スギハラ・ダラー

  • 337人登録
  • 3.20評価
    • (9)
    • (30)
    • (45)
    • (19)
    • (4)
  • 49レビュー
著者 : 手嶋龍一
  • 新潮社 (2010年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103823049

スギハラ・ダラーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スターリンの鉄の統制下にあった赤軍の動きは深い霧に隠されていた。それだけにソ連の軍事情報は日本の軍部にとってはいかなる手段を弄しても入手したいものだった。情報の世界は等価交換が原則。ポーランド秘密情報部は選りすぐりの対ソ、対独情報を杉原に提供する、その見返りに杉原はポーランド国世紀ユダヤ難民に第三国へ渡航する道を開いてくれる。

    愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ。自らの想像力をはるかに超える自体は将来必ず起きる。それに応える人材こそが国家の安寧を保証する。

    強制収容所は、力の信奉者に変えた。どうしてユダヤ人は敢然と武器をとり組織的に抵抗を試みなかったのだろうか。

    ナチスとソ連、wつの全体主義を相手にポーランド国家のインテリジェンスネットワークはしたたかに渡り合っていた。情勢が酷烈であればあるほど、その祖s木は試練に耐え抜き、たくましくなっていく。
    わが力の源はおのが弱さの中にあり、この言葉を心の中で朗読していれば、いかなる苦難にも立ち向かえそうな気がした。

  • 再読

    出ポーランド記なんかは物語性が高く描写も楽しめたのだけど
    松雷のノミ競馬の映像詐欺やアルカイダや北朝鮮らの会合や
    ユダヤマネーやナチスの略奪絵画や
    やたらスケールの大きな陰謀論説的お題が出ては
    登場人物口を借りて中途半端に纏まって話題が次に移りw
    読者への説明とはいえ
    S&P500の説明を受けるインテリジェンス・オフィサー(笑)に苦笑しながら。

    漫画女帝のような新宿鮫を下手くそにしたようなシビレるゥ的香り、
    でももっと面白くも書けそうなのに色々残念だなぁ

  • 読み始めてすぐ既読本だったことに気づく。

    が、杉原千畝を少し読んだあとだったので、また違う気持ちで読めた。
    まったく知らない市場の世界のお話しにも改めて驚くが、主人公をとってもダンディに描写しようとするところが、手嶋龍一さんのテレビでの真面目な話しぶりと何かギャップがあって、それも少し楽しめる。

  • アンドレイ、松雷、ソフィーの友情がなんか泣かせる。ユダヤ人の苦難を偲んでしまうね。

  • ストーリーがなかなか面白いです。一気に最後まで読みきりました。 世の中を動かすお金の裏の一面を見ることが出来る、深みのある小説だと思います。

  • ウルトラ・ダラーと似た感じの話ではあるが、ややまとまりに欠ける印象がある。ストーリーにスピード感が無く、前作ほどの面白さは感じない。

  • 大戦中の話は面白いのだけど、現在の話はあまり深みがなかったなぁ。

  • ん〜、小説としては非常に微妙な作品でした。
    手嶋龍一作品は、今後読まないでしょう。

  • 書き方がちょっと回りくどい・・・。

  • サスペンス系、世界史ベースのフィクションです。面白い。だけど、作者が年配なので古い言葉が多くてスラスラと読めないのが難点。自分のボキャブラリーが足りないのが悪いんですけど。

全49件中 1 - 10件を表示

手嶋龍一の作品

スギハラ・ダラーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スギハラ・ダラーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スギハラ・ダラーを本棚に「積読」で登録しているひと

スギハラ・ダラーの作品紹介

杉原千畝が産んだ現代金融市場の黙示録に、『ウルトラ・ダラー』のコンビが、秘やかな諜報のメスを入れ始めた…。

ツイートする