太陽を曳く馬〈下〉

  • 548人登録
  • 3.41評価
    • (35)
    • (47)
    • (71)
    • (23)
    • (9)
  • 76レビュー
著者 : 高村薫
  • 新潮社 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103784074

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

太陽を曳く馬〈下〉の感想・レビュー・書評

  • この時代に、これほど長大な思弁小説をあえて書く高村薫は、日本の小説家の中で最も勇気あるひとりかもしれない。それも、自身が生み出した警察小説のヒーロー、合田雄一郎を、謎を解き明かし世界に秩序をとりもどす主体ではなく、世界の不確実さに立ちすくみ、生き惑う者として投げ出すことまでしてみせるのだから。
    『晴子情歌』『新リア王』に続く本作では、一見、小説としてより馴染み深い形式をとって、修行僧の死をめぐるミステリーを提出してみせる。しかし、オウム真理教事件から9.11直後までの時間を背景に、このようにある世界を見、行為する私とは何か、その意思の自由と責任とは――という問題をめぐる果てしのない問答の末に読者が合田とともに見出すものは、そうした問いに対して延々と言葉をもてあそぶ、いやそんな手間さえかけずに処理してしまうニヒリズムに、既成宗教ですら深く浸されている時代である。その中にあって、今は僧からひとりの人間に戻ろうとしている福澤彰之はこのように言う。
    「解くことができない限りにおいて、どんなふうにでも開かれうる可能性を孕んで、なにがしかのかたちが生まれてゆく動力そのものであるかのような問いです。解くものではなく、問いであることが唯一、私が生きていることの証であるような問いです。・・・問いを立てる個体としての私は・・・世界を把握し続ける動因として、世界に向けて未決定に開かれた個体として有る、と」。
    自我の大海の中で問うことだけを頼りに泳ぎ続けるその姿はなんと孤独なことだろうか。それは、主流の「小説」概念に対する反小説のようなこの作品を提出してみせた作家の姿にも重なるのである。

  •  前作『晴子情歌』『新リア王』に続く福澤家サーガとでも呼ぶべき昭和史の完結編は思いも寄らぬ形で登場した。前作のラストシーンは、福澤榮のもとに合田と名乗る刑事から電話がかかるところで終ってゆく。三部作の終章は、高村小説のシリーズ主人公である合田が、この物語を引き受けてゆく。

     そのことはとても妙だ。合田シリーズそのものは、ミステリという純然たる娯楽小説である。一方で福沢家サーガは誰がどう読んでも娯楽小説とは言い難く、高村という作家が純文学のリーグに敢えてチャレンジしてとても意図的に内容を娯楽小説から遠ざけようとして書き進めてきた別の世界であるように思われる。

     リーグの違うジャンルを跨ぐというあまり犯されることのない暗黙のルールという壁を、高村はこともなく崩し去る。合田はこんな人間であったのか、というところにまで迷わせられるほどに、一介の刑事が純文学的思索者になり切ってしまう。

     そもそも純文学に片足を突っ込みながら娯楽小説を書いてきた高村は、『マークスの山』で純然たるミステリを書いたかと思うと、『照柿』ではドストエフスキーを意図したかのような純文学殺人小説に近いそれを書いてしまう。合田は、文藝ジャンルの彼岸を行き来する存在であるらしい。まさに高村の影武者のような。

     本書では冒頭に三通りに敷かれたレールが紹介される。福澤彰之が開いた<永劫寺サンガ>という禅の会で行われる夜座から発作により脱け出した癲癇もちの青年がトラックに撥ねられ死亡した事件が一つ。福澤彰之の絵描きの息子が発作を起こし同居の女性と隣家の青年を玄翁で殴り殺した事件が一つ。さらに世界貿易センタービルに勤めていた合田の離縁した妻がテロに巻き込まれて死んだという個人的事件が一つ。

     メイン・ストーリーは永劫寺サンガの事故を追うという、非常に地味な展開で、その死んだ青年がオウムの渋谷に出入りしていた形跡があるために、発作を起こして死んだ理由、あるいは鍵の掛けられていた門が誰により開放されていたのか、等の推理小説にもならないくらいに小さな事件を合田は追いかける。現に警察本部の上長からは他に多くの事件があるのに何をこだわっているのかと最後の最後まで訝しがられる。

     でも合田の行動はひたすら福沢家サーガを追いかけ、永劫寺サンガに深入りしてゆき、事件は恐ろしく脳内分泌的な抽象で語られる。宗教論議に加え、<私>と<私>を否定する何ものか、という高村お得意の人間の多重性、不安定性といったところに非常に文理両サイドからの論理で迫る。この作品のどこにも娯楽小説の影はもはやない。

     僧侶たちの個性的な宗教観に加え、合田のほうが抱えている、秋道という殺人者の追憶、さらに世界貿易センタービルから降り落ちていった人間たちのニュース映像がもたらす、失墜のインパクト。そうした幻想と知覚と論理とが時間を越え、地上を飛翔し、脳裏を刺激し合う電機反応などとともに、語られ得ないものの表現の極北へとペンが向う。

     夢魔との長い日々を過ごした感覚で本を閉じた。昭和を語るのみならず、最後には存在を語ろうとし、神仏を語ろうとし、人間の意識を、細胞が渡す遺伝子の内容物を語ろうとし、それのどれもが虚無との対決のように思える一冊であった。

     合田は無事、日頃の実在的な警察という職務のこちら岸へと帰還することができるのだろうか?

  • 動きのある小説ではない。どこまで行くんだというくらいの独白、思考の文章化。これはどういうジャンルの小説なのだろうか。哀しいことにほとんど頭に残らず、理解できずにそれでもがんばって読了した。がんばって読んだというマラソン的な観念を残し、振り返れば上下巻で読むのに一カ月かかってしまった。高村薫は嫌いではない、だが自分には合わない気がする。

  • こう言ってはなんだが、これ、小説にする必要があったのかしら?
    ストーリー(事件)は付け足し程度で、内容はほぼ宗教論、プラスちょっと美術論だ。
    それに興味がある人は新書なりで入門書を読んだほうがいいし、この手のミステリを期待している人は『薔薇の名前』『鉄鼠の檻』など、宗教とミステリが見事に融和している小説を読んだほうがいいと思う。

    などと言いつつ、こういう類いの小説は嫌いではないので『土の記』も読んじゃおう。

  • 何とか読み終えた…その一言に尽きる。上巻だけかと思ったら、下巻も宗教的な話が続き、そもそも宗教に興味のない人、オウムの騒動を知らない人が読んだら、全く意味が分からないものだと思う。結局、物語の発端となった事件の解決もないまま、ただ華やかな時代を築いた宗教法人の解体、その中に生きる人の闇のみが印象に残った。せっかくの合田雄一郎シリーズ、がっかり…

  • 2016/9/8読了

    何とか読み終えました、が。

    死刑の描写と思想が、イメージとあわさって何だか物凄く好きでしたよ。
    思索的な内容なので、今までと異なり、距離の近さを感じさせる雄一郎、とか、おまえ、なんでしょうか。

    これは、知識と教養がないと理解が出来ないのかなぁとは思います。

    またトライしたい。

  • 恐ろしい。物語とか小説とか文化とか言う以前に何故この文章を存在させなければならなかったのかという念が読書中つねに頭の隅にいた。言ってしまえば恐怖感である。オウムと仏教論議を偏執的に冗長に枚数を割く「僧侶たち」の章や、最終の父親の手紙の粘着もその長さやくどさ自体がプロットであるということはわかるが、読了を読者に強いているのは、読者のコミットメントバイアスを利用したかのような作者の一種サディズムにしか受け止められないほどだ。やはりこの先生、変態だった。

  • 合田雄一郎は好きなキャラクターですが
    流石に仏教関係には関心がなかった為宗教用語とか仏教用語に思わずこれは修行なのかと思い最後にはどうなるのかと思ったらア、ハ、ハ、ハ、!で終わりとか訳わからなくて☆1です

  • 疲れる物語だった。

  • 文章量が緻密すぎて読み応えがあった。

  • 読み終わった直後に口から出て来た言葉が「しんどいよ〜、救いがないよ〜」でした。
    オウム云々というよりも「人の存在意義、生きるための意味」とか根源的なところを問いかけてると思う。
    社会で生きている以上誰かと関わりながら生きていかなきゃいけないけど、他者と自分の区別、他者と他者の区別とか考え続けるとくるしくなる。

  • 最初から7歳後まで難しい。

  • ほぼ宗教論に終止している下巻。
    なんというか…デリケートな問題を扱うなぁ。
    オウムに限らず80年代は何故あんなに「前世思考」や「オカルト」が流行したのか個人的には未だに理解が及ばなかったりする。
    その時代に思春期を迎えていれば少なからず何か感じる所があったのかもしれない。
    この話に登場する検事のように「理解できない」ということに対して蓋をしたり、目を背けたりするというのが当然だという中で、真摯に向き合おうとする合田さんや彰之の姿勢はすごいと思うけれど身の破滅を招くだけにも思えてなんとも切ない結末だった。

  • 読むのに相当苦労し、すごい時間がかかった。

    旧かな文字と絵画と宗教。

    最後までそれだった。

    やはりマークスの山やレディジョーカーのような事件が主体となるような話の方が読みやすい。
    のは変わりない。

    合田雄一郎の次の話も期待はするがこの感じは勘弁。

  • 合田雄一郎シリーズ
    読んだことない話だーと喜んで借りたら、さっぱり意味がわからなかった…。
    作者がオウムの事件について気になったんかな?あまり小説読んだ気分にならない。
    あと母晴子、と言う文言があったから、もしかすると晴子情歌⇨新リア王の後に読まないと分からないのかも。
    旧仮名遣いの手紙を読むのも大変だった…

  • 高村薫の長編をじっくり一週間かけて読んだ。オウム真理教のタブーにも思いっきり切り込み、仏教と異教徒として見た一般的とも言える主人公の目と、実際にその中に居て、存在であったり、自己を見つめた者に焦点を当てる。オウムからお寺に来たてんかんを持つ男が車にはねられて死んでしまった事件。その背後にあったのは、異物への畏怖なのか、自殺であったのか。曖昧で解決できないでいるもどかしさと、少しずつ明らかになる関係者達の証言から、真実に近づいてくサスペンスの中に、宗教への見方や偏見も含めた部分を淡々とえぐっていくのは高村薫らしさ全開だ。自分的にはレディージョーカーが最高傑作だけど、読後の重たさでは本作も素晴らしい。

  • 上巻はわりと普通に読めたんですが、後半宗教対話みたいになってくると、興味がないとなかなかついて行けない。
    私とは、人の意識とは、と際限なくどんどん底に沈んでいく感覚。
    合田はホント刑事に向いてないと思う。
    解るとか解らないというより、皮膚感覚が合うか合わないかというのもあるのでは?

    ミステリーとしての結末をお望みの方にはおすすめしません。
    こんな風に悶々としながらの幕切れの方が現実的には多いのかもと思いますが、やはり合田の悶々が心配。
    人の内面に入り込みすぎると出てこれなくなりそうで、みなさんも心配しているように、合田の社会復帰を危ぶみます。
    個人的には元奥さんのことや義兄のことなど、合田が何がしかの答えを出すのかと思ったんですけど。

    これは福澤家シリーズらしいので、次の合田シリーズの方に戻ってくれて、その方がやはり合田らしいかな。

  • 『晴子情歌』『新リア王』に続く福澤サーガの完結編ということだが、この2冊は未読。
    合田雄一郎が登場するので手に取ったのだが・・・。

    読み進むのに苦労した。
    前半は現代美術、後半は仏教と見慣れぬ言葉の羅列を追うのに必死で何も頭に入らない。
    そして物語の結末はというと、不明なまま。

