考えすぎた人: お笑い哲学者列伝

  • 101人登録
  • 2.74評価
    • (1)
    • (9)
    • (8)
    • (7)
    • (6)
  • 13レビュー
著者 : 清水義範
  • 新潮社 (2013年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103915034

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 笑う分には好みに合わず、哲学に目を向けるには引用そのまま過ぎて、人物像は脚色が過ぎてあやふやだった。
    笑いどころ0ではなかった事だけ読後に安心した。

  • 面白いものとそうでないものがはっきりしている。
    ソクラテスなんかよかったけどね。たまに、単なるその人の人物紹介になっちゃっているところも。
    こういった類の本は、どうしても『現代思想の遭難者たち』と比べてしまうなあ。いや、悪くないんだけどね。

  • やっぱり、哲学って難しいなぁと思った。
    マルクスの理論についてはもう少し詳しく知りたくなった。

    最後の方になると、清水義範先生、お疲れ様でした、と労いたくなる感じだった。

  • 私が哲学を知らなすぎるのでしょう。笑えない。

  • 請求記号:913.6/Shi
    資料ID:50072212
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 清水義範の作品は日頃フォローしているわけではないのに、忘れた頃に目にとまり、結局結構読んでいるような気がする。何を読んだかは思い出せないのだが。で、今回の作品はヒットだと思う。自分は今まで、哲学の入門書を何冊も読み、その都度、わかったようなわからないような、ありがたいんだかめんどくさいんだか、とにかくもやもやした感じを拭うことのできない経験を積んできたわけだが、清水はまさに「その感じ」を言葉にしてくれている。しかも、有名な思想家がどんな人でどんなことを考えた人なのかを、かなりうまい具合に紹介していてくれる。そして素直に、ここまでしかわからない、と言う。あるいは、この哲学者にはここまでしかつきあえない、と言う。それが実に自分の実感に近くて、うれしくなる。ひとつの作品でひとりの哲学者を扱っているが、それぞれの設定に趣向がこらされていて飽きない。

  • ☆2つ
    哲学のことは全く知らないのに、有名な哲学者の名前だけはなんとなく憶えていたりするのだなぁ、という事をこの本を読み始めた時に思った。
    ソクラテス、プラトン、アリストテレス、カント、マルクス、ニーチェ、サルトル、ショーペンハウアー。しかしこれらの名前はこの本を読んだからこそ1/3くらいをなんとか空でここに書けて、残りの半分は本の目次を見ながら書き写したものなのです。

    そぉして、我ら尾張の教育界に悪名轟く愛知教育大学ご卒業清水義範博士は、この本で一体何を書こうとしていたのであろう。どうやらユーモア小説つもりらしいが、終盤はもうハチャめちゃの展開で、最後のサルトルについての博士の言動などはもう完全にイカれてしまっているとしか思えない。最近あんましお姿を見かけないわ、すわどこぞのがっこの校長先生にでもなったか!と思ってたらこういう事だったのね、アーメン。

    それにしても愛教大恐るべし。きははひひぃ。

  • 哲学者の名前は知っている。
    その内容はよく分からない。
    でも、わかりたい。
    といっても、気が狂うほどに本気でわかりたいわけではない。
    という私には、とても楽しい本でした。

    項目ごとに作者の語り方が違うのですが、
    プラトンの項は特に笑えました。

    気軽に読み切れます。
    そして今まで「すごく」モヤッとしていた哲学者達の言っていたことが
    モヤッとレベルまでわかったような気にさせてくれました。
    そこがまさに、「自分もわかってない」と何度も繰り返す作者が狙っていることだと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

清水義範の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝の作品紹介

なぜ、こんなことを考えたんだ!? 哲学が苦手な作家が挑んだお勉強小説。哲学の歴史をひもとくと、ケタ外れの奇人変人ばかり――ソクラテス、プラトンからデカルト、カント、そしてニーチェ、サルトルまで名だたる哲学者たちの摩訶不思議な生き方と考え方を、文体模倣の名手がユーモア小説として不真面目に再現。哲学アレルギーのあなたでも楽しめる、馬鹿馬鹿しくも味わい深い奇想と諧謔の噴飯列伝。

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝はこんな本です

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝の文庫

考えすぎた人: お笑い哲学者列伝のKindle版

ツイートする