きのうの空

  • 30人登録
  • 2.93評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 志水辰夫
  • 新潮社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103986034

きのうの空の感想・レビュー・書評

  • みずからの明日を思い描くことが容易になりつつある年代になってはじめて 懐かしさを持って振り返ることのできる昨日もある。そんなことをしみじみ思わせてくれる一冊だった。
    志水辰夫さんという作家の作品を 私はほとんど読んでいないのだが 元々は「志水節」と呼ばれる独特のハードボイルドを書かれるのだそうである。しかし この作品には まったくそんな匂いが感じられない。寂寥感の在る穏やかさが流れるだけである。著者の新境地 ということなのだろうか。

  • 短編集だが、話が進むほど、主人公の年齢が上がり、かつての無垢な少年もやがて一人前に年をとっていく姿が、リアルに想起されました。

  • しみじみとした寂寥感が秀逸。
    短編集ですが、限られたページ数の中でこれだけ中身の濃いのドラマが描かれていることに、「作家」とはこういう人をいうのだなぁと改めて思う。
    「蒼に候」の次に、この作品を読んだので、余計にこの志水さんの幅の広さを感じる。

  • これもシミタツと思えるほど深みがない。短編集なので3篇読んで本を降りる

全4件中 1 - 4件を表示

きのうの空はこんな本です

きのうの空のKindle版

ツイートする