    上下巻800頁近い物語の果てがこれではちょっと・・・。
    合田は捜査の現場に戻れるのだろうか。

  • 上下巻併せての感想。
    福澤家サーガ前2作を挫折した過去アリ…。
    故に、合田刑事シリーズとして読み始めたので、意外に読み易かった。

    ある2つの事件にかかわるのが、福澤家の人間なのだが、そこに関わる人物に、シンクロしてしまう合田刑事の切なさたるや否や。いままでの作品以上である。そして、読んでいる私も、合田刑事にシンクロしてしまい…。ああ、もう俗物的なあの検事の発言…。読んでいる私も打ちのめされてしまった。

    現代絵画と仏教がキーワードにもなるが、詳しかったらもっと楽しめたかもしれないが、それ以上に、前半での秋道に対する周囲の反応、後半、作中での知識のやりとりに対する答えのようなもの等々、描き方が圧倒的で、夢中になって読み進めた程。一番は、福澤親子のやり取りなのだが(といっても、父からの一方的なものであるが)、彼の中で答えがでないからこそ、ああいった終わり方になったのだな、と感じた。

    生きることは、「問う」、「問い続ける」ことなのだろう。
    答えがないからこそ、問い続ける。それが生きること。
    死に対する感覚は、個々だろうが、仏の道に問いを求めた彰之も、絵に問いを求めた秋道も、向かった方向は一緒なのだろう・・・。

    そして。
    これから合田雄一郎に、幸せや、平穏な心が訪れる日が来るのだろうか。
    イチ合田ファンとして、いつの日か髙村薫が書いてくれることを信じたい。

  • 永劫寺で事故死した青年僧の死に不審な点はあるのか。彼が元オウム信者であり、てんかんの発作を持っていたことから、永劫寺では異質の存在となっていた。

    合田雄一郎シリーズであって、そうでないような。「晴子情歌」「新リア王」のサーガ3部作シリーズらしいけど、いずれも途中で挫折したし。

    内容は1/4もわかってないし、読み飛ばした部分も多々あるけれど、ともかく高村薫でしか描ききれなかったような圧倒的な筆致。哲学、宗教、神秘体験、信仰、それぞれに真正面から向かった力強さだけは印象に残る。

    そして結局、彼は事故死だったかどうかはわからないまま。

  • なぜ絵を描くのか?
    なぜ信じるのか?
    なぜ殺したのか?
    そして、その殺意の出所は?
    その問を投げかけ続ける合田が痛々しかった。
    合田の「なぜ」という問いは、合田の言葉を通して私の苦しみとなる。
    観念的な言葉、言葉の意味、有と無、それらが襲い掛かってくる。
    合田は大丈夫だろうかと心配になった。
    とても硬質な世界かと思ったら、軟質に変化し、
    笑ってしまう場面もあり、何が何だかわからなくなる。

    彰之は、秋道と向き合う。
    上巻では放浪する半身と向き合うかのように、
    自分自身と向き合っているような気がした。
    下巻で明かされる手紙、特に最後の手紙の場面がとても好きだ。
    彰之の手紙は、絵のことばかりで、優しい人だと思った。
    彼なりに真摯にひたすら理解しようともがいていると感じた。
    哀しい、寂しい、そんな言葉が浮かぶ。
    彰之は半身と対話しているのでなく、確かに父となっている。

  • 最期まで苦行は続いた。
    合田ってこんな男だったっけ?

  • 生きる意味とは何か。この本源的な問を問う意味があるのか。意味が意味をなさず、言葉が溢れ、価値が無価値となる中ひとはそれを心の奥底で自覚しながら、意味を求め彷徨する。

全76件中 1 - 25件を表示

太陽を曳く馬〈下〉を本棚に登録しているひと

太陽を曳く馬〈下〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太陽を曳く馬〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太陽を曳く馬〈下〉の作品紹介

死刑囚と死者の沈黙が生者たちを駆り立てる。僧侶たちに仏の声は聞こえたか。彰之に生命の声は聞こえたか。そして、合田雄一郎は立ちすくむ。-人はなぜ問い、なぜ信じるのか。福澤一族百年の物語、終幕へ。

ツイートする