博士の本棚

  • 243人登録
  • 3.47評価
    • (15)
    • (30)
    • (64)
    • (4)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 小川洋子
  • 新潮社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104013050

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
小川 洋子
有川 浩
伊坂 幸太郎
川上 未映子
森見 登美彦
小川 洋子
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
村上 春樹
森見 登美彦
村上 春樹
角田 光代
伊坂 幸太郎
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

博士の本棚の感想・レビュー・書評

  • 小川洋子さんの書評本。

    話題になった『博士の愛した数式』を中心にいくつか小川さんの著作を読んできたけれども、どこか無機質なものに対する関心が強い作家だとどこかで思っていた。『薬指の標本』『密やかな結晶』『寡黙な死骸 みだらな弔い』『完璧な病室』『ブラフマンの埋葬』などなど。。タイトルだけ並べてみても、生命の宿っていない「もの」自体か、死を感じさせるものばかりである。『博士の本棚』にはそんな小川さんの秘密が垣間見えるかもしれないと淡い期待もあったように思う。

    読んでの印象はなんと謙虚な方であろうか、ということ。作家をとりあげて語っていくところでも、あくまで一読者としての視点で、どこか作家に憧れている文学少女のような趣すら感じさせるところもある。とは言いつつも文章自体はけっこう骨太でとても地に足がついている人、という印象を受けた。小川さんの関心が数学のような、ともすると文学の領域外のようなところに及ぶところがあっても、自分の中の世界へ上手く取り込んで融和が図られている。それも、とてもゆるやかに。

    こういう方が愛する本はやはり惹かれてしまう。『富士日記』は最近別の本でも読みたい気にさせられたが、小川さんとの結びつきが強く連想される『アンネの日記』や、村上春樹さんの『中国行きのスロウ・ボート』。オースターなども自身最近ご無沙汰であったが、また読んでみたい。

    阪神タイガース好きなのもまたよし。

  • 至福の一時だった。
    始まりは小学校の図書室での思い出。
    静かな図書室で大好きな物語と向き合っている少女と、何も言わずにその時間を共有する司書の先生の関係がとてもうらやましい。

    愛に溢れた書評が多く、紹介されている本のほとんどを読んでみたくなったし、数は少なかったけれど読んだことのある本について書かれていると無性に嬉しかった。

    何度も読み返すことになると思う。

  • 「本」がすぐそばにある
    そんな暮らしをしている人には
    きっと 手を伸ばせは゛届くところに
    置いておきたい一冊になるでしょう

    「本」なんて ちょっと ごぶさただなぁ
    という人にとっても
    おっ こんな「本」があるのか
    と確実になる一冊になるでしょう

    「書物」そして「身の回りの小さなもの」
    に対する愛情がひしひしと伝わってきます

  • (2011.05.23読了)(購入時期・不明)
    本についての思い出、好きな本について、書評、等についてのエッセイを1冊にまとめたものです。「博士の愛した数式」の著者による本に関するエッセイ集に「博士の本棚」と名付けるとは何とも絶妙です。
    沢山の本を紹介してくれているのですが、小川さんに紹介されるとどれも読んでみたくなるのですが、小川さんのような感受性はないので、小川さんが感じたようには読みとれないだろうという気はあります。もし、小川さんが紹介していた本を読む機会があれば、その際は、小川さんの書評を読み返してみたいと思います。
    小川さんが、繰り返し言及している本がいくつかありますが、その中で印象に残ったのは、以下の三冊です。どれもまだ読んでいません。
    「アンネの日記」アンネ・フランク著
    「中国行きのスロウ・ボート」村上春樹著
    「富士日記」武田百合子著

    章立ては以下のようになっています。
    1、図書室の本棚 子供の本と外国文学
    2、博士の本棚 数式と数学の魅力
    3、ちょっと散歩へ 犬と野球と古い家
    4、書斎の本棚 物語と小説

    ●文学とは(103頁)
    もはや名前もわからなくなった人々を死者の世界に探しに行くこと、文学とはこれに尽きるのかもしれない(フランス人作家パトリック・モディアノ)
    ●小川さんの小説作法(103頁)
    これまで私が描いてきた人物たちには、ほとんどモデルはいない。一行目を書きつけ、実際に小説世界が動き始めるまで、彼らは名前もなく、輪郭もない存在として私の中を浮遊している。彼らがどこからやって来たのか、自分でもうまく説明できない。
    ただ、一個一個石を積み上げるようにして言葉を連ねて行くうち、次第に彼らは姿を鮮明に表わして来る。
    ●小学校の健康診断(116頁)
    私が本当に恐れたのは、保健室の先生ではなく、検査結果だった。もし座高がクラスで一番高かったら困る。きっと男子に笑われる。もし私の肺だけに何か妙なものが写っていたら?聴力検査のヘッドホンから、死んだ人の声が聞こえてきた場合、どうしたらいいのだろう。果たしてボタンを押しても構わないのだろうか。
    あるいは、私が台に上がった途端、機械が故障して、何千倍もの放射能が発射されるかもしれない。あるいは、歯医者さんがうっかり、私の喉の奥に、丸いミラー付きの棒を落とすかもしれない。
    次々と心配ごとがわき上がってくる。
    (こういう想像力が作家の資質なのでしょうか)
    ●棺に弁当(189頁)
    棺に納めるお弁当を作ることになった。死んだ人にお弁当を持たせるのは、聞いたことのない習慣だったが、考えてみればこれから長い旅に出発する人を見送るのだから、残ったものたちがお腹の心配をするのは当然のことだった。
    ●エゴン・シーレ(197頁)
    シーレはその時の私の心にすんなりと入りこんできた。特に人物画に引きつけられた。彼は数多くの自画像を残している。ほとんどが裸体だ。計算されつくした構図でありながら、装飾は一切はぎ取られている。しかも、愛する自己を他人にさらすことで完結する自画像ではない。拒絶の混じった目で自己を徹底的に分解し、その果てにあるものを引きずりだそうとするような裸体なのだ。
    ●「アンネの日記」(235頁)
    この日記が世界中で読み継がれてきた理由は、歴史的背景の意味を超える、すぐれた文学性にあると思う。思春期の少女の内面をこれほどまでに生き生きと描いた文学を、私は他に知らない。
    キティーという架空の友人に語りかけるスタイルを取ったことからもわかるように、アンネはただの一人よがりなつぶやきを書き記したのではなく、自分の世界を言葉で構築して他者に伝えようとした。十代はじめですでに彼女は、冷静さとユーモアを持った視点、個性的な観察力、言葉の豊かさなど、... 続きを読む

  • 小川洋子さんが大好きなので、好きな本が似ていて嬉しかった。
    読みたい本がまた増えてしまった。
    書き手として優秀な人って、読み手としてもやっぱり優秀なのだなーと思った。

  • 実はこれがファースト小川本です。

    タイトルからして『〜愛した数式』つながりの本?との第一印象でしたが、開いてみると全く違いました。幼いころの愛読書や忘れられない本など、「作家・小川洋子を作ったもの」が詰まった読書本です。

    全体的にみると、採りあげられている作品は古典というより、比較的最近のものが多いように思います。本の批評といった点はまるでなくて、中身を紹介しつつも、それを通して自分の経験や考えを描いているという側面が強いように思います。そのテイストはやさしく穏やかで、ちくっとした痛みを感じさせる小川さんの作風そのままです。

    個人的には「図書室の本棚」「書斎の本棚」の章が小川洋子エッセンス満載で好きです。装丁も穏やかで、読んでいてやさしい気分になります。たびたび登場する「同級生の勝谷くん」に「へーっ!」と思うことしきりです(笑)。

    読書本というのは、自分の読書体験とあまりに合わないと反感めいたものも出てくるように思うのですが、この本では「こんな繊細で豊かな世界を感じさせるんだ」とうらやましさばかり残りましたので、この☆です。最初は☆5つで考えていましたが、『博士の〜』という題はやはりどっちでもいいように思いますので、1つ引きました。

    [2007.8.13 に Amazon.co.jp のサイトにアップしたレビューを一部書き直し、たなぞうに再アップしました]

  • 小川さんの言葉はとても綺麗なので、読んでいると自分もこんな綺麗な言葉を使えるようになるんじゃ?って錯覚するなー。バーネットとアンネしか読んだ本が被らないのががっかりだけど(´・_・`) ちょこちょこ入る犬のラブの話が好き。ラブと落ちていたナスを見ていた下りは、ずっと覚えている気がする(´ε` )

  • エッセイ集。
    静かな文章がつむがれていく先に見えてくる日常、本。

    読んでみたい本が増えてうれしい。

    2016.12再読

  • 本や
    日々の暮らしなどにまつわる
    エッセイ集。
    同じ話が繰り返し登場したりして
    小川さんの興味の方向が
    うかがえる。
    何冊か読みたい本と出会えた。

  • 本や本作りにまつわる親愛や慈しみが溢れている。「翻訳者は妖精だ」なんて、素敵やなぁ☆

  • 小川さんの少女時代に好きだった本やその頃の事が書かれていて面白かった。

  • 作者自身の作品世界にも通じるような角度からの分析が良かった。
    紹介されていた本も読んでみたくなったものがいくつかあった。
    本について語るということは、やがて自分自身を語ることにつながるのだと気づいた。

  • 本のことや日常のことなど、小川洋子がありのままを語ったエッセイ。繰り返し出てくる「アンネの日記」と「富士日記」に、この2つが小川洋子に与えた影響を分析してみるのも面白いかも、と思った。

  • 好きな作家と共感できるところがあると、嬉しくなってしまう。そう、そう、と何度も心の中で相槌を打った。
    子供の頃、図書館で選ぶ一冊がどんなに大切だったか。新しい本を手に取る時どんなにわくわくするか。本に対する思いは私も強い。残念なのは、彼女ほど繊細で豊かな感性を持っていないということ。
    ここに挙げられた本を片端から読みたいと思う一方で、私には良さが分からないかもしれないと不安を抱く。

  • 1 図書室の本棚〜子供の本と外国文学〜

    2 博士の本棚〜数式と数学の魅力〜

    3 ちょっと散歩へ〜犬と野球と古い家〜

    4 書斎の本棚〜物語と小説〜


    小川洋子さんの文章は静謐で美しい。
    数の世界がこんなにも美しいということを教えてくれたのも小川さんの本でした。
    「三角形の内角の和は180度である」
    この一行でうっとりさせられるなんて。
    完全数を背負っている江夏。
    素数の奏でる音楽。

    飼っている犬、ラブの記述には笑わされ、洋館への憧れの所では、ほほぅと思う。
    (なんでも、小説の中に書く必要はなくてもその登場人物たちの住む家や間取りについて考えてしまうらしい。)
    あと、小川さんとは切っても切り離せないアンネのこと。
    おそらく「アンネ・フランクの記憶」の取材旅行の時のことであろう文章も多くありました。

    本棚というだけあって、数多くの本が紹介されています。
    でも、読んでみたいけど、読まない方がいいかも…なんて思ってしまう。
    ここに書いてあること以上のものを見出せないような気がするから。


    「小説を書くとき、少なくとも精神は密室に監禁されていなければならない。死に近い場所でしか、小説は書けないのではないだろうか。」(P284)

  •  こんなにも本が読みたいと思わせてくれる本の紹介に出会ったのは初めてだ。それは、堀江さんとか吉田篤弘とか、自分がいいなあと思った人たちが含まれていたからに違いないが、ついでに言えば、図書館で本に読みふける少女、が大人になったらこんなにも素敵な言葉で本を語れるようになった、ということへの羨ましさかもしれない。
     それにしても、私もこんな文章を書いてみたいと思わせてくれる作家の力はすごい。それだけ人間というのは思いを抱えて生きていて、世界は混沌としているということなのだろうと改めて思う。

  • 本当に本を読むのが好きそうで、人に本を読ませたくなる文章を書くのが上手いなあと思った。ちょっと物語じみた書き方をするけど、そんなところもいいのかな。
    文章、というかエッセイ自体はそんなに面白いというか、良いものだとは思わなかった。ちょっとぼてぼてしてて、このひとはエッセイを書く専門家ではなくあくまでも空想を巡らせている小説家なのだと。でも、本への愛が溢れだして、わたしももっと本を読みたいと思わせるものはあった。

  • 読みたい本がどんどん増える一冊だった。小川洋子さんとは、読書の趣味が合いそうだ。

  • 「あ、この本読んでみよう」と思った本がいくつかあり、また私の気に入った本が紹介されていたりすると嬉しかったりもしました。食事日記のページは、著者が必ず夕食後におやつを食べているのがおかしかった。書評とは関係ないけど。

  • 小川洋子さんは、凄く凄く謙虚に慎ましく毎日を過ごしているんだなぁ。
    私には良くも悪くも、小川さんみたいな生き方は無理だなー。

    これからも、小川さんが幸せな毎日を過ごせますように!

  • 小川洋子さんの本、読める時と全然だめな時とあるのはなぜだろう。
    今回はう~ん、なんか進まなかった。
    犬についてのエッセイは楽しく読めたんだけど…結構ナナメ読みで済ませてしまった。

    と、ここまで書いておきながら、なんかもったいなくていくつか拾い読み。
    「細分化」のなかで、杉浦日向子さんの言葉「江戸時代は爪楊枝だけを商いしていても生活できたんですよ」をひき、小さな専門店、というかごくごく小さな商店について書いている。(最近ちょこちょこ読んでいる、江戸時代から明治初期にかけての日本の庶民の暮らしをつづった本をいくつか思いだすなあ)
    ウィーンで見かけたという、地図屋だの標本屋だの古絵葉書屋だのといった、ほとんど縁のなさそうな商店たちに、愛おしげに思いをはせるその言葉が、とても素敵だった。

    小川洋子さんのエッセイは、時間をもてあました休日の午後に、ゆったりした気持ちで読むのがいいのかもしれない。

  • 昔からあまり小川洋子の文章は得意じゃない。淡々としすぎていて。本の趣味もやはりあまり合わなかった。わたしが洋書に手を伸ばしていないのもあるけれど。でもこの淡々とした文体が眠れない夜にはよかったりもする。

  • これまで、さまざまな媒体に発表されてきたエッセイをまとめた本だが、読書レビューを主体とした部分の編集が光る。全体で4つのパートに分けられているが、タイトルとして取られている第2部の「博士の本棚」よりは、子供の本と外国文学について書かれた第1部の「図書室の本棚」が秀逸だと思う。(新潮社としても部数を伸ばすためには、どうしても売れた本の名前をつけたかったのだろうが、、、) 小川洋子さんは部類の読書家で、そのレビューもなかなか素晴らしく、これまでも何冊か目にしてきた。個人的には良くあることなのだけれど、今回も幾人かのお馴染み作家や翻訳家の名前が次から次へと「待ち伏せ」でもしていたかのように登場してきて、思わず笑みがこぼれてしまうようだった。結局のところ、読みたい本の嗜好が似ているということなのかもしれない。

  • 2010.05.05. 再読。やはり、小川さんのエッセイはいい。優しいまなざしと、真摯な気持ちが感じられて、読んでいてホッとする。初めて読んだ時、読みたい本をリストアップして今までにいくつかを読んだ。また今回も、リストを新しくして、小川さんオススメの本を読もう。

  • 100307byWIngsKyoto
    1 図書室の本棚―子供の本と外国文学(図書室とコッペパン
    秘密の花園・小公子・小公女 ほか)
    2 博士の本棚―数式と数学の魅力(三角形の内角の和は
    完全数を背負う投手 ほか)
    3 ちょっと散歩へ―犬と野球と古い家(気が付けば老犬…
    わずか十分の辛抱 ほか)
    4 書斎の本棚―物語と小説(葬儀の日の台所
    アウシュヴィッツからウィーンへ、墨色の旅 ほか)

全40件中 1 - 25件を表示

博士の本棚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

博士の本棚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

博士の本棚を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする