屍鬼〈上〉

  • 2221人登録
  • 3.89評価
    • (458)
    • (299)
    • (540)
    • (23)
    • (5)
  • 342レビュー
著者 : 小野不由美
  • 新潮社 (1998年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (545ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103970026

屍鬼〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻も合わせて読み終えました。
    相手側が妖怪(?)なので一見ホラーですが、実際にはパニック集団暴走虐殺話でした。
    登場人物にびっくりするほどかしこい人がいませんでした。
    かしこいリーダーがいないと、碌な結果になりませんねという話だと思いました。

  • 死が村を蹂躙し幾重にも悲劇をもたらすだろう
    ―人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村。猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく。増え続ける死者は、未知の疫病によるものなのか、それとも、ある一家が越してきたからなのか。
    (「BOOK」データベースより)

    だいすき小野さん。
    屍鬼はもう何十回読み返したかわからないくらい読んでる。
    尾崎先生がすきです。

  • 「しき」と読みます。最初「しかばねき」かと。。(-o-;
    内容は和製ランド・オブ・ザ・デッド(笑)

    ・・・・面白い!!!!!!!

    最初、読み始めは・・やべっ!面白くなさそう!と。。

    とりあえず単行本で分厚い上下巻!
    文庫本だと全5巻という内容!先は長い!
    それだけでも挫けそうになったんだけど
    読んでくうちにその世界観にすっかりはまって・・。

    【ドがついてもあまりあるほどの田舎。
    村と言う一つの閉ざされた集落。
    そこで続く死人。疫病なのか?
    一体何が村で起きているのか?】

    とにもかくにも登場人物が多いです!
    流し読みがクセなので途中で誰が誰だかわかんなく
    なってしまうほど人が出てきます。
    それでもまぁ、主要人物がしっかりしてるので
    脇役の名前が曖昧でもなんとか読めます(^-^;

    田舎の話と聞くと敬遠してしまうくせに
    天然コケッコーって漫画もそうだったけど
    読み始めるとその世界観にはまってしまうのは私の両親が田舎出身で、未だ親戚もたくさん住んでるし隣の家までは歩いて10分以上かかり、山があり川があり・・
    というそんな田舎を体感してるからかもしれません。

    だからこの物語の世界観がすごく自然に想像つくわけで。
    読み終わってもなお、このお話の事を考えてしまうほど
    好きな話でした。

    ただ、長いです!物語の中に出てくる小説とか飛ばして読みました。
    あれがいいって人たくさんいるだろうけど私にはいらなかったです。
    もう少し短くできたんでは!?とも思うけど
    終わってしまうのが残念なそんな気持ち。

  • 読了日2015/12

  •  土葬の風習の残る村で、次々と村人が死んでいく。それは最初夏風邪と思われていた。しかし、増え続ける死者の数に伝染病が疑われ…。正体のわからない死の恐怖にじわじわと怖くなります。
    (一般担当/カリカリ)平成29年8月の特集「涼を感じる本」

  • 人物の書き分け、物語の展開に伴ってくるスピード感が見事。ホラーなはずが、ワクワクして読んだ。

  • 2000.01.01

  • カインとアベルの話をモチーフにするのは分かるのですが、いかんせん事前の説明がダラダラ長いと感じました。そこまで新しい設定でもないので、あの事前説明はつらいです。

  • コミック、アニメとも見たけど原作はやっぱり秀逸。ホラー要素だけでなく社会的な問題や日本文化・風土の特徴にも思いを到せさせられる。

  •  数年前にアニメを見てマンガを読んで、よ~うやく原作を読むことができた。閉鎖されたコミュニティの逃げ場のなさは怖い。あらかじめ視覚化してストーリーを知っていたからするする読めたけど、なにせ登場人物が多いので、初見だったらしばらく行きつ戻りつしそう。

全342件中 1 - 10件を表示

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

屍鬼〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

屍鬼〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屍鬼〈上〉の作品紹介

死が村を蹂躙し幾重にも悲劇をもたらすだろう-人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きてきた外場村。猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく。増え続ける死者は、未知の疫病によるものなのか、それとも、ある一家が越してきたからなのか。

ツイートする