夜のミッキーマウス

  • 209人登録
  • 3.65評価
    • (30)
    • (25)
    • (60)
    • (6)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 谷川俊太郎
  • 新潮社 (2003年9月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (107ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104018031

夜のミッキーマウスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かっこいいのに生ぐさい。

  • 谷川俊太郎は小学生のころからずっと好きで、
    かっぱは暗記してしまったくらい。
    実家には何冊も本があった。

    とはいえ、
    自分で詩集を買って持っていた訳ではなく
    ふとしたきっかけでまた出会って、読んでみた。

    気持ちいい言葉の運びに
    思わず声に出して読んでしまう。
    ひとりの部屋に響く慎重で極められた言葉たちは
    なんだか誰かと会話しているくらいに、
    重みがあって思考があって心地いい。

    そこには、
    小学生の私は知らなかった谷川俊太郎がいて
    ちょっと恥ずかしい言葉も多くてとまどったりしたけど、
    それでもテンポ良く読んでしまえる、不思議な文章。

    有機物としてのフェミニスト、ね。

  • 毎晩 モラトリアムに悩む私にぴったりの言葉。谷川俊太郎ぽくなくて でも それが人間くさくてすきだった

  • 2017年01月27日読了。

  • 谷川俊太郎さんってこんな詩も書くんだ。エロい…笑。

  • ひらがなばかりの詩「よげん」「ちじょう」「ふえ」がすっと気持ちに染み入った.

  • 前半の下ねた大爆発ぶりにびっくりし、後半のシニカルな静けさに、こういうのが読みたかったんだ〜〜〜!!とうなりました。谷川俊太郎の、チャンネルの多さ、そしてその切り替えの容赦のなさに、なんだこのひと、と信用できなくなります。おもしろい。しかし、おもしろいのです。

     あの木は私たちよりも長生きする
     そう思ったら突然いま自分がどんなに幸せか分かった
     —「あのひとが来て」

     広い広い野原だ
     夜になれば空いっぱい星がまたたく
     まだ死なないのかと思いながら歩いている
     —「広い野原」

    鋭い、この本の詩は、端々まで表現が行き渡っていて、饒舌で、鋭いです。

  • わたしは「よげん」がいちばんすき。
    最後の二行を読んだとき5秒ぐらい思考停止になった。

  • これも凄く良い。感動。

  • 残念ながらいまの私の琴線に触れるものはありませんでした。

全47件中 1 - 10件を表示

谷川俊太郎の作品

夜のミッキーマウスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜のミッキーマウスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜のミッキーマウスを本棚に「積読」で登録しているひと

夜のミッキーマウスはこんな本です

夜のミッキーマウスのKindle版

夜のミッキーマウスの文庫

ツイートする