土の記(下)

  • 129人登録
  • 3.71評価
    • (8)
    • (16)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 高村薫
  • 新潮社 (2016年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103784104

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
高野 和明
宮部 みゆき
東山 彰良
角田光代
ピエール ルメー...
高村 薫
米澤 穂信
東野 圭吾
池井戸 潤
西 加奈子
高村 薫
横山 秀夫
宮下 奈都
東野 圭吾
桐野 夏生
森 絵都
万城目 学
宮部 みゆき
三浦 しをん
西 加奈子
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

土の記(下)の感想・レビュー・書評

  • まさに人生。寂寞とした読後感。

  • 相変わらず伊佐夫はお天気を気にしながら農業にいそしんでいる。昔からのやり方にこだわらず、試行錯誤で新しいやり方も取り入れ、妻の妹に言わせるとさながら理科の実験のような農業。近隣の人たちも冷やかし半分で見守っている。

    その間にも、村では訳アリの出戻りが双子を生んだり、伊佐夫の実家の兄や、妻の妹の連れ合いが死んだり、にわか思い付きで自分と妻の墓石を作ったり、いつの間にかトイプードルとナマズの花子という新しい家族も増えている。
    伊佐夫には一人娘がいて(またしても女でしかも家を出て行き後継者にはならない)離婚の果て一人娘(またしても・・・)とともにニューヨークに暮らす。
    その孫娘と過ごす2週間や、娘が再婚相手を伴い帰郷した際の村をあげての歓迎会など、こうしてみると結構変化に富んだ日常を送っている。
    またその背景で東日本大震災がおこり、何百キロも離れた地
    に思いをはせ、心ざわつかせる。
    天気を気にかけ、茶畑を見回り、稲作に試行錯誤し、だんだん老いていきその生涯を終えるのかと思うと、最後は台風により未曽有の被害がでて、伊佐夫の村にも被害者が出た、と話が終わる。
    つまるところ、東日本大震災であれ(原発事故は別として)台風であれ、大自然の前では人間は何とも致し方がない、ということか。大自然と向き合うことの厳しさを思い知らされる。

  • 奈良の農村の老人の物語の下巻。

    妻の1周期も終えても主人公の人生にかかわる大きな事件はないものの、周辺では殺人事件などの事件は起こっているが、主人公の記憶が混濁したり喪失したりするボケに向かう表現が凄まじいです。
    一方、育苗から取り組む稲作の詳細な記述も鬼気迫るものがありました。東日本大震災が発生するので時期の特定ができたことで、8月の不穏な描写から、最後のページの台風12号で決着するのは茫然自失になりました。
    結局は時間と自然の中での人間の営みはミクロでは大変であるけれどもマクロでは有象無象の一つということなのでしょうか。

  • 最後が衝撃だった

  • 奈良が舞台なので、河瀨直美監督で映画を製作したら良い作品ができそうだなと思いながら読み進めたのですが、最後の数行で映画は無理だと感じました。まさかこんな結末を迎えようとは。なるほど、最後にきて、土留め柵やコンクリート擁壁や法枠工、さらには急傾斜地崩壊危険箇所などの言葉が結末を暗示していたのですね。それはそうと、伊佐夫の回想であったり、地の文が割り込んできたり、時制が行ったり来たりしたり。高村女史の文体は健在でしたが、作風は初期の頃とはまったく変わってしまいました。定年後は、このような暮らしもありかな。

  • 稲刈りも終わった12月。
    自分で夫婦石を作ったり実家の兄が亡くなったりしているうちに、3・11。海外にいる家族へ伝わった映像の凄まじさを、陽子のヒステリックな口調から窺われる。
    ちょいちょい回想される娘時代のエキセントリックな陽子像に親近感を感じるのは気のせいか?w
    そんな陽子の正反対の男と再婚し、娘の彩子とも意気投合したようで、昭代の事故の真相は匂わせで終わる気配。ヤレヤレと肩の荷も降りたと思ったら、未曾有の台風。え、このラストって、まさかまさか⁈

  • 読了後の最初の感想は「最期が儚過ぎ(平穏に幕が閉まると予想)」だったが、本を閉じて表題を見直した瞬間、これこそがまさに『土(自然)と、それに対峙する人間の記』だったことに気付かされた。学生時代は土に遊び、定年後は土に学び、そして最期は土に還る伊佐夫。自身の老化や妻や身内の死、殺人事件や自然災害など摂理的な事象は淡々と書き進める一方で、家族との確執や村社会の柵などは結構キツい話でも時にユーモラスに描いているのが逆に小気味良かった。最期の伊佐夫と久代の同居生活は、二人にとって最も平穏で幸福な時間だったのかな…

  • 通勤電車で読もうとして挫折。家で集中してじっくり。

    いつの間にか主人公伊佐夫と一体化してゆき、畑の土や雨の匂いが立ち上ってくるような感覚に陥るから不思議だ。
    会話文の「」がないために文量は多くなるが、そのぶん、伊佐夫自身は常にそこにあり、勝手に賑やかになったり静かになったりする周りとのコントラストがいい。
    死んだはずの妻・昭代の姿を探したり、見覚えのないカレンダーの予定に戸惑いながら、過去と現在を往き来し、農作業でやるべきことだけを時間軸としてゆっくりと生きていく。
    ともすれば飽きてしまう流れの中で、昭代の死の謎を細い線として辿れるように工夫してあるのも見事。

    死とは結局不在の別名なのだ。
    という文中の言葉に一票。

  • ボケに向かう感じがリアル

  • 自然に対して人間は圧倒的に無力で、そのご機嫌を伺うようにして暮らさせてもらうしかない。
    誰の人生も何か起きたり起きなかったりで、その隙間にこっそり某かの幸福を見つけるしかない。

    ラストの解釈はいろいろだろうと思うけれど、これもまた1つの幸福の形ではあるのかもしれない、と思うくらいには、私も伊佐夫の年齢に近づいている。

  • これからはエンタメばあkりではなく、純文学や古典も読もうと思った次第。

  • 奈良県宇陀地方の山村、年々もくもくと地を起こし、稲を育てる1人の男の物語、田起こしから、種まき、雑草取り、水の管理、様々な作業が稲刈りまで、日々と続けられていく。稲を作る大変さ、水、風、日照り、様々な自然現象

    人は毎日を過ごしていく、いつとは知れない最後の日に向かって、喜び、悲しみ、怒り、嘆き、

  • 文体に慣れ、読みやすく感じられるようになったが、ラストには驚愕した。

  • 2月19日読了。図書館。

  • 請求記号:913.6/Tak/2
    資料ID:50085102
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全15件中 1 - 15件を表示

土の記(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

土の記(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土の記(下)を本棚に「積読」で登録しているひと

土の記(下)の作品紹介

ラスト数瞬に茫然、愕然、絶叫! 現代人は無事、土に還れたのだろうか――。青葉アルコールと青葉アルデヒド、テルペン系化合物の混じった稲の匂いで鼻腔が膨らむ。一流メーカー勤務に見切をつけ妻の里に身を落着けた男は、今年の光合成の成果を測っていた。妻の不貞と死の謎、村人への違和感を飼い馴らす日々。その果てに、土になろうとした男を大異変が襲う。それでもこれを天命と呼ぶべきなのか……。

ツイートする