がらくた

  • 1150人登録
  • 3.24評価
    • (61)
    • (117)
    • (307)
    • (57)
    • (23)
  • 199レビュー
著者 : 江國香織
  • 新潮社 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103808077

がらくたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ありそうでない話。もしこのストーリーが現実にあったと想像して読んだらむず痒くて落ち着かない。
    あくまで『お話の中の人達の世界での恋愛』なのだからと言い聞かせながら読んだ。
    自分の恋愛価値観と違った相手を愛してしまったら。しかも狂うぐらい不安になる程、自分が変わってしまう程の相手をパートナーに選んだなら。
    初めて読んだ感想は私が桐子じゃなくてよかった。でした。このお話が続くなら、美海を含めてより複雑になったあの人達の関係が一体どんなふうに共存していくのかな。

  • 大人になっちゃった人向けの少女漫画、ラブストーリー。

    現実社会で起こりうるであろうことを踏まえた上で女性が切に望むこと。

  • 人と人が結ばれることはあっても、それを永久に同じ形に残しておくことはできないし、表面が綺麗に見えても中身は腐っているのかもしれない。

    誰かを好きになることって、ある意味で永久に片想いなのかなと思いました。

    正直言って、最後は気持ち悪い感覚が残りました。
    今まで不倫の話を読んでてもなんとも思わなかったんですが・・・。
    今までは不倫を通じて共感できる部分もあったし、あり得ない関係の中に、恋の切なさや、人間関係、男女関係の真理がのぞいていました。
    ところが、この小説の登場人物たちは、ありえない関係で、恋愛の感覚も現実にはちょっとありえない。
    原さんの人物像や考え方も理解できないし、そんな不可解な原さんに惹かれてしまった人たちに対して気持ち悪い感覚が残る。

    年を取ったらこの小説の感覚も理解できるのでしょうか。

  • これは、読者の好悪をすごくはっきりわける作品だと感じたし、きっと江國さん自身も、それを意識して書いたんじゃないかという、確かな意図も感じた。

    わたしは、全体的にこのお話は嫌いじゃない。
    原の行動に裏切りを感じないし、場面場面の表現に、すごく納得してしまったから。

    人は誰かを所有できても、独占はできない。
    とか、
    感情を不変に保存することとジャム
    とか、
    離れている時ほど、所有されていることを感じる
    とか。

    「純愛」と世の一般で定義されているものに(感覚として)、江國さんの主人公たちはあてはまらないのかもしれない。
    そうして、そういう「純愛」が好きな人には江國さんの小説は受け付けないのかもしれない。
    けれど、江國さんのうむキャラクターたちはたいてい、ただ一人を心から愛している、し。
    その大切な人以外の、異性と過ごすことでよりその人を大事だと気付い、ている。
    比較するという風じゃなく、そういうことで安心する、帰れる場所を意識することを、わたしは「不純」であるとは思えない。
    だから、江國さんのお話に登場するひとはみんな、どこか否定してはいけないそれぞれの魅力がちゃんと、ある。

    江國さんの描く世界が「ドロドロ」としないのは、そこにあるんだと思うし。
    そういう「変わった」人たちが、「普通」に生きているところがおかして懐かしい、気持ちにさせる。

    どっちにしても、わたしは江國さんの書くものすべてが無条件に好きです。

  • 果物はジャムにすれば日持ちする。ものは思い出の品として取っておける。でも生きている人間の感情は保存できない。感情は不変ではないから、同じ人を繰り返し好きになったり、別の人を好きになったりする。あの人の声が聞きたい、いますぐ会いたいと思ってしまったら、そうなる前の自分に戻ることはできないのだ。

    p96
    静寂というのは、音じゃなく気配だから。

  • リゾートホテル、桐子さんの部屋、ミミがぶらつく広尾や六本木や銀座や湘南、そしてミミ自体の描写、小説でしか表現できないものだと思う。ミミみたいな女子高生になりたかったし、今でもなりたい。あまりにも合理的でないミミの母親に苛々するし、だからこそ大人っぽくなるんだろうし、架空の人物なのに羨ましくなってしまう。
    原と柊子の恋愛はほんとにつまんなくて、江國香織は女子高生とか“女性以前”の“少女”を書いたほうがやっぱ惹き込まれると思った。何か性描写とかが、村上春樹的というか、頑張って背伸びしてオトナの女を書こうとした、みたいで痛過ぎる。

  • 柊子は、初めから美海と夫か『そうなる』とわかっていたんだと思う。

  • 予想する展開通りだったけど、楽しめた。
    江國香織さんの作品は私の日常というか倫理観ではありえない話が多いが、だからこそ作品を通じて非日常を体験させてもらえている気がする。

    また文章からその描写を想像すると楽しいことがよくある。街の風景やその風景に対して感じたことなど頭の中で描けるような文章が多く、楽しいです。

  • 時間が許せば。

  • 2016年6月19日読了。
    どうしてこんな話が書けるのかな!?
    海外旅行している間のところが一番面白かったかも。

全199件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

がらくたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がらくたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がらくたの文庫

ツイートする