醸し出していて同性同士の親子の関係の方がより根が深いものなのかもしれないとも思った。
    親子といってもほぼ同じ環境下にいたことがないという特殊さもさながら、何か因縁の様な血の存在を感じるからなのだろうか…。
    とりあえず政治の話はいいとして仏教の宗教観の話が特に理解するのが難し過ぎた…。

  • 何度となく挫折してきたんですが、やっと上巻を読み終えました。
    晴子情歌での彰之のイメージは感情の起伏があまりないように感じたけど永平寺の修行風景では年下に怒鳴りまくってたという人間らしさが感じられて良かったです。
    詳しい感想は下巻にて。

  • 難しい。。
    再読が必要。

  • 今までやっと「晴子情歌」まで読んでいる高村薫の小説なのですが、そのあと「新リア王」「太陽を曳く馬」を上梓し、去年「冷血」を刊行したと聞いていました。これらが「びみょーに」繋がっている事を知っている私は去年末にやっと続きを読む決心をしたのでした。

    多田和博装幀の表紙は、全ての高村薫の単行本の中でも最高傑作だと思う。もうこれ以外には〈リア王〉のイメージを作れないほどのインパクトがあった。闇の中から浮かび上がる皺だらけの老人。老いさらばえて、世の中から棄てられているかの様に見えるが、眼光だけは真っ直ぐ私を見て衰えてはいない。元の絵は、レンブラントの「金の鎖をつけた老人」である。

    言っただろう、敵に足元をすくわれる屈辱も敗北感も、この腹の炉に放り込んで燃やせばエネルギーに変わるのだ、と。そのいつもの仕組み通り、私はこの七十四歳の心身に俄然力が満ちてくるのを感じ、何よりもそのことが私を陶然とさせた。忙しく回転する頭やふつふつする臓腑の一つ一つが嬉しく頼もしい、この感覚は若い君にはわかるまい。朝からもう何段の階段を上がったり下がったりしたか覚えてもいない、いい加減膝の骨にきていたはずの疲労もまるで感じない、この一瞬一瞬のなんという軽快さ!裏切りも策謀も仕掛けられるうちが花というが、あらためて我が身を振り返るまでもなく、この福澤榮は青森一区の、いや青森の、老いぼれてもなお〈王〉だったということだー!(167p)


    (内容紹介)
    保守王国の崩壊を予見した壮大な政治小説、3年の歳月をかけてここに誕生!
    父と子。その間に立ちはだかる壁はかくも高く険しいものなのか――。近代日本の「終わりの始まり」が露見した永田町と、周回遅れで核がらみの地域振興に手を出した青森。政治一家・福澤王国の内部で起こった造反劇は、雪降りしきる最果ての庵で、父から息子へと静かに、しかし決然と語り出される。『晴子情歌』に続く大作長編小説。
    内容(「BOOK」データベースより)
    55年体制を生きた政治家の王は80年代半ば、老いて王国を出た。代議士の父と禅僧の息子の、魂の対決。

    代議士と禅僧。水と油の様な2人はしかし、因縁のある父子でもある。生涯で唯一2人は数日間を共に過ごし、水と油の様なお互いの人生を語り始める。そこは、高村薫、問答体の小説と言えども、いやだからこそかもしれないが、その描写は細に入り微に入り精緻を極めるだろう。

    そこで浮かび上がるのは、禅問答の様な会話から明日の政局を判断する代議士の半日であり、世間と隔絶した永平寺の一日であり、利権と票の動きのみが最大の関心事になる自民党政治の世界であり、青森の辺境で福澤王国を築いた政治家一族の確執であり、詰まるところ「ある日本の姿」なのだろうと思う。

    青森と言えば、原発立国でもある。「自民党政治の終わりの始まり」を描いたと言われるこの小説を現代に読む意義は何か。それをこれから見極めて行きたい。そしてできる事ならば、今年中に新作「冷血」まで辿りつきたい。
    2013年1月23日読了と

  • 上下巻を通読。長い。長すぎる。
    出家した別腹の息子と、政治生命の終りを迎えた代議士の父が延々対話する。あと秘書が死ぬ。そんだけ。四分の一くらいの長さで良いのではないか。
    何故高村薫がここまで枚数を割いて青森の政治を描こうとしたのかが分からない。
    一作目と三作目はそれなりに面白かったが二作目は辛かった。

    「晴子情歌」、「新リヤ王」、「太陽を曵く馬」の三部作で、一作目で母晴子、二作目で父栄と息子彰之の対話が繰り広げられる。そして三作目では黙して語らぬ息子に彰之が一人手紙を書き続ける。

    人一人の人生をあまねく描こうとしたらこんなに長くなるのかしら。

  • 寺を訪ねる場面から飲み込まれていたと思う。
    とても印象的な出会いだった。

    読むのが辛かった。
    しかし読み進めていけば、辛さを感じることなく、むしろ本当に語りかけてくるようで、ぞっとする。
    丁度、珍しく雪が降ったからかもしれない。
    本当に、その世界を覗いているような気分になる。
    親子が対峙する様子は、美しく、寂しいと思った。

    榮と彰之はどうなるのだろう。

  • 感想やらなんやらは下巻にて。
    20121003読了。

  • 時は、1980年6月。

    衆参ダブル選挙のさなか、総理・大平正芳の急死。

    青森1区選出の衆院議員・福澤榮と、その息子・優が参院選初出馬で慌ただしく選対事務が錯綜している時に、榮の非嫡出の息子・彰之が大本山永平寺から帰郷した。

    父・榮は、自らが長年手がけてきた自民党政治、殊に本領である農水セクターへの利益分配、産業振興・国土開発の限界を感じながら、具体的な打ち手を導き出せない己の無力を自嘲する。

    子・彰之は、北洋漁業の北転船の船員を辞めた後に、発心して大本山・永平寺で3年間、只管打坐の修行を積む。尽きることのない坐禅によって発心前の俗世の有縁無縁を断ち切り、有覚無覚の自然現象と一対となって仏我一如の境地に到達せんとするも、その行き着く先は見えなかった。
    むしろ、己が仏家の非情によって捨て去ろうした諸縁などというものは、そもそもなく、己が無情によって他愛もなく離れていくことに恐怖と自身の生き方に対する空疎を感じた。

    物語は、1980年6月に同じ土地で同じ空気を吸いながら、まったく聖俗の対極にあった親子が7年の時を経て語り合うことで成立している。父は、福澤一門の絶頂期を幾分悔いながら懐かしみ、息子は現実世界の煩わしさとのぎこちない付き合いを飄々と語る。

    高村薫の大作・福澤3部作の第2作の上巻である。

  • 二回中途脱落して、三度目のリベンジでした。
    読了までに一週間かかる本なんてこのひと以外ないです…。難解というのではなく、一文一文、硬質なくせにたまらなく艶のしたたる文章を目にしてるだけで愉しくて、ついじっくり読んでしまう。
    自分の現状を嫌悪しきってるくせに能動的に動く気はまったくなくてすべてを冷笑しながら流され流されしてる彰之は、性悪だけれど、もうたまらなく背徳的で色っぽいと思う。

  • 半分強で挫折。難解すぎる。この手の鬱勃とした感情の披瀝は、こちらも沈んでいるときにしか読めない。

    【図書館】

  • 「晴子情歌 上下」の続編。
    政界の裏側の不気味さが垣間見れて面白い。
    「太陽を曳く馬 上下」へ続く。

  • 青森三部作中篇。
    ~おとうさんといっしょ~

  • 彰之とその実父榮の対話。ふたりがお互いを探りながら、政治と宗教、分野は異なるが、結局は同じところを求めているような気がしてならない。最初の国会登院時の描写がやや冗長だが、書かずにはおれないのだろうなぁ。残念ながら晴子さんの話はほとんどなし。

  • 『晴子情歌』に続く福澤彰之シリーズ第2弾。
    「日経で連載していたが、打ち切られた」というエピソードは聞き及んでいたので、どんなもんかと手を伸ばしてみたら…

    最っ高に面白かった!でも内容が重過ぎて、確かに新聞連載向きではないのかも…

    1作目で漁船に乗っていた彰之は僧侶になります。
    青森の鄙びた寺でひっそりと暮らす彼のもとを、実父である代議士・榮が訪ね、ほとんど会話らしい会話を交わしたことがない彼らが、順番に自らのことについて語る、というのが大筋の流れです。

    特に興味深いのが、自民党の大御所代議士・福澤榮の話。
    メディアで見ている「政治」が如何に氷山の一角かがわかるようなドロドロな政界談が語られ、毎度ながら高村さんの取材力に圧倒されます。
    実在の自民党議員が多数登場し、リアリティーに拍車をかけています。
    議員としての自分の一生を、淡々と、しかし渾身の力で吐き出す榮さんに、何回かうるっときました。

  • 図書館でかりてよみました。
    晴子情歌よりさらに難解になってる。。。
    読んだはいいが、すごく未消化。いつかリベンジしたい。
    表紙はレンブラント「金の鎖をつけたあごひげの老人の肖像」とのこと。

  • (2008/**/**購入)

    09/07/13
    7月中旬に新刊『太陽を曳く馬』が出るそうな。
    まだ『新リア王』も『晴子情歌』も読んでない(積読状態)。

  • 代議士の生活、僧侶の生活、それぞれが語る内容に魅せられた上巻。

  • よかった…新作楽しみ

  • 晴子情歌に次ぐ、高村薫傑作
    父と息子の濃密な対話
    代議士という生き物
    選挙という祭事
    雲水という×××

全39件中 1 - 25件を表示

新リア王 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする