さきちゃんたちの夜

  • 901人登録
  • 3.70評価
    • (55)
    • (113)
    • (109)
    • (14)
    • (2)
  • 137レビュー
  • 新潮社 (2013年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103834106

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さきちゃんたちの夜の感想・レビュー・書評

  • 「さき」と読む名前を持つ、5人の女性のちいさな物語。

    情熱を傾けた仕事の相棒や、風変りな叔母、慈しんでくれた祖父母。
    赤ちゃんを宿して育てる夢や、双子の兄。
    大切な人やものをなくしたさきちゃんたちが、さみしさを受けいれ
    やわらかく明日に向かって顔を上げるような、そんなお話が丁寧に綴られます。

    ことに胸打たれたのが、『癒しの豆スープ』と『さきちゃんたちの夜』の2作。

    『癒しの豆スープ』は、離婚した息子の元妻と孫のさきちゃんを自然に家に迎え入れ
    道行く人たちに無料で温かい豆スープを振る舞い続けた祖父母が、とにかく素敵で。
    豆スープがあまりに好評で、祖母は洗い物に追われ、手をあかぎれで腫らしている。
    それでも、善きことをしているという自負や陶酔とは一切無縁で
    くれるものはもらっておこうとする人のせちがらさや
    ありがとう、おいしいと言いながら、作ってくれる人の手のあかぎれを目にしていても
    特になんの感慨も抱かない身勝手さ、卑小さも、「そういうもの」と受け入れる。
    人として、その場でどう感じ、どう行動することを美しいと感じ、選ぶのか。
    言葉ではなく、その佇まいで教えてくれる人がいてくれたことの幸せが
    さきちゃんのそれからの日々を、明るく照らすのです。

    表題作『さきちゃんたちの夜』は双子の兄を喪ったさきちゃんと
    その姪っ子で、つまりは父を喪ったもう一人のさきちゃんが
    いつもの自分のテリトリーでは外に出せなかったエネルギーで
    お互いに明るく照らし合い、あたため合う物語。
    ふたりのさきちゃんが、喪失感に押しつぶされそうになりながらも
    芯にはどこかとても健康的な感覚を持っているのが素敵です。

    私にとってどうでもいい人たちにも、
    それぞれにその人をどうでもいいと思わない人がいる。
    そして私にとってどうでもいい人の中に、
    やがてどうでもよくなくなる人が出てくるかもしれない。
    増えたり減ったり、満ちたり引いたりしている。

    飾らない素直な言葉で、大切だけど忘れがちなことを
    思い出させてくれる短編集です。

  • 本の余白に大切な余白を感じた物語でした。

    いろんなさきちゃんの短編が5つ。

    中でも「癒しの豆スープ」が良かった。
    華やかな世界から、狭く不便で地味な家で生活することになった母娘。
    母と娘の関係、元父と娘の関係、元父と母の関係が癒されていく。
    時が、人が、まじわり過ぎて行くうちに。

    よしもとばななさんの小説はひさびさ。
    なにか余白を感じる。
    時であったり、心であったり、人との距離感であったり。

    人は出会うべき人と出会い、出会った結果は幸せじゃない時もあるかもしれないけど無駄じゃない。
    人と出会い、時間をともにし大切にしてきたことが最後に通じていく。
    だから面倒だなーと思っても人と触れ合うことはステキだよって残してくれる物語でした。

  • 早紀、紗季、咲、沙季、崎とさき、
    それぞれの「さきちゃん」の5つの物語。

    何か特別大きなことが起きる訳ではないけれど、
    そのゆっくりと丁寧に描かれる日常の中で、家族や友人との関わりや、
    普段見落としがちな綺麗なものを思い起こさせてくれる。

