薬指の標本

  • 203人登録
  • 3.54評価
    • (20)
    • (16)
    • (51)
    • (6)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 小川洋子
  • 新潮社 (1994年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104013012

薬指の標本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題作「薬指の標本」と「六角形の小部屋」の2編。
    「薬指の小指」は標本室というどんなものでも標本にすることを請け負っている工房が舞台。依頼者にとって、標本にすることは、記憶の封じ込めの作用をもたらしている。
    弟子丸氏と事務員のわたしの関係性がどこか秘密めいていて、主従関係が強い。最後まで弟子丸氏が謎すぎて、魅力的すぎて。
    「六角形の小部屋」は逆に小部屋の中で記憶を語ることによって浄化される作用をもたらしている。教会の懺悔室のような役割かな?主人公もずっとモヤモヤとしていた出来事を語ることで、消化され、役割を終えたユズルさんやミドリさんが去っていったのだろう。

  • 「薬指の標本」
    標本技術士の男から贈られた靴はぴったりと足に合った。
    ある日、靴磨きの男に言われる。
    今すぐ脱がなきゃ逃げられない。もう靴は足を侵食し始めている。
    けれども彼女は思う。
    靴を履いたまま彼に封じ込められていたい。
    「六角形の小部屋」
    プールで見かけた女性の、何が彼女を引き留めたのだろう。
    彼との約束に送れると思いながら、少し言葉を交わした。
    ある日スーパーで彼女を見かけて、そのあとを付けた。
    青年に呼びかけられて入った部屋の片隅に、それはあった。

  • 標本師と言う透明感あふれる設定だが、ややマゾヒスティックな恋愛がえがかれている。

  • 標題作と「六角形の小部屋」の2編からなる作品。なんとも言えず淫靡な世界を静かな言葉で紡いでいくような物語。
    読みながら背中がひんやりとするような感じ。

  • 小川洋子作品はいつも、現実感と非現実感のバランスが絶妙だと思う。
    ボタンを一つだけ掛け間違えた世界、という印象。
    掛け間違えているのは、こちらの世界なのかも知れないけれど。

    標本、浴場、靴。
    美しいそれらを静謐な文章が繋いでいく。
    標本は自己愛の表れなのだろうと思った。
    失われた時間を磔にしておきたいと思う時点で、それは単に自分のためだ。
    それがどんなに温かい記憶であっても。
    ただ一人、人との繋がりでなく、自分自身だけを閉じ込めた主人公を読み終わってすぐは好きになれなかったけれど、少し時間を置いて思い返すと一番潔かったのかも知れないと思った。

    この作品は十年ほど前にも一度読んでいるのだけど、読後感が異なる。
    またしばらく経ってから読み返してみたい。

  • 人の悲しみや痛みを象徴する品を「標本」にすることで、それらの感情を封じ込め、分離し、完結させる「標本室」。――『薬指の標本』

    街の片隅の空家に設置された「語り小部屋」。その内部の濃密な空間で、人々は言葉を紡ぎ、自分の内面へと降りてゆく。――『六角形の小部屋』

    なんかこう、静かーな、大人っぽーい短編2篇。
    つまらなかった訳ではない(それどころか「標本室」の設定に心奪われまくり)けど、読後感は「ふぅん……」でした。好きな人には堪らないんでしょうねー私にはわかんないけど、みたいな。

    だって……”全裸に革靴”……でしょう……?

    想像するだけで私はちょっと笑っちゃうんですけど、でも考えてみたら私が愛してやまない某ミュージカルだって、知らない人にとっては「ぴったり全身タイツに派手なカツラとメイクで猫の真似する変な人たち」にしか見えない可能性が大なわけで。フェティシズムって難しい。

    帯には「あまりにもフェティッシュな、そしてあまりにも純粋な恋愛。」の文言が。
    まあ、帯がそう言うんだったらそうなんじゃないですか?嗜好って人それぞれですもんね!と現代人らしい当たり障りのなさで本を置いたのでした。

    それはそうと文庫版の表紙の方が10倍くらいかっこいい。

  • 2編の関連のない短編からなる一冊 なんなんだろう、離別の余韻がすごい ぐっと盛り上がる話ではない ただただ残る

  • 以前の職場であるサイダー工場で薬指をなくした私。そのわたしの次の職場はなんでも標本に出来る標本技術師である弟子丸氏の職場である不思議な標本室。
    文句のつけようがない、フェティッシュな恋愛小説。
    デートの場所であるかつて浴場であった場所、プレゼントされた革靴、靴と同化する事を望む私。
    弟子丸氏の言葉も行動もシンプルなんだけれど、それが私の心を捉えて離さない。
    結構酷い事をされていたりするのですが…。
    薬指の浮かんだピンク色のサイダーが浮かんだり、標本室が想像出来たり、その世界にとことん浸れます。
    小川洋子さんの文章が美しくて、そこでどんどん惹き込まれていくのかも。
    フランス映画のようだ、という感想を多く見ましたが、まさにそれだなと思いました。
    実際フランス人の監督で映画化されていますもんね。


    静かな部屋で、静かな夜に、読みたい本です。

  • 冷たい。
    無機質な雰囲気。
    でも、そこに渦巻くのは人間。人の心。
    どうしようもない、自分。

    読むほどに刺され、苦しみ、震えた。
    それでも、読まずにいられなかった。

    読書でこんなになったのは、久しぶりだった。

  • 「薬指の標本」、「六角形の小部屋」の2篇。

    二作品とも短篇で、小川洋子さんの世界が現れている。
    とても、おもしろくよんだ。

    不思議な世界。

全31件中 1 - 10件を表示

小川洋子の作品

薬指の標本に関連するサイト

薬指の標本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

薬指の標本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする