島津奔る〈下巻〉

  • 87人登録
  • 3.79評価
    • (8)
    • (19)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 池宮彰一郎
  • 新潮社 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103872061

島津奔る〈下巻〉の感想・レビュー・書評

  • もう一人の主人公は家康だと思う。
    できれば戦後不景気(戦争バブル崩壊)という「天下の秘事」について、もうちょっと突っ込んで欲しかったように思う。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    慶長五年、関ヶ原合戦。敗色濃厚な西軍に与しながら薩摩島津だけがなぜ領国を守り抜けたのか。薩摩の太守・島津義弘、ときに六十六歳。九州制覇、七年に及ぶ文禄・慶長ノ役、戦さの一字に刻まれた彼の後半生に寧日はなかった。百二十年余もつづいた戦時景気はしぼみ、未曾有の戦後不況が猛威をふるう前夜。日本が東と西にわかれ、戦国期最後にして最大の、生き残りをかけた大戦がいままさに火蓋を切らんとしていた―。著者畢生の大作と呼ぶにふさわしい歴史巨編。

  • (2008/5/27 読了)

全4件中 1 - 4件を表示

島津奔る〈下巻〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

島津奔る〈下巻〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島津奔る〈下巻〉の作品紹介

嵐が過ぎ去るのをただ待つは、人の上に立つ将の器にあらず。われに救国の知謀、秘策あり。国もとから援兵は届かぬ。恃むは己の才智と志を一つにする家臣のみ。いざ、一大決戦の関ヶ原へ。太守・島津義弘の窮状を知った薩摩隼人は国抜けの汚名を覚悟して三百里の山海を奔った。そして屍山血河の関ヶ原から国もとへ義弘は生きて帰らねばならぬ。さもなくば、故国は関ヶ原の勝者にたたき潰され、時代の奔流にのまれてしまう-。卓抜な着想と深い洞察が冴える関ヶ原合戦史の決定版。

島津奔る〈下巻〉はこんな本です

島津奔る〈下巻〉の文庫

ツイートする