    人間ってそうだよなぁ。
    ちょっと難しくて、時には傷つけて傷ついたり、でも優しくて温かい。

    「癒しの豆スープ」「さきちゃんたちの夜」が特に良かった。
    安心して優しい気持ちで読了。

  • この本を読まなくちゃと思って、この時期に読んだのは
    なかなか言葉にできず、自分の気持ちも整理できないことが
    さらっと語られ、すっきりすることがわたしに必要だったのだと思う
    短い小説のなかの、それぞれのさきちゃんが語る言葉が
    すとんと、心のなかに落ちてきて心地よい感じ
    あまりにも、そうそう、そうだったと思うことが多くて
    なんだか涙がでそうになった
    俯瞰から見ているような、ちょっと達観したような
    そんな気もするので、現実はもっともっともがいていいんだと思う
    それでも、ほっとあたたかい気持ちの読後感
    ばななさんの
    「すごくおいしい三時のおやつのような、
     夜中のコーヒーとチョコレートみたいな、
     そういう本にしたかったです。」の言葉がうれしい

  • いろんな『さきちゃん』で繋がる連作短篇。
    舞台がどこでもいつも異国のにおいが混じってる。繊細に上澄みをすくうところと、深部へ向け、ダイナミックに踏み込んでゆくところと。纏う空気に停滞の気配は無く、ひとつ違えばべつの未来になるけれど、それでも今の自分にとっては大差ない展開だっただろうと、言えてしまう受け皿の大きさ視界の広さが読んでいて心地よかった。一部二度読みではあったが、タイミングによって気になる部分は変わりそう。

    むかしむかし、よしもとばななを読みふけっていた頃の記憶も雲づる式に呼び起こされるオマケ付。

  • さきちゃん「たち」の様々な人生模様。
    「癒しの豆スープ」が特に心ひかれました。

    「店っていいもんだろう」
    誰かの笑顔を見られるって、本当に素晴らしいことだと思います。
    作品のさきちゃんたちはみんな現実に立ち止まりそうになりながらも、誰かしらに支えられ、力をもらって前に進もうとしています。笑顔はもっとも大きな力になるもの。

    決して一人ではない。誰かのおかげで生きていられる、進んでいける。
    それぞれに光を見つけられたさきちゃんたちのように、自分にも光があるのだと明るくなれると思います。

  • よしもとさんの文章はなんでこんなにも当たり前のことを輝いて見せてくれるのだろう。

    七人の『さきちゃん』の夜の物語。

    『スポンジ』
    妊婦のさきちゃんは担当だった作家の恋人から、彼と連絡がとれない、家の合鍵も持っていないから鍵を貸して欲しいと頼まれる。あまりに濃い時間を過ごした人たちだからこそ見えた彼の部屋の浴室に置いてあったギリシャの海綿スポンジの開いた彼への視界。
    この話の作家が私にはたまらなく好きな人物だったけれど、よしもとさんがこういう人物を主要において物語を書いたりはしないだろうなぁ。

    『鬼っ子』
    変わり者で芸術家肌だった叔母さんが亡くなっていた。すでに骨になってやってきた彼女の晩年を費やした鬼の人形造り、そして愛した青島の風景、それらを確かめに、彼女の遺品の整理にやってきたさきちゃんを迎えたのはおばさんの作品のような小鬼に似た黒川さんだった。

    『癒しの豆スープ』
    さきちゃんとお母さんは離婚したお父さんの実家のちいさなお家に一緒に住んでいた。祖父と祖母は毎週日曜日に豆のスープを散歩や通りがかりの人たちに無料で振舞っていた。そのには無償のものを貪る人たちの顔と、それを受け取った時の幸福そのものの笑顔を見てきたさきちゃんとお母さんは、二人が亡くなった後、この豆のスープを復活させようとイタリアンシェフのお父さんに相談する。

    『天使』
    子宮癌で子宮を除去したさきちゃんは何より子供が好きだ。子供が産めないなら男なんて意味がないと思うくらいに。そんな彼女を『天使』と呼ぶ男性と知り合う。彼の誠実さからくるマメなところが少しずつさきちゃんの心から子宮と過去の流産の後悔を少しだけ許す気持ちを持ち始めるが…。

    『さきちゃんたちの夜』
    高齢の絵本作家の秘書という仕事に閉鎖間を感じているさきちゃんには、ベトナムで輸入品の会社を起こした兄が飛行機事故で亡くなったことが一年たったこの頃でもどこか嘘のような気持ちが拭えない。双子の兄の、一人娘の名前もさきで、それはさきちゃんのように健康的な考えをできる子になるようにお兄さんがつけた名前だった。そんな姪のさきちゃんから突然のSOSの電話がかかってくる。
    人と触れ合うことの生臭い、生温かい気持ち悪さは、けれど大切で必要なものだった。一人の時間と同じくらいに。そんなさきちゃんたちの夜。おばあちゃんのエビピラフが美味しそう。エビ食べられないけれど。

    あとがきも含めて好きな本だった。

  • 久しぶりにこの人の作品を読んだ。私の好きな感じの話。押し付けがましくなく、でもなんとなく癒してくれる感じなのが、ちょっとハゴロモを思いだした。短編集で、どの話もわりとよかった。

  • よしもとばななって、そういえばこんなだったなと思いながら読みました。癒しの豆スープが良かったかな。

  • 少しだけ普通からずれた人を書く。そこから真実を抜き出すのが上手い。読んでいると、「あぁ、そうそう、生きていて、そういう事を感じていたの」「それが云いたかったの」という気持ちにさせられる。
    でも、ふと思ったんだけど、これを面白く読む男っているのかしら。ばななを好きな男に会った事がない。

  • 何人ものさきちゃん。

    毎日重い何かを抱え、だれもが懸命に生きる毎日。
    そこへ一筋の希望が……
    そんな短編集。

    もう二度とかなわぬ大切なあの人との、ふとした交信、
    日常の中で離れて入るけれど大切なあの人との絆……
    気付かないだけで、人生は、きっと何か心温まるで
    満ちているはず。
    そんな気持ちにさせてくれる。

  • 母が亡くなった後、その妹である叔母に会う時のほっとする感じが
    表題作を読んでいて腑に落ちた。
    母のいない実家よりも、母と血のつながった人たちと会うほうが
    落ち着けたのも同じ理由。

  • それぞれの、「さきちゃん」たちのお話。

    私は、ばななさんの、「不思議な事、不思議な力はちっとも珍しい事じゃなくて、日常、私たちは忙しさや大量の情報に埋もれて見えなくなってるんだけど、立ち止まってちゃんと周りをみたら、案外身近に普通にあるものなんだよ」という様な、そんな感覚がとても好きです。
    それを思い出すために、ばななさんの本を読むのかなぁと思うくらいに。

    大切なものは、ちゃんと立ち止まればここにある。キレイじゃなくても、ちゃんとしてなくても、人間臭くて嫌になっても、キラキラはここにある。
    だから、いつもじゃなくても、目に見えないものたちを感じて素直になれる心を持っていたいな。素敵だと、キラキラだと、大好きだと思えるものたちを大切にしながら、忘れずにいたいなぁ。

    私は、題名にもなっている「さきちゃんたちの夜」が一番好きかなー。
    幸せに定義はない。ゆっくり感じればいいのだろうね。

  • 再読。読んでいるとなんだかほっとする。癒しの豆スープ。おばあちゃんのエビピラフ。井戸を封じこむ小鬼たち。

  • 最後の話だけすごく面白かった!
    それまでは微妙だったから読むのやめようとも思ったけど。。

  • それぞれのさきちゃんに、それぞれの生き方や考え方があって、一つずつが素敵なストーリーになっていました。彼女たちに会いたいな、と。さらっと読める本でした。

  • 短編集。各主人公の名前がみんな「さき」ちゃん。同じ人物ではない。いいなぁ、この短編集。
    生きていることと死ぬということ。長い流れの中で繋がっているという感覚。
    この短編集は、普段忘れてしまっている大事な感覚や記憶がふわっと浮かんできて、なんだか涙が出てくる。しかも、号泣ではなくふわっと。この微妙なさじ加減で心が揺さぶられる小説は、あまり出会うことがない。

    狭い中で生きて生きにくさを感じながら生きている。その中でちゃんと幸せとか生きがいみたいなものをちゃんと見つけられること、ふと思い出すのが必要だと思う。

    思い出せずに生きにくい、生きにくい、周りのせいだと思いつづける人は幸せになれない。

    自分のことを棚に上げ人のせいにばかりし、狭い中で生きているのに、なぜか世界の貧困には嘆く人もいる。目立つ偽善行為は好きでも身近な人には酷い人がいるのだ。こういうのを偽善者というのだと思う。こういうのは大は小をかねるのではない。こういう上部の感傷的な人たちよりも、この小説のさきちゃんたちのように、自分の狭さを認めつつも、何かをきちんと感じて生きていく方がいいなと思う。

    よしもとばななさんの小説は若い頃読んだ時には苦手だった。
    でも、今読むと(むかしのは読み返してないからはっきり言えないけど)読みやすい文体の中に何か奥から記憶が掘り起こされたような気持ちで優しくなれるような感じになる。

  • 六人のさきちゃん達がでてくる五つのお話。
    ほしいよりこさんの絵も素敵だな。ばななさんがあとがきで書いているように、わたしも、ほしいよりこさんの描く女の人が好きだな。表紙のさきちゃんは腕組みをしていてかっこいい。
    ばななさんのお話にでてくる女性の主人公たちは、贅沢な物質を欲せず大きな夢に執着することもなく、人の生き方をあれこれ云わず自分のシアワセの軸がブレない。
    ふっと心にじわじわくるようなちょっとしたことも逃さず味わっている。
    でも本当は、さきちゃんの母さんが「なんかこう善人大行進って感じて、ついていけない。疲れちゃう。」この言葉に一番共感したのだった。昔はこの母さんが、男を釣るような派手な美人だったというところも良かった。
    天使の話の中で、さきちゃんに暴言を吐いた女の人、こういうことを言ってしまう人のことをばななさんはどんな風に描くのか本当は読んでみたいのだが、それはないだろうなぁ。

  • 「久しぶりに連絡をして、その上にこれじゃあ、そりゃあ、いやな質問だと思うけど、高崎の部屋の鍵なんて、もう持ってない?早紀ちゃん。」

  • 6人のさきちゃんたちの5編のお話。「でもさ、なんかこう、善人大行進って感じで、ついていけない。疲れちゃう。」

  • 強かったり弱かったりかわいかったり、いろんなさきちゃんの話。

    どのさきちゃんにもいろんな面がある。

  • 随分前に表紙とタイトルに惹かれて買ってちょこちょこ読んではないまた前に戻って、、文庫化されてからようやく読み終わるという。

    買った時にちゃんと読んでいたらもう少し楽になれてたかなあ。何も辛いわけではないけど。
    よしもとばななさんの作品の人たちは、何というかいつも包容力がすごい。何でも赦してくれる、ではなくあるがままを受け入れてくれる感じ。その時になるのを待つような。
    そんな人になれたらいいし周りにいてくれたらいい。

  • いろんなさきちゃんが、読み終えたとき、こころを緩めてくれました。

  • よしもとばななは魔法だなー。ばーっとよんで、こころが落ち着いた。出会ったたくさんのさきちゃん、みんな愛おしい。

全137件中 1 - 25件を表示

さきちゃんたちの夜を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さきちゃんたちの夜を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さきちゃんたちの夜を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さきちゃんたちの夜の作品紹介

その夜〈さきちゃん〉は、小さな奇跡に守られていた――。失踪した友人を捜す早紀(さき)。祖父母秘伝の豆スープを配る咲(さき)。双子の兄を事故で亡くした崎(さき)の部屋に転がり込んだ、10歳の姪さき……。いま〈さきちゃん〉たちに訪れた小さな奇跡が、かけがえのないきらめきを放つ。きつい世の中を、前を向いて生きる女性たちに贈る、よしもとばななの5つの物語。

ツイートする