家族狩り オリジナル版

  • 362人登録
  • 3.75評価
    • (34)
    • (60)
    • (62)
    • (6)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 天童荒太
  • 新潮社 (2007年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103957027

家族狩り オリジナル版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長かった~やっと読み終えた。そして衝撃的な内容だったわ・・・
    家族のあり方を考えさせられる。
    自分も子育てをしてきた(まだしてるけど)身だけど、どうだったんだろうかって考えてしまう。
    子どもを愛してきた。そう思ってるけど・・・
    ん~~しばらく考え悩んでしまいそうだ。
    評価は衝撃的過ぎるから。

  • この本は予想とはまるで違った展開だった…。そこは良かったが…。今までこれほど残虐な描写を目にしたことがあっただろうか?(読んでいる途中震えが来て、そのシーンだけ読み飛ばしてしまった)活字を目で追うだけで、リアルにイメージ出来るほどの作家の筆力に舌を巻く思いだ。(貴志さんの「黒い家」も相当怖かったが、あちらは心理的に怖かったのであって、怖さの種類が違うような気がする)
    面白かった、とは言えないが狂気を描いた本の中では一級品だと思う。天童荒太さん、素晴らしいです。

  • 凄惨な一家殺害事件が起こるが、警察は家庭内暴力を繰り返していた息子の無理心中と判断する。それに疑問を持った刑事の馬見原、死体の第一発見者となった巣藤、彼らの周りの人物も巻き込み事件の顛末とそれぞれの人間模様を描いた小説。

    本のテーマは「家庭崩壊」でしょうか。テーマが重く、二段組みで500ページ以上の大作なので読むにはそれなりの気力が必要でした。

    犯人の狂気については理解できなくもないのが悲しいところ。犯人の主張はある意味では正しいのかもしれませんが、それはあまりに一方的なものなのではないかと思ったり……ただ思ったのは当たり前のことですが親子関係には本当に正解が見当たらないということ。

    徐々に崩壊していく家族の様子の克明な描き方も鮮烈でした。他にも殺害シーンなどサイコ的な怖さもあるのですが、家庭崩壊はどこかの家庭でも起こっていそうでそのリアルな怖さが何とも言えない…

    切ないのは自分の家庭ほどなぜか距離を感じてしまうように感じてしまう馬見原の姿でした。刑事の馬見原は冷戦状態にある娘とうつ病を患う妻がいるのですが、二人のことは気にしつつもなぜか優しくできないのに、ある事件で関わりあった母子には簡単に優しい言葉をかけてあげられる。そのあたりの微妙な心理の描き具合がまた絶妙でした。

    美術教師である巣藤もある女生徒やカウンセラーとの出会い、そして事件によって少しずつではありますが変わっていく姿が印象的でした。

    読んでいるうちにミステリーであることを忘れてしまう天童さんの作品ですが、そうやって読んでいると一発かまされてしまうんですよね。一家惨殺事件だけでなく、作中で起こる小さな事件でもちょっとした仕掛けがあって良かったです。

    文庫版は大幅に改稿がされているそうでそちらもそのうち読んでみたいですが、内容がシリアスなだけに当分先のこととなりそうです。

    第9回山本周五郎賞
    1997年版このミステリーがすごい!8位

  • 久々に読みごたえのある小説に出会った感あり

    犯人誰だ―
    と思いながら、そっち行ったか
    まぁ主要登場人物の中から...と考えれば
    途中から怪しげさ満載になっていきましたからね

    いつの世も悩みは絶えず...

    最後がハッピーエンドの人たちもいて後味は悪くないかな

  • 東京の静かな住宅街で立て続けに起こった殺人事件

    家庭内暴力をしていた子供が家族を惨殺し
    自分も自殺した・・

    そう警察も結論付ける中、たったひとりの刑事だけが
    疑問を抱いていた。

    巻き込まれた高校教師、施設の女性職員たちと
    犯人に迫る

    重い、とにかく重い。
    そして「家族」というものを深く考えさせられる。

    全編、狂気に支配された骨太な小説です

  • 怖かった・・・。

  • 家族とは……といったことを考えさせられる本でした。
    子どもが不登校になったり、荒れてしまったときの親の気持ちや、大人を信用できない子どもの気持ちはわかるけれども、犯人の気持ちは全くわからなかった。
    いかにも「フィクション」という感じの小説。

  • 登場人物ほとんど頭おかしい。読んでいるこっちもおかしくなってしまう。増補改訂版も読む気だったけどその気なくなった。

  • 1995年作だが、当時もこういう家族殺し事件があったのだろうか、最近は日常茶飯事に起こっているような気がするが、本文でもあるように戦前からこのような事件は多々あり珍しい物ではなかったようである。本作は家族殺しを装った猟奇事件であったわけだが、犯人は早い段階で想像がつくが、出てくる家族、家族が全て危うくヒヤヒヤさせられる。TVで放送が開始されたが、やや期待はずれの出来でがっかりで、WOWOWか映画化してもらいたかった。大長編であるが書き込み過ぎでややくどかった。

  • 最初で失敗したかな…と思った。猟奇的な描写は苦手なので。
    読んで行くうちに社会的な問題を扱った作品だと気がついたが、さらに読み進めるとミステリーに。ミステリーにならなければ良かったのになぁと思う。10代の家庭内暴力を掘り下げて行く作品だと思ってた。浚介のキャラクターが変わっていくんだけど、その変化が早かったように思う。
    ミステリーとして最後は収まるべきところに収まった感じ。

全47件中 1 - 10件を表示

天童荒太の作品

家族狩り オリジナル版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家族狩り オリジナル版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする