帰ってきたソクラテス

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 池田晶子
  • 新潮社 (1994年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104001019

帰ってきたソクラテスの感想・レビュー・書評

  • (1999.04.11読了)(拝借)
    (「BOOK」データベースより)
    「『私』ってのは何だい」「人が死ぬということなんか、ないではないか」「だから僕たちは考えなければ駄目なんだよ」―。史上最強の論客・あのソクラテスが現代ニッポンに甦った。相対するは、政治家、学者、評論家、はたまた老人福祉係、元左翼に人権擁護団体等々。イエスに釈迦まで登場し、尊厳死から性教育まで身近な難問に大哲人が挑む。知の広場へと誘う平成版対話集。

    ☆池田晶子さんの本(既読)
    「死と生きる 獄中哲学対話」池田晶子・陸田真志著、新潮社、1999.02.20

  • 現代に甦ったソクラテスと色んな主義、主張をもった人とのやり取りを問答形式にまとめた本。
    著者の初期の作品で、
    考えるとはどういうことか?
    を伝えるために著者が試行錯誤をしていることが伺える。

全2件中 1 - 2件を表示

帰ってきたソクラテスの作品紹介

今よみがえる究極の対話術。史上最強の論客・ソクラテスが現代ニッポンの難問に挑む。若き女性哲学者の思考の冒険。

帰ってきたソクラテスはこんな本です

帰ってきたソクラテスの文庫

ツイートする