王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

  • 1356人登録
  • 3.68評価
    • (187)
    • (197)
    • (403)
    • (14)
    • (4)
  • 199レビュー
  • 新潮社 (2002年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103834038

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • その2に続く小説なので、たくさん感想は書けないけれど…
    楓(弱視の霊脳力的占い師)を見てると、知り合いの占い師、ミナコさんを思い出す。重なるところが多すぎて。

    人々を癒すお茶を作る祖母と山で暮らしていた雫石という女の子が、山を降りて都会で暮らし始め、恋愛感情とは違うもので占い師の楓という男と惹かれ合い、彼の元でアシスタントとして働き始める。その日々のあれこれ。

    スピリチュアルの世界って、信じる・信じないで分かれるし、意見が違う者同士で解り合うのも難しい。
    私は自分にはそういう力はないし、幽霊が見えたこともないけれど、そういう力を持つ人はいると思う。
    というか、そういう人を目の前にすると、認めざるを得ない感覚が生まれる。
    それを信じすぎて傾倒することはなくても、そういう力自体はあると思う。そういう感じ。

    まさに、ばななワールド。
    とりあえず、サボテンが欲しくなっている私です。

  • ばななさんは、目に見えないけれど大切なことについて、この連作全体を通してずっと、様々に表現を変えながら何度も何度も書いているように感じた。

    この1巻目は、山の世界と、都会の人々が交わることで、都会の人々の考え方や暮らし方、時間の流れ方のおかしさなどを浮き彫りにしている。

    主人公「雫石」が語る分かりやすい言葉なので、誰かの心の声を聞いているような感じでこちらに届く。押し付けでも批判でもなく、都会に生きる私にも、ああその通りだなと思えることがたくさんあった。

    例えば、
    ”恋愛とか病気の治療と同じで、ものごとは正しい時間をかけて、順当な道をたどって変えていかなくてはぜったいに収まるところに落ち着くことはない。人だけが、それをはしょったり急いだりする。欲のために。”
    アイタタ…

    都会にいるとつい忘れてしまいそうな、シンプルだけど生命を輝かせる自然界の大切なルールが、しっかりと記されていた。

  • ずっと読みたかった本。

    やわらかい。
    まぶしくて透明できれいで、眼を細めてしまう。

  • 予想以上にハマりにハマった…早く続き…続きを…

  • 図書館の本 九重君のおすすめ

    出版社/著者からの内容紹介
    王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―
    目に見えない「大きなもの」に包まれ、守られて生きる女の子の物語。
    それはあなたの物語。待望の書き下ろし。
    最高のもの探し続けなさい。
    そして謙虚でいなさい。
    憎しみはあなたの細胞まで傷つけてしまうから…
    小さな山小屋におばあちゃんと暮らしていた。おばあちゃんが日本を離れることになり、一人で都会へ移り住んだ。
    不思議な男性占い師、そして妻のいる男との恋。人生が静かに動きだす。
    彼女の、美しく、はなかい魂のゆくえ。

    そうか、自分の中を通り抜けていくものに身を任せればいいのか。
    なぜ九重君がこの本を薦めてくれたのかわからないけれど、今の私に必要なことがたくさんたくさん書かれていた。
    雫石の静かだけれど情熱的な生き方がとてもいとおしい。
    続きがとても読みたい本です。

  • 祖母から伝えられた、自然の力を借りて人々を癒す、サボテンの魔女、雫石。
    同じように代々見えないものを見る力を持ち、占いで生計をたてる楓。
    この二人の物語の序章といった感じでしょうか。

    筋だけ追えばなんてことないお話。
    なのに、なんでこんなに癒されるのでしょうか。
    サボテンが燃えてしまった時、自分まで悲しくなってしまった。



    雫石のおばあちゃんがすごくステキ。
    サボテンを好きになった理由が切ない。
    おばあちゃんの言葉、覚えておきたいものがたくさんあります。

    「ずっと変わらない生活なんて全然面白くないよ。」

    「人のいるところには必ず最低のものと同時に最高のものもあるの。憎むことにエネルギーを無駄使いしてはいけない。最高のものを探し続けなさい。流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。」

  • ばななさんの小説を読むのは
    たいへんお久しぶりのことです。

    ぼくは日本の作家さんだと、
    だいたい村上春樹さんか
    よしもとばななさんしか
    手に取らないのですが、
    このお二方はほんとうに、
    普段なんとなく漠然と感じている事を
    巧みに文章で表現してくださいます。

    ばななさんの良さは、
    ほんとうに読んでいるだけで
    胸のつっかえが取れるというか、
    ただただ癒されます。


    何でもない言葉の羅列が
    こんなにも力を持ち得るなんて
    ほんとうに魔法のようです。


    特にこの王国シリーズは
    ぼくにとって大切な物語で、
    もっと若く、もっと生き苦しかった頃に
    随分と救われたことをよく思い出します。


    最近はそんな自分の足取りを
    振り返るように、大切な気持ちを
    思い出すように、昔読んだ本を
    あの頃の気持ちと重ね合わせながら
    読み進めています。


    そういえば、この再読までの間に
    ぼくもこの本の主人公と同じ様に
    山から街へと引っ越しました。

    改めて読んでいて、そんなことも
    ふと思い出し、緑の濃厚な匂いや
    透き通った空気が胸を満たす感覚が
    ブワっと蘇ってきて、ぐーっと
    胸が苦しくなりました。


    いいですね読書って。



    それにしてもこの本を手にしていると…

    どうしてこんなにも
    自然が恋しくなるのだろう…

    どうしてこんなにも
    日常が愛おしくなるのだろう…



    読むのにかかった時間:2時間

    こんな方にオススメ:人付き合いが苦手で、自然が好きな人

  • ずいぶん昔に読んで、「あれ?こんな話だったっけ?」という感じにあっさり読み終えてしまった。
    この占い師の男の子は、他の小説に出てきた不思議なオブジェを作る子に似ている。誰だったかなぁ。

  • 「自分の体と心と魂、それさえ持っていれば、欠けるものはいつでもなにひとつなくて、どこにいようと同じ分量の何かがちゃんと目の前にあるようなしくみになっているのだ。」
    「自分が何かしてあげている気持ちになったときがおしまいのときだ、」

  • 2014.10

全199件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
吉本 ばなな
江國 香織
よしもと ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする