ダリア

  • 99人登録
  • 2.63評価
    • (4)
    • (7)
    • (19)
    • (8)
    • (13)
  • 29レビュー
著者 : 辻仁成
  • 新潮社 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103977056

ダリアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダリアって誰や?
    花の名前だと思って読み始めたら人、いや悪魔のことだったのですね。
    幻想と現実の交差する、生と死の重なり合う不思議な世界を描き出していて、映像化したら面白そう、と思いました。
    気持ち悪いけど見たい。グロいのに心惹かれる。なるほど悪魔だな。

  • 痴呆気味の祖父、倦怠期の父母、三人の子供と犬と言うどこにでもありそうな家庭に入り込むダリヤと言う男。
    ややエロとグロが入り痴呆の祖父の見るこの世とあの世が混濁した世界も入りますが家族それぞれに男がもたらす今までとは違ってしまうモノが怖い。
    得体のしれないダリヤが持ち込んだ得体のしれないモノはこの後、この家庭でどう育って行くのか…と思って読んでいたら最後の一話でネタばれ的な自己語りになり肩透かしを喰らった気分です。
    何と言うか…消化不良を私の中で起こしています。

  • それは男でも女でもなく、人間でも怪物でもない。

    平凡そうに見える家族の前に突然と現れた一人の男の姿をした存在、ダリア。

    退屈している妻を、非行に走る長男を、性欲に襲われる長女に、幼い次男、犬までもが
    そして一家の主である夫すらもダリアにとらわれ、頭で危険性を感じても、体がいうことをきかないでいる。

    悪魔だった。人の心のすき間に入り込んでくる。
    痴呆が進む祖父は現実と幻想を行き来しながらも、それの存在にだけはしっかりと気づいていた。

    肉体を持つということの途方のなさを感じたよ)^o^(

  • 人の醜さや悪、

  • 作家生活20周年記念作品。
    悪魔=ダリア。
    褐色の肌と黒い瞳の青年。

    一見、どこにでもいそうな、子供二人と痴呆症の老人のいる家族。
    妻から次々と、ダリアの形の無いカオスのなかに吸い込まれていく。
    そのとき、確かな判断ができたのは痴呆症の父だけだったのかもしれない。
    死の世界と現実の世界。自分と他の人。夢と現実。過去と未来。
    境界のあるようで、ないそれぞれの空間が交わっていく。

  • 自分が必死に守ってきた何かが、呆気なく価値を無くしても、その現実を受け入れる事は、実は自由で愉快なのかもしれない。
    犬ー悪魔ーダリアー時間を含んだ世界
    犬ー悪魔ーダリアー時間を含んだ世界

  • 古い映画で、テレンス・スタンプ主演の「テオレマ」と設定が似ている。あの作品の訪問者は癒しをもたらすようで、去った後に戻れない空しさを残した。このダリアは悪魔的存在で家族を崩壊させるけど、気まぐれな欲望と謎に満ちて生者と死者の夢を見守る。幻想的な部分など好きなんだけど・・書き下ろしの最終話「時の意向」は蛇足というか強引というか不要というか・・興ざめ。ダリアは謎で終わった方が良かったと思う。

  • なぜ辻さんって人の悪いところ、悪の感情がこんなにわかるんだろう。。。しかもそれを表現してしまう。
    綺麗事ばかりの世の中だから、あえてタブーへ挑戦しているような気がする。
    人間の最悪な部分を知りたくない人にはすすめません。

  • 辻仁成さんの作品を初めて読みました。
    正直あんまり受け付けなかったです。
    現実と死後の世界とごちゃごちゃしてきて、不思議な気味悪さがあったのと、人のどこかだめになりたいような願望が描かれているような気がしたのとで、もやもや感がつのった作品でした。

    ただ字も大きいし、文章も長くないのでさくっと読み終えることができました。

  • ん~ちょっとダメだったわ。
    辻さんのお話って、はまるものははまるんだけど
    精神論みたくなっちゃうと、理解が出来なくなってしまう・・・

    けどテラスから見た風景が物語を紡ぎ出し、
    書かずにはいられなかった、という辻さんのあとがきには
    なんとなく納得してしまった。

全29件中 1 - 10件を表示

辻仁成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダリアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダリアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダリアを本棚に「積読」で登録しているひと

ダリアの作品紹介

「あんたは自分の幸せを呪って、それを壊したいと願いながら生きてきた。俺はあんたの望みを叶えるために、ここにいる」-父も、妻も、娘も息子たちも、さらに愛犬までもが、褐色の肌の美しい青年の虜になり、そして、家族のすべてが変わっていく-。フランスSeuil社より仏語訳刊行が決定。作家生活20周年記念作品。

ダリアの文庫

ツイートする